C・ロナウドらからレアルに誘われた過去…レヴァンドフスキが認める!

2020.03.21 17:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキがレアル・マドリー選手たちからアプローチを受けた過去を明かした。イギリス『デイリー・メール』が報じている。

現フットボール界指折りのストライカーに君臨するレヴァンドフスキ。31歳の今も健在で、ここまで公式戦33試合39得点を記録する今季もブンデスリーガで得点ランキングトップに立っているなど、世界的点取り屋としての実力は衰え知らずだ。

そんなポーランド人ストライカーを巡っては以前から複数クラブの関心が取り沙汰され、その一角として度々レアル・マドリーの名前も…。そうしたなか、レヴァンドフスキがレアル・マドリーの選手たちから過去に勧誘を受けた事実を口にした。

スペインメディアの聞き手から「ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現ユベントス)や、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスからレアル・マドリー加入の誘いを受けたことがある?」との質問を受けると、こう返してみせたという。

「イエス。これまでスペインのリーグやその他の国、別の素晴らしいクラブに行くだってできたけど、僕にとって、一番大切なことじゃなかった。どこにいようが、自分の最高レベルに到達できたから、この先もうまくやっていきたい」

また、2014年夏からプレーするバイエルンでの充実した日々も口に。「僕は世界最高のクラブといわれる1つにいる。ここでなら幸せになれる。僕らはチームだけじゃなく、施設に至るまですごく高いレベルのものがある。そんなクラブでプレーするとなれば、全ての面がすごくイージーさ」と語った。

なお、レヴァンドフスキはバイエルンの選手として、2016-17シーズンと2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)でレアル・マドリーと対戦。バイエルンとの現行契約は昨年8月に更新され、2023年6月30日まで残している。
コメント
関連ニュース
thumb

ペップが引退ピサーロにコメント「監督としてフットボール界に残ってほしい」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロ(41)の引退にコメントした。 両者はバイエルンで2シーズンの間共闘。ピサーロは2013-14シーズンに公式戦26試合、14-15シーズンには同17試合に出場した。 以前、ピサーロに「今までで最高の監督」と称賛されたグアルディオラ監督がわずか8歳差の教え子の引退にコメント。指導した当時はすでに35歳と全盛期を過ぎていたことを指揮官は惜しんでいたようだ。 「彼が24歳か25歳の時に会いたかったよ」 「彼は私が見てきた中で最も優れたフィニッシャーの1人だった。ボックス内だけでなく深く下がった位置でも上手かった」 「スタイルはカリム・ベンゼマに似ているかな。でも彼は人間としても素晴らしかった」 「41歳は引退に適した年齢だと思う。フットボールはクラウディオのような人物を必要としている。願わくば監督として続けていって欲しい」 2020.07.08 17:18 Wed
twitterfacebook
thumb

クロップ監督がリバプール移籍の噂が浮上中のチアゴについて質問もはぐらかす「大好きな選手」

リバプールのユルゲン・クロップ監督がバイエルンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(29)について言及した。イギリス『ミラー』が伝えている。 バイエルンとの契約が残り1年を切っているチアゴ。クラブは契約延長を望んでいるものの、交渉は暗礁に乗り上げており、バイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるカール=ハインツ・ルンメニゲ氏は「キャリアの終盤に入るにあたって、新しい何かに挑戦したがっているようだ」とコメント。移籍先の候補として挙がっているリバプールに関しては「一切接触していない」と否定していた。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆チアゴがバイエルンで見せたスーパープレー!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJDOHZENXFIVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> チアゴの移籍に関して、5日のアストン・ビラ戦後に質問を受けたリバプールのクロップ監督がコメント。この手の質問には答えないと明言を避けた。 「私がこの質問に答えなくても驚かないだろう その手の質問には一度も答えたことないじゃないか」 「チアゴは本当に良い選手で、大好きな選手だ。同じように私は他にも色々な選手が大好きだ。彼について言えることはそれが全てだ」 獲得について否定も肯定もせず、上手く質問をかわしたクロップ監督。バルセロナやバイエルンで活躍したチアゴが加入すればリバプールの強力な戦力になると考えられるが、今夏の動向に注目だ。 2020.07.06 16:25 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルン、監督&選手が国内2冠にコメント! ミュラーは「少し悲しい瞬間」と複雑な心境吐露

バイエルン一行が今季の国内2冠目獲得を受け、様々な心境を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 バイエルンは4日に行われたDFBポカール決勝のレバークーゼン戦に挑み、4-2で勝利。8月にチャンピオンズリーグ(CL)の戦いを控えるなか、前人未到の8連覇で締めくくったブンデスリーガに続いて、DFBポカールも2連覇を成し遂げ、見事に国内2冠を達成した。 ハンジ・フリック監督は「この優勝を誇りに思う! ここ数週間におけるチームの戦いぶりはセンセーショナルで、姿勢も素晴らしい。選手たちが自分たちの力を信じる姿が見れて、嬉しい」と話すと、こう続けた。 「非常に幸せだ。このチームがやってのけたことは並外れたもの。後半にいつくか改善すべき点があったが、今日は2冠達成をただただ喜ぶことこそが重要だ。選手たちはこれから数日の休養に入り、その後にCLの戦いに向けて準備していく」 また、主将のドイツ代表GKマヌエル・ノイアーは「ただただ嬉しいし、チームの姿勢が誇らしいよ! このポカール優勝は新型コロナウイルスの影響もあって、間違いなく特別なもの。でも、ここ数週間のバイエルンはモチベーションとハングリー精神に溢れ、全選手がベストを尽くした」と喜びの想いを明かした。 しかし、元ドイツ代表FWトーマス・ミュラーは「少し悲しい瞬間だよね。リーグ戦は僕らの日常で、もちろん最後まで戦い抜きたかった。でも、こういった決勝でファンがいないのを見ると、表彰式の最後に物思いにふけってしまった。これまでと同じ感覚にはなれないね」と複雑な想いを吐露した。 2020.07.05 12:55 Sun
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンに圧勝のバイエルンが2連覇達成! 2年連続国内2冠《DFBポカール》

DFBポカール決勝、レバークーゼンvsバイエルンが4日に行われ、2-4でバイエルンが勝利し連覇を果たした。 準決勝で4部のザールブリュッケンを下したレバークーゼンと、フランクフルトを下したバイエルンの決勝。 レバークーゼンがハフェルツを最前線で起用してきたのに対し、レヴァンドフスキを最前線に、2列目にミュラー、コマン、ニャブリを据えたバイエルンが16分に先制する。ペナルティアーク右で得たFKをアラバが直接狙うと、パーフェクトなシュートが枠の右に決まった。 先制後もゴールに迫るバイエルンは、24分に加点。キミッヒのスルーパスを受けたボックス右のニャブリがゴール左へ蹴り込んだ。 2点をリードしたバイエルンが主導権を握る中、ハーフタイムにかけてもハーフコートで試合を進めたバイエルンが2-0で前半を終えた。 迎えた後半、アミリとバウムガルトリンガーに代えてフォラントとデミルバイを投入したレバークーゼンは、ハフェルツをトップ下に据え、フォラントを最前線に配置。 その後半も押し込まれる展開が続いていたが、57分に決定機が訪れる。ディアビが右サイドを抜け出してクロス。フリーのフォラントが合わせにかかったが、空ぶってしまった。 すると59分、バイエルンにファインゴールが生まれる。ノイアーのロングフィードに抜け出したレヴァンドフスキがワントラップからシュート。GKフラデツキーは正面だったが、ファンブルして後逸し、ボールはゴールラインを割った。 64分にCKからS・ベンダーのヘディングシュートが決まって1点を返したレバークーゼンだったが、終盤にかけてはバイエルンが試合をコントロール。 89分にはレヴァンドフスキにこの試合2点目も生まれたバイエルンが、レバークーゼンの反撃を試合終了間際のPKによる2失点に抑え、ブンデスリーガ8連覇に続き、ポカール2連覇を達成した。 2020.07.05 04:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ボス監督、バイエルン撃破で約30年ぶりのポカール制覇狙う 「レバークーゼンにとって重要な日」

レバークーゼンを率いるピーター・ボス監督が、バイエルンとのDFBポカール決勝に向けて意気込みを語っている。 就任2年目となったボス監督の下、今シーズンのブンデスリーガを5位でフィニッシュしたレバークーゼン。すでに来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を手にしているクラブだが、1992-93シーズン以来となる2度目のタイトル獲得に向け、高いモチベーションをもってベルリンでの大一番に臨む。 ボス監督は4日にベルリンのオリンピア・シュタディオンで行われるDFBポカール決勝に向けた前日会見の場で、8連覇中のリーグ王者撃破に向け意気込んでいる。ドイツ『sportschau』が伝えている。 「実現可能だが、それには困難を極めるはずだ。カップ戦の決勝はいつでも特別なものだ。容易にいかないことは承知のうえだ。だが、明日の自分たちの戦い方次第だと思っているし、全てを試すつもりだ」 「毎年、決勝に進出できるわけではない。したがって、レバークーゼンにとって非常に重要な日になる。それだけに、ファンがいないことは非常に残念だ。先ほども話したように、我々は毎年決勝に進んでいるわけではないからね」 「だからこそ我々はこのタイトルを勝ち取りたい。それは個人的な目標ではなく、ファンを含めクラブ全体の目標なんだ」 なお、バイエルンとの今季リーグ戦での対戦戦績は1勝1敗。昨年11月の対戦では2-1の勝利を収め、ハンジ・フリック体制での初黒星を与えた。だが、先月行われた直近の対戦では2-4の逆転負けを喫していた。 2020.07.04 18:45 Sat
twitterfacebook