ワトフォード、さらに選手2名が自己隔離…指揮官が内情明かす

2020.05.23 22:37 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ワトフォードで新たな新型コロナウイルス感染者が出る可能性があるようだ。ナイジェル・ピアソン監督がイギリス『スカイ・スポーツ』でチームの内情を語っている。

新型コロナウイルスの影響によって中断しているプレミアリーグ。先日、トレーニング再開に先駆けて所属全クラブの選手とスタッフを対象にウイルス検査を実施した。

その際にワトフォードでは、選手1名とスタッフ2名の陽性反応を確認。その後、ジャマイカ代表DFエイドリアン・マリアッパは自身が感染者であることを公表していた。

さらに、ピアソン監督は『スカイ・スポーツ』の取材に対して、近親者に陽性反応が出た2選手が自主的な隔離措置を取っていることを明かした。

「(トレーニングを欠席している選手に関して)1人(マリアッパ)は陽性反応が出たことによるもので、もう2人は濃厚接触によるもの、そして、もう1人は出席しないことを決めたことによるものだ」

「具体的な数字を言うつもりはないが、今週は様々な理由でトレーニングを欠席した選手が何人もいた。それは仕方のないことだ」

「こういった問題はこのウイルスの複雑さを反映している。全員が(22日に)再検査を受け、週末に結果が出るのを待っている状況だ」

また、無症状だったものの、感染が発覚したマリアッパについては、家族共に健康状態に問題がなく、イギリス政府やプレミアリーグのガイドラインに沿って隔離期間を終えた後に問題なく合流できると語っている。

「彼はとても元気そうに見えるし、彼自身もそのように感じている。そういう意味では、このウイルスが我々に対して様々な形で影響を与えていることを示す一例だと思う」

「彼はアドバイスとガイドラインに従って1週間の隔離を行っている。彼の家族も全員無事だ。彼が戻ってくる際には、コンディション的に全く問題はないだろう」

「彼がいないことは残念だ。他にも陽性反応が出た人と接触したことで自己隔離をしなければならない選手、自分でトレーニングを続けることを決めた選手たちもいる」

先日にトレーニング復帰拒否を公言した主将のイングランド人FWトロイ・ディーニーを含め、家族への感染リスクを避けるため、数人の選手がトレーニング参加を拒否していることを明らかにしたピアソン監督。

一部の識者からはその行動に苦言を呈す声も出ていたが、同監督は以前からプレミアリ―グの早期再開に懸念を表明していたこともあり、選手たちの行動に理解を示している。それでも、指揮官としてリーグ再開に向け最善の準備をしていくことを約束している。

「(選手たちに対して)自分の立場を十分に明確に示してきた。指揮官としての私の立場は選手やスタッフをサポートすることだ。選手たちを可能な限りベストな状態にして、再び競争力を発揮できるようにしたい」
コメント