久保裕也の所属するFCシンシナティが新監督にヤープ・スタム氏を招へい

2020.05.22 02:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
MLS(メジャーリーグ・サッカー)のFCシンシナティは21日、ヤープ・スタム氏(47)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2021年12月31日までで、1年間の延長オプションが付随している。

FW久保裕也が所属するFCシンシナティでは、今シーズンの開幕1週間前にチームの選手に人種差別的な言葉を発したという疑惑を受けて、ロン・ヤンス監督が辞任。ヨアン・ダモット氏が暫定監督を務めていた。

しかし、その後は新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてMLSも1カ月間の中断を発表。さらに感染者が増加したことを受け、現在も中断したままとなっている。

今回新監督に就任したスタム氏は、現役時代にズヴォレやPSVなどオランダで複数のクラブでプレーした後、1998年7月にユナイテッドへ移籍。守備の要として3度のプレミアリーグ制覇と1998-99シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)優勝に貢献した同クラブのレジェンドだ。

現役引退後は、2014年から古巣アヤックスで指導者としてのキャリアをスタート。守備コーチやヨング・アヤックス(U-21チーム)の指揮官を務めると、レディングや、日本代表DF中山雄太が所属するズヴォレの監督を歴任。2019-20シーズンからはフェイエノールト指揮官を務めていたが、昨年10月に成績不振を理由に辞任していた。
コメント
関連ニュース
thumb

ミズノが本田圭佑や中島翔哉が着用する新スパイク「REBULA CUP」を発表、本田「触感が明らかに違う」

ミズノは1日、サッカーシューズ「REBULA」の最新モデル「REBULA CUP(レビュラカップ)」を発表した。7月22日(水)に全国のミズノ品取扱店で発売となる。 2017年7月にデビューした「REBULA」は、“決定的なプレーを生み出すためのシューズ"をコンセプトに、スピードとボールタッチの機能を追求したサッカーシューズとなっている。 <div id="cws_ad" >◆「REBULA CUP」を解説してみた!</div> <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><script>var video_id = "9Uf9ABj8eB0";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script></div> シリーズ4 代目となる「REBULA CUP」は、よりスピード化する現代サッカーにおいて、勝負を左右する“ファーストタッチ"をサポートする機能が向上。また、ラスト(足型)をリニューアルすることで、更なるフィッティングが追求されている。 「REBULA CUP」のトップモデル「REBULA CUP JAPAN(レビュラカップジャパン)」は、ミズノブランドアンバサダーの本田圭佑(ボタフォゴ/ブラジル)、吉田麻也(サンプドリア/イタリア)、中島翔哉( ポルト/ポルトガル)などが着用。「REBULA CUP」シリーズは、トップモデルからキッズモデルまで計11モデル展開し、グローバルで販売される。 本田は「今回のモデルはとにかく履き心地が最高です。何というか、触感が明らかに今までと違います。しかも軽量化も実現しているというのは嬉しいです。試合で履くのが、非常に楽しみです」とコメント。吉田は「ファーストタッチのサポートはもちろん、REBULA シリーズ最高のフィッティングだと思います。皆さんぜひ、試してみてください」と感想を語った。 ドリブルが武器の中島は「足に吸い付くようなボールタッチの感覚が気に入っています。細かいタッチでドリブルすることも多いので、より自分の良さを引き出してくれるシューズだと思います」と語り、同じポルトガルでプレーするDF安西幸輝(ポルティモネンセ)は「今までのREBULA シリーズの中で一番フィットしていて、しかも軽いです。このシューズと共に、チームの勝利に貢献したいと思います」とコメントした。 2020.07.02 13:00 Thu
twitterfacebook
thumb

今季は結果を残した鎌田大地、フランクフルトSDは契約延長に自信「長期契約を締結する」

フランクフルトのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるフレディ・ボビッチ氏が、日本代表MF鎌田大地について言及した。ドイツ『フランクフルター・ルントシャウ』が伝えた。 今シーズンから復帰した鎌田は、ブンデスリーガで28試合に出場し2ゴール6アシスト。ヨーロッパリーグでは9試合で6ゴール2アシストと結果を残し、チームの攻撃を支える働きを見せていた。 鎌田とフランクフルトの契約は2021年6月30日までとなっている中、セリエAクラブへの移籍の噂が常に飛び交っている状況だが、ボビッチ氏は鎌田を高く評価しており、契約延長に自信を見せた。 「前に持ち出す動きでこれだけのクオリティを持ち、カギとなる選手はわずかしかいない。全てが準備をしている段階だ」 「7月中にはこの件を片付けられると確信している。ダイチはここで長期契約を締結する」 鎌田は2017年にサガン鳥栖からフランクフルトへと完全移籍。しかし、なかなか出番をもらえずにいると、2018-19シーズンはシント=トロイデンへとレンタル移籍する。 シント=トロイデンでは、持ち前の攻撃センスを発揮し公式戦36試合で16ゴール9アシストの大活躍。これを受け今シーズンはフランクフルトへ復帰していた。 鎌田が新天地を選ぶのか、それともフランクフルトに滞在することを望むのか。去就に注目が集まる。 2020.07.02 10:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ハノーファーの原口元気が帰国をキャンセル、理由は新型コロナウイルスの隔離期間

先週末でレギュラーシーズンが終了したブンデスリーガ。2部のハノーファーでプレーしていたMF原口元気だが、どうやら今夏は日本へ戻らないようだ。ドイツ『ビルト』が報じた。 昨シーズンからハノーファーでプレーする原口は、今シーズンはブンデスリーガ2部で32試合に出場し6ゴール5アシストと結果を残したが、チームは6位に終わり昇格を逃していた。 今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断期間もあり、オフが短い状況。原口も本来であれば日本へ帰国する予定だったとのことだが、キャンセルしたようだ。 その理由は、日本からドイツへ戻った場合に2週間の隔離期間を設ける必要があるためとのこと。3週間半の休暇が10日に短縮されてしまうことが理由のようだ。 新シーズンに向けたトレーニング再開は7月27日に予定されているハノーファー。原口に限らず、外国人選手たちは今夏のオフをどこで過ごすのか。そこにもコロナの影響が大きくのしかかることになる。 2020.07.02 10:25 Thu
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場のサンプ、レッチェとの残留争いをPK2本で制す《セリエA》

サンプドリアは1日、セリエA第29節でレッチェとのアウェイ戦に臨み、2-1で競り勝った。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。 16位サンプドリア(勝ち点26)と18位レッチェ(勝ち点25)による残留争い。前節ボローニャ戦では4試合ぶりに先発を外れた中、味方の負傷により途中出場した吉田は4バックの右センターバックで先発となった。 開始7分にパスに決定的なヘディングシュートを浴びたサンプドリアは、このピンチをGKアウデーロが防ぐと、その後は一進一退の攻防が続く。 膠着状態が続いた中、サンプドリアは38分にPKを獲得する。ヤンクトがボックス内でタフツィディスに倒された。このPKをガストン・ラミレスが決め、サンプドリアが先制した。 ハーフタイムにかけては守勢に回ったサンプドリアが1点をリードして前半を終えた。しかし迎えた後半開始3分、ボックス内でトールスビーがサポナーラを倒したとしてPKを献上する。 このPKをマンコースに決められたサンプドリアが重心を上げたことで、後半は一進一退の攻防が続く。 すると73分、サンプドリアが再びPKを獲得する。デパオリが鋭い反転から前を向きボックス内でパスに倒された。このPKを再びガストン・ラミレスが決めてサンプドリアが勝ち越しに成功。これが決勝点となってサンプドリアが競り勝ち、残留に近づいている。 2020.07.02 06:56 Thu
twitterfacebook
thumb

冨安フル出場のボローニャ、カリアリとの中位対決はドロー《セリエA》

ボローニャは1日、セリエA第29節でカリアリをホームに迎え、1-1で引き分けた。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。 前節、吉田との日本人対決を制し5試合ぶりの勝利を飾った冨安の11位ボローニャ(勝ち点37)は、ヨーロッパリーグ出場圏内の7位ミランを5ポイント差で追う中、冨安が引き続き右サイドバックで先発となった。 10位カリアリ(勝ち点38)に対し、時間の経過とともに押し込む展開としたボローニャは、29分に最初の決定機。バロウのスルーパスでボックス左へ抜け出したパラシオが枠内シュートを放ったが、GKにセーブされた。 さらに35分、ロベルト・ソリアーノのミドルシュートでゴールに迫ったボローニャは39分にもチャンス。だが、ボックス右に侵入したメデルのクロスにパラシオが合わせたシュートはわずかに枠の上に外れた。 それでもボローニャが前半のうちに先制する。バロウが自身の出したスルーパスのルーズボールを拾ってボックス左へ。左足でニアサイドを打ち抜いた。 しかし迎えた後半開始1分に同点とされる。ナインゴランのシュートに反応したゴール前のシメオネにネットを揺らされた。 同点後は一進一退の攻防が続いた中、徐々に前半同様にボローニャが押し込む時間帯を増やしていくと、オルソリーニやバロウが勝ち越しゴールに迫っていく。 しかし、終盤にかけてはチャンスを生み出せず1-1でタイムアップ。中位同士の対決は勝ち点1を分け合う結果となった。 2020.07.02 04:44 Thu
twitterfacebook