名古屋、ジョーと数日以内に契約解除か…母国メディアが口頭合意と報道

2020.05.22 06:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ブラジル『グローボ』は21日、元ブラジル代表FWジョー(33)と名古屋グランパスが双方合意の下で契約を解除すると報じた。

2018年から名古屋でプレーするジョーの契約は2020年12月までとなっているが、『グローボ』よれば、両者は既に口頭で合意しており、数日中にも正式決定するとのこと。

また同メディアによれば、母国での引退を考えているジョーだが、現在は“引退前にもう一稼ぎする最後のチャンス”と考えており、名古屋退団後はUAEのクラブでプレーする希望を代理人に伝えているようだ。なお、海外移籍が叶わなかった場合は、かねてより復帰の夢を語っていたコリンチャンスへの移籍が最優先となる模様だ。

2003年にコリンチャンスでプロデビュー後、 CSKAモスクワやマンチェスター・シティ、エバートン、ガラタサライ、インテルナシオナウなど世界各国のクラブを渡り歩き、2018年から名古屋でプレーするジョー。加入初年度は33試合に出場して24得点を挙げ、J1得点王とJリーグベストイレブンに輝いたが、昨季はケガの影響もあり、明治安田生命J1リーグ32試合6得点に終わった。

そんなブラジル人ストライカーはJリーグ挑戦3年目の今季もケガで出遅れており、新型コロナウイルスの感染拡大による延期前の公式戦2試合をいずれも欠場していた。

関連ニュース
thumb

「非常に難しい」福岡vs名古屋のGK負傷シーンにJFA審判委員会が見解「“競技者の安全“を確保」が原則

日本サッカー協会(JFA)は7日、レフェリーブリーフィングを開催した。 かつてJリーグで主審を務めていた、扇谷健司審判委員長と東城穣Jリーグ審判デベロプメントシニアマネジャーが出席。明治安田生命J1リーグ第31節までの主な事象について、実際のプレー映像や主審とVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の交信を交えて、判定に関する解説がなされた。 最近は判定を巡って、様々な注目が集まるようになり、VARの運用方法や、判定基準などが話題となることが多い。 今回取り上げられた中では、「“競技者の安全”を確保する」という事象もピックアップ。それは、大きな物議を醸した試合でもある9月3日の明治安田生命J1リーグ第28節のアビスパ福岡vs名古屋グランパスのシーンだった。 問題となったシーンは開始2分になる手前、ロングボールを処理しようとした福岡のGK永石拓海がボックスを飛び出ると、バックステップでクリアしようとしたDF宮大樹と頭同士が激突。そのまま2人とも倒れ込むが、味方同士の接触でもあり、この流れでプレーは止まらず、名古屋が森下龍矢のゴールで先制した。 このシーンについて東城氏は「試合を停止するのかは非常に難しい。簡単ではない事象である」と前置きし、「主審としてもこの時にできる適切な対応をしてくれた。状況把握し、ドクターやチームスタッフをすぐに呼ぶという対応ができていた」とレフェリーの対応を評価した。 一方で「原則として、プレーを停止し、“競技者の安全”を確保する必要がある」とし、「審判員たちにもこの話は共有している」と、試合を止めることを選ぶことも必要だったとした。 東城氏は、個人的な見解としてもし止める場合のタイミングについては「もし止めるとしたら、GKとぶつかって状況を確認する時間も短い中で、ボールが左に少し流れていくと思います」とコメント。「ボールがゴールに向かっていれば難しくなるが、左側に行って選手が持ち直すので、ここで止められれば良かったのかなと思います」と、接触の後にボールが流れた時点で止めても良かったとした。 ただ、名古屋にとっては相手同士の接触であり、ファウルでもないために止められれば決定機を阻まれたことにもなってしまう。東城氏は「どれが正解というのはない」とし、非常に難しいシーンであるとした。 <span class="paragraph-title">【動画】審判にとっても判定が非常に難しかったGKとの接触シーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="c1-22ITVeRE";var video_start = 55;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.07 22:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「信じられない」名古屋FWマテウスもコートの目の前でNBA観戦!バスケに合わせたNIKEのスニーカーも披露

