レーティング: レアル・マドリー 2-0 バルセロナ《ラ・リーガ》

2020.03.02 07:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第26節、レアル・マドリーvsバルセロナのエル・クラシコが1日に行われ、2-0でレアル・マドリーが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽レアル・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
13 クルトワ 7.0
3つのピンチを好守で阻止し、勝利を手繰り寄せる

DF
2 カルバハル 6.0
後半は気の利いた攻撃参加が増えた

5 ヴァラン 6.0
集中切らさず堅実なプレーを続けた

4 セルヒオ・ラモス 6.0
メッシとのマッチアップで負けず

12 マルセロ 5.5
メンディを差し置いて先発。ブラースヴァイトに出し抜かれる場面はあったが、メッシの独走を阻む好プレーも

MF
15 バルベルデ 6.0
精力的にボールホルダーにチェイス。ジョルディ・アルバの攻め上がりをケア

(→L・バスケス -)

22 イスコ 5.5
前半は存在感示せず。後半は2度ゴールに迫ったが、相手の好守に阻まれる

(→モドリッチ -)

14 カゼミロ 6.0
要所の守備で効いていた

8 クロース 5.5
再三のミドルシュートの機会を生かせずにいたが、先制点を絶妙アシスト

25 ヴィニシウス 7.0
ドリブルで攻め手に。最後の精度で物足りない状況が続いていたが、値千金の先制点

FW
9 ベンゼマ 5.0
63分の決定機は決めたい。サポートが少なかった

(→マリアーノ 6.5)
最後にダメ押しゴール

監督
ジダン 6.5
後半にギアを上げて勝ち切る。首位奪還

▽バルセロナ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 テア・シュテーゲン 6.0
イスコの絶妙なミドルシュートをセーブ

DF
2 N・セメド 5.0
ヴィニシウスとのマッチアップで徐々に劣勢に

3 ピケ 6.0
N・セメドと共にヴィニシウスを監視し、イスコのヘディングシュートをゴールライン際で止めた

23 ユムティティ 5.0
最後の失点場面は軽かった

18 ジョルディ・アルバ 5.5
負傷明け。気の利いた攻撃参加は少なかった

MF
22 ビダル 5.0
マルセロのオーバーラップのケアに腐心

(→ブラースヴァイト 5.5)
投入直後に決定機を迎えるも、クルトワに阻まれた

8 アルトゥール 5.0
前半にあった決定機を止められる。ややプレーが凡庸だった

(→ラキティッチ -)

5 ブスケッツ 5.5
一つ決定機に繋がるパスを供給もゲームのテンポを作るには至らず

21 F・デ・ヨング 5.0
前線で一定のキープ力を見せたが、効いていたとは言えず

FW
10 メッシ 5.0
前後半に一つずつ決定機があったが決めきれず。消えている時間が多かった

17 グリーズマン 5.0
前半は幾つかアクセントを付けるも、後半は完全に消えた

(→アンス・ファティ -)

監督
セティエン 5.0
後半に失速。ほぼ攻撃できなかった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
クルトワ(レアル・マドリー)
前半に2つのピンチを阻止し、後半も1つのピンチを防いだ。彼の好守がヴィニシウスの先制弾を呼び込んだ。

レアル・マドリー 2-0 バルセロナ
【レアル・マドリー】
ヴィニシウス(後26)
マリアーノ(後47)
コメント
関連ニュース
thumb

セルヒオ・ラモスが今季を総括…CL敗退に「ほろ苦い」

レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが今シーズンを振り返った。 チームの絶対的キャプテンとして3シーズンぶりのラ・リーガ優勝に貢献したセルヒオ・ラモス。今季のチームではFWカリム・ベンゼマに次ぐ11ゴールを記録し、なかでも中断期間後は10試合で6ゴールを挙げる活躍を披露。DFとしてのリーガでの1シーズン最多得点とクラブキャリア100得点という2つの偉大な記録を打ち立てた。 その一方で、チャンピオンズリーグ(CL)ではマンチェスター・シティに敗れ、2シーズン連続でのラウンド16敗退。セルヒオ・ラモスは累積警告で2ndレグには出場できず、悔いの残る大会となった。 敗戦から一夜明けて、自身のインスタグラム(sergioramos)を更新。今季を振り返るとともにファンに感謝を述べた。 「不思議なシーズンが終わってほろ苦い味がしたよ。今季は誰にとっても非常に難しかった。だが、僕たちはレアル・マドリーであり、全てを勝ち取るという目標があったんだ」 「このような例外的な状況の中で、リーグ優勝とスーパーカップで優勝したことは評価されるべきだ。だが、チャンピオンズリーグ敗退の後味は苦いものがある。もっとタイトルが欲しかった。今は来シーズンの戦いのために休む時だ」 「このトロフィーとこの物語は全てにおいて価値がある。勝った時も負けた時も常に“HALA MADRID”だ。遠く離れていても限りないサポートをありがとう」 2020.08.09 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

抜群の決定力!マドリー移籍直後のファン・ニステルローイが挨拶代わりのハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元オランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイ氏がレアル・マドリー時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆ファン・ニステルローイの抜群の決定力!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVVU5uNERXcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ファン・ニステルローイ氏はマンチェスター・ユナイテッドでの活躍の後、2006年夏にレアル・マドリーに3年半在籍し、公式戦通算96試合で64ゴール16アシストを記録した。 移籍早々の2006年9月10日に行われたラ・リーガ第2節では、挨拶代わりのハットトリックを達成している。 15分、ファン・ニステルローイはFWアントニオ・カッサーノからのパスをペナルティーアーク内で受けると、絶妙な反転から、相手DFのプレッシャーを受けながらもゴール左隅へとグラウンダーのシュートを決め、先制点を挙げる。 そして2-1とした60分、ボックス内でMFデイビッド・ベッカムが頭で折り返したボールに反応し追加点を獲得。ユナイテッド時代でも多くのゴールを量産したベッカムとのホットラインが形成される。 さらに試合終了間際の90分、敵陣右サイドでボールを持ったDFシシーニョの浮き球のパスに抜け出すと、飛び出してきた相手GKの頭上を越すループシュートでハットトリックを達成した。 このシーズン、ファン・ニステルローイ氏は公式戦47試合に出場し33ゴールを記録。ラ・リーガでも25ゴールを挙げ、チームの優勝に貢献するとともに得点王に輝いている。 2020.08.08 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

この期に及んでまたゴルフ!? CLメンバー外を望んだレアルFWベイルがまさかのラウンド

流石にもう居場所はなくなってしまうのではないだろうか。レアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルが、またしてもゴルフを楽しんでいたことがスクープされてしまった。 スペイン『El Chiringuito』がその映像を独占として入手したといい、スペイン各メディアも一斉に報じている。 マドリーは、今シーズンのラ・リーガを制し、7日にはマンチェスター・シティとのチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグを戦うこととなっていた。 シーズン終盤はベンチ入りするも試合出場はなく、最終節はメンバー外に。そして、シティ戦に向けたメンバーにも入っていなかった。 メンバー外について問われたジネディーヌ・ジダン監督は「プライベートな会話だが、彼がプレーしたがらなかったとだけしか言えない」とコメント。ベイルの意向でメンバーに入れたなかったとしたが、当の本人は大好きなゴルフをしていたから驚きだ。 メンバー外になったからなのか、ゴルフをしたかったからメンバー外にしてもらったのかは定かではないが、チームがラ・リーガとの2冠のため、逆転勝利を目指してイングランドでのアウェイゲームに臨む中での行動としては褒められるものではないだろう。 ベイルとマドリーの契約は2022年6月まで。果たして来シーズンはマドリーでプレーすることになるのだろうか? <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">SUBE LA TENSIÓN<a href="https://twitter.com/JLSanchez78?ref_src=twsrc%5Etfw">@JLSanchez78</a> : &quot;OTROS hacen cosas PEORES que jugar al GOLF&quot;<a href="https://twitter.com/hashtag/Tom%C3%A1sRONCERO?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TomásRONCERO</a>: &quot;Pero no son BALE, el jugador FRANQUICIA del MADRID&quot;.<a href="https://twitter.com/hashtag/ChiringuitoBale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ChiringuitoBale</a> <a href="https://t.co/m0BNViyrom">pic.twitter.com/m0BNViyrom</a></p>&mdash; El Chiringuito TV (@elchiringuitotv) <a href="https://twitter.com/elchiringuitotv/status/1291891854519209993?ref_src=twsrc%5Etfw">August 8, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.08.08 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

欧州制覇狙うペップ、視線はもう先に 「レアル撃破は1つのステップ」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がさらなる高みを目指した。 シティはチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16でレアル・マドリーと激突。敵地での1stレグに続いて、7日にホームで行われた2ndレグも2-1の白星で飾り、2戦合計スコア4-2でベスト8進出を決めた。 <div id="cws_ad">◆CLラウンド16・2ndレグ|マンチェスター・シティvsレアル・マドリー<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=6m1370li7b8914y4gofdptjk5" async></script></div> レアル・マドリーの指揮を執り始めてから一度もノックアウトステージで負けのないジネディーヌ・ジダン監督のレアル・マドリーを退け、8強入りのグアルディオラ監督。試合後、イギリス『BT Sport』でこう総括した。 「我々は多くのチャンスを作り、彼らのミスから2ゴールを決めた。もっと攻め立て、追加点を狙ったが、あのようなチーム相手だとそう容易くいかないものだ」 また、クラブとして悲願の欧州制覇を目指して、レアル・マドリー撃破の余韻に浸ることなく、より高みに目を向けた。 「我々はトライするためにここにいる。CLを制するためにね。(ベスト8進出は)1つのステップに過ぎない。それで十分だと思うなら、存在の小ささを示すことになる。優勝したければ、ビッグクラブを倒していかないと」 「大事なのは2連勝したということ。ジネディーヌ・ジダンは一発勝負で負けた前例がない。彼らはプレーの冷静さや姿勢を見るだけでも良いチームだ」 そんなシティは準々決勝でリヨンと相対する。スペイン人指揮官はユベントスをアウェイゴール差で破り、ベスト8に駒を進めた相手に警戒心を強めた。 「先ほどスカウティング陣と話をして、警戒の必要性を指摘された。その彼らとの試合まで8日の準備期間がある。まずはその期間を楽しみ、リヨンについて分析していきたい」 2020.08.08 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

「シティのプレッシャーが…」 アザールがCL敗退ゲームでの不発理由を分析

レアル・マドリーのベルギー代表MFエデン・アザールが不発に終わったマンチェスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 マドリーは7日、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグに挑み、アウェイでマンチェスター・シティと対戦。1stレグに続いて、1-2で敗れると、2戦合計スコア2-4でラウンド16敗退が決まった。 <div id="cws_ad">◆CLラウンド16・2ndレグ|マンチェスター・シティvsレアル・マドリー<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=6m1370li7b8914y4gofdptjk5" async></script></div> 左ウイングとして先発するも守備に追われ、自身のストロングポイントを全く発揮できなかったアザール。試合後のインタビューで自身を含めてミスが多かった理由を説明している。 「前半は良かったと思う。僕たちが望んだフットボールをできていたね。失点をしたが、僕たちもゴールを決めた。このクラブのためにプレーするときは全てに勝ちたい。特にCLではね」 「マンチェスター・シティのプレッシャーがあったからプレーするのが難しくて、ミスを犯した。それはフットボールの一部だ。難しいけど、ハングリーさを取り戻して全てを勝ち取りたい。それがこのクラブの要求だ」 2020.08.08 12:00 Sat
twitterfacebook