GK大移動のG大阪、柏からGK猿田遥己をレンタル

2019.12.29 11:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ガンバ大阪は29日、柏レイソルに所属するGK猿田遥己(20)の期限付き移籍加入を発表した。

世代別代表歴を持つ柏下部組織出身の猿田は2018年にトップチーム昇格。今シーズン途中から鹿児島ユナイテッドFCにレンタル移籍したが、出場機会がなかった。移籍を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

◆ガンバ大阪
「柏レイソルから期限付き移籍で加入することになりました猿田遥己です。1試合でも多く出場して、ガンバ大阪の勝利に貢献できるように日々の練習から全力で頑張ります。よろしくお願いします」

◆柏レイソル
「このたび、ガンバ大阪に期限付き移籍することになりました。1試合でも多く試合に出て成長し、日立台のピッチでプレーできるように新しい環境で頑張ってきます」

G大阪は今オフ、GK田尻健がガイナーレ鳥取に完全移籍した一方で、GK林瑞輝、GK谷晃生はそれぞれレンタル移籍。それに伴い、ファジアーノ岡山からGK一森純を獲得するなど、正守護神の日本代表GK東口順昭を除いたGK陣の顔ぶれが様変わりしている。


関連ニュース
thumb

新エンブレム元年のG大阪、片野坂新体制で挑む今季の登録選手&背番号を公開!

ガンバ大阪は8日、2022シーズンに挑むメンバーと背番号を発表した。 クラブ創設30周年の昨季、早々に新型コロナウイルスのクラスター発生にも乱された挙句に監督交代も経験して、明治安田生命Jリーグで13位に終わったG大阪。今季からはかつて西野朗体制や長谷川健太体制でコーチとしてG大阪に在籍した元大分トリニータの片野坂知宏監督を招き入れ、再起を期す。 新エンブレムで迎える今季に向けてはACLがないため、ある程度の戦力整理が見込まれるなか、昨季の主力からDFキム・ヨングォン、DF菅沼駿哉、MF井手口陽介、MF矢島慎也、FW小野裕二が退団。一方で、他クラブからのオファーが取り沙汰された主将のDF三浦弦太やエースのFW宇佐美貴史は残留した。 そして、DF福岡将太、DFクォン・ギョンウォン、MF齊藤未月、MFダワン、FW石毛秀樹のほか、特別指定選手だった昨季から鮮烈な活躍が光ったFW山見大登、MF中村仁郎とFW坂本一彩の新たなG大阪下部組織出身のホープが新戦力として加入。このメンバーで8日から今季向けてさっそく始動している。 その新戦力の選手背番号は福岡が「2」、クォン・ギョンウォンが「20」、齊藤が「15」、ダワンが「23」、石毛が「48」、中村が「41」、坂本が「32」、山見が「37」。昨季からの既存メンバーでは加藤が「21」、髙尾が「13」、ウェリントン・シウバが「11」を新たに着用する。 ◆選手背番号一覧 GK 1.東口順昭 21.加藤大智←愛媛FC/完全移行※背番号変更 22.一森純 25.石川慧 DF 2.福岡将太←徳島ヴォルティス/完全 3.昌子源 4.藤春廣輝 5.三浦弦太 13.髙尾瑠※背番号変更 16.佐藤瑶大 20.クォン・ギョンウォン←城南FC(韓国)/完全 24.黒川圭介 26.柳澤亘 40.シン・ウォノ MF 6.チュ・セジョン 8.小野瀬康介 10.倉田秋 11.ウェリントン・シウバ※背番号変更 14.福田湧矢 15.齊藤未月←湘南ベルマーレ/期限付き 17.奥野耕平 23.ダワン←SCサンタ・リラ(ブラジル)/期限付き 29.山本悠樹 41.中村仁郎←ガンバ大阪ユース/昇格 48.石毛秀樹←清水エスパルス/完全 FW 9.レアンドロ・ペレイラ 18.パトリック 32.坂本一彩←ガンバ大阪ユース/昇格 37.山見大登←関西学院大学/新加入 39.宇佐美貴史 監督 片野坂知宏 2022.01.08 19:35 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪、新たにトップチーム選手1名が新型コロナ陽性…濃厚接触者なし

ガンバ大阪は8日、トップチーム選手1名の新型コロナウイルス陽性を発表した。 当該選手は7日のPCR検査で陽性判定が下され、隔離ならび療養に。現時点で発熱や体調不良などの症状はなく、トップチーム関係者に濃厚接触者もいないという。 G大阪は6日にトップチームの選手1名が新型コロナウイルスの陽性判定を受けた旨を明らかにしており、これで2選手目。チームは本日8日から始動する。 なお、チームは今後について「関係者等の安全確保と健康維持を最優先に、感染拡大防止と注意喚起に取り組む一方、関係機関の方針や行動計画に基づいて迅速に対応してまいります」としている。 2022.01.08 12:47 Sat
twitterfacebook
thumb

湘南MF齊藤未月がロシアからJリーグ復帰! G大阪にレンタル…「勝利に導けるような選手に」

ガンバ大阪は7日、湘南ベルマーレからMF齊藤未月(22)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2023年1月31日まで。同期間中、湘南との全公式戦出場が不可となる。 齊藤は湘南アカデミー出身で、高校3年の2016年5月にプロ契約。豊富な運動量とボール奪取能力に秀でた中盤で、若くから湘南で主力を張り、2017年のJ2リーグ優勝や2018年のYBCルヴァンカップ優勝も経験した。 2021年からはロシア・プレミアリーグのルビン・カザンにレンタル移籍して欧州初挑戦。だが、同年2月の負傷や外国人枠の影響で出番に恵まれず、活躍が期待された昨夏の東京オリンピック出場も叶わなかった。 今オフにセルティック移籍の元日本代表MF井手口陽介に代わるボランチとしての活躍が期待され、G大阪入りを果たす齊藤。クラブを通じて、意気込みを語っている。 「ガンバ大阪の皆さん、初めまして。齊藤未月です。このクラブのために自分ができる最大限のことをしていきたいと思います。がむしゃらに泥臭いプレーで応援してくれるサポーターの皆さんに感動を届け、チームを勝利に導けるような選手になりたいと思います。今シーズン、よろしくお願いします」 一方、湘南を通じては「この度、ガンバ大阪に期限付き移籍することになりました。昨年、湘南からロシアに移籍しましたが正直うまくいきませんでした」と語り、G大阪での飛躍を誓った。 「プレーヤーとしてさらに成長し、またヨーロッパに戻るために今シーズンはガンバ大阪で活躍したいと思います。僕にとって湘南ベルマーレというチームが特別なチームであることは変わりません。今シーズンもがむしゃらに泥臭くプレーしていきたいと思います!」 2022.01.07 16:28 Fri
twitterfacebook
thumb

「自分にとって馴染みのある街」大宮が浦和育ちのMF矢島慎也をG大阪から完全移籍で獲得

大宮アルディージャは6日、ガンバ大阪のMF矢島慎也(27)が完全移籍で加入することを発表した。 矢島は地元埼玉県出身で、浦和レッズの下部組織出身。ジュニアユース、ユースと昇格し、2012年にトップチームへと昇格した。 浦和ではあまり出番が得られず、2015年にはファジアーノ岡山へ期限付き移籍。2017年に浦和へと戻ると、2018年にはG大阪へ完全移籍する。 シーズン途中にベガルタ仙台へと期限付き移籍すると、2019年からは再びG大阪でプレーした。 G大阪では3シーズン半を過ごし、J1通算82試合で4得点、リーグカップで12試合、天皇杯で5試合に出場。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも4試合で1得点を記録していた。 2021シーズンも明治安田生命J1リーグで26試合に出場し2得点、YBCルヴァンカップで2試合、天皇杯で1試合、ACLで4試合1得点とプレーしていた。 矢島は両クラブを通じてコメントしている。 ◆大宮アルディージャ 「初めまして。 今シーズンから大宮アルディージャでプレーすることになりました、矢島慎也です。大宮という自分にとって馴染みのある街、そして素晴らしいスタジアムでプレーするチャンスを与えてくれたクラブに感謝し、チームの目標に貢献できるように頑張ります」 ◆ガンバ大阪 「どんなときも変わらず応援していただきありがとうございました。 今シーズン、ガンバ大阪の選手としてプレーすることができなくなり悔しいですが、ギリギリの状況で迎えた2019年のホームのダービーで多くのサポーターの方々が作り上げてくれたあのときの高揚感、雰囲気はこの先忘れることはありません。約4年間ありがとうございました」 2022.01.06 17:10 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪の選手1名が新型コロナ陽性判定…本人は無症状

ガンバ大阪は6日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は5日にPCR検査を実施。同日に陽性判定を受けたとのこと。現在は隔離され、療養しているとのことだ。 なお、当該選手は発熱や体調不良などの症状がないとのこと。さらに、トップチーム関係者では濃厚接触者は確認されていないとのことだ。 2022.01.06 12:19 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly