ビッテンコート弾で逃げ切ったブレーメンがリーグ8試合ぶりの白星!大迫は途中出場《ブンデスリーガ》

2020.05.24 00:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
大迫勇也の所属するブレーメンは23日、ブンデスリーガ第27節でフライブルクとアウェイで対戦し、1-0で勝利した。大迫は64分からプレーした。リーグ戦7試合勝利のない最下位のブレーメンは、前節のレバークーゼン戦からスタメンを2人変更。ゼルケとバルグフレーデに代えてサージェントとクラーセンを先発で起用。レバークーゼン戦同様[4-3-3]の布陣で臨み、大迫はベンチスタートとなった。

試合は開始早々の4分にグリフォの直接FKでフライブルクがブレーメンゴールを脅かすと、17分にも左クロスをファーサイドのペテルゼンが胸で落とし、最後はR・サライがゴールに迫ったが、シュートはゴール左に逸れた。

ポゼッションで上回るブレーメンは19分、前掛かりな相手に対してカウンターを仕掛ける。中盤左サイドでボールを受けたクラーセンがダイレクトで対角線にロングパスを供給すると、これに反応したビッテンコートがペナルティアーク右横まで切り込みシュート。これがゴール左隅に突き刺さった。

幸先良く先制したブレーメンだったが34分、左足を痛めたフォクトが交代を要求。このアクシデントでバルグフレーデがスクランブル投入された。それでもブレーメンは、38分にもビッテンコートがミドルシュートでフライブルクゴールに迫るなど、1点をリードを保ったまま前半を終えた。

後半は一進一退の展開が続く中、先にゴールに迫ったのはフライブルク。62分、の右クロスのこぼれ球に反応したホフラーがボックス右手前から強烈なダイレクトシュートを放ったが、これはGKパブレンカが好セーブ。

ブレーメンは64分、サージェントとビッテンコートを下げて大迫とバルテルスを投入。さらに82分にフリードルとラシツァに代えてラングとゼルケをピッチに送りだした。

終盤に入りフライブルクの猛攻を受けるブレーメンは、88分にバルグフレーデが2枚目のイエローカードで退場処分となり数的不利な状況に。

すると89分、フライブルクはクォン・チャンフンの左クロスをコッホがフリックし、ファーサイドのペテルゼンがシュート。これが左ポストを直撃すると、こぼれ球をグルデが押し込んだ。このゴールで同点かと思われたが、VARでペテルゼンのオフサイドが取られゴールは取り消された。

結局、試合はそのまま1-0で終了。ビッテンコートのゴールで逃げ切ったブレーメンが、リーグ戦8試合ぶりの勝利を飾っている。
コメント
関連ニュース
thumb

ブレーメンが敵地でヘルタに4発快勝!大迫は終盤の投入で見せ場なし《ブンデスリーガ》

大迫勇也の所属するブレーメンは23日、ブンデスリーガ第18節でヘルタ・ベルリンと対戦し4-1で勝利した。大迫は85分からプレーしている。 前節ボルシアMGに惜敗した13位ブレーメン(勝ち点18)が、3試合勝利のない14位ヘルタ・ベルリン(勝ち点17)のホームに乗り込んだ一戦。大迫は3試合連続のベンチスタートとなった。 試合が動いたのは10分、左クロスをボックス内でゼルケが落とすと、これに反応したシュミットがミッテルシュタットのスライディングタックルで足を踏まれ、ブレーメンがPKを獲得。このPKをゼルケがゴール右に突き刺した。 先制したブレーメンだったが、すぐにヘルタ・ベルリンの反撃に遭う。19分、ボックス右から切り込んだマテウス・クーニャをエンボムが倒してしまいPKを献上。しかし、マテウス・クーニャのPKはGKパブレンカが完璧なシュートストップを披露し難を逃れた。 ピンチを凌いだブレーメンは、セットプレーから追加点を奪う。29分、ビッテンコートの右CKをニアに走り込んだトプラクが頭で合わせると、これがゴール右に突き刺さった。 その後、前半終了間際にコルドバのゴールで1点を返されたブレーメンだが、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、積極的な入りを見せたヘルタ・ベルリンに対しブレーメンは57分に追加点を奪う。バイタルエリア手前でパスを受けたM・エッゲシュタインがゴール前にパスを送ると、絶妙なタイミングで飛び出したビッテンコートがワントラップから反転しシュートを流し込んだ。 リードを広げたブレーメンは、77分にもサージェントが強烈なミドルシュートをゴール右に突き刺し、4点目。その後、85分に4人目の交代カードとして大迫が投入されたが、シュートなどの見せ場は訪れず。 結局、試合はそのまま4-1でタイムアップ。アウェイで快勝したブレーメンは、順位を一つ上げて12位に浮上している。 2021.01.24 04:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGがブレーメンに競り勝って前半戦を白星で飾る! 大迫は3戦ぶりの途中出場《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第17節、ボルシアMGvsブレーメンが19日にシュタディオン・イム・ボルシア・パルクで行われ、ホームのボルシアMGが1-0で勝利した。なお、ブレーメンのFW大迫勇也は82分から出場した。 12位のブレーメン(勝ち点18)が、8位のボルシアMG(勝ち点25)のホームに乗り込んだ前半戦最終戦。前節のアウグスブルク戦でベンチ入りも出場機会がなかった大迫はこの試合でもベンチスタートとなった。 [5-3-2]に近い守備的な布陣でアウェイ仕様の戦い方を選択したブレーメンに対して、ホームのボルシアMGが圧倒的にボールを握る展開となる。だが、負傷明けのプレアが前線でなかなか効果的な動きを見せられず、ブレーメンの堅守が機能する場面が目立つ。 互いに中盤での潰し合いが続く中、27分にはブレーメンに両チームを通じて最初の決定機が訪れる。カウンターから味方が右サイドで上げたクロスのこぼれ球に反応したシュミットがペナルティアーク付近から抑えの利いた見事な右足のボレーシュートを枠の右隅に飛ばすが、ここはGKゾンマーのビッグセーブに遭う。 最初の決定機をモノにできなかったブレーメンだが、攻めあぐねるボルシアMGに対して要所でカウンターが嵌ると、37分にはGKソンマーが不用意に飛び出して持ち場を外れた中、アグが無人のゴールへシュートを放つが、ここはDFのゴールカバーに阻まれて2度目のチャンスも生かせなかった。 それでも、ブレーメンペースで試合は0-0で折り返しとなった。後半も試合展開に大きな変化はなく、より動きがほしいホームチームは59分、ノイハウスとヘアマンに代えてシュティンドルとベネスを同時投入した。 すると、この選手交代が先制点をもたらす。66分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのベネスが絶妙なクロスをゴール前に入れると、ゴール前の密集地帯でうまく頭で合わせたエルベディのシュートがゴール右隅に決まった。 ビハインドを負ったブレーメンは右ウイングバックのゲブレ・セラシエの推進力を生かした攻撃を軸に反撃を試みるが、相手の粘り強い守備を前に最後のところがうまくいかない。これを受けて、74分にはシュミットとサージェントの2トップを下げてゼルケとラシツァを同時投入。さらに、83分には3試合ぶりの出場となった大迫がビッテンコートと共に最後の交代カードとして投入される。 対してセットプレーを軸に追加点を狙いつつも逃げ切りを意識するボルシアMGはプレア、ヴォルフに代えてザカリア、ヤンチュケを投入。このまま試合を締めにかかる。 試合終了間際の87分にはブレーメンに後半最大の決定機。ロングボールを前線のゼルケ、大迫と競ってこぼれ球がボックス右のラシツァに繋がる。ここで冷静にDFを切り返しでかわしたラシツァが左足を振り抜くが、ゴール前至近距離からのシュートは右ポストを叩いた。 さらに、89分には左CKの二次攻撃からボックス中央でラシツァのシュートのこぼれ球に反応したビッテンコートにフリーでシュートチャンスが訪れるも、左足のシュートは枠を外れた。 その後、アウェイのブレーメンの決死のパワープレーを5バックで撥ね返し続けたボルシアMGが1-0の勝利。前半戦最終戦を白星で飾った。一方、敵地で善戦も敗れたブレーメンは連勝での前半戦フィニッシュとはならなかった。 2021.01.20 04:39 Wed
twitterfacebook
thumb

不調レバークーゼン、大迫ベンチ外のブレーメンにドロー《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第15節、レバークーゼンvsブレーメンが9日に行われ、1-1で引き分けた。ブレーメンのFW大迫勇也はベンチ外となっている。 新年初戦となった前節、フランクフルトに敗れて2連敗となり、3位後退となったレバークーゼン(勝ち点28)は、フランクフルト戦のスタメンから2選手を変更。ヴィルツとヴァイザーに代えてデミルバイとコロナ明けのシンクフラーフェンが先発となった。 一方、ウニオン・ベルリンに力負けとなり、14位に後退したブレーメン(勝ち点14)は3試合連続スタメン中だった大迫がベンチ外となった。 立ち上がりからレバークーゼンが押し込む展開で推移すると、9分にベイリーがボレーシュートでオンターゲットを記録。 しかし、5バック気味に構えてレバークーゼンの強力ウインガーを封じにかかるブレーメン相手にレバークーゼンは攻めあぐねる。結局、前半の枠内シュートは1本に終わり、ゴールレスで後半へ折り返した。 すると迎えた後半開始7分、右サイドからのアウグスティンションのFKをニアサイドのトプラクがボレーで決め、ブレーメンが先制する。 トプラクの恩返し弾を受けたレバークーゼンはディアビに代えてアラリオを投入。すると70分、アラリオが絡んだ流れからシックがシュートを蹴り込み、レバークーゼンが同点に追いついた。 しかし、終盤にかけてもレバークーゼンは攻めあぐねて1-1のままタイムアップ。3戦勝利なく勝ち点1を積み上げるにとどまった。 2021.01.10 01:35 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤渓太不出場のウニオン、大迫先発のブレーメンに快勝で2連勝《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第14節、ブレーメンvs ウニオン・ベルリンが2日に行われ、0-2でウニオンが快勝した。ブレーメンのFW大迫勇也は前半のみの出場に終わり、ウニオンのMF遠藤渓太はベンチ入りも出場機会はなかった。 13位ブレーメン(勝ち点14)と6位ウニオン(勝ち点21)による日本人対決。2020年最終戦となった前節、ブレーメンは大迫が先発した中、マインツとの下位対決を試合終了間際の劇的弾で制して10戦ぶりの白星とした。そのブレーメンは大迫が[3-4-2-1]の2シャドーの一角で先発となった。 対するウニオンは遠藤が途中出場した中、ドルトムントに勝利して5戦ぶりの白星とした中、遠藤は引き続きベンチスタートとなった。 試合は12分にウニオンが先手を取る。アウォニーのパスを受けたペナルティアーク中央のベッカーが左足ミドルでゴール右に突き刺した。 先制後もウニオンの攻勢が続くと、28分に追加点を奪う。クリアボールを敵陣でアンドリッヒがカットした流れから、最後はボックス右のアウォニーがシュートを決めきった。 劣勢のブレーメンは44分に1点を返しかけるも、シュミットがネットを揺らしたプレーではわずかにオフサイドに阻まれ、ウニオンが2点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、ブレーメンは前半に見せ場を作れなかった大迫とビッテンコートに代えてゼルケとエンボムを投入。 しかし、ウニオンがアウォニーとベッカーの2トップによるカウンターで引き続き主導権を握ると、ブレーメンに決定機を許さないままシャットアウト勝利。 遠藤に出場機会は回ってこなかったものの、ウニオンが2連勝としている。 2021.01.03 01:47 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫勇也がJリーグ復帰? ブレーメンが選手売却で資金捻出を目論むと報道

ブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也(30)に急遽Jリーグ復帰の可能性が浮上した。 ブレーメンに特化したメディア『DeichStube』によると、クラブは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による影響で財政的な危機を迎えているとのこと。選手を売却して、資金を捻出しようとしている。 特に無観客試合による入場料収入が得られないことが大きなインパクトを残しており、1月と夏の移籍市場で選手を売却する必要があるということだ。 その中で名前が挙がっているのが、FWミロト・ラシツァ(24)と大迫とのことだ。 『DeichStube』によると大迫は冬にも日本へ帰る可能性があるとのこと。日本ではスタートして扱われる大迫には関心が寄せられていること、また2021年に行われる東京オリンピックも影響しているとしている。 大迫はオーバーエイジでオリンピックに出場す可能性が考えられており、準備を進めるには日本に戻ることが理にかなっているとしている。それは、このコロナ禍も大きく影響しているようだ。 大迫は、今シーズンの開幕戦で低調なパフォーマンスに終わりファンの信頼を失うことに。その後試合に出ない時期もあったが、ここまで10試合でプレー。しかし、まだゴールは記録していない。 ブレーメンとしては大迫が抜けることはマイナスであり、リスクがあるともしている。 また、今の所、大迫が不満を漏らしている兆候はなく、何を望んでいるかが重要だと指摘。具体的なオファーは日本からも今はなく、オファー次第で動きを見せるかもしれないということだ。 何れにしてもブレーメンは選手を売ることで資金の足しにしたいと考えていることは事実。補強をしないことも明言されており、誰がチームを離れるのか注目だ。 2020.12.30 20:15 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly