モンペリエ、42歳の鉄人DFイウトンと2021年まで契約延長!

2020.05.16 02:25 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
モンペリエは15日、ブラジル人DFヴィトリーノ・イウトン(42)との契約を2021年6月30日まで延長したことを発表した。現行の契約から1年延長した新契約にサインしたイウトンは、公式サイトで以下のようにコメントしている。

「(新たにサインしたことは)とても素晴らしいことだ。私にとってこれが最後となるだろう。だから、私にとってそれはすべての中で最も喜ばしいことだ」

2011年にマルセイユから加入したセンターバックのイウトンは、これまでモンペリエで9シーズンを過ごして公式戦321試合に出場。加入初年度にはリーグ・アン優勝の原動力にもなっていた。

また、40歳の大台を超えても全く衰えを見せないモンペリエの偉大なるキャプテンは、4月末で打ち切りとなった今シーズンのリーグ・アンで開催された28試合全てに出場。それも1試合を除く27試合でフルタイム出場を果たしており、ヨーロッパリーグ出場権獲得も期待された8位のチームを後方から支えていた。
コメント
関連ニュース
thumb

モンペリエがバーゼルの守護神オムリンを獲得!

モンペリエは12日、バーゼルからスイス代表GKヨナス・オムリン(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「1」に決定。契約期間などに関する詳細は明かされていない。 モンペリエでは、レアル・ソシエダから1年間のレンタル移籍で加入していた元アルゼンチン代表GKヘロニモ・ルジ(28)が今シーズンの正GKとしてハイパフォーマンスを披露していた。 そのため、クラブは買い取りオプションの行使を考慮していたが、コロナ禍において移籍金とルジが受け取る高額なサラリーに二の足を踏み、なくなく買い取りを断念。 その後、サンテチェンヌの元フランス代表GKステファヌ・リュフィエ(33)、元レアル・マドリーのフランス人GKリュカ・ジダン(22)らが獲得候補に挙がっていた。 しかし、最終的に新守護神として獲得したのは、スイス屈指の名門バーゼルで正GKを務めていたオムリンとなった。 2018年にルツェルンからバーゼルに加入したオムリンは、在籍2シーズンで公式戦79試合に出場するなど守護神を務めてきた。また、高いアスリート能力を生かしたショットストップに定評がある26歳は、デビューは果たしていないものの、定期的にスイス代表に招集されている。 2020.08.12 18:07 Wed
twitterfacebook
thumb

モンペリエ、ユーベからFWマヴィディディを獲得! 今季レンタル先のディジョンで8ゴール

モンペリエは2日、ユベントスからイングランド人FWステフィー・マヴィディディ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「19」に決定したが、契約期間に関する詳細は明かされていない。 なお、ユベントスの発表によると、移籍金は630万ユーロ(約7億6000万円)となった。 アーセナルのアカデミー出身のマヴィディディは、2017年のFIFA U-17ワールドカップにU-17イングランド代表として出場経験もある身体能力とテクニックに優れた183cmのセンターフォワード。アーセナルでのトップチームデビューは叶わず、幾つかのレンタル先で武者修行を積んだ中、2018年にユベントスへ完全移籍。 セリエCに所属するユベントスU-23で主力として活躍すると、昨年4月に行われたセリエAのSPAL戦では待望のトップチームデビューも飾っていた。 今シーズン、1年間のレンタル移籍で加入したディジョンでは公式戦28試合に出場し8ゴール2アシストの数字を残していた。 2020.07.02 21:07 Thu
twitterfacebook
thumb

元カメルーン代表DFベディモが現役引退…モンペリエで奇跡のリーグ制覇に貢献

モンペリエやリヨン、マルセイユでプレーした元カメルーン代表DFアンリ・ベディモ(36)が現役引退を発表した。 2018年にマルセイユを退団して以降、2年間フリーの状態が続いていたベディモは16日、自身の公式『インスタグラム』を通じてスパイクを脱ぐ決断をしたことを明かした。 「これまで出会ってきたチームメートや監督、スタッフ、ボランティアの人たちに感謝の言葉を伝えずに去るわけにはいかないよ」 「とりわけ、愛するサポーターの人たちを忘れることはできない。みんなの存在がなければ、僕はこのレベルでプレーし続けることはできなかったはずさ」 カメルーンで生まれ育ち、15歳でフランスに渡ったベディモはグルノーブルの下部組織を経て2003年にトゥールーズでプロデビュー。 ル・アーヴル、シャトールー、RCランスを渡り歩き、2011年に加入したモンペリエでは加入初年度に、左サイドバックの主力として奇跡のリーグ・アン制覇に貢献。その後、リヨン、マルセイユと国内屈指の名門でプレーしていた。 また、2009年にデビューを飾ったカメルーン代表では通算52試合に出場し1ゴールを記録。2014年のブラジル・ワールドカップにも出場していた。 2020.06.17 01:44 Wed
twitterfacebook
thumb

GKリュカ・ジダン、今夏に母国へ移籍か…今季はスペイン2部で29試合に出場

ラシン・サンタンデールに所属する元U-20フランス代表GKリュカ・ジダン(22)は、来季は母国でプレーするかもしれない。スペイン『マルカ』が報じている。 レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督の息子の1人として知られるリュカ。2004年から同クラブのカンテラに在籍し、着実に上のクラスへステップアップを続けてきた。 また、各年代のフランス代表を経験しており、2015年にはU-17欧州選手権で優勝。守護神として決勝のドイツ戦の1失点のみという好パフォーマンスを披露し、父の名に恥じない活躍を残してきた。 マドリーでのトップチームデビューは2017-18シーズン。ところがこの2年間で公式戦出場はわずか2試合。銀河系軍団の高い壁に阻まれて出場機会を得れないでいた。 そんな中、今季はスペイン2部のラシンに武者修行へ。レンタルの身でありながらリュカは正GKとしてリーグ戦29試合に出場中だ。一方で、マドリーとの契約に関しては昨夏に契約延長を打診されたようだが、拒否したため今月いっぱいで満了を迎える状況にある。 そしてここにモンペリエが関心。今季はレアル・ソシエダから買い取りオプション付きのレンタルで加入した元アルゼンチン代表GKヘロニモ・ルジが守護神を担っていたが、契約切れのリュカをフリーで獲得し、その代役にする案を持っているという。 また『マルカ』によると、ラシンもリュカを高く評価しているものの、チームはリーグ最下位で降格が濃厚であることから慰留は難しいとされている。 2020.06.05 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

モンペリエ、歴代最多出場のFWスレイマン・カマラが今季限りで退団…現役引退濃厚か

モンペリエに所属する元セネガル代表FWスレイマン・カマラ(37)が今シーズン限りでクラブを退団することになった。 2007年夏にニースから当時リーグ・ドゥ(フランス2部)に所属していたクラブへレンタル移籍で加入したカマラは、その翌年に完全移籍へ移行。ここまで13シーズンを過ごして、歴代最多となる公式戦433試合に出場し76ゴール35アシストを記録。2011-12シーズンには奇跡のリーグ・アン初優勝に貢献していた。 ただ、今季は前線のバックアッパーとして公式戦16試合に出場も、加入後初めてシーズン無得点に終わっていた。 モンペリエとの現行契約が今シーズン終了までとなっていた中、自身と同じくリーグ・アン制覇を経験しているブラジル人DFヴィトリーノ・イウトン(42)に続く契約延長が期待されていた。 だが、ローラン・ニコラン会長は、フランス『Midi Libre』でカマラとの交渉を行った末、来シーズンの契約を延長しないとの結論に至ったことを明かした。 「我々は金曜日(15日)に話し合いを行い結論に至った。現在、彼は次のステップを考えている。彼がここでのトレーニングを希望する場合、我々は彼が今後の去就を決定するための時間を与えたいと思っている」 「これまでクラブに在籍したすべてのプレーヤーと同様に、我々は彼に対してドアを開けたままでいるよ」 なお、他クラブでの現役続行も考えられるが、このまま現役引退を選択する可能性が高いようだ。 2020.05.19 13:38 Tue
twitterfacebook