セビージャやウルブス、シャフタールらが勝ち上がり! アヤックスがヘタフェに屈する《EL》

2020.02.28 07:41 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
27日、ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグの15試合が欧州各地で行われた。

セビージャはクルージュをホームに迎え、押し込む展開とした中、終盤の87分にミドルシュートを叩き込まれるも、VARの末にハンドがあったとしてノーゴールに。救われたセビージャは0-0で試合を終え、1stレグでの1-1の結果を受けてアウェイゴール差により薄氷の勝ち上がりを決めている。

エスパニョールvsウォルバーハンプトンは3-2でエスパニョールが勝利。しかし、1stレグを4-0と圧勝していたウルブスが勝ち抜けを決めている。

アヤックスはヘタフェをホームに迎え、2-1で勝利。しかし、1stレグを0-2で完敗していたアヤックスは開始早々にアウェイゴールを許す苦しい展開となった中、反撃及ばず2-1で終了。2戦合計スコア2-3でヘタフェが勝ち上がっている。

CL敗退組のベンフィカvsシャフタールは打ち合いの末、3-3で終了。2戦合計スコアを4-5としたシャフタールが勝ち上がりを決めた。ベスト16進出チームは以下の通り。

◆ラウンド32・2ndレグ◆
マンチェスター・ユナイテッド 5-0(AGG:6-1) クラブ・ブルージュ
アーセナル 1-2(AGG:2-2) オリンピアコス
エスパニョール 3-2(AGG:3-6) ウォルバーハンプトン
セビージャ 0-0(AGG:1-1) クルージュ
インテル 2-1(AGG:4-1) ルドゴレツ
ヘント 1-1(AGG:1-2) ローマ
アヤックス 2-1(AGG:2-3) ヘタフェ
マルメ 0-3(AGG:1-5) ヴォルフスブルク
ポルト 1-3(AGG:2-5) レバークーゼン
ベンフィカ 3-3(AGG:4-5) シャフタール
リンツ 2-0(AGG:3-1) AZ
イスタンブールBBSK 4-1(AGG:5-4) スポルティング・リスボン
バーゼル 1-0(AGG:4-0) アポエル
セルティック 1-3(AGG:2-4) コペンハーゲン
ブラガ 0-1(AGG:2-4) レンジャーズ

▽2/28(金)
《26:00》
ザルツブルク vs フランクフルト
コメント
関連ニュース
thumb

レギロン争奪戦、ナポリ参戦で激化

ナポリが、セビージャでプレーするスペイン人DFセルヒオ・レギロン(23)に興味を示しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 今季はレアル・マドリーからセビージャにレンタルしているレギロンは、手薄だった左サイドバックとして期待を超える活躍を披露。ラ・リーガでは31試合に出場し2ゴール4アシストをマーク。来季のチャンピオンズリーグ出場圏内の4位フィニッシュに貢献した。 この活躍から、買い取りを考慮するセビージャをはじめ、パリ・サンジェルマンやアーセナル、チェルシーにエバートンといったクラブが興味。さらには保有元であるマドリーも評価を改めつつある中、ナポリもこの争奪戦に参戦する模様だ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、レギロンはジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の左サイドバックの理想像に一致しているとのこと。 一方で、レギロン獲得を狙うナポリの課題は、同じ左サイドバックを担うアルジェリア代表DFファウジ・グラムの売却。同選手は年俸350万ユーロ(約4億3600万円)を稼いでおり、ナポリの中では高給取りに位置する。グラムは以前から放出候補に挙げられており、本人も退団の意思を示しているようで、こちらのオペレーションはさほど難しいものにはならないと予想されている。 2020.08.10 13:52 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャがローマとの一発勝負制してEL8強入り! ロペテギも満足感

セビージャのフレン・ロペテギ監督がヨーロッパリーグ(EL)準々決勝進出に満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 セビージャは6日に行われたラウンド16でローマと対戦。新型コロナウイルスの影響で1stレグを未実施の両者は従来のホーム&アウェイ制でなく、一発勝負でベスト8の座を争い、2-0で勝利したセビージャが見事に突破を決めた。 中立地ドイツでローマを破り、ウォルバーハンプトンと激突する準々決勝に勝ち上がった監督は試合後、チームの結果と内容を評価した。 「チームが偉大な相手に良いゲームをしてくれ、満足している。難しいゲームになるのは折り込み済みで、しっかりと準備もした。逞しさやキャラクター、メンタリティを示してくれた」 また、「冷静になり、回復に努めなければ。今日は次のラウンドに進む権利を手にしただけ」と述べ、チームとして大会最多優勝回数の更新となる6度の頂きを目指して、次戦に気を引き締めた。 2020.08.07 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ベスト8が決定!ユナイテッドやセビージャ、インテルが勝ち上がり《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16が6日に終了し、ベスト8進出チームが決定した。 勝ち上がったのはイングランドからマンチェスター・ユナイテッドとウォルバーハンプトン、スペインからセビージャ、イタリアからインテル、ドイツからレバークーゼン、その他、シャフタール(ウクライナ)、バーゼル(スイス)、コペンハーゲン(デンマーク)の8チームとなっている。 準々決勝はいずれも一発勝負で行われ、10日と11日に行われる。組み合わせは以下の通り。 ◆準々決勝組み合わせ ▽8/10 マンチェスター・ユナイテッドvsコペンハーゲン インテルvsレバークーゼン ▽8/11 ウォルバーハンプトンvsセビージャ シャフタールvsバーゼル 2020.08.07 06:07 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマとの好調対決を制したセビージャがベスト8進出!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16、セビージャvsローマが6日に中立地のドイツで行われ、2-0でセビージャが快勝した。 新型コロナウイルスの影響によって一発勝負となった一戦。ラウンド32でクルージュを下したセビージャと、ヘントを下したローマによる好カード。 セビージャは[4-3-3]を採用し3トップには右からスソ、エン=ネシリ、オカンポスと並べた。一方のローマは[3-4-3]を採用し、3トップには最前線にジェコ、2シャドーにザニオーロとムヒタリアンを並べた。 セビージャが押し込む入りとなった中、7分にCKの流れからオカンポスのミドルシュートでゴールに迫ると、12分にもCKの流れからクンデのヘディングシュートがバーを直撃した。 そして22分、セビージャが押し切る。左サイドでボールを受けたレギロンがドリブルでDF2人を置き去りにし、ボックス左へ侵入。GKパウ・ロペスの脇をすり抜けるシュートでネットを揺らした。 その後もセビージャがペースを握ると、44分に加点。オカンポスが右サイドを抜け出し、ボックスゴールライン際からクロス。これをエン=ネシリが押し込んだ。 セビージャが2点をリードして迎えた後半もローマに主導権を渡さずに時間を進める。 攻め手のないローマは57分に2枚替えを敢行。ザニオーロとディアワラに代えてペッレグリーニとカルレス・ペレスを投入した。 すると70分にはジェコがボックス内から際どいシュートを浴びせるも、これ以降は目立った決定機は作れず。 そのまま2-0で快勝したセビージャがローマとの好調対決を制し、ベスト8進出を決めている。 2020.08.07 03:57 Fri
twitterfacebook
thumb

公式戦17戦無敗のセビージャ、絶好調ローマ相手にも普段通りを強調 「自分たちのスタイルで」

セビージャを率いるフレン・ロペテギ監督は、絶好調のローマ相手にもあくまで自分たちの戦い方を貫く構えだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ヨーロッパリーグ(EL)最多5度の優勝を誇るセビージャは今季のラ・リーガを4位で終えており、すでにチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保。しかし、最多優勝記録更新に向けて高いモチベーションを維持している。 なお、今年3月に予定されたラウンド16の1stレグは新型コロナウイルスの影響で延期となっており、このカードは準々決勝以降を一斉開催で行う、中立地ドイツでのシングルマッチ形式に変更されている。 そして、6日にデュイスブルクで行われる一発勝負に向けた前日会見に臨んだロペテギ監督は、[3-4-2-1]へのシステム変更をキッカケに直近7勝1分けと絶好調の対戦相手に対しても、特別な対策をすることなく普段通りの戦いを強調。ちなみに、セビージャは引き分けの数こそ多いものの、8勝9分けと公式戦17戦無敗を継続中だ。 「現時点で確かなのは、対戦相手は素晴らしい状態で本当に良いフットボールを見せる、強力なチームだということだ。パウロ・フォンセカも素晴らしい監督だ。とは言っても、ローマはセビージャにとって手の届くところにいるチームだ」 「我々は勝ちたいと強く思っているし、非常に強いライバルを相手に素晴らしいパフォーマンスを見せられるようにベストを尽くすつもりだ。2ndレグがないことも念頭に置いておくよ」 「誰が相手であっても、我々は自分たちが認知されているチームだと思っているし、大幅な戦術変更はない。スタメンに関しては一つ懸念があるが、事実上解決されている」 「我々は自分たちのスタイルで試合に臨み、その後、ローマの反応を見ることになるだろう」 また、ロペテギ監督は新型コロナウイルスの陽性反応が確認され、今回の試合を欠場することになったセルビア代表MFネマニャ・グデリに関しても言及している。 「彼がこの試合に出られないのは残念だが、現時点でのベストメンバーで臨むつもりだ。もちろん、試合に勝つためには途中出場のプレーヤーの働きも重要なことは理解している」 2020.08.06 21:02 Thu
twitterfacebook