昨季14発のドウグラスが清水から神戸へ!

2020.01.11 13:17 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ヴィッセル神戸は11日、FWドウグラス(32)が清水エスパルスから完全移籍加入したことを発表した。

2010年の徳島ヴォルティスへの期限付き移籍でブラジルから渡日したドウグラスは、その後、京都サンガF.C.やサンフレッチェ広島で活躍。2015年に期限付き加入した広島ではJ1制覇も経験している。

さらにその後は、UAEのアル・アインやトルコのアランヤスポルでのプレーを経て、2018年7月清水に入団した。1年目はシーズン半分ながらリーグ戦15試合で11ゴールと、広島を優勝に導いたシーズンに匹敵する活躍ぶりを披露。そして2019シーズンの明治安田生命J1リーグでは、30試合で14ゴール。J1通算では91試合46得点、J2では109試合29得点に上る。

そして、新天地として神戸を選んだドウグラスは公式サイトで以下のようにコメント。

「ヴィッセル神戸のみなさん初めまして。ヴィッセル神戸の一員になれて嬉しく思いますし、神戸で幸せな時間を過ごしたいです。これからサポーターの皆さんとたくさんの嬉しい瞬間を作りたいと思います。チームの目標が達成出来るように頑張りますので、応援よろしくお願いします。一緒に戦いましょう」

また、1年半過ごした清水にも別れの言葉を残している。

「1年半、清水エスパルスでプレーする機会を与えてくれたクラブ関係者に、本当に感謝しています。そしてサポーターの皆さん、素晴らしい応援をいただき、心から感謝しています。素晴らしい瞬間がたくさんありましたが、これからは違う道に進んで、新しいチャレンジをしたいと思います。これまでの1年半、心からありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

伏兵・浅野雄也がJ1初ゴール! L・ぺレイラも2得点で広島が神戸に完勝!《J1》

明治安田生命J1リーグ第2節、ヴィッセル神戸vsサンフレッチェ広島が4日にノエビアスタジアム神戸で行われ、3-0で広島が勝利した。 新型コロナウイルスによる約4カ月の中断期間を経て、ついに再開に漕ぎ着けたJ1。だが、無観客試合や交代枠拡大など通常通りとはいかず、コロナ余波はもうしばらく続きそうだ。 そんな中行われる第2節。神戸は2月8日に行われたスーパーカップで横浜F・マリノスを下し、早くもタイトルを獲得。その後もアジア・チャンピオンズリーグのグループステージで開幕2連勝を収めるなど好調だった。しかし、J1開幕戦では昇格組の横浜FCと1-1でドロー。初勝利を目指して広島を迎え撃つ。 対する広島は、開幕戦で鹿島アントラーズを3-0で破っており、城福浩体制3年目でさらなる円熟味を見せた。神戸とは2015年4月の対戦を最後に負けなしで、昨シーズンはホームで6ゴール、アウェイデ4ゴールを挙げてシーズンダブル。相性の良い相手に開幕連勝を狙う。 試合は大方の予想通り、神戸がボールを保持する展開に。だが広島は10分、森島が得たFKから攻撃のチャンスを迎えると、青山が左サイドから入れたクロスを野上がヘディングシュート。山なりのシュートはわずかに枠を越えた。 集中した守りで神戸の攻撃を跳ね返す広島だが、20分に柏が太ももを痛めて交代を要求。急遽浅野をピッチへ送ったが、昨シーズンの最多得点者を早くも欠くことに。 思わぬアクシデントに見舞われた広島だが、その直後に川辺のラストパスを受けたドウグラス・ヴィエイラがチャンスに。ボックス右に抜け出しシュートを放ったが、GK飯倉に止められた。 33分のイニエスタのドリブルシュートを防いだ広島は35分、左CKを森島が上げると、ニアでハイネルが逸らしたところをレアンドロ・ペレイラが押し込んで先制に成功した。 その後、神戸は推進力を上げて広島のゴールへ迫るが、GK大迫を脅かすまでには至らず、試合はアウェイの広島のリードで折り返した。 後半の立ち上がりにドウグラスのシュートを許しヒヤリとした広島だが48分、左サイドのスペースでボールを呼び込んだドウグラス・ヴィエイラを起点に中央に戻すと、川辺の相手の股を抜く見事なスルーパスに右から抜け出した浅野が追加点。兄・拓磨を彷彿とさせるフリーランからJ1初ゴールを記録した。 2点を追う神戸は55分に渡部を下げて小川を投入。広島も61分にドウグラス・ヴィエイラに代わって東が起用された。 その後は神戸の攻勢が続くが、徹底した守りを見せる広島が危なげなく攻撃を跳ね返していく。一度GK大迫のキックミスでピンチを迎えるが、78分にはイニエスタのミドルシュートを弾く好プレーでゴールを死守。 すると81分、相手のクリアボールを跳ね返し攻撃に転じた広島は、東のスルーパスでボックス右に抜け出したレアンドロ・ペレイラがゴール。勝利を大きく手繰り寄せる3点目が決まった。 終盤には大崎のヘディングシュートと途中出場の田中のボレーシュートに脅かされるも、GK大迫のビッグセーブも飛び出し試合終了。鹿島戦に続く3得点完封で開幕2連勝を収めた。 ヴィッセル神戸 0-3 サンフレッチェ広島 【広島】 レアンドロ・ペレイラ(前35、後36) 浅野雄也(後3) 2020.07.04 21:25 Sat
twitterfacebook
thumb

シティ、リージョ氏の新アシスタントコーチ就任を発表!かつては神戸で指揮官を歴任

マンチェスター・シティは9日、新たなアシスタントコーチにフアン・マヌエル・リージョ氏(54)を招へいしたことを発表した。 シティのコーチングスタッフに加わったリージョ氏は、公式サイトで以下のように喜び語った。 <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJFY0lHeDNkciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 「マンチェスター・シティのコーチングスタッフに加われてうれしく思っている。ペップとの関係は何年も前にさかのぼるが、彼の率いるエキサイティングなチームの一員に加われることに興奮しているよ」 「マンチェスター・シティは、クラブや監督が期待する美しいサッカーで近年多くの成功を収めてきた。そのグループの一員になれることを嬉しく思っている。今後のクラブの成功に私も貢献したいと思っているよ」 スペイン人指導者のリージョ氏は、1981年から監督業をスタートさせ、これまでレアル・ソシエダやアルメリアなど複数クラブを指揮。近年ではバルサ化をかかげるヴィッセル神戸の指揮官を務めたが、2019年4月に成績不振を理由に解任された。 その後、2019年8月に当時中国甲級リーグ(2部)に所属していた青島黄海の指揮官に就任すると、昨シーズンは中国甲級リーグで優勝を飾り、クラブ史上初となる中国スーパーリーグ昇格を決めた。 これを受け、青島黄海は1月にリージョ監督との契約延長を発表。しかし、新型コロナウイルスの影響により延期された新シーズン開幕前の今月5日に、同クラブはリージョ監督の退任発表していた。 2020.06.10 02:50 Wed
twitterfacebook
thumb

行き先は神戸ではない? シュツットガルト退団報道の元ドイツ代表FWゴメスはアメリカ行きか

かつてバイエルンやドイツ代表でも活躍、現在はドイツ2部のシュツットガルトに所属するFWマリオ・ゴメス(34)が新天地へと旅立つようだ。 自身が下部組織時代を過ごしたシュツットガルトでプレーするゴメスは、今シーズンはブンデスリーガ2部で20試合に出場し6ゴール1アシストを記録。チームは現在自動昇格圏の2位につけている状況だ。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJWbFRyd01MaSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> しかし、ゴメスとシュツットガルトの契約は今月末までとなっているが、それを延長することはないようだ。 ドイツ『シュツットガルター・ナーハリヒテン』によると、シュツットガルトは昇格した場合にチームを生まれ変わらせる考えがあり、ベテランとなったゴメスはその構想には入っていないようだ。 そのため、ゴメスは残り5試合でシュツットガルトを退団。しかし、現役は引退せず、新天地へと向かうこととなり、それはアメリカになる可能性があるようだ。 『シュツットガルター・ナーハリヒテン』は、昨年11月にゴメスへアジアからオファーがあると報道。中国やUAE、トルコなどからの興味がある中、Jリーグのヴィッセル神戸も関心を寄せていると報じていた。 現在もゴメスにはオファーがいくつか届いており、その中で有力なものがアメリカだとしている。 キャリアを通じてブンデスリーガでは328試合170ゴール45アシストを記録。ドイツ代表でも78試合で31ゴールを記録しているゴメス。Jリーグに来れば大きな得点源となりそうだが、去就は果たして。 2020.06.06 12:20 Sat
twitterfacebook
thumb

3冠への大きな一撃!イニエスタが放った起死回生の無回転シュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがバルセロナ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJrRmd5Vmt0byIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2018年に神戸に加入したイニエスタは、それまでバルセロナで16シーズンを過ごし、公式戦600試合以上に出場。卓越したプレービジョンを武器に異彩を放ち続け、8度のリーガエスパニョーラ優勝や4度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇など、トータルで31個のタイトル獲得に貢献してきた。 数多く決めたゴールの中でも、本人が「言葉では言い表せない」と表現したのが、2009年5月6日に開催されたCL準決勝2ndレグ、スタンフォード・ブリッジでのチェルシー戦でのゴールだ。 ゴールレスドローに終わった1stレグをよそに、前半9分にMFマイケル・エッシェンのゴールでチェルシーが先制。さらに後半21分にはDFエリック・アビダルが退場処分を受けて、追いかける立場のバルセロナがさらなる苦境に立たされた。 誰もがチェルシーの決勝進出を信じた後半48分、イニエスタの右足が輝きを放つ。右サイドを駆け上がったDFダニエウ・アウベスがゴール前にクロスを供給。このボールは相手DFジョン・テリーに当たってボックス内の逆サイドにいたFWサミュエル・エトーに渡ったが、エトーはとっさにきたボールに対してトラップが長くなってしまう。 しかし、エトーの後方にいたFWリオネル・メッシがボールをキープすると、ボックス外のゴール正面にいたイニエスタにパス。グラウンダーのパスに対してイニエスタは迷うことなく右足を一閃。無回転のボールはぐんぐん伸びていきゴール上段の右隅へ。名GKであるペトル・チェフが反応するも、ボールは右手をかすめて、ネットを揺らした。 このゴールで追いついたバルセロナはアウェイゴールの差でチェルシーを退けてファイナルへ進出すると、勢いそのままに決勝でマンチェスター・ユナイテッドを撃破し、ジョゼップ・グアルディオラ政権となった初めてのシーズンで3冠を達成。 まさに、このイニエスタのゴールこそが“バルセロナ時代の到来”を告げる始まりの鐘となった。あの時、イニエスタのゴールが決まっていなければ、その後のバルセロナの歴史は大きく変わっていたことだろう。 2020.06.02 21:10 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸の本拠地・ノエスタの利用制限が解除…今後も感染防止対策を徹底

ヴィッセル神戸の本拠地であるノエビアスタジアム神戸の利用が可能となった。 ノエビアスタジアム神戸は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染対策により、3月31日(火)より利用制限を行なっていた。しかし、全国的な緊急事態宣言の解除もあり、利用制限を5月一杯までとし、6月1日(月)より利用が可能となることを発表した。 これにより、現在中断しているJリーグが再開となった場合でも、神戸は本拠地でプレーすることが可能となる。 なお、ノエビアスタジアム神戸は「エントランス内での集合(立ち話等)、休憩、飲食は禁止」、「発熱や咳等の風邪症状がある方は、利用を控えること」、「他の利用者と一定の距離をおいて利用すること」、「こまめな手洗いうがいや咳エチケットなどを励行すること」と利用の際の感染防止対策の徹底を呼びかけている。 また、今後感染状況の変化によっては、再び利用制限が設けられる可能性もある。 2020.05.29 13:50 Fri
twitterfacebook