徳島が鳥栖から期限付き移籍中のMF島屋八徳を完全移籍で獲得「必ず昇格してJ1に乗り込みましょう!」

2020.01.09 11:46 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
徳島ヴォルティスは9日、サガン鳥栖から期限付き移籍中のMF島屋八徳(30)が完全移籍で加入することを発表した。

島屋は宮崎産業経営大学からHOYO大分を経て、2014年に当時JFLのレノファ山口FCに加入。JFLで22試合に出場し6得点を記録し、チームのJ3参入に貢献。J3でも36試合で16得点を記録してJ3優勝、J2昇格に貢献するとJ2でも42試合に出場し10得点を記録。2017年に徳島へ加入していた。

2018年途中に鳥栖へ移籍。しかし、2019年途中に復帰していた。2019シーズンはサガン鳥栖で目地安田生命J1リーグで1試合、YBCルヴァンカップデ3試合、天皇杯で1試合に出場。徳島ではJ2リーグで10試合に出場し、J1昇格争いに貢献していた。

◆徳島ヴォルティス
「徳島ヴォルティスを愛する皆さま、このたび、完全移籍することになりました島屋八徳です。昨シーズンは借りてきた猫のような僕でしたが、今シーズンはしっかりと結果とプレーで恩返し出来るよう頑張ります!」

「リカルド体制の3年間で培った土台を活かし、今シーズンは必ず昇格してJ1に乗り込みましょう!そのためにも毎試合多くのサポーターの後押しが必要となりますので、共に戦ってください!よろしくお願いします!」

◆サガン鳥栖
「サガン鳥栖を愛する皆さま、1年間という短い間でしたが、J1の舞台でレベルの高さを間近で感じさせてくれてありがとうございました。プレーでチームの勝利に貢献することはできませんでしたが、多くのことを学び成長することが出来ました」

「地元九州のクラブでプレーできたことをとても嬉しく思いますし、サガンティーノのみなさんの迫力ある応援がとても大好きになりました!まだ駅スタでゴールを決めてないので、J1の舞台に戻ってきて必ず恩返ししたいと思います!それまで、長く長くJ1にい続けて九州の誇れるクラブであり続けてください!本当にありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

狩野健太がプロ15年のキャリアに終止符 「オファーも頂きましたが…」

徳島ヴォルティスが1日、昨季まで在籍したMF狩野健太(34)の現役引退を報告した。 静岡県出身の狩野は2005年に静岡学園高校から横浜F・マリノス入団以降、柏レイソルや川崎フロンターレ、徳島でプレー。今年1月に徳島との契約満了となり、フリーの状況だった。 プロ15年間の通算成績はJ1リーグ148試合13得点、J2リーグ29試合1得点、Jリーグカップ戦43試合5得点、天皇杯26試合5得点。キャリア最後のクラブとなる徳島の公式サイトを通じて、感謝の言葉を綴り、引退理由や今後も記した。 「まずは、15年間ありがとうございました。他クラブからオファーをいただきましたが、考えた末に次の道に進む事を決意いたしました」 「振り返ってみると、決していいことだけではないプロ生活でした。ケガに苦しみ、自分自身が納得するプレーも出来ず、応援してくださる皆様に喜んでもらえず、苦しむ時もありました。それでも、サッカーと真摯に向き合うことだけは自分に誓って15年間やってきました。それだけは自信を持って言えますし、自分の誇りです」 「そして、自分がこれからやりたいことが明確になったことが、引退を決意するきっかけになりました。これまでの経験を子ども達に直接伝えていきたいという思いから、今後はサッカーの個人レッスンという活動をおこなっていきます。それがサッカーに対する恩返しだと思いますし、自分の使命だと感じています」 「Jリーグも再開されました。今までとは違う形になりますが、子ども達に夢を与え、共に成長していき、これからも日本サッカー界の発展に貢献していきたいと思っています。大好きなサッカーには携わっていきますので、今後とも変わらずよろしくお願いいたします」 「幼少期からプロになるまでに出会い支えてくださった皆様、プロ生活の中で出会ったたくさんの人たちや家族、そしていつも応援してくださったファン・サポーターの皆様。皆様のおかげでここまでやって来ることができました。本当に感謝しています。15年間本当にありがとうございました」 2020.07.01 18:20 Wed
twitterfacebook
thumb

徳島MF表原、阿南市に医療用マスク3000枚を寄贈

徳島ヴォルティスに所属するMF表原玄太(24)が阿南市にマスクを寄贈した。 徳島県阿南市は表原の出身地。クラブ公式サイトを通じて医療用マスク3000枚を寄贈したことを報告した。 「このたび、地元である阿南市に医療用マスク3000枚を寄贈させていただくことにいたしました。徳島県出身の県人選手として、自分が生まれ育った阿南市に対し、『何か力になりたい』という思いから個人で物資を購入し、阿南市に寄贈する運びとなりました」 「微力ですが、自分が行動することで支援の輪が広がったり、1日でも早く安心で安全な日常が戻ってくることに繋がればと思っています」 「最後になりますが、Jリーグが再開した時に、サッカーで徳島県を盛り上げられるように、しっかり準備していきますので、引き続きご声援のほどよろしくお願いします」 なお、マスクの受け渡しについては新型コロナウイルス感染予防のため、対面で行わず表原が市役所へ発送したとのことだ。 徳島県では、これまで新型コロナウイルス(COVID-19)感染は5人。そのうち1人の死亡が確認されている。 2020.05.25 14:30 Mon
twitterfacebook
thumb

徳島、藤原志龍の復帰を発表…トップチームも18日から活動再開

徳島ヴォルティスは17日、ポルティモネンセに期限付き移籍していた藤原志龍(19)が、契約期間を早期満了し復帰したことを発表した。 藤原は昨年9月4日、ポルティモネンセへ2020年6月30日までの契約で期限付き移籍。しかし、新型コロナウイルスの影響でリーグは中断。来月4日の再開が決定したものの、リザーブチームに在籍していた藤原はトップチームでの出場機会を得られないまま、約2ヶ月ほど早まる形で復帰が決まった。 「また徳島のヴォルティスの一員としてプレーできることを嬉しく思います。成長した姿をファン・サポーターの皆さんに見せられるように、精一杯チームのために頑張ります。今は苦しい時期ですが、一緒に乗り越えていきましょう」 徳島はまた、藤原は先月9日の帰国時にPCR検査を行い、陰性反応が確認されていたことを併せて報告。その後、同23日から今月7日まで外出自粛を行ったようだ。 なお、4月18日から活用を休止していたトップチームは今月18日からの活動を再開する。 2020.05.17 15:20 Sun
twitterfacebook
thumb

徳島がトップチーム活動休止を発表…再開時期は未定

徳島ヴォルティスは18日、トップチーム活動休止を発表した。 新型コロナウイルスの感染拡大防止および予防対策として、同日から当面の活動休止を決めた。 なお、活動再開時期については政府の見解や自治体の要請内容、感染状況などを鑑みて判断していく。 2020.04.18 12:25 Sat
twitterfacebook
thumb

徳島MF梶川諒太がバースデー婚! 「結婚できないと言われ続けてきましたが…」

徳島ヴォルティスは17日、MF梶川諒太(31)の入籍を報告した。 自身の誕生日でもある本日17日に籍を入れたという梶川は、クラブを通じて以下のようにコメントしている。 「本日4月17日に入籍いたしました! 友人やチームメイトから、お前は結婚できないと言われ続けてきましたが、やっと結婚することになりました!」 「より一層責任感を持ち、パートナーとともに僕らしく笑いの絶えない明るい家庭を築きたいと思います。これまでも多くの方々に応援やサポートをしていただきましたが、これからも応援していただけたら嬉しいです」 梶川は東京ヴェルディから今季加入。延期前に行われた明治安田生命J2リーグ開幕節の東京V戦ではフル出場して、3-0の勝利に貢献している。 2020.04.17 16:40 Fri
twitterfacebook