ブラジルの名門サントスが浦和DFマウリシオに関心も…移籍には障害あり

2020.05.14 16:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サントスが浦和レッズに所属するブラジル人DFマウリシオ獲得に興味を示している。ブラジル『ランス』が伝えた。サントスは3月に元コロンビア代表DFフェリペ・アギラールをアトレチコ・パラナエンセに放出しており、その後釜としてマウリシオの獲得を望んでいるようだ。

マウリシオは、ブラジルの複数クラブを渡り歩き、2014年にポルティモネンセへ移籍。その後、ポルトB、マリティモを経て、2017年8月に浦和に加わった。

浦和では主力として活躍しているものの、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受け、2月に誕生した次女に会えていないことなどからブラジル帰国を望んでいると発言していたが、『ランス』の取材に次のように答えた。

「多くの人から電話をもらっているが、具体的な話はない。サントスはどんな選手でも一度はプレーしてみたくなるクラブだ。浦和での練習は来週から再開され、僕はそのことに焦点を合わせている」

また、マウリシオのサントス移籍には別の障害もあるという。サントスはブラジル人DFクレベール・ルイス獲得時の移籍金の未払いで、ハンブルガーSVから訴訟を起こされており、新しく選手を登録する際にはその問題を解決する必要がある。

そのため、サントスの幹部らは優先してこの問題の解決に動いており、マウリシオの移籍がすぐに決まることはなさそうだ。
関連ニュース
thumb

5月度MVPに浦和デビュー即大暴れのキャスパー・ユンカー! 「更なる発展の序章に」

Jリーグは11日、5月度の「明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」を発表した。 J1リーグからは浦和レッズのFWキャスパー・ユンカーが選出。5月に加入したばかりだが、J1リーグデビュー戦からいきなりのゴールを決めると、そこから4戦連発をマークするなど、出場した5試合で計5ゴールの活躍を披露した。 その間にチームの調子も今季初のJ1リーグ3連勝を含む5戦負けなしと上向き、新風を吹かせるユンカー。Jリーグを通じて、喜びの心境とともに、決意を新たにした。 「日本でプレーした最初の1か月でこのような賞をいただくことができ、とてもうれしく、そして誇りに思います。まず第一に、これはチームメイトからのサポートがあったからこそ、受賞できました。彼らはすぐに私のことを浦和レッズの仲間として迎え入れてくれ、ピッチ内外で初日から私を助けてくれたことをとてもありがたく思います」 「これが今後数か月の更なる発展の序章に過ぎないことを願っています。自分の経験値と攻撃のクオリティでこれからもチームに貢献し、ベストを尽くしたいと思います。ファン・サポーターのみなさんには、加入時からの愛情とチーム全員に対する日々の温かい応援を感じています。本当に特別な存在である彼らに心から感謝しています。本当にありがとうございました!」 また、J2リーグからは全6試合に先発して4戦連続ゴールを記録したジェフユナイテッド千葉のMF見木友哉が受賞。J3リーグからは4試合で3ゴールの活躍を披露した福島ユナイテッドFCのFWイスマイラが栄冠に輝いた。なお、ユンカーを含めた3選手はそれぞれ初受賞となる。 2021.06.11 16:55 Fri
twitterfacebook
thumb

背番号は「2」、酒井宏樹が浦和に完全移籍で加入「一つでも多くのタイトルを」

浦和レッズは10日、日本代表DF酒井宏樹(31)が完全移籍で加入したことを発表した。背番号は「2」となる。 酒井は柏レイソルの下部組織出身で、2009年2月にトップチームへ昇格。ブラジルのモジミリンへのレンタル移籍を経験すると、その後は柏でレギュラーとしてプレー。2012年7月にドイツのハノーファーへと移籍すると、2016年7月にマルセイユへと完全移籍を果たした。 ブンデスリーガでは92試合に出場し2ゴール2アシスト、リーグ・アンでは145試合に出場し1ゴール10アシストを記録。JリーグでもJ1で42試合に出場し1ゴール12アシスト、J2リーグでも9試合で1ゴール1アシストを記録していた。 日本代表としては2012年5月からプレー。ここまで64試合に出場し1ゴールを記録。2014年のブラジル・ワールドカップはメンバーに選ばれるも出場機会はなし。2018年のロシア・ワールドカップでは4試合に出場した。 また、2012年のロンドン・オリンピックを経験しており、現在は東京オリンピックに向けてU-24日本代表にオーバーエイジとして参加している。 酒井はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、浦和レッズに加入することになりました酒井宏樹です。浦和レッズという伝統ある偉大なクラブの一員になることができ、大変光栄に思います」 「チームのコンセプトを理解し、1日でも早くピッチ内外でチームに貢献できるようベストを尽くしていきます。一つでも多くのタイトルを熱きレッズファン・サポーターのみなさんと共に喜びあう為にがんばっていきますので応援よろしくお願いします!」 2021.06.10 16:45 Thu
twitterfacebook
thumb

伊藤敦樹、興梠弾で浦和が逆転勝ち、神戸は先制するも逃げ切れず《ルヴァンカップ》

YBCルヴァンカップのプレーオフステージ、ヴィッセル神戸vs浦和レッズの第1戦が6日にノエビアスタジアム神戸で行われ、1-2で浦和が勝利した。 Bグループ2位でにプレーオフステージ進出を決めた神戸と、混戦のCグループを首位で勝ち抜いた浦和。両チームは5月26日にリーグ戦第15節で対戦したばかりで、その際はホームの浦和が2-0で勝利している。 古橋、フェルマーレンが代表招集のために不在の神戸は、セルジ・サンペールを中盤の底に置いた[3-5-2]でスタート。浦和はトーマス・デンがグループステージ最終節以来、今季公式戦2戦目の出場となった。 試合は開始早々に動く。3分、神戸は山口のクロスから左CKを獲得すると、初瀬が左足でアウトスイングのクロスを送る。ニアでサンペールフリックし、ゴール前でドウグラスが合わせて先制点を奪った。 7分にはサンペールのスルーパスに反応した山口がボックス右の深い位置から折り返す。相手に寄せられながらマシカが合わせるが、枠には飛ばせなかった。 右サイドからの攻撃を繰り返す神戸。17分にはハーフウェーライン付近でボールを奪うと、イニエスタから斜めのパスが送られる。マシカが受けてボックス手前の右かかループで狙うも、GK西川に読まれてキャッチされた。 神戸のポゼッションの前に守備のはまらない浦和だったが、30分に高い位置でのボール奪取に成功。宇賀神は素早く縦に当て、関根がドリブルでボックス内まで持ち込んで左足で狙ったが、大崎のブロックに阻まれた。 両チームともに徐々に守備ブロックの形成に重きを置き始めたため、互いにボールを持った時には最終ラインから中盤の間でゆとりを持ってパスを回せる展開が続く。 このままハーフタイムを迎えるかと思われたが、アディショナルタイムに再びスコアが動く。左からの関根の大きなサイドチェンジを田中がダイレクトで折り返すと、ボックス内に伊藤敦樹がフリーで侵入。落ち着いて流し込み、浦和が貴重なアウェイゴールを奪って前半を終えた。 後半に向けて先に動いたのは神戸ベンチ。大崎を下げて郷家を投入し、サンペールを最終ラインの中央へ配置して山口と郷家のダブルボランチ気味にシフトした。 前半と同様、後半の最初のチャンスも神戸が作る。53分、右CKの2次攻撃から初瀬が左足で滞空時間の長いクロスを送り、小林が頭で落としてマシカが狙う。だが、ヘディングシュートはGK西川にセーブされてしまう。 63分には興梠のヘディングシュートが相手DFの手に当たったとして、浦和の選手はハンドを猛アピールするも、西村主審は毅然とした態度で退けた。一方の神戸は65分、初瀬のクロスに佐々木が頭で合わせるも、ここは明本が体を寄せてブロックした。 神戸が自陣でボールを回す中で、思わぬ形でスコアは動く。山口からのバックパスをボックス内で処理しようとした菊池がまさかのスリップ。興梠がこれを見逃さずに反応すると、GK前川の動きを見極めて鮮やかなループシュートで浦和が逆転に成功した。 リードを奪った浦和だったが、トーマス・デンが負傷でピッチに倒れ込んでしまう。これを機に77分、3枚同時交代を決行。ゴールを挙げた興梠、宇賀神も下げて岩波、杉本、西を送り出す。 追いかける神戸は85分、リンコンが佐々木とのパス交換を経てドリブルを開始。細かいタッチでボックスに進入してリターンパスを送ると、佐々木が落としてイニエスタがシュート。しかし、右足の強烈なミドルシュートはクロスバーの上へ外れた。 何としても追い付きたい神戸は後半のアディショナルタイムには右サイドの深い位置でFKを獲得。イニエスタがグラウンダーのボールをペナルティエリア外へ送ると、走り込んできた山口のシュートは枠を捉えることができなかった。 結局、このままタイムアップを迎え、浦和がアウェイゴールを奪っての逆転で先勝を収めた。第2戦は13日に浦和駒場スタジアムで行われる。 ヴィッセル神戸 1-2 浦和レッズ 【神戸】 ドウグラス(前3) 【浦和】 伊藤敦樹(前46) 興梠慎三(後26) 2021.06.06 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和、ユンカーに続く北欧からの新戦力! ショルツ獲得でクラブ間合意

浦和レッズは31日、ミッティランに所属するDFアレクサンダー・ショルツ(28)の完全移籍加入でクラブ間合意に達したと発表した。背番号も「28」に決定したショルツはクラブを通じて意気込みを語っている。 「初めまして。浦和レッズでの新たなチャレンジを始められることに、とても興奮しています。浦和レッズは、素晴らしいファン・サポーターがいる、とても良いクラブだと聞いています。浦和レッズファミリーのみなさんにお会いできるのを心待ちにしています。どうぞよろしくお願いいたします」 出場歴こそないものの、2020年にデンマーク代表の招集を受けた経験を持つショルツは身長189cm、体重84kgの右利き。センターバックがメインポジションになるが、右サイドバックもこなせ、攻撃面でも活躍が期待できる守備者だ。 そんなショルツは母国のヴェイレでプロデビュー後、アイスランドでのプレーを経て、ロケレンやスタンダール・リエージュ、クラブ・ブルージュといったベルギークラブに所属。2018年夏から母国の強豪ミッティランに活躍の場を移した。 公式戦45試合に出場した今季は大半がセンターバックでのプレーだが、10得点1アシストと攻撃面でも活躍。また、チャンピオンズリーグ(CL)でもグループステージ全6試合に先発して、アタランタやリバプール相手に得点をマークしている。 なお、今季の浦和は今年4月にデンマーク出身のFWキャスパー・ユンカーを獲得すると、新たなゴールゲッターとして見事に大当たり。ユンカーがチームに新風を吹かせるなか、そんな北欧から再びの新助っ人獲得となる。 <span class="paragraph-title">【動画】得点力もあるショルツの技ありミドル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJROTBXN0FrNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.05.31 18:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ユンカー5戦連発ならず、エース不発の浦和が名古屋とホームでドロー【明治安田J1第17節】

明治安田生命J1リーグ第17節、浦和レッズvs名古屋グランパスが30日に行われ、0-0の引き分けに終わった。 前節はアウェイでサンフレッチェ広島と対戦し、2-2のドローに終わった浦和。4連勝を目前としていた中で、終盤にスーパーゴールを決められ、痛恨のドローとなった。対する名古屋は、前節はベガルタ仙台をホームに迎えたが、マルティノスの技ありゴールに沈み、0-1で敗戦。2試合白星なしとなっている。 そんな両チームの一戦は、立ち上がりは浦和がボールを保持。しかし、名古屋の組織された守備を前に全く縦パスを入れることができない。 計画通りに試合を進めるアウェイチームは、10分過ぎ辺りから徐々に攻勢に。14分の右CKでマテウスのクロスに米本がニアで合わせると、直後の15分には、左から入ったクロスを収めた柿谷が数回のタッチからボレーシュートに繋げる意外性のあるプレーでゴールに迫る。 さらに18分には、最終ラインの中谷のロングボールを山崎が頭で落とすと、柿谷とのワンツーでゴール前に侵攻。GKと一対一の絶好機を迎えるが、広島戦で痛恨の失点から名誉挽回を期すGK鈴木に止められてしまった。 一方、浦和は公式戦6戦6発のユンカーになかなかボールを集められないでいたが、20分のカウンターのシーンで右サイドに走りパスを呼び込んだユンカーは、カットインから左足を振り抜き初シュートを記録。43分には、上背を活かしたヘディングシュートを狙うも枠に収めることはできなかった。 そんな浦和は後半から武田を下げて伊藤を投入して中盤のテコ入れを図る。しかし、効果的な策にはならず、名古屋も前半ほど攻撃に転じることができないまま膠着状態が続く。 その中で浦和は、67分に速攻から関根がシュートへ。数少ないチャンスだったが、枠を捉えられなかった。 75分を挟んで両チームとも交代カードを切る。名古屋は山崎と相馬を下げて齋藤と長澤を、浦和は関根と小泉に代えて田中と武藤をピッチへ送り出す。 その直後、名古屋は齋藤の縦パスを柿谷がボックス左で受けると、相手に囲まれながらもトラップから無駄のないコンパクトなモーションでシュートへ。GKも完全にタイミングを外されていたが、ボールは無情にも右ポストに嫌われた。 浦和は87分に切り札としてユンカーに代わり興梠を投入。これでユンカーのJ1デビューから続いていた連続得点記録は4試合でストップすることになった。 しかし結局、試合は0-0で終了。1ポイントを分け合う結果となった。 浦和レッズ 0-0 名古屋グランパス 2021.05.30 19:57 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly