ロシア・プレミアリーグが5月末まで再延期! RPL会長「早期終了は考えていない」

2020.04.02 07:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ロシアサッカー連合(RFU)は1日、ロシア・プレミアリーグが5月31日まで再延長することを発表した。17日に新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で中断しているリーグを4月10日まで延期すると発表していたロシア・プレミアリーグ。しかし、現在でも新型コロナウイルスの終息は依然として見えない状況が続いている。

RFUは1日にロシア・プレミアリーグの運営委員などを集めて会議を実施。この話し合いでプロ、アマ問わず、全ての試合が5月31日まで延期されることが決定したという。

この決定を受け、ロシア・プレミアリーグのセルゲイ・プリアドキン会長は「RFUの決議に従いロシア・プレミアリーグを5月31日まで再延期する決定した。今のところはリーグ戦の早期終了は考えていない」との声明を発表した。

ロシアでは3月31日時点で感染者数が2777人、死者数が24人と、他の欧州諸国に比べれば事態は深刻ではないものの、感染拡大を防ぐために再延期を決めたと思われる。
コメント
関連ニュース
thumb

ロシアの大型FWジューバ、自慰行為動画流出で代表招集見送りへ

ゼニトのロシア代表FWアルテム・ジューバの自慰行為の動画が流出し、その影響を受けてロシア代表への招集が見送られた。イギリス『サン』が伝えている。 『サン』によれば、7日の夜にジューバの自慰行為の動画が流出し、ロシアで大きな話題となったようだ。動画内では、裸のジューバがゼニトのスターであることを主張しながら、ベッドで楽しんでいる様子が映っていたという。 <div id="cws_ad">◆ジューバがエスコートキッズの可愛い女の子にちょっかいを出す<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJqTDEzWmc1RyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 196cmの大型FWであるジューバは、2018年に行われたロシア・ワールドカップで3ゴールを奪い、母国のベスト8入りに大きく貢献。 今季もロシア・プレミアリーグで12試合7ゴール4アシストと好調を維持し、今月行われるUEFAネーションズリーグのメンバーにも入っていたが、この件を受けて代表への招集が見送られることが決定したようだ。ロシア代表のスタニスラフ・チェルチェソフ監督が明かした。 「アルテム・ジューバの状況は、スポーツの観点からロシア代表チームとは何の関係もない。したがって、この問題について詳細なコメントをする必要はないと考えている」 「しかし、代表チームのコーチングスタッフは、代表チームがモルドバ、トルコ、セルビアとの11月の試合に向けて、最大限の集中力を持ち、無関係なことに気を取られないように準備する必要があることをよく理解している」 「私たちは常に、ピッチの内外を問わず、すべての選手が代表チームのレベルとステータスに対応しなければならないことを強調してきた」 「この点で、チームと選手の両方を過度のストレスから守るために、アルテム・ジューバを現在のトレーニングキャンプに呼ばないことを今日決定した」 「ジューバには状況を正常化する時間がある。このトレーニングキャンプ中に、この話題が取り上げられなくなることを願っている」 なお、ジューバは過去、チームのリーグ優勝を祝うロッカールーム内でチームメイトのイラン代表FWサルダール・アズムンに対して腰を振っている動画が流出し、話題になっていたこともある。 2020.11.09 12:52 Mon
twitterfacebook
thumb

強豪ルビン・カザンの元守護神、リジコフがオーバーヘッドシュートをスーパーストップ!【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆ロシアのベテランGKリジコフが見事なオーバーヘッドをセーブ!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCOHRsNjdZZyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、タンボフの元ロシア代表GKセルゲイ・リジコフがクリリヤ・ソヴェトフ時代に見せたスーパーセーブだ。 1999年にプロデビューを果たしたリジコフは、様々なクラブを経て2008年に強豪ルビン・カザンに入団。正GKとして公式戦359試合に出場した。 そんなリジコフは2018年夏にクリリヤ・ソヴェトフに活躍の場を移したが、2019年10月20日に行われた、ロシア・プレミアリーグ第13節、オレンブルク戦では、素晴らしいセーブを見せた。 1-0とアウェイのクリリヤ・ソヴェトフがリードして迎えた56分、コーナーキックからオレンブルクに決定機。右からのアウトスイングのボールはゴール前の混戦を抜けると、ワンバウンドして、DFウロシュ・ラダコヴィッチの下へ。ラダコヴィッチはこれに豪快なオーバヘッドキックで合わせる。捉えたシュートがゴールに飛んでいくが、リジコフがこれを横っ飛びで見事にセーブ。同点のピンチを凌いだ。 試合はリジコフのスーパーセーブで無失点に抑えたクリリヤ・ソヴェトフが1-0で勝利している。 2020.08.20 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ロシアのベテランGKゴロドフがロケットのような弾丸ミドルを片手でセーブ!【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆ベテランGKゴロドフが強烈なミドルをパンチング!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJmSTFmTUIwdiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、クラスノダールのロシア人GKエフゲニー・ゴロドフ(34)がテレク・グロズヌイ時代に見せたファインセーブだ。 2003年にロシア3部リーグのディナモ・バルナウルでプロキャリアをスタートさせたゴロドフは、2006年にロシア・プレミアリーグのトム・トムスクへ移籍し、1部リーグデビューを飾る。ここでは出場機会に恵まれず、主にレンタル移籍で経験を積むと、クラスノダール移籍を経て2013年にテレク・グロズヌイに移籍し、正GKの座を掴む、5シーズンで公式戦146試合に出場した。 来シーズンから古巣クラスノダールに復帰するゴロドフだが、テレク・グロズヌイ時代の2019年10月5日に行われた、ロシア・プレミアリーグ第12節ウファ戦ではファインセーブでチームを救っている。 1-0とアウェイのテレク・グロズヌイがリードして迎えた65分、相手のMFダニイル・フォミンが、ドリブルで中央突破を図り、敵陣中央まで侵入すると、ここから豪快なミドルシュートを放つ。ロケット砲のようなミドルは、一直線にゴールネットへ向かっていったが、ここでゴロドフが好反応を見せ、右手でパンチング。上手く軌道を逸らし、事なきを得ている。 この好セーブなどでリードを守ったテレク・グロズヌイは、敵地で貴重な勝ち点3を得ている。 2020.08.18 15:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ロシア注目の若手GKレシュチュクが強烈なFKをスーパーストップ【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆ロシアの若手GKレシュチュクが強烈なFKを好セーブ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJJVzZ0T0I2ayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、ディナモ・モスクワのロシア人GKイゴール・レシュチュクが見せた好セーブだ。 ディナモ・モスクワの下部組織で育ったレシュチュクは、生え抜きのGKとして同クラブの絶対的守護神である、GKアントン・シュニンの控えを務めているが、同選手の負傷離脱により、2019年8月10日のロシア・プレミアリーグ第5節、ゼニト戦でリーグ戦デビュー。その後の7試合に出場し、守護神の留守を預かった。 そんなレシュチュクは、2019年8月18日に行われた、ロシア・プレミアリーグ第6節のロコモティフ・モスクワ戦で好セーブを見せている。 前半にそれぞれ1点ずつ奪い、1-1で迎えた50分、ロコモティフが、ボックス手前ゴール正面でFKのチャンスを得る。するとキッカーを務めたMFアントン・ミランチュクが、縦回転の強烈なボールを蹴る。壁を越えて、急激に落ちていく変化するボールに対し、レシュチュクは冷静にコースを見極めて横っ飛び。コーナーキックに難を逃れている。 ピンチを逃れたディナモ・モスクワだったが、試合は82分の失点で1-2で敗れている。それでもレシュチュクは、守護神の不在を感じさせないプレーでチームを助け、ファンが選ぶ月のクラブ月間MVPに選出されている。 2020.08.04 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ロシア・プレミアリーグが6月21日から再開! 国内感染者はヨーロッパ最多の26万人…

ロシア・プレミアリーグは15日、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で中断を強いられているリーグ戦を6月21日から再開することを発表した。 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。ロシアでは感染者数が26万人以上、死者数が2418人程度と伝えられている。国内感染者が依然増加しているロシアだが、ウラジーミル・プーチン大統領は11日にロックダウン(都市封鎖)を段階的に解除することを発表していた。 これを受け、RFUは3月中旬から延期されていたロシア・プレミアリーグを6月21日から再開する方針を決定。試合は無観客で行われ、交代枠は5人となるとのこと。また、残り8節となっているシーズンは7月22日の終了を見込んでいるようだ。 なお、準々決勝(残り1試合)まで進んでいるロシアカップの再開も決定しており、決勝戦は7月25日に開催される。 ヨーロッパでは、ベルギー、オランダ、フランスがリーグ打ち切りになった一方で、ブンデスリーガが16日から再開決定。また、イングランド、スペイン、イタリアではピッチを使った個別トレーニングも再開している状況だ。 2020.05.15 23:30 Fri
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly