ライプツィヒをベスト8に導いたナーゲルスマン監督、スタイルを貫いたことを称賛

2020.03.11 13:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督がチャンピオンズリーグ(CL)でベスト8に進出したことに対して、喜びを爆発させた。『UEFA.com』が伝えた。ライプツィヒはCLラウンド16でトッテナムと対戦。敵地で行われた1stレグを1-0で制すると、10日にホームで行われたリターンレグではMFマルセル・ザビッツァーの2ゴールなどで3-0の完勝。合計スコア4-0でクラブ史上初のベスト8進出を決めた。

試合後、史上最年少となる32歳231日でベスト8進出を成し遂げたナーゲルスマン監督は喜びをあらわにした。

「次のラウンドに進めることにすごく満足しているよ。十分にそれに値するからとてもハッピーだ。我々は2戦合計で4ゴールを決めて無失点だった。トッテナムよりも我々の方が優れたチームであり、今日はとても良いチームだったね」

「ロンドンでの試合よりも少し良くなったと思う。ボールをコントロールし、ポゼッションできていた。ボールを失うことは少なかったしね」

「最初の5分とハーフタイム後の5分から10分にかけてアクシデントが発生したよ。でも、満足している。我々は若いチームであり、いつも完璧ということではない。ただ、この2つの重要な試合で我々は本当に上手くやったよ」

また、次のラウンドに進めることを喜ぶとともに、トッテナム戦では「ライプツィヒスタイル」を貫けたチームのパフォーマンスを絶賛している。

「我々は初めて決勝トーナメントに進出した若いチームだ。緊張することなく試合をできたが、最も素晴らしいことは、ライプツィヒのスタイルと、次のラウンドに進むことにフォーカスを当てたことだ。次のラウンドでもそれを変わらないことが重要だ。我々はトッテナムのやり方に合わせることはなく、自分たちのスタイルを見事にやりきった」

さらに、次の相手は決定していない段階だが、気にせずに勝ちに行くと意気込みを語った。

「次の対戦相手については考えていないね。ベスト8に進出できて嬉しく思っている。そして、対戦するチームがどこになるかを確認しよう。だけど、対戦相手がどこであれ、勝ちに行くつもりだ。我々は競争力のあるチームだ。ベスト4に進出に向けて何が起こるか見てみよう」
コメント
関連ニュース
thumb

「2失点目までは悪くなかった」 大敗のライプツィヒ、ナーゲルスマンは後半崩壊の守備を嘆く

RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督がチャンピオンズリーグ(CL)で大敗した原因について語っている。クラブ公式サイトが伝えた。 先のCLグループステージ第1節でイスタンブール・バシャクシェヒルに2-0のスコアで勝利を収めたライプツィヒは、28日に行われた第2節のマンチェスター・ユナイテッド戦で連勝を目指して、アウェイの地に乗り込んだ。 しかし、試合ではユナイテッドのFWマーカス・ラッシュフォードにハットトリックを許すなど守備が崩壊。プレミアリーグで暫定15位に沈むチームを相手に0-5の大敗を喫してしまった。 ナーゲルスマン監督は試合後、0-5のスコアほどの差はなかったとしつつ、守備の意識が希薄だった後半の戦い方を嘆いている。 「もちろん、こうした結果は気分が悪い。ただ、この結果は(内容に対して)差がつき過ぎたと思う。前半は良かったからね。後半は少し乱雑になってしまったし、もっと失点していてもおかしくなかった」 「0-2のスコアになった後、我々は残念ながら守備をやめてしまった。それがこの試合で私が唯一チームを非難しなければならない部分だ。(2失点目までは)うまくいっている感覚があったんだけどね」 「0-5の負けは受け入れなければならない。守備の意識を維持し続けて、0-2で帰ることができれば良かったが、勉強になったよ。ただ、最後の20分を除けば我々の試合は悪くなかったと思う」 0-5のスコアについては、ライプツィヒの選手もナーゲルスマン監督と同様、公平ではない結果だと感じているようだ。FWユスフ・ポウルセンも試合後、ユナイテッドが自分たちを上回っていたことは認めつつ、「この得点差は少し不公平だと思う」とコメントしている。 2020.10.29 11:28 Thu
twitterfacebook
thumb

途中出場ラッシュフォードのハットなど攻撃陣爆発のユナイテッドがライプツィヒに完勝! 待望の今季ホーム初白星《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループH第2節、マンチェスター・ユナイテッドvsRBライプツィヒが28日にオールド・トラフォードで行われ、ホームのユナイテッドが5-0で圧勝した。 グループ突破本命のパリ・サンジェルマン(PSG)とのアウェイでの初戦を2-1で競り勝って白星スタートを飾ったユナイテッド。直近のリーグ戦ではチェルシー相手に0-0のドローに終わったが、チーム状態は上向きだ。グループステージ連勝と共に今季ホームゲーム初勝利を目指す一戦では、チェルシー戦から先発5人を変更。マタ、ダニエル・ジェームズ、マクトミネイ、ラッシュフォード、ブルーノ・フェルナンデスに代えてポグバ、ファン・デ・ベーク、マティッチ、マルシャル、グリーンウッドを起用した。 一方、昨季セミファイナリストのライプツィヒはイスタンブール・バシャクシェヒルとの初戦を2-0で快勝し、対戦相手同様に白星スタート。さらに、リーグ戦でもヘルタ・ベルリンに競り勝って首位キープに成功している。その試合からは先発4人を入れ替えて、ユスフ・ポウルセン、コナテらが起用された。 ホームのユナイテッドがファン・デ・ベークをトップ下に配した[4-3-1-2]、アウェイのライプツィヒが可変式の[3-1-4-2]の布陣で臨んだ中、立ち上がりから一進一退の攻防が繰り広げられる。 よりボールを握ったのはライプツィヒだったが、ユナイテッドも中盤と最終ラインがうまく連携しながら相手得意のスピーディーな仕掛けは許さない。 互いに決定機まであと一歩という状況が続いた中、20分過ぎに均衡が破れる。21分、相手陣内中央でルーズボールを回収したフレッジからボールを引き取ったポグバがそのまま縦に運んでスルーパス。これにオフサイドラインぎりぎりで抜け出したグリーンウッドが左足のシュートをゴール右隅へ流し込んだ。 敵地で先制を許したライプツィヒはすぐさま反撃。24分にはフォルスベリのパスを受けたエンクンクがボックス右から強烈なシュートを枠に飛ばすが、ここはGKデ・ヘアがワンハンドセーブで阻止する。 その後は攻守に存在感を放つポグバ、細かいボールタッチとプレーの連続性を見せたファン・デ・ベークを中心にユナイテッドが中盤の主導権を握っていくが、アウェイチームも球際の強さと鋭い縦への仕掛けで応戦。前半はこれ以上スコアに動きはなかった。 後半も中盤での潰し合いが目立つインテンシティの高い攻防が続く中、両ベンチが早い時間帯に動く。ユナイテッドは63分にマティッチ、グリーンウッドを下げてマクトミネイ、ラッシュフォードを投入。対するライプツィヒもヘンリクス、エンクンクに代えてザビッツァー、セルロートを投入。 その中で65分にはライプツィヒに後半最初のビッグチャンス。セットプレーの流れからゴール右のコナテがヘディングシュートを放つが、この至近距離からのシュートはGKデ・ヘアが掻き出した。 このピンチを凌いだユナイテッドは、ここからよもやのゴールラッシュを見せる。まずは76分、途中出場のブルーノ・フェルナンデスのスルーパスに反応したラッシュフォードが完璧なタイミングで相手の背後を取り、GKとの一対一を難なく制する。オフサイドディレイによって当初オフサイド判定でゴールは取り消しも、VARで抜け出した位置がハーフウェイラインの手前と判断されゴールが認められる。 さらに、直後の78分には相手陣内中央でのフレッジのボール奪取からボックス手前でDFウパメカノを抜き去ったラッシュフォードが瞬く間に3点目を奪った。 この連続ゴールによって週末のアーセナル戦を睨みポグバ、ワン=ビサカを下げたユナイテッドだったが、87分にはボックス内で仕掛けてザビッツァーのファウルを誘ったマルシャルがPKを獲得。これを自ら冷静に決めて4点目。さらに、試合終了間際にはマルシャルのお膳立てからラッシュフォードにハットトリック達成となる5点目まで生まれた。 そして、勝負所をきっちり抑えてライプツィヒに決定力の差を見せ付けたユナイテッドが、CL連勝を飾ると共に待望の今季ホーム初白星を手にした。一方、敗れたライプツィヒは開幕8戦目にして今季の公式戦初黒星を喫することになった。 マンチェスター・ユナイテッド 5-0 RBライプツィヒ 【マンチェスター・ユナイテッド】 グリーンウッド(前21) ラッシュフォード(後31) ラッシュフォード(後33) マルシャル(後42)【PK】 ラッシュフォード(後47) 2020.10.29 07:06 Thu
twitterfacebook
thumb

スールシャールはグループ早期突破を狙う「早く勝ち点10を獲得することが我々の目標だ」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、RBライプツィヒ戦に向けて意気込みを語った。公式サイトが伝えている。 20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)開幕節でパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦し、敵地で勝利を収めたユナイテッド。グループ最大のライバルから白星を挙げ、最高のスタートを切った中、28日の第2節ではドイツの強豪ライプツィヒと対戦する。 本拠地オールド・トラフォードで連勝が期待されるスールシャール監督は、試合前のプレスカンファレンスでライプツィヒ戦への意気込みとグループリーグ早期突破への意欲を語った。 「我々はどの試合も勝ち点3を獲得するチャンスとみなしており、4チームが参加するこのグループステージでは、勝ち点10があれば突破できるだろうと推測している」 「もちろん、できるだけ早く勝ち点10に到達することが我々の目標だが、今は明日の試合で勝ち点3を獲得することに集中している」 早期突破を狙う理由については、「今シーズンは非常に特別なシーズンだと思う」と、試合が短期間に集中している異例のシーズンであると強調し、選手を休ませるためであると述べた。 「我々は特別な状況の中にいる。中2日、中1日のときもあれば、“ラッキーなことに”中3日のときもある」 「しかしシーズン終了まではその日程をこなしていかなければならず、その後にユーロと新シーズンが控えている」 「もちろん、選手たちに息抜きや休憩を与えるチャンスがあれば、それは大変喜ばしい」 またスールシャール監督は、対戦相手であるライプツィヒに関しても言及。成長著しいクラブだと高く評価した。 「彼らは非常に印象的に成長してきたクラブであり、毎シーズン良くなってきている」 「昨シーズンはブンデスリーガで3位だったが、今シーズンも本当に良いスタートを切っている。また、昨季のチャンピオンズリーグでは準決勝にも進出するなど、大きなタイトルを目指している」 「(ユリアン・)ナーゲルスマン監督は若いし非常に積極的な指揮官だ。見ていてとても面白い。非常に熱いエネルギーとテンポを持った選手たちが見事にまとまっている。私がここ数年非常に興味深く注目しているチームだよ」 2020.10.28 16:38 Wed
twitterfacebook
thumb

ナーゲルスマン、CL初戦勝利も満足せず「もっと魅力的なサッカーができた」

RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督は、チャンピオンズリーグ(CL)で勝利を収めたチームが完璧ではなかったと認めた。クラブ公式サイトが伝えている。 ライプツィヒは20日、CLグループステージ初戦でトルコのイスタンブール・バシャクシェヒルと対戦。前半にスペイン人DFアンヘリーニョが立て続けにゴールを決めて優位に立つと、後半こそゴールは決まらなかったものの2-0で勝利を収めた。 試合後、ナーゲルスマンは勝利に満足していると話しつつ、チームに疲れがあったことを認めている。 「今日の試合に100%満足しているわけではない。少し(チームに)疲労が見られた。前半2-0にするまではとてもよくやっていたが、その後は大人しくなってしてしまった。ただ、全体的に問題があったというわけではない」 「ファンにとってもっと魅力的なサッカーができたと思う。もっといいサッカーができていれば、より多くの点を取れただろう。土曜日のヘルタ・ベルリン戦で力強く美しい試合が見せられるよう準備していく」 また、ナーゲルスマン監督はこの試合で2ゴールの活躍を見せたアンヘリーニョについて、手放しで称賛した。 「アンヘル(アンヘリーニョ)は常にプレーして勝ちたいと望んでいる男だ。チームの誰もが、彼の下にボールがないと不機嫌になると知っている」 「私と同じくらい、練習が好きなんだ。『練習後もプレーしたい』と言われているよ。彼は非常に訓練されたキッカーで、学ぶことに熱心で、いつも話を聞いてくれる。彼の目標であるワールドクラスの選手に向かっていると思う」 さらに、ナーゲルスマン監督は、この試合で長期離脱中だったDFイブラヒマ・コナテが今シーズン初出場を飾ったことに対しても「久しぶりの登場に大満足だ」と語り、重要な戦力の復帰を喜んでいる。 2020.10.21 15:09 Wed
twitterfacebook
thumb

伏兵アンヘリーニョの2発でライプツィヒが初出場イスタンブールBBSKに快勝《CL》

ライプツィヒは20日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH開幕節でイスタンブールBBSKをホームに迎え、2-0で快勝した。 パリ・サンジェルマンとマンチェスター・ユナイテッドが同居するグループH。 昨季は初の決勝トーナメント進出を果たした上、ベスト4まで躍進したライプツィヒが、初のトルコ王者に輝き、CL本戦初出場となるイスタンブールBBSKをホームに迎えた一戦。 Y・ポウルセンを最前線に2シャドーにダニ・オルモとフォルスベリを据える[4-3-2-1]で臨んだライプツィヒが立ち上がりから攻め立てると、16分に先制した。 カンプルの浮き球パスをボックス中央へ走り込んで受けたアンヘリーニョが見事なトラップから左足でゴールへ蹴り込んだ。 勢い付くライプツィヒは20分にアンヘリーニョが2点目を挙げる。ショートカウンターに転じ、Y・ポウルセンからエンクンクと繫ぎ、ラストパスをボックス左で受けたアンヘリーニョがGKとの一対一を制した。 ハーフタイムにかけてもライプツィヒがイスタンブールBBSKに主導権を渡さず、2点をリードして前半を終えた。 後半からフォルスベリに代えてファン・ヒチャンを投入したライプツィヒは、引き続きイスタンブールBBSKを押し込む展開で試合を進める。 余裕の展開とした中、カンプル、ダニ・オルモ、ウパメカノら主力を続々と下げていった。 結局、後半に追加点は生まれなかったものの、昨季ベスト4のライプツィヒがイスタンブールBBSKとの格の違いを見せ付けて快勝としている。 ライプツィヒ 2-0 イスタンブールBBSK 【ライプツィヒ】 アンヘリーニョ(前16) アンヘリーニョ(前20) 2020.10.21 06:00 Wed
twitterfacebook