古橋亨梧が土壇場で公式戦3連発! 水原三星を下し、神戸がACLアウェイ戦初白星で連勝スタート!《ACL2020》

2020.02.19 21:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
19日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)第2節の水原三星ブルーウィングス(韓国)vsヴィッセル神戸が水原ワールドカップスタジアムで行われ、0-1で神戸が勝利した。

初戦のジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)戦を5-1と快勝した神戸。その初戦からはスタメンを1名変更。郷家友太に代わり山口蛍が先発出場。[4-3-3]の布陣で、山口をボランチ、安井拓也とアンドレス・イニエスタをトップ下で起用した。

対する水原三星は元サガン鳥栖のキム・ミヌや昨シーズンのKリーグ1得点王のアダム・タガートが先発。[3-4-2-1]のシステムで臨んだ。

水原三星はスピードを生かしたカウンター攻撃、神戸は選手たちがポジションを流動的に変えながら、パスを繋いでゴールを目指す展開でスタートする。

5分、神戸がイニエスタ、古橋とパスをつなぐと、左サイドでボールを持った酒井が縦パス。これを、ボックス中央に走り込んだ小川が受けると、反転シュート。しかし、ミートできない。7分には、小川のパスを受けたドウグラスがボックス内でダイレクト左足シュート。しかし、相手DFにブロックされる。

守備時は5バックにしながら、1トップのタガートがゴールを狙う水原三星は14分、フェルマーレンがトラップをミスすると、これを狙っていたタガートがロングシュート。飯倉は前に出ていたものの、難なくセーブする。

さらに21分にも水原三星がチャンス。右CKからのクロスをホン・チョルが中央でヘッド。飛び出した飯倉の前で合わせたが、シュートは枠を越えていった。

神戸は23分、右サイドからにしがアーリークロスを送ると、ボックス中央でドウグラスがダイビングヘッド。しかし、シュートは力なくGKがキャッチする。

24分にも神戸がチャンス。相手ボールを奪った酒井が左サイドを上がると、ボックス左からクロス。ドウグラスが合わせに行くが、相手DFがなんとかクリアして合わせられない。

神戸は33分にセットプレーからチャンス。イニエスタのクロスをフェルマーレンがボックス内でヘッド。しかし、枠を越えて行く。

互いに攻め手を欠く中、前半終了間際に神戸がピンチ。右サイドからのアーリークロスをクリアしようとした大崎がスリップ。体に当たったボールがそのままゴールに向かうものの、わずかに枠を外れ、事なきを得た。

ゴールレスで前半を終えた神戸は、フェルマーレンに代えて渡部博文を後半頭から投入する。

立ち上がり、水原三星はギアを上げてアグレッシブにボールを奪いに行く。しかし、神戸は巧みなパス回しとプレス回避で水原三星のプレスをいなして行く。

水原三星のプレスも徐々に弱まる一方で、神戸も攻め手を欠いてしまう。ポゼッションこそ65:35と大きく上回るも、決定機を作れないでいる。

シーズン初戦、ホームゲームで勝利したい水原三星は65分にタガートに代えて、新加入のクルピッチを投入。ゴールを奪いに行く。

神戸は70分、イニエスタが右サイドで得たFKからゴール前にクロス。ニアに走り込んだ西がバックヘッドも、力なくGKがキャッチ。すると72分に小川に代えて田中順也を投入し、局面を打開に行く。

76分には水原三星がチャンス。波状攻撃を仕掛けると、ボックス手前中央からヨム・ギフンが強引にシュート。しかし、力なくGK飯倉がキャッチする。

水原三星は84分、カウンターを仕掛けると、ヨム・ギフンのクロスがファーサイドへ。これを投入されたばかりのハン・ウィゴンが左足シュート。しかし、GK飯倉がなんとかセーブしてゴールを許さない。

イニエスタが浮き球のパスを送ると反応した酒井がDFラインの裏へ抜け出し、ボックス左からクロス。これがニアサイドのドウグラスを越えると、飛び込んだ古橋が右足で合わせ、土壇場で先制ゴールを記録した。

その後のアディショナルタイムをしっかりと凌いだ神戸が0-1で勝利。初のACLで連勝スタートを切り、2020シーズンは公式戦3連勝となった。

水原三星ブルーウィングス 0-1 ヴィッセル神戸
【神戸】
古橋亨梧(後45)
コメント