レアルのブラジル代表FWコンビが加入時を回想「チームにブラジル人がいることは大きな助け」

2020.05.18 13:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオール(19)とブラジル代表FWロドリゴ(19)が加入当時を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。

2018年の夏に推定移籍金4600万ユーロ(約55億円)でフラメンゴから加入したヴィニシウス。1年目から公式戦36試合に出場し7ゴール13アシストと、当時18歳の選手としては上々の成績を残した。

一方、サントス下部組織出身のロドリゴは、18歳を迎えた2019年夏に移籍金4500万ユーロ(約54億円)でマドリー入り。デビューとなったオサスナ戦では、途中出場から93秒で初ゴールをマーク。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)のガラタサライ戦ではハットトリックを達成し、2019年11月にはセレソンデビューも果たすなど、飛躍のシーズンを過ごしている。

マドリーとセレソンの未来を担う2人が、スペイン『モビスター』のYouTubeチャンネルに出演し、マドリーでの適応について、ブラジル人選手がいることが助けになっている語った。

ロドリゴ
「僕がここに来る前にヴィニシウスと話をしたら、多くのアドバイスをしてくれた。だから、到着した時は全てが好きになっていた」

「サンパウロはマドリッドと非常に似ているので、僕はすべてに慣れている。ビーチが欠けているぐらいかな。でも、よく似ていて、すぐに慣れたので、とても快適だよ」

ヴィニウス
「良いことに適応するのは、いつも簡単だよ」

「(ここに来たことは)大きな責任を感じた。しかし、ブラジルではもっと苦しんでいたと思う。僕たちは多くの荷物を持ってここに来たけど、チームにブラジル人がいることが大きな助けになった」

また、ロドリゴは自身の人生を変えたゴールについて「レアル・マドリーでの最初の試合だよ。成長し続ける自信を僕にくれた。常に最初にやる時は不安を抱いているけど、それが手に入れば、あとで大きな自信となる」とコメント。ヴィニシウスは「最初のゴールは救いになる」とかたり、いかに早い時期に結果を残せるかが重要だと語った。
マドリーは、この2人以外にも1月にフラメンゴからU-23ブラジル代表MFヘイニエル(18)を獲得しており、ブラジルの若き才能獲得に積極的に動いてる。
コメント