名古屋グランパスのブラジル人FWマテウス・カストロも話題の一戦を生観戦していたようだ。 アメリカのプロバスケットボール(NBA)のジャパンゲームズ2022が9月30日から3日間にわたって開催。八村塁が所属するワシントン・ウィザーズと昨季王者のゴールデンステート・ウォリアーズのプレシーズンマッチが、日本で開催され大きな注目を集めた。 多くの芸能人も見つめた一戦をマテウスも観戦したことを自身のインスタグラムで報告。「信じられない」と選手たちの姿を投稿した。さらに、バスケに合わせたスニーカーも披露。ナイキとOFF-WHITEのコラボモデルを着用している。 8月末に左ヒザ内側側副じん帯損傷で離脱しながら、早くも復帰したマテウス。異なるスポーツのスターたちからも力を貰ったのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】足元にも注目!コートの目の前で観戦するマテウス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjP2ZkWJqOg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjP2ZkWJqOg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjP2ZkWJqOg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Mateus Castro(@mateuscastro10)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjP2waYJBvN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjP2waYJBvN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjP2waYJBvN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Mateus Castro(@mateuscastro10)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.04 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

名古屋、静学DF行徳瑛の来季加入内定を発表! 「チームの勝利に貢献できるよう頑張ります」

名古屋グランパスは4日、静岡学園高校のDF行徳瑛 (17) の来季加入内定を発表した。 静岡県出身で、身長185cmのセンターバックである行徳。名古屋は「恵まれた体格で足元の技術も高く、攻撃の起点としてのパスも出せる」と特徴を紹介している。 名古屋でプロ入り内定を決めた静岡学園の主将はクラブを通じて喜びと来シーズンに向けた決意を語った。 「2023シーズンから名古屋グランパスに加入することになりました静岡学園高校の行德瑛です。名古屋グランパスという歴史ある素晴らしいクラブでプロサッカー選手のキャリアをスタートできることを嬉しく思います」 「これまで携わっていただいた方々への感謝の気持ちを忘れず、1日でも早くピッチに立ち、チームの勝利に貢献できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 <span class="paragraph-title">【写真】名古屋に加入が内定した行徳瑛</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%9D%99%E5%B2%A1%E5%AD%A6%E5%9C%92%E9%AB%98%E6%A0%A1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw"><br><br><a href="https://twitter.com/hashtag/grampus?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#grampus</a></p>&mdash; 名古屋グランパス / Nagoya Grampus (@nge_official) <a href="https://twitter.com/nge_official/status/1577116294784114688?ref_src=twsrc%5Etfw">October 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.04 12:06 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMが次節優勝も! 水沼の2ゴールなどで名古屋戦4発快勝【明治安田J1第31節】

明治安田生命J1第31節の名古屋グランパスvs横浜F・マリノスが1日に豊田スタジアムで行われ、アウェイの横浜FMが4-0で勝利した。 前節はサンフレッチェ広島を相手にゴールレスドローに終わった10位の名古屋。3戦連続で引き分けが続くなか、4試合ぶりの勝利を目指す一戦では左ヒザの負傷で約1カ月間離脱していたマテウスが右シャドーの位置で復帰を果たした。 対する首位の横浜FMは前節、北海道コンサドーレ札幌にホームで苦戦を強いられ、ゴールレスドローに終わった。累積警告による出場停止となっていたエドゥアルドが今節から先発に戻り、5ポイント差をつける2位の川崎フロンターレをさらに引き離しにかかった。 立ち上がりはホームの名古屋グランパスがペースを握ったが、最初にチャンスを作ったのはアウェイの横浜FM。16分、ボックス手前左でボールを持った永戸がアンデルソン・ロペスとのワンツーでボックス左に抜け出す。グラウンダーで折り返すと、ゴール前の水沼が押し込み、先制に成功する。 先手を取って勢いに乗る横浜FMは35分にも見せ場を作る。細かいパスワークからボックス手前中央でボールを受けたマルコス・ジュニオールが浮き球のパスを選択。ボックス内のアンデルソン・ロペスが胸トラップでこれを受け、反転して右足を振りぬいたが、相手DFのブロックに遭う。 1点のビハインドを負う名古屋は前半にボールを多く持たれる時間帯が続いたが、45分には内田が巧みなドリブルで敵陣を切り裂き、右サイドに展開。これを受けた森下が中央に折り返し、ボックス内に再び走り込んできた内田が右足で合わせる。これはうまくミートできずに枠へと飛ばなかったが、前半終了間際にしてようやくチームにおけるファーストシュートが生まれた。 前半は主導権を握って試合を進めた横浜FMはハーフタイムを挟んで後半の立ち上がりにも決定機を迎える。46分にカウンターの流れから敵陣左サイドでパスを回し、ボールはボックス手前中央の喜田へ。喜多がダイレクトで縦パスを送ると、ゴール前でフリーとなっていた水沼へとボールが渡り、右足のシュートを冷静にゴール右に蹴りこんだ。 2点を追いかけることとなった名古屋は直後に3人の選手交代。日本代表から合流して間もない相馬をはじめ、レオ・シルバ、チアゴを投入して攻撃の活性化を図る。 すると、63分にはセットプレーからホームチームのチャンス。右CKの場面でキッカーのマテウスが柔らかいボールを送り、ゴール前の藤井が頭で触る。こぼれたところに永井が反応し、右足のボレーシュートを放つが、強烈なボールはゴールポストにヒット。惜しくも得点とはならない。 その後も2点を追いかけて攻めるホームチームに対して、堅守を見せる横浜FM。逆に90分にはカウンターからゴールに迫る。エドゥアルドの自陣からのロングボールで、仲川が敵陣左サイドに抜け出す。ボックス左まで侵入して中央へと折り返すと、走り込んだレオ・セアラが押し込んだ。 さらに90+6分には終盤に投入された藤田がダメ押しとなる4点目を決め、横浜FMが快勝。今節を落とした川崎Fとの勝ち点差を「8」に広げ、次節の結果次第で優勝が決まる状況に持ち込んでいる。 名古屋グランパス 0-4 横浜F・マリノス 【横浜FM】 水沼 宏太(前16、後1) レオ・セアラ(後45) 藤田譲瑠チマ(後45+6) 2022.10.01 18:42 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第31節:名古屋vs横浜FM】優勝への道を歩み続ける横浜FM、名古屋は上位3連戦の締めくくり

【明治安田生命J1リーグ第31節】 2022年10月1日(土) 16:00キックオフ 名古屋グランパス(10位/39pt) vs 横浜F・マリノス(1位/59pt) [豊田スタジアム] ◆トップ3とのホーム3連戦をどう締め括る【名古屋グランパス】 中断前は3戦連続ドローに終わっていた名古屋。中位に位置しており、優勝争いにも残留争いにも関わっていない。 ただ、中断期間を挟んだとはいえ、実はトップ3とのホーム3連戦中。川崎フロンターレ(1-1)、サンフレッチェ広島(0-0)と連続ドローとなっている。 そして3連戦の最後は首位の横浜FM。優勝争いに大きな影響を及ぼしているのが名古屋だった。 その3戦目。当然勝ちを狙いに行くことは間違いない。今シーズンも堅い守備は保っている一方で、慢性的に続く得点力不足の結果が中位に甘んじることになった。 チームとしてやるべきは、守備の強度、堅さを保ちながらいかにゴールを奪うか。チーム全体のバランスを保って行くことで上位相手に戦える自信を掴みたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:ランゲラック DF:中谷進之介、藤井陽也、丸山祐市 MF:森下龍矢、稲垣祥、レオ・シルバ、吉田豊 MF:マテウス・カストロ、仙頭啓矢 FW:永井謙佑 監督:長谷川健太 ◆優勝へのホームのロードを描けるか【横浜F・マリノス】 今シーズンも残すところ5試合。失意のカップ戦敗退から立ち直り、中断前は再びエンジンがかかり、3勝2分け、5戦無敗で9月を終えた。 優勝まであとわずか。今節勝利を収めれば、大きく前進することは間違いない。 次節以降はホーム3連戦。そこでしっかりと優勝を決めるためにも、この戦いで勝ち点3を取らなければいけない。他会場の結果次第では、川崎Fとの一騎討ちになる可能性もある試合だ。 負傷者が出ていた横浜FMだが、西村拓真は衝撃の回復力ですでにトレーニング復帰。小池龍太も欠場が続いたが状態が上がっている。誰が出ても変わらぬクオリティが出せることが強みだが、万全の状態になった時の手がつけられない感じを再び見せられるか。いつも通り、目の前の1勝を掴みに行く。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、岩田智輝、エドゥアルド、永戸勝也 MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、藤田譲瑠チマ FW:水沼宏太、アンデルソン・ロペス、エウベル 監督:ケヴィン・マスカット 2022.10.01 13:37 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly