プレミア最下位ノリッジ、ヘルタからスロバキア代表MFドゥダをレンタル!

2020.01.13 02:46 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ノリッジ・シティは12日、ヘルタ・ベルリンからスロバキア代表MFオンドレイ・ドゥダ(25)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「25」に決定している。2014年に加入したレギア・ワルシャワで台頭したドゥダは、優れたパスセンス、突破力に加えて、得点も奪える攻撃的MF。ユーロ2016での活躍をキッカケに2016年夏にヘルタに完全移籍で加入した。

昨シーズンはリーグ戦32試合で11ゴール6アシストとキャリア最高のシーズンを過ごしたが、今シーズンここまではリーグ戦7試合でノーゴールと一転して厳しいシーズンを過ごしていた。

また、先日にドイツ『Tennor』社からの大規模な投資が明かされたヘルタは、ドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(26)やリヨンのフランス人MFリュカ・トゥザール(22)ら新戦力の獲得も噂されている。

そのため、ドゥダはプレミアリーグ最下位に低迷するカナリーズに新天地を求めることになった。
コメント
関連ニュース
thumb

元アトレティコのFWビエットが昨季ACL王者アル・ヒラルに完全移籍!

サウジアラビアのアル・ヒラルは25日、スポルティング・リスボンからアルゼンチン人FWルシアーノ・ビエット(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの4年となる。 母国のラシン・クラブでプロキャリアをスタートし、2014年に加入したビジャレアルでリーグ戦12ゴールを挙げてブレイクしたストライカーのビエット。その翌年に2000万ユーロでアトレティコ・マドリーへステップアップを果たしたが、思うような活躍を見せられず。 以降、セビージャ、バレンシア、フルアムへレンタル移籍を繰り返し、昨年夏にスポルティングに完全移籍していた。そのスポルティングでは昨シーズンの公式戦35試合で8ゴール5アシストの数字を残していた。 ビエットの新天地となるアル・ヒラルは昨シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の優勝チームで、元イタリア代表FWセバスティアン・ジョヴィンコ、元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミス、ペルー代表FWアンドレ・カリージョ、元韓国代表DFチャン・ヒョンスが在籍している。 なお、連覇が期待された今季のACLでは新型コロナウイルスの影響により、UAEのアル・アハリ戦で大会規則に定められた選手数を揃えることができず、グループステージ敗退の処分を科されていた。 2020.10.26 23:05 Mon
twitterfacebook
thumb

WBA、エジプト代表CBヘガジがアル・イテハドに移籍!

WBAは26日、エジプト代表DFアーメド・ヘガジ(29)がサウジアラビアのアル・イテハドに移籍することを発表した。今シーズン終了まではレンタル移籍となり、2021年夏に完全移籍に移行する移籍形態となる。 フィオレンティーナにも在籍経験のある193cmの長身センターバックであるヘガジは、母国のアル・アハリから2017年夏にWBAにレンタル移籍で加入。そのまま完全移籍に移行すると、在籍3年間で公式戦104試合に出場し、4ゴールを記録。 昨シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で16試合1ゴールに出場し、センターバックのバックアッパーとしてチームのプレミアリーグ昇格に貢献。今シーズンは直近のリーグ戦となるバーンリー戦でフル出場していた。 また、エジプト代表では2018年のロシア・ワールドカップに出場するなど、通算59試合2ゴールを記録する主力だ。 2020.10.26 22:33 Mon
twitterfacebook
thumb

CSKAモスクワやレスターでプレーしたナイジェリア代表FWムサがアル・ナスルを退団

サウジアラビアのアル・ナスルは25日、ナイジェリア代表FWアーメド・ムサ(28)との契約解除を発表した。 ムサは、2010年10月にVVVフェンロへ移籍。その後、CSKAモスクワ、レスター・シティと渡り歩き、2018年8月からアル・ナスルでプレーしている。 VVVフェンロでは、吉田麻也とカレン・ロバート、CSKAモスクワでは本田圭佑、レスターでは岡崎慎司と日本人選手とそれぞれのクラブでチームメイトだった。 アル・ナスルでは57試合に出場し11ゴール14アシストを記録していた。 また、ナイジェリア代表としても87試合に出場し15ゴールを記録。10月の国際親善試合でも2試合でプレーしていた。 2020.10.26 17:07 Mon
twitterfacebook
thumb

ラツィオのアンゴラ代表DFバストスがアル・アインに移籍

ラツィオは22日、アンゴラ代表DFバストスこと、バルトロメウ・ジャシント・キサンガ(29)がUAEのアル・アインに完全移籍したことを発表した。 バストスは2016年夏にロシアのロストフから500万ユーロ(約6億2000万円)の移籍金で加入。しかし、シモーネ・インザーギ監督の下ではコンスタントな出場機会が得られず、今季も2試合に途中出場したのみだった。 アル・アインは、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ではグループステージの全6試合を消化し1勝2分け3敗で最下位に。先日開幕した国内リーグ戦では、昇格組のホール・ファカン・クラブを下して白星スタートを切っている。 また、先日にはメジャー・リーグ・サッカー(MLS)のモントリオール・インパクトから元アルジェリア代表MFサフィル・タイデルを獲得しており、セリエAに所縁のある選手が集まっている。 2020.10.23 17:02 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェローナ、ブラジル人DFエンペレウルとの契約を2022年まで延長

ヴェローナは21日、ブラジル人DFアラン・エンペレウル(26)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。 2008年にアトレチコ・ミネイロの下部組織からフィオレンティーナの下部組織に移籍したエンペレウルは、センターバックを主戦場にプレー。フィオレンティーナではトップチームでの出場経験はなく、これまでリヴォルノやサレルニターナ、フォッジャなどイタリアの下部リーグでプレー。 2018年夏に当時セリエBに在籍したヴェローナに加入すると、徐々に出場機会を増やすと公式戦22試合に出場。しかし、セリエA昇格後は再び途中出場での起用が増えていた。 2020.10.22 01:29 Thu
twitterfacebook