J1復帰で9位と躍進の大分、「大満足」と振り返った片野坂知宏監督が大切にする「観察」《Jリーグキックオフカンファレンス》

2020.02.15 12:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
J3からJ1へチームを導いた大分トリニータの片野坂知宏監督が、新シーズンに向けて意気込んだ。

新シーズンに向け、レンタル移籍でプレーしていた7人がチームを去る中、新たに11人の選手を迎え、チームはスタートした。

ここまでの仕上がりについては、「新しい選手が11人入って、その選手もだいぶ戦術を理解した中で、共通認識の中でやれている手応えはあります」とコメント。新たなチーム作りの中にも手応えがあるようだ。

昨シーズンチーム最多の10ゴールを記録したFWオナイウ阿道(→横浜F・マリノス)が退団。新加入の選手たちへの期待について「チームに合っているという判断で入ってもらいましたし、実際にトレーニングをやってキャンプをやって戦術を落とし込んでいますが、スムーズに入ってくれました」とチームに溶け込んでいることを強調した。

また、チームの得点源として期待されるFW知念慶(←川崎フロンターレ)、FW渡大生(←サンフレッチェ広島)、FW髙澤優也(←ザスパクサツ群馬)らについても「能力の高さを発揮してくれていますし、良い補強ができたと思います。あとは、実戦の中で上手くいくいかないが出てくると思いますが、上手くクリアしながら、彼らが得点を取らないと勝ち点3につながらないと思うので、得点を取れる形を作っていけるように、チャンスを多く作っていけるようにしていきたいです」と語り、その得点力に大きな期待を寄せていることを明かした。

片野坂監督が率いるチームは、毎年のように新たにチームを編成し直している。その一方で、しっかりと結果も残している状況だ。チーム作りのポリシーについても語ってくれた。

「まずは、よく観察することです。フラットに新しい選手、既存の選手と特別扱いとをせずに、できるだけフラットに見ること。あとは良い競争を促すことで選手の成長、チーム力が上がることになると思います」

「そのような形で指導していけるように、選手とともにチーム力を上げることができるようにしていきたいと思っています」

その中での特徴は、多くの選手がしっかりとチームの戦力になることだろう。その秘訣もトレーニングにあるという。

「しっかりとトレーニングすることがすごく大事だと思うので、その中で判断できるように、良い組み合わせができるか、良い攻撃、良い守備で相手を上回れる戦いができるかを見極めたいと思っています」

サンフレッチェ広島、ガンバ大阪とコーチとしてJ1リーグ3連覇を達成した片野坂監督は、2016年に大分の指揮官に就任。J3、J2とステップアップし、2019年にはJ1の舞台に戻り、9位でシーズンを終えた。

昨シーズンを振り返ると「大満足です。まさかの一桁順位で終われましたし、残留を目標にしていた中で、常に上の方で戦うこともできました。スタートダッシュができたので、素晴らしいシーズンだったと思います」と大きな満足感を得ているようだった。

一方で、今シーズンは大分の戦いを警戒されるケースも増える。そんな中で迎えるシーズンについては「難しいと思います」と率直に答えながらも、しっかりと上位を目指して戦うプランを語ってくれた。

「難しいと思います。簡単にはいかないと思います。その中で若干のメンバー変更があったり、自分としても戦術の幅を広げていきながら、できるだけ勝ち点につながるゲームができるようにしたいです」

「シーズン長いので色々なことが起きると思いますが、その都度良い戦術を判断をして、勝ち点を取れるゲームをしたいです」

2年目のJ1リーグ。片野坂監督がどのようなチームを作り、どのようにシーズンを進めていくだろうか。
コメント