期限付き移籍先の鳥栖で4ゴールを記録したDF金井貢史が名古屋に復帰

2020.01.09 12:27 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
名古屋グランパスは9日、サガン鳥栖に期限付き移籍中のDF金井貢史(29)の復帰を発表した。

金井は横浜F・マリノスの下部組織で育ち、2008年にトップチーム昇格。2013年に鳥栖へ移籍すると、2015年はジェフユナイテッド千葉でプレーし、2016年に横浜FMへ復帰。2018年途中に名古屋へ完全移籍していた。

2019シーズンは鳥栖で明治安田生命J1リーグの10試合に出場し4得点。名古屋ではJ1リーグで3試合出場、YBCルヴァンカップで6試合出場1得点、天皇杯で1試合に出場していた。金井はクラブを通じてコメントしている。

◆名古屋グランパス
「サガン鳥栖から復帰することになりました。名古屋グランパスでまだ何も成し遂げていないのでしっかりとチームに貢献していきたいと思います。よろしくお願いします」

◆サガン鳥栖
「いつも熱い応援をしてくださり感謝しかありません。みなさんと共に戦えたことを誇りに思います。これからも今まで通りサガン鳥栖を支え、一緒に闘ってほしいと思います。皆様のところへ僕の活躍が届くよう、自分らしく頑張っていきます。本当にありがとうございました」


関連ニュース
thumb

ホーム最終戦のピッチを後にする大久保を名古屋GKランゲラックも労う、セレッソサポとともに拍手を送り続ける

名古屋グランパスの元オーストラリア代表GKランゲラックも、ピッチを去る功労者に敬意を表した。 11月27日、明治安田生命J1リーグ第37節セレッソ大阪vs名古屋グランパスの一戦がヨドコウ桜スタジアムで行われた。 C大阪にとってのホーム最終戦で、今シーズン限りでの現役引退を表明している元日本代表FW大久保嘉人も先発出場。ゴールこそ奪えなかったが精力的にボールを引き出し、80分に交代を告げられた。 会場からは惜しみない拍手が送られる中、ランゲラックも日本を代表するストライカーへの敬意を示す。ゴール裏に陣取るC大阪サポーターとともに拍手。大久保がピッチを後にするまで手をたたき続けた。 また、ランゲラックだけでなく、日本代表DF中谷進之介らも大久保の元へ駆け寄って労いの握手を求めるなど、チームの垣根を越えて相手をリスペクトするスポーツマンシップにファンも感銘を受けた様子だ。 「人としても素晴らしすぎる」、「拍手するランゲラックも握手しに行く中谷も最高よね。大久保選手お疲れ様でした」、「ランゲラックもそうやけど名古屋の選手の大久保へのリスペクトがほんまに泣きそうやった」など、大久保への労いの言葉とともに名古屋の選手を称える声が寄せられることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】ホーム最終戦のピッチを去る大久保に、ランゲラックも惜しみない拍手を送る</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>スタンドからは大きな拍手が<br>\<br><br>今シーズン限りでの引退を発表した <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BD%E5%A4%A7%E9%98%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#セレッソ大阪</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A4%A7%E4%B9%85%E4%BF%9D%E5%98%89%E4%BA%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#大久保嘉人</a> 選手。<br>ヨドコウ桜スタジアムのピッチでのラストプレーでした<a href="https://twitter.com/crz_official?ref_src=twsrc%5Etfw">@crz_official</a> <a href="https://twitter.com/Okubonbon13?ref_src=twsrc%5Etfw">@Okubonbon13</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> <a href="https://t.co/pMSBEked4H">pic.twitter.com/pMSBEked4H</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1465977722476404736?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.02 17:22 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋が10番MFガブリエル・シャビエルの契約満了を発表「全てが忘れられない思い出」

名古屋グランパスは2日、ブラジル人MFガブリエル・シャビエル(28)の契約満了を発表した。 2017年7月にクルゼイロからレンタル移籍で名古屋へと加入したガブリエル・シャビエル。当時J2に所属していた名古屋では16試合に出場し7ゴール15アシストと攻撃面で大きな力となり昇格に貢献。翌年はJ1で29試合に出場し6ゴール11アシストと結果を残し、2019年1月に完全移籍を果たす。 その後も攻撃のアクセントをつける活躍を見せ、名古屋ではここまで公式戦通算132試合に出場し22ゴールを記録。今シーズンもここまで23試合に出場していた。 ガブリエル・シャビエルは、4日の最終節、浦和レッズ戦でお別れセレモニーを実施することとなる。 チームを去ることとなったガブリエル・シャビエルはクラブを通じてコメントしている。 「名古屋グランパスに関わる全ての方々に感謝します。5シーズンに渡って僕の家、そして家族になってくれました。一緒に色々なことを経験し、全てが忘れられない思い出になりました」 「自分の一生の思い出に残るのは、スタジアムでの後押し、応援、そして自分の名をスタジアムに響き渡らせてもらったことです。自分をグランパスファミリーの一員に迎え入れてくれて本当にありがとうございました」 2021.12.02 13:20 Thu
twitterfacebook
thumb

元日本代表DF阿部翔平が誕生日に東京都1部のSHIBUYA CITY FCで選手兼監督に就任…名古屋、甲府、千葉でもプレー

東京都社会人1部リーグに所属するSHIBUYA CITY FCは1日、元日本代表DF阿部翔平(38)との契約更新を発表。兼任で監督にも就任することを発表した。 12月1日は阿部の38歳の誕生日。新たなスタートを切る日に、新たな役職を担うこととなった阿部は、クラブを通じてコメントしている。 「2022シーズン選手兼任監督として契約更新させていただきました。今まで経験したことのない新たな挑戦ですが、心はワクワクしています」 「今季、目標に掲げて叶わなかった「昇格」を来シーズンは果たすことと、SHIBUYA CITY FCらしさをピッチや僕らのホームタウン「渋谷」で存分に表現できる環境を作っていきたいと思っています」 「皆様、これからのSHIBUYA CITY FCに大きな期待と応援をよろしくお願いします!」 阿部は市立船橋高校から筑波大学へと進学。2006年に名古屋グランパスへと入団した。2013年まで左サイドバックの軸としてプレー。2009年には日本代表にも選出されたが出番はなかった。 2014年にヴァンフォーレ甲府へと完全移籍すると、2016年からはジェフユナイテッド千葉でプレー。2017年に甲府へと期限付き移籍で戻ると、2018年に完全移籍。2019年からTOKYO CITY F.C.でプレーした。 チームは2021年にSHIBUYA CITY FCへとチーム名を変更。2021シーズンは東京と社会人リーグ1部で7位に終わっていた。 2021.12.01 14:13 Wed
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】各カテゴリー最終節の今週末、9選手欠場…J1からは4名

Jリーグは29日、最新の出場停止選手情報を発表した。 各カテゴリーともに今週末が最終節となるJリーグ。その今回は9選手が出場停止対象となり、J1リーグからは鹿島アントラーズのMFレオ・シルバ、柏レイソルのDF上島拓巳、名古屋グランパスのMF長澤和輝、ヴィッセル神戸のMFセルジ・サンペールがそれぞれ警告の累積による1試合停止で最終節欠場が確定した。 J2リーグからはジェフユナイテッド千葉のDF小田逸稀、ジュビロ磐田のMF鈴木雄斗、FC琉球のDF李栄直。J3リーグからはカターレ富山のMF末木裕也、藤枝MYFCのDF川島將が次節を欠場する。 【明治安田生命J1リーグ】 MFレオ・シルバ(鹿島アントラーズ) 第38節 vsベガルタ仙台(12/4) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF上島拓巳(柏レイソル) 第38節 vs大分トリニータ(12/4) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF長澤和輝(名古屋グランパス) 第38節 vs浦和レッズ(12/4) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MFセルジ・サンペール(ヴィッセル神戸) 第38節 vsサガン鳥栖(12/4) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 DF小田逸稀(ジェフユナイテッド千葉) 第42節 vsファジアーノ岡山(12/5) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF鈴木雄斗(ジュビロ磐田) 第42節 vsブラウブリッツ秋田(12/5) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF李栄直(FC琉球) 第42節 vs栃木SC(12/5) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 MF末木裕也(カターレ富山) 第30節 vs鹿児島ユナイテッドFC(12/5) 今回の停止:1試合停止 DF川島將(藤枝MYFC) 第30節 vsY.S.C.C.横浜(12/5) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2021.11.29 17:25 Mon
twitterfacebook
thumb

藤枝MF枝村匠馬が現役引退…清水など合計7クラブでプレー「サッカーだけではなく人生の勉強もさせてもらえた」

藤枝MYFCは29日、MF枝村匠馬(35)の現役引退を発表した。 枝村は、静岡県出身で、清水エスパルスの下部組織で育ち、2005年にトップチームへと昇格した。 元日本代表FW岡崎慎司(現:カルタヘナ)とも同期入団である枝村は、プロ1年目の10月にジュビロ磐田との“静岡ダービー”でデビュー。2年目からはレギュラーとして活躍した。 2012年7月からはセレッソ大阪へ、2014年からは名古屋グランパス、2014年8月からはヴィッセル神戸、2018年からはアビスパ福岡へと期限付き移籍。2019年に栃木SCへ完全移籍すると、2020年に藤枝へと完全移籍で加入した。 藤枝では、J3で35試合に出場し1得点を記録していた。 なお通算では、J1で297試合38得点、J2で77試合4得点、J3で35試合1得点、リーグカップで54試合12得点、天皇杯で32試合4得点を記録していた。 日本代表歴は無いものの、U-23日本代表としてプレー。しかし、北京五輪のメンバーには選出されなかった。 枝村はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンをもって引退することにしました。藤枝MYFCにはサッカーをする最期のクラブにしたいと心に決めて2年間お世話になりました。J2昇格を目指すクラブの力になれず悔しさは残ります。これからは藤枝MYFCを背負う選手達を応援したいと思います」 「またこれまで在籍した、清水エスパルス、セレッソ大阪、名古屋グランパス、ヴィッセル神戸、アビスパ福岡、栃木SCではいろいろな個性を持った選手、スタッフ、関係者の皆様に出会い、サッカーだけではなく人生の勉強もさせてもらえたと思っています」 「人見知りで不器用な自分を受け入れてくれた全てのクラブに感謝しています。ありがとうございました。これからも日本サッカーを応援していきます」 藤枝は、枝村の他、FW森島康仁、MF谷澤達也、DF那須川将大が引退を発表しており、今季4人目の引退となる。 2021.11.29 12:22 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly