ボーンマス、ジョナサン・モス主審の不適切コメントへの調査要求か

2020.02.12 22:03 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボーンマスが先日行われたシェフィールド・ユナイテッド戦におけるジョナサン・モス主審のコメントに対して、プレミアリーグ側に調査を要求するようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

ボーンマスは9日に行われたプレミアリーグ第26節でブレイズと対戦し、1-2のスコアで敗戦した。

同試合では接触プレーを巡る判定基準のブレによってボーンマス陣営がフラストレーションを溜め、試合を通してモス主審に対して抗議を行う場面が幾度も見られた。

この再三に渡る抗議にフラストレーションを溜めていたのか、モス主審からボーンマスの選手たちに対して、残留争いに巻き込まれているチームを嘲る不適切なコメントがあったようだ。

同試合後、MFダン・ゴスリングは地元紙『ボーンマス・エコー』の取材でモス主審の発言を強く糾弾している。

「彼が僕たちに対して放った言葉はとても失礼なものだったと思っている」

「それは僕らをイラ立たせる皮肉なコメントだった」

「審判団はシーズン初めの講習を通じて常に他者への敬意を持つように話していた。だけど、日曜の試合でジョン・モスの僕たちに対する敬意はゼロだった」

「率直に無礼な人間だと思ったよ。とりわけ、彼が僕と別のプレーヤーに言った言葉だ。それは降格ゾーンに関するものだった」

「彼は『お前らはまだ降格ゾーンにいる』、『お前は後がない』、『お前のチームは崖っぷちだ』とか言ってきたんだ。一連の発言はとても敬意を欠くものだった」

現時点でボーンマス側から正式な異議申し立ては行われていないが、すでにプレミアリーグ側とこの一件に関する話し合いが行われたという。

なお、ボーンマスはブレイズ戦での敗戦によって16位に転落しており、今節の下位クラブの結果次第で降格圏に落ちる可能性が出てきている。

関連ニュース
thumb

無所属続くウィルシャー、現在の苦境を告白「息子から『どうしてどこもパパを欲しがらないの?』と聞かれて…」

かつてアーセナルで将来を嘱望され、現在はフリーの状況が続いている元イングランド代表MFジャック・ウィルシャーが、現在の苦しい状況を明かした。イギリス『GiveMeSport』が伝えている。 アーセナルの下部組織出身のウィルシャーは、10番を背負うなど常に高い期待が寄せられていた。しかし、度重なるケガに苦しんだこともありチームでの序列が低下すると、2018年夏にウェストハムへ移籍したものの思うようなパフォーマンスは発揮できず、2020年10月に退団。しばらく無所属の状態が続いた後、今年1月に半年の短期契約でボーンマスに加入したが、契約満了によって再びフリーとなっている。 それ以降は所属先が見つかっていない状況について、イギリス『The Athletic』のインタビューに応じたウィルシャーは、現在もクラブを探しているとコメント。その際、子どもとの苦しい会話についても明かした。 「朝起きたらトレーニングに行き、若い選手と一緒にプレーできる日を楽しみにしているんだ。特に今はスタジアムにファンが戻ってきたから、ピッチに戻りたいね。今シーズンは初めからテレビで放映されているすべての試合を見てきた。僕もその一部になりたいよ。ピッチに出て、ファンの声を聞いて、またフットボールができるんだという気持ちになりたい」 「息子はフットボールが大好きで、何でも知っている。だから、彼に現状を説明するのは難しいね。彼は僕に『どうしてどのクラブもパパを欲しがらないの?』と聞いてくるんだ。それは僕にもわからない。そしてそれを、どうやって彼に説明すればいいんだろう」 また、ウィルシャーは2018年にアーセナルを退団したことをいまだに後悔していると告白。同時に、このままフリーの状態が続くようなら現役引退の可能性も示唆した。 「僕はアーセナルを決して去るべきではなかったんだ。当時(ウナイ・)エメリから『契約はあるが、君は私の先発メンバーには入っていない』と言われた。そこで僕は軽率な決断をしてしまったかもしれないね。代理人に電話して『終わりだ、出て行こう』と話したんだ」 「数日かけて冷静になり、もう一度自分に言い聞かせるべきだった。『チームの中盤をしっかり見て、もう一度そこに入れるようにしよう』ってね」 「かつては誰もが僕に『28、29歳にはキャリアのピークを迎えているだろう』と言っていた。僕もそう思っていたよ。まだイングランド代表でプレーしていると思っていたし、トップクラブにいると思っていた」 「引退は何度も考えた。今は朝起きると、『どこかでトレーニングをしないと』と考える。プレシーズンはクラブでトレーニングできたけど、それも終わってしまったからね」 「代理人とも話したけど、いくら待っても気がつけば1月になっていて、もう1シーズンを無駄にしてしまうような状態にはなりたくない。僕はもう若くはないからね。去年もそうだったから、また同じことをするのは時間を無駄にしているような気になるんだ」 <span class="paragraph-title">【写真】ウィルシャーと4人の子供たち</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CJQp8oUB9On/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CJQp8oUB9On/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CJQp8oUB9On/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Jack Wilshere(@jackwilshere)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.08.26 18:08 Thu
twitterfacebook
thumb

C・パレス退団のギャリー・ケイヒル、英2部ボーンマスと1年契約

ボーンマスは20日、元イングランド代表DFギャリー・ケイヒル(35)の獲得を発表した。契約期間は1年。フリートランスファーでの加入となる。 ケイヒルはボルトンやチェルシーでの活躍を経て、2019年夏からクリスタル・パレスにフリー移籍。ケガによる離脱を除けば、2シーズンを通じて主力を張り、公式戦通算47試合に出場した。 だが、昨季限りで契約満了。チェルシー時代にチャンピオンズリーグ(CL)優勝などに貢献したイングランド人センターバックは1日、自身のインスタグラムを通じて、C・パレス退団を報告した。 ボーンマスは2019-20シーズンのプレミアリーグで18位に終わり、今季もチャンピオンシップ(イングランド2部相当)も所属。今季は開幕からここまで3試合を戦って、2勝1分け無敗の4位に位置している。 2021.08.20 18:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルがオランダ代表FWダンジュマをボーンマスから完全移籍で獲得、5年契約

ビジャレアルは19日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のボーンマスからオランダ代表FWアルノー・ダンジュマ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2026年6月30日までの5年間となる。なお、移籍金に関しては非公開。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、移籍金は合計で2130万ポンド(約32億円)とのことだ。 PSVの下部組織出身でNECナイメヘンを経て2018年夏にクラブ・ブルージュに加入したダンジュマは、左ウイングを主戦場に2列目の複数ポジションでプレー可能な右利きのドリブラー。 優れたスプリント能力と卓越したボールスキルを生かしたドリブル突破を最大の特長とする24歳は、2019年夏に当時プレミアリーグに属していたボーンマスに完全移籍した。 2020-21シーズンはチャンピオンシップを舞台にリーグ戦37試合に出場し、17ゴール7アシストの活躍を見せたが、チームは昇格プレーオフ準決勝でブレントフォードに敗れて1年でのプレミア復帰を逃していた。 2021.08.19 21:14 Thu
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルがボーンマスからオランダ代表FWダンジュマ獲得を決定的に!

ビジャレアルがチャンピオンシップ(イングランド2部)のボーンマスからオランダ代表FWアルノー・ダンジュマ(24)を完全移籍で獲得することが決定的となった。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 ロマーノ氏が伝えるところによれば、ビジャレアルとボーンマスは総額2000万ポンド(約30億2000万円)の移籍金でクラブ間合意に至っているという。 また、個人間で合意に至っているダンジュマは、2026年までの5年契約にサインするため代理人と共に現地入りし、メディカルチェックを受診した後、イエローサブマリンの一員となる見込みだ。 PSVの下部組織出身でNECナイメヘンを経て2018年夏にクラブ・ブルージュに加入したダンジュマは、左ウイングを主戦場に2列目の複数ポジションでプレー可能な右利きのドリブラー。 優れたスプリント能力と卓越したボールスキルを生かしたドリブル突破を最大の特長とする24歳は、2019年夏に当時プレミアリーグに属していたボーンマスに完全移籍した。 昨シーズンはチャンピオンシップを舞台にリーグ戦37試合に出場し、17ゴール7アシストの活躍を見せたが、チームは昇格プレーオフ準決勝でブレントフォードに敗れて1年でのプレミア復帰を逃していた。 2021.08.18 23:41 Wed
twitterfacebook
thumb

ソシエダ、ボーンマスのスペイン人DFディエゴ・リコを獲得

レアル・ソシエダは26日、ボーンマスのスペイン人DFディエゴ・リコ(28)の獲得を発表した。契約期間は2023年6月までの2年間となっている。 サラゴサでプロデビューを飾り、レガネスで活躍後、2018年にボーンマスに移籍した左サイドバック兼センターバックのディエゴ・リコ。ボーンマスでは公式戦83試合に出場して1ゴール9アシストを記録。昨季はチャンピオンシップ(イングランド2部)で32試合に出場し、主力としてプレーしていた。 2021.07.27 07:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly