アルゼンチン代表指揮官がラウタロのバルサ移籍に言及「メッシとプレーできるのは良いこと」

2020.05.21 13:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アルゼンチン代表を率いるリオネル・スカローニ監督がインテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスのバルセロナ移籍に言及した。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。

今シーズンのセンセーショナルな活躍から、連日のように移籍の噂が取り沙汰されているラウタロ。バルセロナをはじめ、錚々たるビッグクラブが目を光らせていると言われており、今度の移籍市場における目玉となっている。

アルゼンチン代表でラウタロを指導するスカローニ監督がスペインのテレビ『RTVE』でラウタロについて言及。去就が騒がしい中、バルセロナへの移籍に太鼓判を押した。

「ラウタロが(リオネル・)メッシのようなチームメイトとプレーするなら、それは私たちにとってより良いことだ。彼は、今後数年間注目されるストライカーになると思う。彼がうまくいくことを願っている」

「ラウタロは素晴らしいストライカーだから、素晴らしいチームのためにプレーしなければならない。だが、彼はすでに最高レベルで戦う素晴らしいチームにいる。彼を移籍にこじ開けることは非常に難しいと思う。しかし、彼がクラブを変えるなら、彼がうまくいくことを望んでいる」

アルゼンチン代表はタレントが揃いながらもメジャータイトルを獲得できていない状況。メッシは代表キャリアでは何も勝ち獲っていない状況だ。

豊富な前線のタレントがいながら、メッシとの共存に苦しんできたこれまでの代表監督のことを考えれば、チームで一緒にプレーしてくれることは、アルゼンチン代表にとっても大きな財産となりそうだ。
コメント