ベネヴェントで輝きを取り戻すDFカルディローラ、ユース時代にはトッテナム移籍に近づいていた

2020.04.16 07:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベネヴェントに所属するイタリア人DFルカ・カルディローラ(29)が、かつてトッテナム移籍に近づいていたことを告白した。イタリア『Gianluca Di Marzio』が伝えている。

インテルの下部組織で育ったレフティーのセンターバックであるカルディローラは、2010年7月にトップチームに昇格。ただ、インテルでは公式戦出場を果たせず、ブレシアやチェゼーナを経て、2013年6月にブレーメンに加入していた。

そのブレーメンでは移籍初年度こそ主力として活躍したものの、2年目以降は控えに甘んじると、2019年1月にベネヴェントに完全移籍。今シーズンはリーグ最少失点で首位に立つ守備の要として、セリエBで26試合に出場し2ゴールをマークしている。

自身のキャリアで最高のシーズンを過ごすカルディローラだが、かつてはビッグクラブへの移籍が近づいたことをイタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏のインスタライブで明かした。

「僕はインテルのユースチームでキャプテンを務め、すべてのアンダー世代のイタリア代表でもプレーしていた。イングランドのクラブからも注目されていたよ」

「特にトッテナムは僕を獲得しようと積極的に動いていた。僕もイングランドでのプレーを夢見ていたが、両親が移籍を許してくれなかったんだ。がっかりしたけど、その後インテルのトップチームに昇格することができたし、留まってよかったと思ったよ」

「僕のキャリアについて唯一後悔していることは“タイミング”かな。トップチームがトレブル(3冠)を達成した翌年にトップチームへ昇格したから、僕がプレーする場所はなかったんだ」

コメント
関連ニュース
thumb

トッテナム下部組織出身の元U-17日本代表MFサイ・ゴダードがインドのムンバイ・シティへレンタル

インド・スーパーリーグのムンバイ・シティは27日、ベネヴェントから元U-17日本代表MFサイ・ゴダード(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間となる。 イギリス人の父親と日本人の母親を持つサイ・ゴダードは、2013年にトッテナムのアカデミーに入団し、U-18チームで背番号10を背負うなど将来を嘱望されていた。しかし、トップチームへの昇格は叶わず、2018年夏にベネヴェントへ完全移籍していた。 2018-19シーズンはセリエBでわずか2試合の出場に終わり、シーズンを通して18分間の出場にとどまっていた。2019-20シーズンはキプロスのパフォスへとレンタル移籍。そしてムンバイ・シティへと移籍することとなった。 U-16、U-17と日本代表に招集されていたサイ・ゴダード。東京五輪世代であり、かつてはアジアの有望な若手トップ10にも選ばれていた逸材。インドへの移籍についてコメントしている。 「インドだけでなく、インド・スーパーリーグについてもたくさんの素晴らしい話を聞いた。ムンバイ・シティに来る機会が来た時、僕はインドにきて、自分の才能を披露し、試合で披露したいと思っていた」 「僕はセルヒオ・ロベラ監督とここでの哲学を知っています。そして、それは僕が好きなサッカーのスタイルとあっています」 「ファンがいない中、この独特のコンディションでプレーしなければいけないのは残念ですが、クラブを助け、サポーターに良い思い出を作るために必要なことを全て出します」 2020.10.27 18:40 Tue
twitterfacebook
thumb

インシーニェ兄弟がゴール共演を語る、兄「僕の左足の方が優れている」、弟「初ゴールが兄との対戦で残念」

ナポリは25日、セリエA第5節でベネヴェントと対戦。兄弟対決が実現した。 対戦相手のベネヴェントには、弟のロベルト・インシーニェが在籍。互いに先発でピッチに立つと、30分に弟のロベルトが先制ゴールを記録した。 <div id="cws_ad">◆試合後に談笑するインシーニェ兄弟<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=czo2i6i75j4kz1rbfwi94rfo" async></script></div> 1-0で迎えた後半には、60分に兄のロレンツォが同点ゴールを記録。67分にはアンドレア・ペターニャがゴールを決めてナポリが勝利した。 試合後、ロレンツォ・インシーニェが試合を振り返り「素晴らしい試合であり、タフな試合だった」とコメント。勝利を喜んだ。 また、敵味方でありながら兄弟でのゴール共演を喜んだロレンツォ。弟の利き足である左足でのゴールを喜んだ。 「結果には満足している。そして、弟が良いパフォーマンスを見せていたので、彼を称賛したよ」 「僕は彼に君の利き足(左足)でゴールを決めたと言ったよ。僕の左足の方が優れているとね」 「今日は家族にとってエキサイティングな日だったので、僕たちもハグをした。僕はゴールに満足しているし、弟も祝福している」 一方で、ベネヴェントのロベルト・インシーニェもコメント。自身のセリエA初ゴールが兄と古巣ナポリ相手だったことが残念だと語った。 「とても嬉しいよ。でも、セリエA初ゴールが兄との対戦だったことは少し残念だ」 「兄と僕の街であるナポリと対戦するのは素晴らしい気分だ。でも、僕たちはみんなその結果に少し悲しんでいる」 現在はベネヴェントでプレーする弟のロベルトだが、兄と同じナポリのアカデミー出身。ファーストチームに昇格するも、ペルージャやレッジーナ、アヴェッリーノ、パルマなどへのレンタル移籍を繰り返し、ナポリでは2試合の出場に留まることに。昨シーズンからベネヴェントへ完全移籍していた。 2020.10.26 14:25 Mon
twitterfacebook
thumb

インシーニェ兄弟がゴールで共演!兄ロレンツォのナポリが逆転勝利!《セリエA》

ナポリは25日、セリエA第5節でベネヴェントとのアウェイ戦に臨み、2-1でナポリが逆転勝利した。 前節アタランタ戦を4発快勝として3勝1敗スタートとしたナポリは、3日前に行われたヨーロッパリーグのAZ戦を0-1と敗戦。その試合のスタメンから4選手を変更。インシーニェ、マノラス、マリオ・ルイ、バカヨコが先発となった。 兄ロレンツォと弟ロベルトのインシーニェ兄弟が共に先発となった一戦。2勝2敗スタートのベネヴェントに対し、ナポリは[4-2-3-1]を継続。最前線にオシムヘン、2列目に右からロサーノ、メルテンス、インシーニェと並べた。 そのナポリがボールを持つ展開となると、17分に先制しかける。左サイドからのマリオ・ルイのクロスにオシムヘンがボレーで合わせてネットを揺らしたが、オフサイドに阻まれた。 その後も自陣に引くベネヴェント相手に押し込む展開としたナポリだったが、30分に先制される。決められたのはインシーニェ兄弟の弟ロベルト。ボックス左ゴールライン際からラパドゥーラにクロスを入れられると、ゴールエリア左で受けたロベルトに左足でシュートを決められた。 追う展開となったナポリは44分にこの試合最初の決定機。右CKからマノラスの合わせたヘディングシュートがバーに直撃した。 低調な前半を1点のビハインドで終えたナポリは迎えた後半、開始1分にCKからロレンツォ・インシーニェが決定的なシュートを浴びせると、48分に追いつきかける。ファビアン・ルイスのパスを受けたロレンツォ・インシーニェがボックス左からシュートを決めたが、オフサイドがあってノーゴールに覆った。 攻勢を続けるナポリは、58分にメルテンスとロサーノに代えてペターニャとポリターノを投入。すると60分、兄インシーニェに正真正銘のゴールが生まれる。ショートコーナーの流れからボックス手前右でパスを受けた兄インシーニェが左足でゴール左上へ決めるビューティフルゴールを奪った。 兄弟対決でゴールの共演となった中、勢い付くナポリは67分に代わって入った2人の関係から逆転する。ボックス右へドリブルで侵入したポリターノが中へ折り返し、ペターニャが右足ダイレクトで蹴り込んだ。 2点をリードして以降はナポリが試合をコントロール。ベネヴェントの反撃を許さずに時間を消化していった。 そして2-1のままナポリが試合をクローズ。兄ロレンツォが弟ロベルトとの兄弟対決を制し、ナポリがリーグ戦2連勝としている。 2020.10.26 00:58 Mon
twitterfacebook
thumb

ノドの痛み&発熱のガットゥーゾ監督はインフルエンザか? ベネヴェント戦を欠席の可能性

ナポリを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、25日に予定されているベネヴェント戦で指揮を執れないようだ。 イタリア『トゥットスポルト』によると、ガットゥーゾ監督はインフルエンザにかかったとのこと。そのため、セリエA第5節のベネヴェント戦を休む可能性があるようだ。 22に行われたヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第1節でAZと対戦。0-1で敗戦を喫していた。 『トゥットスポルト』によると、AZ戦後にガットゥーゾ監督はノドの痛みが酷く、熱も出ていたとのこと。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が疑われたが、検査の結果は陰性だったとのことだ。 23日のトレーニングもアシスタントマネージャーのルイジ・リッチョ氏が指揮していたようだ。 ガットゥーゾ監督はチームに合流する前に改めて新型コロナウイルスの検査を受けるとのこと。果たして、ベネヴェント戦のピッチサイドに立つ姿は見られるだろうか。 2020.10.24 20:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマに敗れたベネヴェント、ピッポは判定に不満「なぜVARを使わない」

ローマに敗れたベネヴェントのフィリッポ・インザーギ監督が判定に不満を表している。 18日に行われたセリエA第4節のローマ戦。昇格組のベネヴェントは、ここまで3試合を消化し、2勝1敗と上々の成績を残してきた。この試合でも立ち上がり5分にFWジャンルカ・カプラーリのゴールで先制する幸先の良いスタートを切る。 前半のうちに逆転を許したものの、55分にPKを獲得し、FWジャンルカ・ラパドゥーラのゴールで同点に。しかし、66分に今度はGKロレンツォ・モンティポがPKを献上。再び勝ち越しを許すと、そこからさらに2失点し、アウェイで5-2で敗戦した。 試合後、インザーギ監督はPK判定に不満を露わ。モンティポのプレーはPKではなかったと主張し、自チームに与えられたPKを含めて、VARを使わなかったことに疑問を呈した。イタリア『メディアセット』がコメントを伝えている。 「なぜモニターで見直さなかったのか。モンティポはボールに触れたと言っていたが、それでもPKであるなら、彼はどうすれば良かったのだ? 私はPKだと思わないね」 一方で、昇格組ながらローマと互角に戦った選手たちを称賛。「良い試合だった」とパフォーマンスの継続を求めている。 「オリンピコに来て、10本の枠内シュートを放ち、少なくとも70分までは互角に戦った。良い試合だったよ。5-2という結果はフェアではないが、このパフォーマンスを続けていきたい」 「一部の選手はセリエA初挑戦のため、エラーがあるのは当たり前のこと。だが、アウェイでローマにリードしていたというのも評価すべきだ。2-2に追いつき、3-3にするチャンスもあった」 2020.10.19 15:37 Mon
twitterfacebook