徳島が鳥栖から期限付き移籍中のMF島屋八徳を完全移籍で獲得「必ず昇格してJ1に乗り込みましょう!」

2020.01.09 11:46 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
徳島ヴォルティスは9日、サガン鳥栖から期限付き移籍中のMF島屋八徳(30)が完全移籍で加入することを発表した。

島屋は宮崎産業経営大学からHOYO大分を経て、2014年に当時JFLのレノファ山口FCに加入。JFLで22試合に出場し6得点を記録し、チームのJ3参入に貢献。J3でも36試合で16得点を記録してJ3優勝、J2昇格に貢献するとJ2でも42試合に出場し10得点を記録。2017年に徳島へ加入していた。

2018年途中に鳥栖へ移籍。しかし、2019年途中に復帰していた。2019シーズンはサガン鳥栖で目地安田生命J1リーグで1試合、YBCルヴァンカップデ3試合、天皇杯で1試合に出場。徳島ではJ2リーグで10試合に出場し、J1昇格争いに貢献していた。

◆徳島ヴォルティス
「徳島ヴォルティスを愛する皆さま、このたび、完全移籍することになりました島屋八徳です。昨シーズンは借りてきた猫のような僕でしたが、今シーズンはしっかりと結果とプレーで恩返し出来るよう頑張ります!」

「リカルド体制の3年間で培った土台を活かし、今シーズンは必ず昇格してJ1に乗り込みましょう!そのためにも毎試合多くのサポーターの後押しが必要となりますので、共に戦ってください!よろしくお願いします!」

◆サガン鳥栖
「サガン鳥栖を愛する皆さま、1年間という短い間でしたが、J1の舞台でレベルの高さを間近で感じさせてくれてありがとうございました。プレーでチームの勝利に貢献することはできませんでしたが、多くのことを学び成長することが出来ました」

「地元九州のクラブでプレーできたことをとても嬉しく思いますし、サガンティーノのみなさんの迫力ある応援がとても大好きになりました!まだ駅スタでゴールを決めてないので、J1の舞台に戻ってきて必ず恩返ししたいと思います!それまで、長く長くJ1にい続けて九州の誇れるクラブであり続けてください!本当にありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

京都橘FW西野太陽が“古巣”徳島加入内定! 今季から特別指定選手として戦力に

徳島ヴォルティスが11日、京都橘高校に在学するFW西野太陽(18)の2021シーズン新加入内定および2020シーズンJFA・Jリーグ特別指定選手認定を発表した。背番号「39」を着用する。 徳島県出身の西野は徳島下部組織出身で、京都橘高校に進学。その京都橘高校で背番号「10」を背負い、昨年にU-17日本代表候補にも選ばれた実績を持つ。クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「京都橘高校から加入する西野太陽です。ジュニアユースの時にお世話になったこのクラブに、プロサッカー選手として戻ってこられたことをとても嬉しく思います。これまで自分を支えてくれた方々に本当に感謝しています」 「ファン・サポーターの皆さんには、スペースに流れてチャンスをつくったり、ゴールに絡むプレーを見てほしいと思います。チームの勝利に貢献できるように精一杯戦います。これからよろしくお願いします」 2020.08.11 14:10 Tue
twitterfacebook
thumb

再検査の徳島FW押谷祐樹が新型コロナウイルス陽性反応、藤原志龍に続き2人目

徳島ヴォルティスは9日、FW押谷祐樹が新型コロナウイルスの陽性反応を示したことを発表した。 クラブの発表によると、6日にMF藤原志龍が陽性反応を示したことでクラブ全体でPCR検査を実施。押谷は再検査となっていたが、その結果陽性反応を示したとのことだ。 押谷はこれまで発熱などはなかったものの、7日に再検査判定を受け、8日は自宅待機となったが、その際に37.3℃まで熱が上がったとのこと。再検査を受け、陽性反応を受けたとのことだ。 クラブによれば、押谷は練習以外、自治体等から発せられる懸念先への行動はなかったとのこと。濃厚接触者もいないとのことだ。 押谷はクラブを通じて、「たくさんの方々にご迷惑をかけ、また徳島県民の皆さまにも大変申し訳なく思っています。今回、陽性判定を受けたのは私個人となりますので、私の家族にはご配慮をいただきますようよろしくお願いします。一日も早く治して、ピッチで元気な姿を見せられるよう治療して参ります」とコメントしている。 なお、徳島は今後のチームトレーニングについては管轄保健所の指導のもと実施する予定とのことだ。 ◆押谷祐樹の経過及び症状 8月3日(月)体温36.3℃ チームトレーニングに参加 8月4日(火)体温36.3℃ チームトレーニングオフ 8月5日(水)体温36.0℃ チームトレーニングに参加 8月6日(木)体温36.1℃ チームトレーニングに参加、クラブ独自のPCR検査実施 8月7日(金)体温36.4℃ チームトレーニングに参加⇒検査機関より再検査判定を受ける 8月8日(土)体温36.1℃ 自宅にて待機、自宅待機中に発熱(37.3℃、20:00測定) ⇒検査機関による再検査の結果、陽性判定を受ける 8月9日(日)体温36.8℃ 自宅にて経過観察 2020.08.09 11:20 Sun
twitterfacebook
thumb

