千葉に痛手…MF為田大貴が左ヒザ後十字じん帯損傷で開幕アウト

2020.02.13 13:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ジェフユナイテッド千葉は13日、MF為田大貴が左ヒザ後十字じん帯損傷と診断されたことを発表した。全治は約2カ月。為田は9日に行われた第25回ちばぎんカップの柏レイソル戦で負傷した。

2017年6月にアビスパ福岡から千葉に期限付きで加入し、翌2018年に完全移籍に移行した為田。昨シーズンは明治安田生命J2リーグで37試合2ゴールを記録した。

千葉は23日にFC琉球とのJ2リーグ開幕節を迎える。
コメント
関連ニュース
thumb

千葉のルーキーMF見木友哉がプロA契約を締結「J1昇格に向けて日々精進していきます」

ジェフユナイテッド千葉は18日、MF見木友哉(22)がプロA契約に切り替わったことを発表した。 湘南ベルマーレや横浜FC、横河武蔵野FCの下部組織で育った見木は、関東学院大学を経て2019年に特別指定選手として千葉に所属。2019シーズンは明治安田生命J2リーグで9試合に出場し1得点を記録していた。 正式に加入した今シーズンは、J2リーグでここまで16試合に出場し1得点を記録していた。 見木は9日に行われたJ2リーグ第18節のアルビレックス新潟戦でプロA契約締結条件である900分以上の出場を達成していた。 見木はクラブを通じてコメントしている。 「1つの通過点であるプロA契約を締結することができて、大変嬉しく思います。より一層の自覚と責任を持ち、J1昇格に向けて日々精進していきます。これからも応援よろしくお願いします」 2020.09.18 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

徳島は逃げ切り失敗で連勝ストップも暫定2位浮上! 川又2発の千葉が7戦ぶりの白星《J2》

12日、明治安田生命J2リーグ第19節の2試合が行われた。 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われた徳島ヴォルティスvsツエーゲン金沢は、1-1のドローに終わった。 2連勝で3位の徳島が、4戦負けなしで11位の金沢を迎えた一戦。変幻自在のビルドアップを誇るホームチームと、人を掴む攻撃的な守備を特長とするアウェイチームの攻防に注目が集まった中、試合は早い時間帯に動く。 6分、小西から大きな展開を受けた田向が左サイド深くで折り返すと、これをニアに飛び込んだ河田が右足アウトを使った技ありのワンタッチでニアを破った。 幸先よく先制に成功した徳島がその後もペースを掴むが、前半半ば過ぎには足を痛めた河田がプレー続行不可能となり、古巣対戦の垣田がピッチに送り込まれる。一方、前半終盤にかけて盛り返した金沢は長谷川や島津のシュートで相手ゴールに迫るが、決定機には至らず。 迎えた後半、5連戦のラストゲームということもあり、互いにハーフタイム明けにメンバーを入れ替えていくが、引き続きホームの徳島が主導権を握る。右サイドで高い位置を取る岸本を起点に古巣対戦の垣田に幾度か決定機が訪れるが、いずれも決め切れず。 すると、66分には劣勢の金沢がワンチャンスを生かす。左サイド深くでボールを持った窪田が対面のDFを外して右足の鋭いクロスを入れると、ボックス中央の杉浦恭が首を振ってゴール右隅の完璧なコースに流し込む、見事なヘディングシュートを決めた。 1-1のタイに戻った試合はここから徐々に金沢ペースに左サイドを起点に攻勢を仕掛けていくが、徳島の守備も最後のところで粘る。その後、消耗戦の様相を呈した中、試合終了間際の86分には金沢、88分には徳島に勝ち越しのチャンスが訪れるも、杉浦力のシュートはクロスバー、垣田のシュートはGK白井の好守に阻まれ、試合は1-1のままタイムアップを迎えた。この結果、連勝ストップの徳島はV・ファーレン長崎を抜いて暫定2位浮上も暫定首位浮上のチャンスを逃した。 また、ニンジニアスタジアムで行われた愛媛FCvsジェフユナイテッド千葉は、アウェイの千葉が2-0で勝利した。 直近5敗1分けと不振が続く千葉だが、この試合では試合巧者ぶりを発揮。開始3分に左サイドのタッチライン際でうまく残した為田の突破からボックス中央で横パスを受けた古巣対戦の川又が冷静にダイレクトシュートを流し込み、幸先よく先制に成功。 その後はホームの愛媛にボールを握られて幾度も決定機を許すが、相手のフィニッシュの精度にも助けられてリードを保つ。すると、前半終了間際の44分には本村の仕掛けで得たPKをキッカーの川又が冷静に決め、2点リードで試合を折り返した。 後半は守備のアプローチを整備も相変わらず押し込まれる千葉だったが、丹羽らの決定機をGK新井が再三の好守で凌ぐ。逆に、山下にGKと一対一のビッグチャンスが訪れるが、ループシュートは枠を捉え切れず。 それでも、粘りの守備で逃げ切った千葉が8戦ぶりのクリーンシートで7戦ぶりの白星を手にした。 ◆明治安田生命J2リーグ第19節 ▽9/12(土) 徳島ヴォルティス 1-1 ツエーゲン金沢 愛媛FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ジェフユナイテッド千葉</span> ▽9/13(日) 《18:00》 栃木SC vs 松本山雅FC 東京ヴェルディ vs ザスパクサツ群馬 ファジアーノ岡山 vs ヴァンフォーレ甲府 アビスパ福岡 vs FC町田ゼルビア V・ファーレン長崎 vs ジュビロ磐田 《18:30》 京都サンガF.C. vs FC琉球 《19:00》 水戸ホーリーホック vs レノファ山口FC 大宮アルディージャ vs モンテディオ山形 ギラヴァンツ北九州 vs アルビレックス新潟 2020.09.12 21:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ディサロ4戦連発の北九州が4連勝で3位浮上! 千葉が5戦ぶりの白星《J2》

9日、明治安田生命J2リーグ第10節の2試合が行われた。 正田醤油スタジアム群馬で行われた最下位のザスパクサツ群馬と、4位のギラヴァンツ北九州の昇格組同士の一戦は、アウェイの北九州が2-1で逆転勝利した。 前節4試合ぶりの勝利を挙げた昨季J3で2位の群馬と、3連勝で旋風の予感を漂わせる昨季J3王者の北九州による、連勝を懸けた試合は、ホームチームが先にゴールをこじ開ける。 17分、相手陣内中央右で得たFKの場面でキッカーの大前がゴール前に入れたボールを林が頭で合わす。これは惜しくも左ポストを叩くが、こぼれ球に反応した加藤潤が右足のシュートを右隅へ流し込んだ。 先制を許す入りとなった北九州は引いてブロックを形成する群馬の守備に手を焼くが、セットプレーに活路を見いだす。 失点直前にも右CKの場面でディサロ燦シルヴァーノがクロスバーを叩くヘディングシュートを放っていたアウェイチームは、30分にも右サイドからのロングスローをゴール前の加藤弘が頭で押し込みにかかるが、これはゴールライン上でのクリアに遭う。しかし、直後の32分にはボックス右の髙橋大が巧みな反転でDFを振り切ってシュート性のクロス。これをGKが前にこぼすと、町野がすかさず蹴り込んだ。 その後は北九州が完全に主導権を握ったものの、1-1のイーブンで試合は折り返す。迎えた後半は一進一退の攻防が続いたが、北九州の絶好調男が均衡を破る。65分、相手陣内の高い位置で内田のバックパスをカットしたショートカウンターの流れから町野の横パスをペナルティアーク付近で受けたディサロが鋭いハーフルーレットから豪快に右足を振り抜き、4試合連続となる逆転ゴールとした。 エースのゴールで試合を引っくり返した北九州は追加点こそ奪えないものの、危なげない試合運びでこのリードを守り切った。そして、昇格組対決を制して4連勝の北九州は3位に浮上している。 また、町田GIONスタジアムで開催されたFC町田ゼルビアvsジェフユナイテッド千葉は、アウェイの千葉が2-0で勝利した。 2戦ぶりの白星を目指す10位の町田と、5戦ぶりの白星を目指す15位の千葉による首都圏対決は、互いに決定機を作り合うも、0-0のまま前半終盤に突入。しかし、千葉が41分に相手陣内中央でFKを得ると、キッカーの田口が壁の間を狙った低いボールを蹴ると、相手MF平戸が出した足に当たってコースが代わり、GK秋元の逆を突く形でゴールネットを揺らす。 さらに、2分後にはGK新井のロングフィードをボックス付近で山下、川又とダイレクトで繋ぐと、最後はボックス中央の米倉がピッチに強く叩きつける右足のシュートを放つと、これが名手・秋元の牙城を破る追加点となった。 後半は前線のアタッカーを投入してリスクをかけた攻めを見せる町田が押し込む展開が続いたが、GK新井を中心に粘りの守備を見せた千葉が最後のところでゴールを割らせず。そして、前半終了間際の連続ゴールのアドバンテージを生かした千葉が5戦ぶりの白星を手にした。 ◆明治安田生命J2リーグ第10節 ▽8/9(日) ザスパクサツ群馬 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ギラヴァンツ北九州</span> FC町田ゼルビア 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ジェフユナイテッド千葉</span> ▽8/8(土) 東京ヴェルディ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 FC琉球</span> アルビレックス新潟 1-1 大宮アルディージャ モンテディオ山形 3-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 京都サンガF.C.</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 4</span>-3 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジュビロ磐田 2</span>-1 松本山雅FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 3</span>-1 水戸ホーリーホック レノファ山口FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 栃木SC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 3</span>-1 V・ファーレン長崎 アビスパ福岡 2-2 ヴァンフォーレ甲府 2020.08.09 21:20 Sun
twitterfacebook
thumb

千葉からレンタル中のDFエベルトがヴィスワ・クラクフを退団、期間延長で合意に至らず

ポーランドのヴィスワ・クラクフは6月30日、ジェフユナイテッド千葉からレンタル移籍中のブラジル人DFエベルト(29)が退団することを発表した。 エベルトは、今年1月に千葉からヴィスワ・クラクフへ2020年6月30日までのレンタル移籍で加入。エクストラクラサ(ポーランド1部)では、10試合に出場し1ゴールを記録し、中断明けは7試合連続でフル出場を果たしていた。なお、2019-20シーズンは4試合が残っていた。 ヴィスワ・クラクフによると、レンタル期間の延長で千葉と合意に達することができなかったとのことだ。 エベルトは、ヴァスコ・ダ・ガマの下部組織で育ち、ポルトガルのトロフェンセやブラガ、ポーランドのピアスト・グリヴィツェでプレー。2018年1月にピアスト・グリヴィツェから千葉へ加入していた。 千葉では2シーズンを過ごし、明治安田生命J2リーグで42試合に出場し4ゴール1アシストを記録。2019シーズンは、J2リーグで24試合に出場し1ゴール1アシスト、天皇杯で1試合に出場していた。 2020.07.01 09:50 Wed
twitterfacebook
thumb

千葉DF下平匠が交通事故、クラブは厳重注意

ジェフユナイテッド千葉は10日、DF下平匠が交通事故を起こしたことを発表した。 クラブの発表によると、下平は10日の14時ごろに船橋市内で交通事故を起こしたとのこと。警察に速やかに連絡し、必要な対応を行なったとのことだ。なお、ケガなどの情報は明かされていない。 千葉は「下平匠選手には厳重注意をおこないました。弊クラブでは、これまでも安全運転を心掛けるよう指導してまいりましたが、今回の事故を厳粛に受け止め、選手をはじめクラブ内全スタッフに対して、改めて安全運転を徹底し、再発防止に努めて参ります」と陳謝している。 下平はガンバ大阪下部組織出身で、2007年にトップチーム昇格。大宮アルディージャ、横浜F・マリノスを経て2018年にレンタルで千葉へ加入。完全移籍に切り替わった2019シーズンは明治安田生命J2リーグ31試合に出場していたが、今季の開幕戦は出場機会がなかった。 2020.06.11 11:25 Thu
twitterfacebook