ベシクタシュ、新たに2名のコロナ感染を発表… 7日にはフェネルバフチェでも

2020.05.10 02:02 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベシクタシュは9日、同日に行われた新型コロナウイルスの検査で2名に陽性反応が出たことを発表した。トルコでは、4日にレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領から5月~7月にかけて段階的にコロナ対策の制限措置を緩和していくとの計画を発表。トルコサッカー連盟(TFF)も、6月12日からスュペル・リグを含む国内リーグを再開する意向を明かしていた。

トルコ連邦が定めた規則に従い5日から少人数でのトレーニングを再開していたベシクタシュだが、今回の発表によれば、土曜日に全選手、スタッフを対象としたテスト実施。その結果、2名に陽性が確認されてしまったとのことだ。ベシクタシュは感染者の詳細は明かしていない。

なおトルコでは、フェネルバフチェでも7日にクラブが実施した検査で1名の陽性反応が確認され、同クラブは当日に予定していたトレーニングをキャンセルしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

「今シーズンベストゴールだ!」香川元同僚の武闘派CBが決めた驚愕のジャンピングバックヒールにクラブも絶賛

トルコで見事なゴールが生まれた。 ベシクタシュは20日、スュペル・リグ第13節でエルズルムスポルとホームで対戦。下位相手に試合を優勢に進めると、2-0で迎えた69分、右CKを獲得する。 <div id="cws_ad">◆時を止めるロナウジーニョ! CLチェルシー戦で魅せた、あの伝説ゴール<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJHOHVITjdkSiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> MFラシド・ゲザルのボールは一度クリアされるものの、再びボールを拾ったゲザルが左足でクロスを上げると、フリーになったDFドマゴイ・ヴィダがゴール前に走りながら、右足でのジャンピングバックヒールで合わせる。 映像をよく見るとシュートはヴィダのくるぶしの辺りに当たっているようにも見えるが、絶妙に合わせたシュートはそのままゴールネットを揺らし、スーパーゴールにヴィダも絶叫して喜んだ。 試合はベシクタシュがさらに追加点を奪い4-0で勝利。武闘派センターバックの技ありゴールに、ベシクタシュの公式ツイッターは「今シーズンのプスカシュ賞?」というキャプションで動画を公開。サポーターからも「今シーズンベストゴールだ!」「自分がこれをやったら股関節を痛めそう」など、その難易度の高さに驚く声が集まっている。 <div id="cws_ad">◆ヴィダの迫力溢れるジャンピングバックヒールボレー<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr">2021 FIFA Puskas Yılın Golü? <a href="https://twitter.com/FIFAcom?ref_src=twsrc%5Etfw">@FIFAcom</a> <br><br>Domagoj Vida <a href="https://t.co/LQsYwNRQi3">pic.twitter.com/LQsYwNRQi3</a></p>&mdash; Beşiktaş JK (@Besiktas) <a href="https://twitter.com/Besiktas/status/1341066517442666498?ref_src=twsrc%5Etfw">December 21, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.12.22 19:05 Tue
twitterfacebook
thumb

“マフレズの後継者”とうたわれたラシド・ゲザルがベシクタシュへレンタル移籍

ベシクタシュは5日、レスター・シティからアルジェリア代表MFラシド・ゲザル(28)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ゲザルは2018年8月にモナコから移籍金1250万ポンドで加入。1年目は公式戦23試合に出場したが、ブレンダン・ロジャーズ監督が就任した終盤戦からはほとんど出場機会は与えられなかった。 そのため、昨季はフィオレンティーナにレンタルし活躍の場を求めたが、セリエAでは19試合1ゴールという平凡な成績に。加入当初はフォクシーズでプレミアリーグ優勝に大きく貢献した同胞のMFリヤド・マフレズの後継者と期待されたが、今季も同クラブでの居場所はなく、2度目のレンタルを決断した。 トルコ1部リーグで15回の優勝回数を誇るベシクタシュ。昨季も3位という好成績を収めたが、今季は1勝1分け2敗と意外な開幕スタートを切っている。 2020.10.06 14:54 Tue
twitterfacebook
thumb

ポルトのカメルーン代表FWアブバカルがベシクタシュへ完全移籍、16-17シーズン以来の復帰

ベシクタシュは26日、ポルトのカメルーン代表FWヴァンサン・アブバカル(28)を完全移籍で獲得した。フリートランスファーでの加入となる。 アブバカルは、ヴァランシエンヌやロリアンでプレーした後、2014年8月にポルトへと完全移籍。2016年8月からはベシクタシュへレンタル移籍で加入。2017年6月からは再びポルトでプレーしていた。 ポルトでは公式戦125試合に出場し58ゴール16アシストを記録。2019-20シーズンは、プリメイラ・リーガで5試合、ヨーロッパリーグでは1試合で2ゴールを記録するなど、出場機会に恵まれていなかった。 カメルーン代表としても63試合で20ゴールを記録しているアブバカルは、2016-17シーズンはベシクタシュでスュペル・リグ優勝を成し遂げていた。 2020.09.26 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

神戸がオファーを出したセルビア代表MFリャイッチにマルセイユが興味? 再び長友佑都と同僚になるか

ヴィッセル神戸がオファーを出したと報じられたベシクタシュのセルビア代表MFアデム・リャイッチ(28)だが、行き先はフランスになるかもしれない。トルコ『Milliyet』など複数メディアが報じている。 リャイッチは、ベシクタシュとの契約が2022年6月まで2年間残っている状況だが、神戸がオファーを出したと報じられ、その額は300万ユーロ(約3億8000万円)だったと報じられていた。 そんな中、新たな行き先候補が浮上。それは、日本代表DF長友佑都が加入したマルセイユとのことだ。 トルコ『Takvim』によれば、マルセイユはリャイッチ獲得に向け公式なオファーを出す準備をしている段階とのこと。ベシクタシュはリャイッチを売却することを考えており、マルセイユからのオファーを待っているとのことだ。 リャイッチは、トップ下やウイングを主戦場とする攻撃的な選手。パルチザン・ベオグラードでキャリアをスタートさせると、フィオレンティーナやローマ、インテル、トリノとイタリアで長らくプレー。2018年8月にベシクタシュへレンタル移籍すると、2019年7月に完全移籍していた。 2019-20シーズンはスュペル・リグで24試合に出場し5ゴール6アシスト。ヨーロッパリーグでも4試合に出場し2ゴールを記録。セルビア代表としても45試合で9ゴールを記録していた。 長友とはインテル時代にチームメイトであり、移籍が実現すれば再びチームメイトになることに。新天地には神戸ではなくマルセイユを選ぶだろうか。 2020.09.03 14:55 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコのU-21スペイン代表DFモレノがベシクタシュへレンタル

ベシクタシュは2日、アトレティコ・マドリーのU-21スペイン代表DFフランシスコ・モレノ(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 モレノはアトレティコの下部組織で育ち、2019年7月にファーストチームに昇格。2019-20シーズンは柴崎岳が所属するセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のデポルティボ・ラ・コルーニャでプレーにレンタル移籍していた。 2019-20シーズンはセグンダ・ディビシオンで30試合に出場し1アシストを記録。コパ・デル・レイでも1試合に出場していた。 アトレティコでも2018-19シーズンに公式戦で14試合出場している。 2020.09.03 09:55 Thu
twitterfacebook