「競争して勝つ」オナイウ阿道の挑戦、横浜FMの強力助っ人陣に割って入る覚悟

2020.01.12 11:34 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
昨シーズンは大分トリニータでプレーし、日本代表にも選出されたFWオナイウ阿道。決意を新たに、横浜F・マリノスへとやってきた。

2018年にレノファ山口FCで22ゴールを記録し、J2リーグの得点ランキングでも上位に位置したオナイウ。再び浦和レッズからのレンタル移籍で大分へと修行に出ると、31試合に出場し10得点を記録。J1リーグでも結果を残すことに成功した。

しかし、オナイウ自身は「去年は2桁一応取れたので良かったですが、そこから全然点が取れなかったので、そこは反省すべき点だと思います」と満足していないと明かした。それでも今年は「それ以上取れるというところをしっかり見せたいなと思います」と得点源として活躍する姿を思い描き、横浜FMへとやってきた。

前線のターゲットとしてプレーした山口時代とは異なり、大分ではシャドーやトップ下のポジションでもプレーした。戦い方、プレースタイルの幅を広げているオナイウだが、その点は多くのチームでプレーすることで学んだものがあるという。

「色々な監督の部分でやるということは、色々な戦術、サッカーができますし、そういった選択肢、戦術の理解という部分では、ある程度できたと思います。自分のプレーの幅も広がったと思いますし、今年も違うサッカーができるので、まずはチームの戦術をしっかり理解して、その中で特徴を出せればと思います」

ジェフユナイテッド千葉に加入し、浦和、山口、大分と4チームを渡り歩いてきたオナイウ。今回の移籍に際しても、大分への残留、浦和への復帰と選択肢があった中、横浜FMへの移籍を選択した。その決め手は、チームのスタイルとチャレンジへの気持ちだったようだ。

「チームのスタイルとしてしっかりあるのがマリノスで、その中で浦和も大分も可能性はありましたが、チャンピオンになったチームからオファーを頂いたことは1人の選手として嬉しかったですし、その中でチャレンジしたいという思いもありました。このサッカーで自分がどういう風に結果を残せるのかというのを考えて選びました」

初めて日本代表にも招集。出場こそなかったが、トレーニングを含めて経験できたものは大きかった。そんな中で、更なる成長を求め、厳しい環境に身を置く決断を下した。

チャンピオンになった横浜FMには、同じポジションに強力な外国人選手が存在する。トップ下に定着し、リーグ得点王に輝いたマルコス・ジュニオール、ケガで後半戦を棒に振るも16試合で11ゴールを記録したエジガル・ジュニオ、その穴を埋めるべく獲得され後半戦の軸となったエリキだ。

彼らとのポジション争いがある中、オナイウは「もちろん選手個々の能力は別として、どこのチームに行っても(ポジション争いは)あります。その選手にしかできない良さもありますし、そこで競争して勝って、試合で使ってもらった時に、しっかり結果を出せるようにということを考えながらやりたいです」と強く意気込んだ。山口ではトップとして、大分ではシャドー、トップ下と経験を積んだオナイウ。チャンピオンチームの攻撃陣に割って入る覚悟を、ピッチで見せてもらいたい。
コメント
関連ニュース
thumb

横浜FM新加入の杉本竜士、横浜FCにレンタル 「全身全霊で頑張る」

横浜FCは10日、横浜F・マリノスに所属するMF杉本竜士(27)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2021年1月31日まで。契約期間中は横浜FMとの全公式戦出場不可となる。 杉本は東京ヴェルディ、FC町田ゼルビア、名古屋グランパスを渡り歩き、2018年途中から徳島ヴォルティスでプレー。昨季の明治安田生命J2リーグで33試合4得点の数字を収め、今季から横浜FM入りしたが、ここまで出場機会がなかった。 本日から横浜FCに合流する杉本は移籍を受け、両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆横浜FC 「横浜F・マリノスから移籍してきました杉本竜士です。横浜FCの力になれるよう、全身全霊で頑張るのでよろしくお願いします!!」 ◆横浜F・マリノス 「F・マリノスの力になれず悔しい気持ちもありますが、このクラブで得た経験を生かしてチャレンジしてきます。F・マリノスの健闘を祈っています。ありがとうございました」 2020.08.10 10:40 Mon
twitterfacebook
thumb

横浜FMと柏の熱戦は痛み分け! オルンガ5試合連発弾も逃げ切れず《J1》

明治安田生命J1リーグ第9節の横浜F・マリノスvs柏レイソルが8日に日産スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 ベガルタ仙台との前節、今季アウェイ戦初白星を飾った横浜FMはマルコス・ジュニオールがスタメンに復帰。負傷離脱が続いたエリキも名を連ねたが、チアゴ・マルチンスと松本山雅FCから期限付き加入した前田はメンバー外となった。 対する柏は得点ランキングトップのオルンガを筆頭に爆発的な攻撃力を存分に発揮してリーグ4連勝中。前節の名古屋グランパス戦からメンバー変更なく、2017年5月以来の5連勝を狙った。 試合は開始から攻守の入れ替わりが激しく、非常にオープンな展開となり、フラットな[4-4-2]で臨んだ柏は江坂が1.5列目に顔を出しながらゲームをコントロール。それに対してアンカーの喜田がケアしていく。 すると、26分、その喜田がフィールド中央で瀬川からボールを奪って攻撃の起点に。マルコス・ジュニオールが左サイドから浮き球パスを供給すると、天野が折り返してエリキがネットを揺らす。しかし、天野のポジションがオフサイドの判定となった。 ハイラインを敷いてコンパクトに守る横浜FMが押し込み、多くのセットプレーを獲得したが、先制することはできず試合を折り返した。 柏は後半の頭から戸嶋を投入。支配率を高めて攻勢を強めると、大南が自陣から蹴ったラフなロングフィードの処理を松原がクリアミスした62分に先制する。相手のミスを見逃さなかったオルンガが敵陣左サイドからボックス中央に持ち込み、そのまま右足シュートでゴール右に突き刺した。 しかし、追いかける横浜FMが78分に同点に。途中出場のオナイウ阿道がボックス右付近から天野へパスを出し、中央でリターンを受ける。トラップから素早い流れでシュートまで持っていき、同点弾をマークした。 追いつかれた柏は前年王者相手から勝ち越しを目指したが、このままタイムアップ。1-1のドローに終わった。 横浜F・マリノス 1-1 柏レイソル 【横浜FM】 オナイウ阿道(後33) 【柏】 オルンガ(後17) 2020.08.08 22:05 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第9節:横浜FMvs柏】今季初の連勝を目指す横浜FM、オルンガを止められるか?

【明治安田生命J1リーグ第9節】 2020年8月8日(土) 19:00キックオフ 横浜F・マリノス vs 柏レイソル [日産スタジアム] ◆浮上のキッカケを掴みたい王者【横浜F・マリノス】 前節はベガルタ仙台相手に土壇場のゴールで辛勝した横浜FM。今シーズンはケガ人が相次いだこともあり、チームとして前進することができていなかったが、この勝利は大きな意味をもたらせたと言える。 まず、右手骨折から守護神GK朴一圭が復帰しクリーンシート。さらに右サイドバックが本職の松原健がセンターバックで守備に奮闘。加えて同じく負傷から復帰したマルコス・ジュニオールが貴重な決勝点を後半アディショナルタイムに叩き込んだ。 波に乗り切れないシーズンを過ごしていた横浜FMだが、CBのチアゴ・マルチンス、FWエリキも今節から復帰予定。FW仲川輝人が最大6週間の離脱となったことは痛手だが、このままチームを加速させていきたい。 さらにポルトガルのマリティモでプレーしていたFW前田大然を松本山雅FCから期限付き移籍で獲得。早速選手登録され、今節から起用も可能だ。5枚の交代枠を考えれば、ベンチに入る可能性も高いだろう。まずは今季初の連勝を挙げられるか。強敵・オルンガを封じ込める守備と、最大の防御となる攻撃陣の躍動に注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:朴一圭 DF:松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:水沼宏太、エジガル・ジュニオ、エリキ 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆オルンガに率いられ5連勝なるか【柏レイソル】 前節はアウェイで難しい試合となりながら、上位の名古屋グランパスを相手に0-1で勝利。4位浮上に成功していた。 中断明け3連敗と昇格1年目の難しさにぶち当たったかに思えた柏だったが、気がつけば4連勝。その立役者は、間違いなくFWオルンガだ。 この4連勝中は全ての試合でゴールを記録し、4試合で7ゴール。破壊力を見せつけているが、オルンガに気を取られては柏の勢いは止められない。 警戒すべきはMF仲間隼斗とMF江坂任のオルンガを支える2人。仲間は4連勝が始まった第5節の湘南ベルマーレ戦で加入後初先発。そこから3戦連発とチームを牽引し、4試合連続でスタメン起用されている。 そして、その仲間とオルンガを操るのが江坂。これまで全試合に先発しゴールは開幕戦の2つに終わっているが、チームの攻撃をコントロールする能力はピカイチ。攻撃の起点として江坂を抑えられるかが、横浜FMの明暗を分けるだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:中村航輔 DF:古賀太陽、山下達也、大南拓磨、三丸拡 MF:ヒシャルジソン、大谷秀和 MF:瀬川祐輔、江坂任、仲間隼斗 FW:オルンガ 監督:ネルシーニョ 2020.08.08 12:50 Sat
twitterfacebook
thumb

松本が横浜FMのDF前貴之を期限付き移籍で獲得、今季山口から新加入

松本山雅FCは5日、横浜F・マリノスのDF前貴之(26)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は、2020年8月1日~2021年1月31日とのこと。背番号は「5」となり、横浜FMとの公式戦には出場することができない。 前は北海道コンサドーレ札幌の下部組織出身で、2012年にトップチーム昇格。2種登録時代の2011年にJ2リーグでデビューを果たしている。 2014年にはカターレ富山への期限付き移籍を経験。2017年にレノファ山口FCへ完全移籍すると、今シーズンから横浜FMに加入していた。なお、今シーズンはここまで出場機会がなかった。 前は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆松本山雅FC 「このたび、横浜F・マリノスから加入することになりました、前貴之です。松本山雅FCの力となれるように頑張ります。よろしくお願いします」 ◆横浜F・マリノス 「この度、松本山雅FCに移籍する事になりました。半年間という短い間でしたがお世話になりました。ここで得た事を次に活かせられるように頑張ります。半年間、ありがとうございました」 2020.08.05 09:52 Wed
twitterfacebook
thumb

守護神離脱中の栃木が横浜FMの東京五輪世代GKオビ・パウエル・オビンナを育成型期限付き移籍で獲得

栃木SCは4日、横浜F・マリノスのGKオビ・パウエル・オビンナ(22)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 育成型期限付き移籍期間は2021年1月31日までとなり、今シーズンは横浜F・マリノスとの公式戦には出場できない。なお、背番号は「50」となる。 オビは、大宮アルディージャのジュニアからJFAアカデミー福島を経て、流通経済大学へ進学。今シーズンから横浜FMへと入団していた。 昨シーズンはU-22日本代表としても活動し、東京オリンピック世代の1人として注目されている。 栃木は、大宮アルディージャから今シーズン加入した守護神のGK塩田仁史が7月26日のFC町田ゼルビア戦で負傷。右尺骨亀裂骨折と診断され、復帰まで約4〜6週間を要すると発表し、その後の試合は、GK川田修平がゴールを守っていた。 ◆栃木SC 「栃木SCの皆様、はじめまして。横浜F・マリノスから加入しましたオビパウエルオビンナです。グリーンスタジアムでお会いできる日を楽しみにしています。皆さんの期待に応えられるよう精一杯頑張ります!これからよろしくお願いします」 ◆横浜F・マリノス 「このたび、栃木SCへ育成型期限付き移籍をすることになりました。今シーズンから加入した身ではありますが、本当にこのクラブが大好きです。だからこそ、この決断に至りました。成長してF・マリノスの力になれるよう頑張ってきます。F・マリノスファミリーの皆さん、行ってきます!」 2020.08.04 09:50 Tue
twitterfacebook