マドリー、ウパメカノ獲得失敗ならリールDFに切り替えか

2020.05.21 12:19 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーが、リールに所属するU-23ブラジル代表DFガブリエウ(22)に関心を示しているようだ。スペイン『アス』が報じた。

今夏センターバックの補強に動いているマドリーは、RBライプツィヒに所属するU-21フランス代表DFダヨ・ウパメカノ(21)の獲得を目指していると言われている。その理由には、昨夏加入したブラジル代表DFエデル・ミリトンが適応に苦しんでいることが挙げられ、今夏は若手のセンターバックを望んでいるようだ。

しかし、人気銘柄のウパメカノの獲得は簡単ではない。ライプツィヒは契約解除条項の6000万ユーロ(約70億8000万円)から4000万ユーロ(約47億2000万円)へ値下げするとも言われているが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による財政的な打撃を受けている各クラブは、それでもなかなか手が出せず、動きが鈍っている状況。また、バイエルンも獲得に動いており、争奪戦は必至だ。

代理人のヴォルカー・シュトゥルート氏も「この夏にビッグディールが起こるとは思えない」と移籍に否定的なコメントを残していることから、獲得の難易度は増していると見て良いだろう。

そんな中、マドリーはウパメカノの代替案として、半額の2000万ユーロ(約23億6000万円)と評価されているガブリエウに関心を示しているとのこと。左利きのセンターバックであることも、現在のメンバーとの補完性が高いと評価されている。

しかし、ガブリエウにはパスポートの問題が残っている。現在ブラジル国籍しか所有していないため、ミリトンやブラジル代表FWロドリゴ・ゴエスなどで埋まっているEU圏外枠が問題に。そのため、今夏のスペイン国籍取得を目指しているブラジル代表FWヴィニシウスをEU圏外枠から外れることがカギとなりそうだ。

また、ガブリエウにはチェルシーなど複数クラブも視線を注いでいることから激しい争奪戦が予想されている。リールは移籍金300万ユーロ(約3億5000万円)で獲得した同選手の売却に前向きなだけに、マドリーがどんな手を打って獲得するのかに注目が集まる。

ガブリエウは190cmの長身で、2017年に加入したリールで昨シーズン後半戦からレギュラーに定着。今シーズンは公式戦34試合に出場し、高い身体能力を生かした対人守備で評価を高めていた。
コメント