ベシクタシュ、新たに2名のコロナ感染を発表… 7日にはフェネルバフチェでも

2020.05.10 02:02 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベシクタシュは9日、同日に行われた新型コロナウイルスの検査で2名に陽性反応が出たことを発表した。

トルコでは、4日にレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領から5月~7月にかけて段階的にコロナ対策の制限措置を緩和していくとの計画を発表。トルコサッカー連盟(TFF)も、6月12日からスュペル・リグを含む国内リーグを再開する意向を明かしていた。

トルコ連邦が定めた規則に従い5日から少人数でのトレーニングを再開していたベシクタシュだが、今回の発表によれば、土曜日に全選手、スタッフを対象としたテスト実施。その結果、2名に陽性が確認されてしまったとのことだ。ベシクタシュは感染者の詳細は明かしていない。

なおトルコでは、フェネルバフチェでも7日にクラブが実施した検査で1名の陽性反応が確認され、同クラブは当日に予定していたトレーニングをキャンセルしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

フェネルバフチェがサイドバックを3人同時補強! ベシクタシュの両SBを獲得

フェネルバフチェは6日、トルコ代表DFギョクハン・ギョニュル(35)、元トルコ代表DFジャネル・エルキン(31)とチェコ代表DFフィリップ・ノバク(30)が完全移籍で加入することを発表した。 ギョクハン・ギョニュルはハジェッテペでキャリアをスタート。ゲンチレルビルリイやフェネルバフチェでプレーした後、2016年7月からベシクタシュでプレーしていた。 今シーズンはスュペル・リグで30試合に出場し4ゴール4アシストを記録。トルコ代表としてもこれまで66試合に出場し1ゴールを記録していた。なお、契約期間は1年間で1年間の延長オプションがついている。 エルキンはマニサスポルでキャリアをスタート。その後は、CSKAモスクワやガラタサライ、インテル、ベシクタシュでプレー。2010年7月から2016年7月まではフェネルバフチェでプレーし、4年ぶりの復帰となる。 今シーズンはベシクタシュでスュペル・リグ30試合に出場し3ゴール11アシストを記録。ヨーロッパリーグでも4試合に出場していた。また、トルコ代表として53試合に出場し2ゴールを記録。なお、契約期間は2年間で1年間の延長オプションがついている。 一方のノバクは、チェコのテスコマ・ズリーンでキャリアをスタート。その後、母国のFKバウミト・ヤブロネツやデンマークのミッティランでプレーし、2018年1月からはトラブゾンスポルに所属していた。 今シーズンはスュペル・リグで30試合に出場し7ゴール。ヨーロッパリーグでも3試合に出場していた。また、チェコ代表として23試合で1ゴールを記録。なお、契約期間は3年間となる。 ギョクハン・ギョニュルは右サイドバック、エルキンとノバクは左サイドバックを主戦場としており、トルコでの経験も豊富なサイドバックを一気に3名も補強することとなった。 2020.08.07 09:25 Fri
twitterfacebook
thumb

柏の規格外FWオルンガがベシクタシュのターゲットに?

今季の柏レイソルでも得点源として多大な貢献度を誇るケニア代表FWマイケル・オルンガ(26)だが、トルコの名門からの熱視線がある模様だ。 2018年8月に柏入りし、昨季の明治安田生命J2リーグで27得点を挙げ、チームのJ1復帰に貢献したオルンガ。そのJ2リーグ最終節の京都サンガF.C.戦で1試合におけるJリーグ歴代最多得点の8ゴールを挙げた決定力は日本最高峰のリーグに舞台を移した今季も健在で、J1リーグ開幕から8試合消化の現時点で9得点を記録して、得点ランキングトップを走っている。 昇格組ながらJ1リーグ順位表でも上位につける柏の大きな原動力として抜群の存在感を誇るオルンガだが、トルコ『A Spor』がによると、トルコの強豪ベジクタシュが今夏の獲得候補として、目を光らせているという。そのベシクタシュはトルコ代表FWブラク・ユルマズにリール移籍の可能性が取り沙汰され、ストライカーを今夏の補強ポイントに挙げているようだ。 ベシクタシュのセルゲイ・ヤルチン監督は新たな得点源となり得る選手の獲得を求め、移籍金90万ユーロ(約1億1000万円)で獲得が見込めるオルンガのポジティブなレポートに目を通しているとも。柏加入後通算52試合に出場して42得点12アシストを挙げ、もはや不可欠な存在のオルンガだが、今夏にJリーグでのキャリアに区切りを受け、欧州に向かうのだろうか。 2020.08.05 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

オシムヘン&レミ退団のリール、トルコ屈指のFWブラク・ユルマズが加入!

リールは1日、トルコ代表FWブラク・ユルマズ(35)の加入を発表した。契約期間は2022年6月30日までの2年となる。 今シーズン、エースストライカーとして活躍したナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(21)のナポリ移籍に加え、元フランス代表FWロイク・レミ(33)が退団したことで、前線の補強が急務となっていたリールは、代表通算59キャップを誇るトルコを代表するストライカーの獲得に成功した。 これまでベシクタシュ、フェネルバフチェ、ガラタサライとイスタンブールに本拠地を置く3大クラブに在籍してきたユルマズは、スュペル・リグ通算323試合187ゴールを記録。昨冬に復帰したベシクタシュでは、今季のリーグ戦25試合で13ゴール7アシストを記録していた。 しかし、リールでの新たな挑戦を求めた35歳は、今年6月末にベシクタシュを退団し、フリートランスファーの形で加入することになった。 なお、昨夏にリールへ加入したトルコ代表MFユスフ・ヤズジュ(23)は、トラブゾンスポル時代にホットラインを築いた後輩であり、新天地への適応に向けてピッチ内外で大きな助けとなりそうだ。 2020.08.01 21:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュ移籍合意と報じられた吉田麻也、サンプドリアとの契約延長は吉田次第に

新シーズンの所属先が注目を集める日本代表DF吉田麻也(31)だが、サンプドリアに残留する可能性があるようだ。 吉田は今年1月にサウサンプトンからサンプドリアへとレンタル移籍。セリエAでは11試合に出場し1アシストを記録している。 <div id="cws_ad">◆吉田麻也のセリエA初アシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJnTHl1c3JjUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 中断前は厳しいと思われた残留争いだったが、吉田は再開後の10試合すべてに出場。うち9試合が先発とチームの守備を安定させ、残留争い中だったチームに勝ち点をもたらし、チームもほぼ残留を手中にしている。 その吉田は6月30日にサウサンプトンとの契約が満了。現在はサンプドリアに所属しているが、シーズン終了後には無所属となってしまう。 しかし、ジェノアの新聞であるイタリア『Il Secolo XIX』によると、吉田はサンプドリアに加入した際の契約条項で、10試合に出場すれば契約延長の権利が吉田側に渡るというものがあるのこと。2021年6月までの契約は、吉田次第で決められるようだ。なお、年俸は150万ユーロ(約1億9000万円)になるという。 吉田はベシクタシュへの移籍で合意と報じられ、その他にもフランスやUAEなどからのオファーも来ていると報じられている。一方で、クラウディオ・ラニエリ監督の信頼を勝ち取っており、来シーズンもセリエAの舞台で戦える可能性は非常に高い。 さらなる新天地を求めるのか、それともイタリアに留まるのか。吉田の決断次第となるが、どのような結論を導き出すのだろうか。 2020.07.26 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

トルコ代表FWユルマズがベシクタシュを退団、オシムヘン後釜でリール加入か

ベシクタシュは24日、トルコ代表FWブラク・ユルマズ(35)の退団を発表した。 トルコ代表として59試合の出場歴を持つ、トルコを代表するストライカーのユルマズは、これまでフェネルバフチェやガラタサライでもプレー。イスタンブールを本拠地とするトルコの3大クラブに在籍し、トルコリーグでは通算323試合の出場で187ゴール44アシストを記録していた。 2006年夏から2008年夏まで在籍していたベシクタシュに2019年冬に復帰したユルマズは、今季はリーグ戦25試合の出場で13ゴール7アシストを記録していた。 そのユルマズはナポリへの移籍が決定的なリールのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(21)の後釜としてリールへの移籍が濃厚と報じられている。 2020.07.25 01:00 Sat
twitterfacebook