徳島が首位長崎に初黒星をつけて2位浮上!ウタカ4発の京都が山形とのシーソーゲームを制す《J2》

8日、明治安田生命J2リーグ第10節の9試合が行われた。 3位の徳島ヴォルティスvs首位のV・ファーレン長崎の一戦は3-1で徳島が勝利した。 今シーズン無敗の長崎をホームに迎えた徳島。試合は開始早々に動く。1分、ドリブルで持ち込んだ渡井のスルーパスに垣田が反応。GKが飛び出す中、冷静に流し込んで徳島が先制する。 首位の長崎相手に幸先良いスタートを切った徳島。その後も杉森、垣田、西谷と前線の選手が躍動するも、追加点を奪うことができない。 1-0で前半を折り返した徳島だが、50分に追加点。左からのFKを藤田がゴール前にクロス。これをGK高木和がファンブルすると、内田が蹴り込み徳島が追加点を奪う。 さらに56分には自陣でボール奪うとカウンター。渡井がドリブルで中央を持ち上がると、相手DFの対応を見て自らシュート。ゴール右隅に決まり、リードを3点と広げる。 今季初の複数失点を喫している首位の長崎は、攻め手を見つけることができない。それでも77分、秋野のスルーパス受けた大竹がボックス内から豪快に決めて1点を返す。 しかし、その後も徳島が試合をコントロール。結局そのまま試合は終了し、長崎が今季初黒星。徳島は連勝で2位に浮上した。 2位の大宮アルディージャはアウェイで6位のアルビレックス新潟と対戦。試合は1-1の引き分けに終わった。 試合は5分、パスを受けた富山がポストプレーからライン裏へパス。これに反応した奥抜がGKより先に追いつくと、ループシュートを決め、大宮が幸先よく先制する。 12分には右サイドからのクロスをファーサイドで富山がヘッドで折り返すと、フリーの奥抜がフリーでヘッド。しかし、これはクロスバーに嫌われる。 前半は大宮の集中したプレスの前に新潟が成す術なく。最前線のシルビーニョにボールが収まらない展開が続く。 それでも26分、左CKから崩すと、最後はクリアボールをロメロ・フランクが豪快にシュート。これがネットに突き刺さり、新潟が同点に追いつく。 1-1で迎えた後半は新潟ペースに。大宮のプレスも徐々に弱まったことで、攻め込むが、フィニッシュの精度を欠いてしまう。 対する大宮も集中した守備からチャンスを逃さずに攻め込むが、こちらも追加点が奪えず。最後までゴールを奪えず、1-1の引き分けに終わった。 その他、モンテディオ山形と京都サンガF.C.の試合は壮絶な打ち合いに。シーソーゲームとなる中、京都FWピーター・ウタカが1人で4ゴールを奪い、3-4で京都が逆転勝利を収めた。 また、ツエーゲン金沢vs愛媛FCは金沢が4-3で勝利。愛媛は3点を先行したものの、金沢が後半に4ゴールを記録。最後はオウンゴールで決着がついた。 ◆明治安田生命J2リーグ第10節 ▽8/8(土) 東京ヴェルディ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 FC琉球</span> アルビレックス新潟 1-1 大宮アルディージャ モンテディオ山形 3-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 京都サンガF.C.</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 4</span>-3 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジュビロ磐田 2</span>-1 松本山雅FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 3</span>-1 水戸ホーリーホック レノファ山口FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 栃木SC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 3</span>-1 V・ファーレン長崎 アビスパ福岡 2-2 ヴァンフォーレ甲府 ▽8/9(日) 《19:00》 ザスパクサツ群馬 vs ギラヴァンツ北九州 FC町田ゼルビア vs ジェフユナイテッド千葉 2020.08.08 21:16 Sat
twitterfacebook
thumb

徳島、MF藤原志龍に新型コロナ陽性反応…濃厚接触者2名はPCR検査と共に経過観察中

徳島ヴォルティスは6日、MF藤原志龍に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたことを公表した。 クラブの発表によると、藤原は8月2日(日)より体調不良(発熱)を訴えており、8月3日(月)に保健所の指導のもとクラブ独自のPCR検査を受け、陽性反応が確認されたという。 現在、藤原の症状は安定しているものの、今後も病院にて経過観察となる見込み。直近2週間の行動履歴に関しては練習以外、自治体等から発せられる懸念先への行動は確認されなかったものの、感染経路は不明だという。 また、クラブ内において濃厚接触者にあたる2名がおり、管轄保健所にてPCR検査等の対応を受けるとともに、健康観察を行っている。 今回、陽性反応者が確認されたことを受け、クラブは今後の対応についても説明。現在、新型コロナウイルスや風邪の症状等を訴える選手、スタッフはいないものの、チームの安全を担保するため、6日に選手、チーム関係者50名を対象にPCR検査を実施し、検査結果については判明次第(7日夕方以降を予定)公表する予定だという。 なお、8日に鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで開催される明治安田生命J2リーグ第10節、V・ファーレン長崎戦に関しては、現時点では予定通りの開催に向けて準備を進めている。 今回の一件を受け、岸田一宏代表取締役社長はクラブ公式サイトを通じて、以下のようなコメントを伝えている。 「このたびはファン・サポーターの皆さま、関係者の皆さまに多大なるご心配をお掛けする状況となりましたことを、心よりお詫び申し上げます。誠に申し訳ございません。経過及び症状、また今後の対応につきましては上記の通りでございます。藤原選手は現在、平熱に戻りまして、病院で静養をしながら体調回復に努めております。尚、藤原選手の直近2週間の行動履歴は全て管轄保健所に報告し、今後の対応を進めております」 「クラブとしましては、これまで感染予防対策を徹底し、藤原選手自身も練習以外、自治体から発せられる懸念先への行動もなく、新型コロナウイルス感染予防対策に留意してきた中での罹患となり、あらためて感染リスクはどこにでも潜んでいると強く実感しています」 「今後は、新型コロナウイルス感染症対策を強化し、選手・スタッフ・関係者全員に再度周知、徹底を図ってまいります」 徳島生え抜きの藤原は、昨年9月に当時ポルトガル1部のポルティモネンセへ期限付き移籍。だが、今年5月17日に期限付き移籍期間を早期終了させる形で復帰していた。なお、帰国時に行われたPCR検査では陰性反応が確認されていた。 2020.08.06 17:08 Thu
twitterfacebook
thumb

垣田のゴールで徳島が5勝目で3位浮上! 注目の大宮vs福岡はコロナ感染の疑いで中止に《J2》

明治安田生命J2リーグ第9節の9試合が2日に行われた。 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで行われた徳島ヴォルティスvsモンテディオ山形は1-0で徳島が勝利した。 序盤から攻め込んだのはホームの徳島。まずは8分、ピッチ中央から渡井がロングボールを送ると、垣田がボックス右でチャンスに。上手くコントロールしてシュートに繋げたが、体を投げ出したDFにブロックされてしまった。23分のセットプレーでの場面では、垣田がネットを揺らしたがオフサイド。さらに31分には、相手のマークを華麗に躱した小西のサイドチェンジが左の西谷に通ると、ボックスに侵入しシュート。ポストに直撃して跳ね返ったところを今度は垣田が流し込みにかかるが、枠に飛ばすことができなかった。 後半も垣田を中心に攻勢を続ける徳島。ヘディングシュートがクロスバーに嫌われるなどなかなか成果が出なかったが迎えた74分、味方とのワンツーでボックス左に侵入した西谷のグラウンダーのクロスを垣田が押し込んで、ようやく試合を動かした。 しかし、後半からは山形も底力を見せ、徳島のゴールに襲いかかる。アディショナルタイムには中村駿や渡邊がゴールに迫るが、GK上福元の好守もありネットを揺らせず試合終了。1点のリードを守り切った徳島が5勝目を挙げ、3位に浮上した。 トランスコスモススタジアム長崎で行われたV・ファーレン長崎vs東京ヴェルディは0-0の引き分けに終わった。 アウェイの東京Vがポゼッションを高めていく中、長崎は18分、相手のCKを跳ね返しカウンターへ移行。富樫が持ち上がり、右の澤田に展開。ボックス右に侵入した澤田が折り返すと、こぼれ球をファーサイドにいた名倉がシュート。枠を捉えていたがGKマテウスに右手一本で弾かれた。東京ヴェルディも27分、ダイレクトパスを繋いで右サイドを攻略し、森田がマイナスのクロスを供給。中で待っていた井出が右足で合わせたが、惜しくも枠の左に外れた。 後半から2人入れ替えた東京V。49分にCKから井上がシュートをを放つなど攻勢を続けるものの、なかなかチャンスに結びつかない。長崎もフレッシュな選手を投入し、82分にはCKから毎熊がヘディングシュート。後半アディショナルタイムにもCKのチャンスを迎えるが、最後までネットを揺らせず試合終了。0-0のゴールレスドローに終わった。 そのほか、ジェフユナイテッド千葉vsザスパクサツ群馬では、小島が後半アディショナルタイムに決勝点を挙げた群馬が土壇場で勝利し、2勝目を挙げている。 なお、大宮アルディージャ vs アビスパ福岡は、福岡の選手に新型コロナウイルスの陽性の疑いがあったため、急遽試合中止となった。 ◆明治安田生命J2リーグ第9節 ▽8/2(日) 栃木SC 0-0 アルビレックス新潟 ヴァンフォーレ甲府 1-1 レノファ山口FC 松本山雅FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ギラヴァンツ北九州</span> V・ファーレン長崎 0-0 東京ヴェルディ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 1</span>-0 FC町田ゼルビア <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 3</span>-2 ツエーゲン金沢 ジェフユナイテッド千葉 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ザスパクサツ群馬</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 1</span>-0 モンテディオ山形 愛媛FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ジュビロ磐田</span> ▽8/1(土) ファジアーノ岡山 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 FC琉球</span> ※中止 大宮アルディージャ vs アビスパ福岡 2020.08.02 21:17 Sun
twitterfacebook