ラツィオ躍進の立役者ルイス・アルベルト、セビージャ復帰を否定

2020.04.12 08:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオのスペイン代表MFルイスアルベルト(27)が古巣セビージャへの復帰を否定した。スペイン『ムンド・デポルティボ』がコメントを伝えた。

26試合を消化したセリエAで首位ユベントスを1ポイント差で追う2位ラツィオ。大健闘を見せているチームの中でルイス・アルベルトは4ゴール13アシストを記録し、27ゴールを挙げているエースFWチーロ・インモービレと共にラツィオを牽引している。

そのルイス・アルベルトに対し、ラツィオは現行の年俸180万ユーロ(約2億1600万円)から350万ユーロ(約4億2100万円)+ボーナスへのアップを提示し、2022年までの契約から2025年まで延長することで合意が近いと報じられている。

今季開幕前には古巣セビージャへの復帰が噂されたルイス・アルベルトだが、「常にセビージャが僕の家であるとは言ってきた。今でも戻りたいと思っている。だが、自分の将来はラツィオにある。現状、セビージャに復帰するのは不可能だ。契約延長交渉は進んでいて間もなく合意すると思う」と古巣への想いはありつつも復帰は否定した。
コメント
関連ニュース
thumb

【セリエA第33節プレビュー】直接対決を前にユーベとラツィオは格下と敵地で対戦

先週末に行われた前節では首位ユベントスが10連勝を狙ったアタランタの前に幸運な2つのPK判定によって引き分けに持ち込んだ一方、不調のラツィオがサッスオーロに逆転負けし、両チームの勝ち点差が8ポイントに広がった。迎える第33節は火曜から木曜にかけて行われ、第34節で激突するユベントスとラツィオはそれぞれ格下とのアウェイ戦を戦う。 アタランタ戦では劣勢ながらもC・ロナウドの2つのPKによって引き分けに持ち込んだユベントス。リーグで最も勢いのあるアタランタとの勝ち点差を9ポイントで維持できた中、今節はヨーロッパリーグ(EL)出場を目指す8位サッスオーロとのアウェイ戦に臨む。ラツィオの躓きに救われている中、EL出場圏内の7位ミランと4ポイント差とモチベーションの高いサッスオーロを下してラツィオ戦に臨めるか。 そのサッスオーロの前に追加タイム被弾で痛恨の逆転負けを喫し、3位に後退したラツィオ。これで3連敗となり完全に泥沼状態だが、ユベントス戦を前に残留を争っている15位ウディネーゼとのアウェイ戦で連敗を止めることができるか。 トリノを下してラツィオに勝ち点で並び、直接対決の関係で2位浮上となったインテルは、木曜に最下位SPAL(勝ち点19)とのアウェイ戦に臨む。トリノ戦では後半の3発で逆転勝利し、勢いに乗れそうな気配だ。とりわけ、L・マルティネスに6試合ぶりのゴールが生まれており、インテルとしては格下SPALにすっきり勝ってユベントスを追走したい。 ユベントスを追い詰めながらも悔しい引き分けとなった4位アタランタ(勝ち点67)は、火曜に19位ブレシア(勝ち点21)とのホーム戦に臨む。ユベントス戦ではセリエA最高の攻撃力をまざまざと見せ付けた中、残留が厳しくなっているブレシアを下してユベントスにプレッシャーをかけたいところだ。 パルマ戦では終了間際の被弾に関与してしまったボローニャの冨安。ここ数試合、失点に絡むプレーが続いている状況だが、格上の6位ナポリとの対戦で見返すことはできるか。 そして、ウディネーゼとの残留争いでチームの勝利に貢献したサンプドリアの吉田。先制点を許した場面では軽いプレーとなったが、ダメ押しの3点目をロングフィードで演出し、降格圏のレッチェに対して6ポイント差に広げることに成功した。そのサンプドリアは11位カリアリとのホーム戦に臨むが、更なる安全圏に浮上できるか。 最後にEL出場権確保を目指すミランは水曜にパルマとのホーム戦を戦うが、今節ユベントスと対戦するサッスオーロとの勝ち点差を広げることができるか。 ◆セリエA第33節 ▽7/14(火) 《28:45》 アタランタvsブレシア ▽7/15(水) 《26:30》 ミランvsパルマ ボローニャvsナポリ サンプドリアvsカリアリ 《28:45》 ローマvsヴェローナ レッチェvsフィオレンティーナ サッスオーロvsユベントス ウディネーゼvsラツィオ ▽7/16(木) 《26:30》 トリノvsジェノア 《28:45》 SPALvsインテル 2020.07.14 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

3連敗でスクデットへ黄信号のラツィオ、会長が監督らに責任を問う?

セリエAの優勝争いから一気に脱落したラツィオが大きな動きを見せるかもしれない。 イタリア『イル・メッサジェッロ』によると、クラウディオ・ロティート会長がトレーニング施設を訪れたとのこと。現在の状況について説明を求めたという。 報道によると、ロティート会長はシモーネ・インザーギ監督、スポーツ・ディレクター(SD)のイグリ・ターレ氏、マネージャーのアンジェロ・ペルッツィ氏に会ったようだ。 ラツィオは、ユベントスと熾烈なスクデット争いを繰り広げていたが、7月に入り一気に不調に。ミラン、レッチェ、サッスオーロとリーグ戦3連敗を喫し、一気に優勝争いから脱落することとなってしまった。 『イル・メッサジェッロ』によれば、インザーギ監督をはじめ、クラブ幹部全員が責任を問われたとのこと。今週後半には、メディカルスタッフや選手とも会合を開くつもりのようだ。 ラツィオは首位のユベントスと勝ち点差8の2位。残り6試合となった中、スクデット獲得は厳しい状況に陥ってしまった。 2020.07.13 20:40 Mon
twitterfacebook
thumb

スクデット争いの佳境に3連敗 ラツィオ指揮官「現実を直視しなければ」

ラツィオのシモーネ・インザーギ監督が失速傾向のチーム状況にコメントした。 2位ラツィオは11日に行われたセリエA第32節でサッスオーロと対戦。33分に先制したが、1点リードの後半に守備が崩れ、逆転負けを喫した。これでリーグ戦3連敗となり、今節を引き分けた首位ユベントスと勝ち点8差に。新型コロナウイルスによる延期前に21試合無敗を継続して首位に浮上した時期もあったが、再開後6試合の2勝4敗が響いて、ユベントスの背中が遠ざかり始めている。 S・インザーギ監督はサッスオーロ戦後、イタリア『スカイ』のインタビューで「選手たちは全力を尽くしてくれた。しかし、残念ながら、それだけじゃ不十分。ここ数日にわたり、選手たちともかなり話をしたが、今は連戦が続く大変な時期だ」と述べると、故障者続出で揃わない戦力を嘆いた。 「サッスオーロは2日前に戦った試合の先発から9名を変更したが、我々はこの前のレッチェ戦とほぼ一緒の顔ぶれ。またしても前がかったところをやられてしまった。3カ月前ならあり得なかったような失点をしているわけだから、今の我々がシャープさを欠いているのはわかるだろう」 「本当に残念なのはロックダウン中もトレーニングに励んでいたのに、再開してすぐに問題が次から次に出てきたこと。ルーカス・レイバ、ダニーロ・カタルディ、アダム・マルシッチ、ルイス・フェリペ、ホアキン・コレア、ボビー・アデカニェの全員が問題を抱えている」 また、スクデット争いにも言及。優勝を諦めていないことを強調しつつ、「我々にとってのスクデットは来季のCL出場権獲得」だと語った。 「我々にとってのスクデットは来季のCL出場権獲得なのだから、もう少しポイントが必要だ。スクデットの話をするのは常にちょっとしたストレッチ感覚のものであり、現実を直視しなければ。我々がギブアップしたというわけじゃないけどね。来季のCLに出場できれば、もっとチームをローテーションできるようになるだろう」 2020.07.12 12:55 Sun
twitterfacebook
thumb

低調ラツィオ、サッスオーロに逆転負けで3連敗…ユーベにプレッシャーかけられず《セリエA》

ラツィオは11日、セリエA第32節でサッスオーロをホームに迎え、1-2で逆転負けした。 前節は残留争いに巻き込まれているレッチェに痛恨の敗戦を喫して首位ユベントスとの7ポイント差を縮めることができなかった2位ラツィオ(勝ち点68)は、前節に続きインモービレとカイセドの2トップで臨んだ。 ヨーロッパリーグ出場圏内の7位ミランと6ポイント差の8位サッスオーロ(勝ち点43)に対し、ラツィオは開始4分に決定機。ラッツァーリがボックス右深くまで侵入してマイナスにクロス。だが、フリーのインモービレはシュートを枠の左に外してしまった。 すると8分、ラツィオは失点しかける。パローロのクリアがボックス右のラスパルドーリへ。そのままネットを揺らされたが、VARにより味方がラストパスを出していたとしてラスパルドーリがオフサイド判定となり、ノーゴールに覆った。 さらに12分、ジュリチッチのシュートがバーに直撃した中、サッスオーロに押し込まれる展開を強いられたものの、ラツィオが33分に先制する。 ロングカウンターに転じた流れから、長い距離をドリブルで持ち上がったラッツァーリがボックス右深くまでえぐってマイナスにクロス。これを受けたL・アルベルトがシュートをねじ込んだ。 先制後もサッスオーロにポゼッションを譲ったラツィオは、前半を1点リードして終えた。 後半からカプートら2枚代えを行ってきたサッスオーロに対し、ラツィオは52分に同点とされる。ショートカウンターに転じた流れから、カプートにボックス右まで侵入されてクロスを入れられると、前半にゴールを取り消されていたラスパルドーリに決められた。 さらに60分にもピンチ。ボックス右からカプートに決定的なシュートを許したが、ここはGKストラコシャが好セーブで凌いだ。 その後は膠着状態が続いた中、終盤にかけてラツィオはチャンスを生み出せない。すると追加タイム1分に逆転される。CKの流れからフェッラーリにヘッドで折り返され、カプートに頭で押し込まれた。 このままラツィオは敗戦。3連敗でユベントスにプレッシャーをかけることはできなかった。 2020.07.12 02:14 Sun
twitterfacebook
thumb

ラツィオのコソボ代表MFベリシャがスタッド・ランスへ完全移籍、4年契約を締結

スタッド・ランスは9日、ラツィオのコソボ代表MFヴァロン・ベリシャ(27)が完全移籍で加入することを発表した。契約期間は4年間となり、背番号は14に決定した。 ベリシャは、ノルウェーでキャリアをスタート。エーゲルスンやバイキングでプレーしたのち、2012年7月にレッドブル・ザルツブルクへ移籍した。 ザルツブルクでは、233試合に出場し45ゴール65アシストを記録。そこでの活躍が評価され、2018年7月にラツィオへと完全移籍した。 しかし、ラツィオでは思うような出場機会を得られず。今シーズンもベンチに座ることが増えると、今年1月にブンデスリーガで残留争いをしていたデュッセルドルフへレンタル移籍。デュッセルドルフではレギュラーとしてプレーするも、最終節はベンチスタートに。しかし、チームはウニオン・ベルリンに敗れ、ブレーメンに抜かれて2部への自動降格が決定していた。 2020.07.10 09:45 Fri
twitterfacebook