今日は何の日! “フェノメノ”ロナウドがオールド・トラッフォードでハットトリックの大暴れ/2003年

2020.04.23 22:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
世界中で休むことなく紡がれ続けてきたフットボールの歴史の中で今日何が起こったのか。本日4月23日の出来事を振り返ってみよう。

今回ピックアップするのは、2003年4月23日。ブラジルのレジェンド、“フェノメノ"ことロナウドがチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ マンチェスター・ユナイテッドvsレアル・マドリーの一戦でみせた圧巻のパフォーマンスだ。

◆銀河系軍団で輝きを放った“怪物"

その圧倒的なスピードと得点力から“フェノメノ(怪物)"と呼ばれたロナウド。バルセロナやインテルなど欧州ビッグクラブでプレーした後、2002年に“エル・ギャラクティコ(銀河系軍団)”と呼ばれたマドリーへ移籍した。

ロナウド加入当時のメンバーには、GKイケル・カシージャス、DFロベルト・カルロス、MFジネディーヌ・ジダン(現レアル・マドリー監督)、FWルイス・フィーゴ、FWラウール・ゴンサレスらスーパースターたちが名を連ね、まさに銀河系を代表するようなチームだった。

◆圧倒的パフォーマンスにオールド・トラッフォードの観衆も脱帽

準々決勝1stレグでは、FWルート・ファン・ニステルローイやMFデイビッド・ベッカムといった往年の名手たちを擁するユナイテッドを3-1で下していたマドリー。準決勝進出をかけて逆転に燃えるユナイテッドの本拠地、オールド・トラッフォードに乗り込んだ。

するとロナウドは、開始12分にいきなり魅せる。

ハーフウェイライン付近からMFグティの絶妙なスルーパスを受け、ユナイテッドDFの裏に抜け出したロナウドは、ペナルティエリアの際でボールに追いつくと、そのままダイレクトで強烈なシュート。ユナイテッドGKファビアン・バルテズが守るゴールのニアをぶち抜き先制点をあげる。

1-1で前半を終えると、後半開始から間もない51分にロナウドが加点。ユナイテッドのクリアミスを拾ったマドリーは、ロベルト・カルロスとジダンの絶妙のワン・ツーでユナイテッドDFの裏を取ると、ボックス内に侵入したロベルト・カルロスが丁寧な横パス。これをロナウドが落ち着いて決めマドリーが再びリードを奪った。

しかし、ユナイテッドも53分にイバン・エルゲラのオウンゴールですぐさま追いつき2-2に。白熱した展開が続く中で、59分、グティの横パスを敵陣中央で受けたロナウドはボックスやや手前の位置から豪快なロングシュート。ロナウドの右足から放たれたシュートは物凄いスピードでゴールネットに突き刺さり、ロナウドが華麗なハットトリックを決めた。

ロナウドが見せた豪快かつ美しいパフォーマンスには、これまで数多くの名勝負を観てきたオールド・トラッフォードの観衆も思わずスタンディングオベーション。ロナウドの圧倒的パフォーマンスは相手ファンをも魅了してしまった。

これで3-2としたレアルだったが、71分と84分に、次のシーズンから銀河系軍団に加わることになるベッカムが見事な直接FKを含む2ゴールを記録し逆転。4-3とユナイテッドが逆転して試合を終えたものの、2戦合計スコア6-5でマドリーが準決勝進出を決めた。

◆フットボールの歴史を変えた一戦に

スター選手たちが遺憾なくその力を発揮し、壮絶な打ち合いとなったこの試合だが、思わぬ形でフットボールの歴史を変えることとなった。

ロシアの石油王、ロマン・アブラモビッチ氏はフットボールファンではなかったものの、この試合を観てフットボールの美しさに感化されることに。後にこの試合を「本当に美しいゲーム」と形容している。

それから間もなく、アブラモビッチ氏はチェルシーを買収。ジョゼ・モウリーニョ氏の招へいや、超大型補強を敢行し、この夜から約2年後、プレミアリーグのトロフィーを掲げた。

★2003年4月23日
《チャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグ》
マンチェスター・ユナイテッド 4-3 レアル・マドリー
【マンチェスター・ユナイテッド】
ルート・ファン・ニステルローイ(前43)
OG(後8)
デイビッド・ベッカム(後26、後39)
【レアル・マドリー】
ロナウド(前12、後6、後14)

◆出場選手
◆マンチェスター・ユナイテッド[4-3-3]
GK:ファビアン・バルテズ
DF:ウェズ・ブラウン、リオ・ファーディナンド、ミカエル・シルベストル(→79 フィル・ネビル)、ジョン・オシェイ
MF:ニッキー・バット、ロイ・キーン(→82 クイントン・フォーチュン)、フアン・セバスティアン・ベロン(→63 デイビッド・ベッカム)
FW:オーレ・グンナー・スールシャール、ルート・ファン・ニステルローイ、ライアン・ギグス
監督:アレックス・ファーガソン

◆レアル・マドリー[4-3-3]
GK:イケル・カシージャス
DF:ミチェル・サルガド、フェルナンド・イエロ、イバン・エルゲラ、ロベルト・カルロス
MF:ジネディーヌ・ジダン、クロード・マケレレ、スティーブ・マクマナマン(→69 ハビエル・ポルティージョ)
FW:ルイス・フィーゴ(→88 フランシスコ・パボン)、ロナウド(→67 サンティアゴ・ソラーリ)、グティ
監督:ビセンテ・デル・ボスケ
コメント