アメリカ女子代表FWモーガンがママになる! 第一子の女児出産

2020.05.10 11:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アメリカ女子代表FWアレックス・モーガン(30)がママになった。モーガンは9日、自身のSNSを通じて第一子となる女児の出産を報告。7日午前に約3770グラムで生まれ、チャーリー・エレナ・カラスコと名づけられた娘の写真と共に、次のように綴っている。

「チャーリー・エレナ・カラスコがこの世に生を受けました。私たちは予想以上に長く待たされたけど、彼女らしく生まれてきてくれたわ。私のスーパームーン・ベイビー」

「予想以上に待たされたけれど、彼女が自分の道を歩んできた」と心境をつづった。

アメリカ女子代表のエースストライカーとしてだけでなく、美人アスリートしても高い知名度を誇るモーガンは、2014年12月にアメリカ人サッカー選手のセルヴァンド・カラスコと結婚。昨年10月に妊娠を明らかにしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

米代表DFイェドリンが代表引退を検討…「平等ではない国を代表してプレーするのは困難」

ニューカッスルのアメリカ代表DFデアンドレ・イェドリンが、ここ最近の人種差別問題を受け、代表引退を検討していることを明かした。 アメリカのミネソタ州で、アフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイドさん(享年46)が、白人警官によって身柄を拘束された際に殺害された件で、現代でも根強く残る人種差別への抗議活動が世界中に拡散。 今週に再開されたプレミアリーグでも、人種差別への抗議から全クラブがユニフォームネームを“Black Lives Matter”とする特別なユニフォームの着用、抗議活動の代名詞ともなっているひざまずくアクションを試合前に行っている。 そんな中、トッテナム、ニューカッスルとイングランドの地で6年を過ごすイェドリンは先日、自身の公式『ツイッター(@yedlinny)』を通じて、母国で暮らす祖父とのやり取りを告白したことで、大きな話題を集めていた。 ワシントン州シアトルで生まれ育ち、アメリカ代表として通算62キャップを刻む26歳は以下のようなメッセージを発していた。 「ジョージ・フロイドさんが亡くなった数日後、祖父が僕が今もアメリカに住んでいなくて良かった。なぜなら今アメリカにいれば、若い黒人男性である僕の命を心配しなければならないからだとメールをくれた」 「彼は1946年に生まれて、自由民権運動やアメリカ史の中でも酷い人種差別があった時代を生きてきた。それから70年経った今、彼はまだ黒人である自分の孫の命の心配をしなければならない」 「全てのアメリカ人が自分自身に聞いてみる必要がある。この国に『万民のための自由と正義』があるのかと。もしその答えがイエスだというなら、その人たちはこの問題の一部だ」 「僕らは、黒人の命を白人の命より大事にしろなんてこと求めていない。我々は平等になること、5分の3ではなく、1人の人間として見られることを求めているんだ」 そして、アフリカ、ネイティブアメリカン、ユダヤ系ラトビア人と多くのルーツを持つアメリカ代表DFは今回、イギリス『スカイ・スポーツ』で改めて母国に蔓延る人種差別問題について言及。「すべての人々が平等ではない国を代表してプレーすることは難しい」と、代表引退を考慮していることを明かした。 「ここ最近、アメリカでの自分の将来について多くのことを考えてきたよ。家族はいつも自分が信じることに突き進んでいけばいいと言ってくれている」 「(今回の活動によって)変化が起きるかどうかを確認することは、待ちに待ったゲームの1つだと思っているよ」 「だけど、物事が順調に進んだとしても、アフリカ系アメリカ人の1人として、すべての人々が平等ではない国を代表してプレーすることは難しい」 26歳という年齢を考えれば、母国がカナダ、メキシコと共催する2026年ワールドカップ出場の可能性も十分にあるが、人種差別の問題がイェドリンの代表キャリア終了を早めることになるのか…。 2020.06.20 18:42 Sat
twitterfacebook
thumb

トランプ大統領がサッカー連盟の対応に不満…NFLにもけん制「これ以上は見ない」

アメリカのドナルド・トランプ大統領の発言が波紋を呼んでいる。 トランプ大統領は14日、自身のツイッター(@realDonaldTrump)で、アメリカサッカー連盟(USSF)が国歌演奏時の起立を義務付けないことへの抗議をした共和党議員のニュースを引用しながら、「もうこれ以上(サッカー)は見ない」と発言した。 これは、USSFが「Black Lives Matter」として行われている人種差別への抗議活動を支持する上で、「国歌が流れている間は起立しなければいけない」という規約を廃止したことを受けての反応だ。 元々、この規約は、2016年に白人警察官による黒人射殺事件が起こった際、これが人種差別的な事件として抗議活動に発展。NFLのコリン・キャパニックが国歌で起立を拒否したことをきっかけに、アメリカ女子代表MFミーガン・ラピノーも同調し、起立しなかったことで制定されていた。 トランプ大統領は、NFLもUSSF同様の動きを見せていることに対し、「(NFLも)同じ方向に向かっているようだが、私は観戦しないだろう」と発言し、さらに話題を呼ぶこととなった。 トランプ大統領は、2016年当初から一貫して国歌及び国旗への尊重を主張しており、抗議活動に用いるべきではないとのスタンスを貫いている。 そのため、スポーツ界との対立の溝は深く、過去にはこの件を問題とし、しきたりであったNFL王者のフィラデルフィア・イーグルスやNBA王者ゴールデンステート・ウォリアーズの大統領への表敬訪問が中止されたこともあった。 先月、アメリカのミネアポリスで起きたジョージ・フロイドさんの事件以降、急速に拡大している人種差別撤廃への動きだが、トランプ大統領がこの件についての考えを変え、同調することはどうやらないと見られている。 2020.06.15 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

国歌演奏時の起立義務を廃止、人種差別撲滅へ米サッカー連盟が謝罪「十分なことをしてこなかった」

アメリカサッカー連盟(USSF)は10日、ある規約についての廃止を決定した。 今回廃止が決定したのは、「604-1」に制定されているもので、「国歌が流れている間は起立しなければいけない」というものが取りやめになる。 この規約は、2016年に白人警察官による黒人射殺事件が起こり、これが人種差別的な事件として抗議活動に発展。NFLのコリン・キャパニックが国歌で起立を拒否したことをきっかけに、アメリカ女子代表MFミーガン・ラピノーも同調し、起立しなかったことで制定されていた。 ラピノーはアメリカ女子代表の中心選手だが、試合時の国歌演奏時には他の選手が胸に手を当てている中、後ろで手を組み歌うことはない姿勢を貫いている。 しかし、今年5月25日、アメリカのミネアポリスで黒人男性のジョージ・フロイドさんが白人警察官により殺害。これは、フロイドさんの首元を白人警官がヒザでおよそ9分間押さえつけたことによるもので、再び人種差別だとして抗議活動が世界中で起こっていた。 USSFは「Black Lives Matter」として行われている人種差別への抗議活動を支持する上で、この取り決めが誤っているとし、今回廃止することを決定。選手たちの主張が改めて自由であるとし、スポーツ界が与える影響について再認識させられたとした。 「我々は、特に選手に耳を傾け、我が国の黒人、およびその他のマイノリティコミュニティの現実的で意味のある体験を理解し、それを認めるための十分なことをしてきていません」 「選手、特に黒人選手のスタッフ、ファン、および人種差別撲滅を支援する全ての人に謝罪します」 「スポーツは善のための強力なプラットフォームであり、我々は我々のプラットフォームを、効果的に利用していません。これらの問題について、多くのことがさらにできます」 「あらゆる形態の人種差別、差別、および不平等と戦うために、プラットフォームをどう最適化し、活用できるのかを決定するのは、選手たち次第です」 「我々は選手のためにここに存在し、社会正義を達成するための彼らの努力を高めることで、彼らをサポートする準備ができています」 「過去を変えることはできませんが、未来を変えることはできます。我々はこの変更への取り組み、近い将来にサポート活動を実施する予定です」 ジョージ・フロイドさんの死を受け、全世界で起きている人種差別への抗議活動はサッカー界にも波及。各選手が訴える他、チーム単位でも抗議の姿勢を示すケースが出ており、改めてその考え方を見直す時が来たようだ。 2020.06.11 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

アメリカ代表DFが抗議活動が加熱する母国の祖父からのメッセージを明かす「この国に『万民のための自由と正義』があるのか」

ニューカッスルのアメリカ代表DFデアンドレ・イェドリンが、現在も続く人種差別への抗議活動についてパワフルなメッセージを送った。イギリス『ミラー』が伝えている。 アメリカのミネソタ州で、アフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイドさん(享年46)が、白人警官によって身柄を拘束された際に殺害された件で、現代でも根強く残る人種差別への抗議活動が世界中に拡散。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI2Q1p6cEVKRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> フットボール界でも、5月31日に行われたブンデスリーガでは、ドルトムントのイングランド代表FWジェイドン・サンチョやモロッコ代表DFアクラフ・ハキミが「ジョージに正義を」とのメッセージを披露していた。 そんな中、ワシントン州シアトルで生まれ育ち、6年前からプレミアリーグでプレーするニューカッスルのイェドリンは、自身のTwitter(@yedlinny)で母国で暮らす祖父とのやり取りを告白。アメリカの現状についてパワフルなメッセージを送った。 「ジョージ・フロイドさんが亡くなった数日後、祖父が僕が今もアメリカに住んでいなくて良かった。なぜなら今アメリカにいれば、若い黒人男性である僕の命を心配しなければならないからだとメールをくれた」 「それから何日も経つが、祖父からのこのメールが頭から離れない」 「彼は1946年に生まれて、自由民権運動やアメリカ史の中でも酷い人種差別があった時代を生きてきた。それから70年経った今、彼はまだ黒人である自分の孫の命の心配をしなければならない」 「自分と自分の孫が生まれたこの国で、孫が代表チームでプレーしているこの国で、イングランドでプレーする孫が、その代表としてプレーしているこの国でだ」 「小学生の時、『万民のための自由と正義』という言葉で終わる忠誠の誓いを暗記したことを覚えている」 「全てのアメリカ人が自分自身に聞いてみる必要がある。この国に『万民のための自由と正義』があるのかと。もしその答えがイエスだというなら、その人たちはこの問題の一部だ」 「我々は、黒人の命を白人の命より大事にしろなんてこと求めていない。我々は平等になること、5分の3ではなく、1人の人間として見られることを求めているんだ」 「僕の心はジョージ・フロイドとその家族、そして意味のない警官の残虐行為により命を絶たれた数えきれない被害者と共にある」 ニューカッスルは、リバプールに続きこの抗議行動への指示を表明し、トレーニング場で円状の陣形を組んでヒザをつく選手たちの写真を投稿している。 2020.06.03 15:40 Wed
twitterfacebook
thumb

シャルケの米代表MFマッケニー、母国で警官に殺害された黒人男性を追悼

シャルケに所属するアメリカ代表MFウェストン・マッケニーが、母国で抗議活動が盛んとなっているジョージ・フロイドさん(享年46)の死を追悼した。『ESPN』が伝えている。 アフリカ系アメリカ人のフロイドさんは、今月25日にミネアポリス近郊で偽札使用の疑いで地元警察に拘束された。その際、「身体で抵抗した」ことを理由に、白人警察官によって頸部をヒザで強く押さえつけられ、死亡していた。 その後、警察はフロイドさんの死亡が健康的問題によるもので、前述の行為が死因ではないと説明。しかし、現場に居合わせた一般人らが撮影した動画によって警察の残虐行為が発覚。 すると、以前からアメリカ国内で問題視される白人警官による黒人への過剰な暴力を象徴する今回の事件を受け、各地で抗議デモが盛んに行われている。 そういった母国の状況に反応を示したのは、テキサス出身で自身もアフリカにルーツを持つマッケニーだ。 同選手は30日に行われたブンデスリーガ第29節のブレーメン戦(0-1で敗戦)に出場した際、自身の腕に“Justice for George(ジョージの正義)”と書かれた特別な喪章を巻いてプレーした。 同試合後、マッケニーは自身の公式『ツイッター』に、「自分のプラットフォームを通じて、長きに渡って続いている問題に注意を向けることができるのは良いことだと思う。僕たちは自分たちが信じるもののために立ち上がる必要がある。そして、自分たちの声が聞かれるときが来たと思っている」と、今回の行動を説明している。 なお、今回の問題に対してはパリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペなど多くのフットボーラーが、『#JusticeForGeorge』のハッシュタグを使い抗議活動に参加している。 2020.05.31 13:41 Sun
twitterfacebook