水戸が松本からMF安東輝を期限付き移籍で獲得「全力でプレーします」

2019.12.27 12:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
水戸ホーリーホックは27日、松本山雅FCからMF安東輝(24)が期限付き移籍で加入することを発表した。移籍期間は、2020年2月1日~2021年1月31日となる。

安東は、JFAアカデミー福島から2014年に福島ユナイテッドFCへ入団。ツエーゲン金沢、湘南ベルマーレを経て2018年に松本へ加入した。

松本では2018年に明治安田生命J2リーグで1試合、天皇杯で1試合に出場。今シーズンは明治安田生命J1リーグで8試合、YBCルヴァンカップで4試合、天皇杯で1試合に出場していた。安東は両クラブを通じてコメントしている。

◆水戸ホーリーホック
「素晴らしいチームの一員になれたこと大変嬉しく思っています。チームの期待に応えられるように全力でプレーします。よろしくお願いします」

◆松本山雅FC
「試合に絡めず悔しい思いをしましたがこの経験を糧にしてこれからも自分らしく挑戦していきます。2年間ありがとうございました!」

なお、安東は今シーズンの松本との全ての公式戦でプレーできない。


関連ニュース
thumb

水戸のMF中里崇宏がJFL鈴鹿へ完全移籍「自分本位の決断を尊重してくれたクラブに感謝」

日本フットボールリーグ(JFL)の鈴鹿ポイントゲッターズは21日、水戸ホーリーホックからMF中里崇宏(31)を完全移籍で獲得したと発表した。 東京ヴェルディの下部組織に所属していた中里は、流通経済大学を経て2012年に横浜FCへ加入。水戸へ期限付き移籍した2014年を挟んで、中盤の主力として2019年7月まで活躍すると、その後は韓国のKリーグ1に属する江原FCに完全移籍した。 江原FCでは負傷によって1年半で11試合の出場にとどまり、2021年7月に水戸へ加入。途中加入ながらチームの主力に定着すると、明治安田生命J2リーグで14試合に出場した。 新シーズンからJFLでプレーすることが決まった中里は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆鈴鹿ポイントゲッターズ 「この度、鈴鹿ポイントゲッターズに加入する事になりました中里崇宏です。今年の目標はJ3昇格。その目標を達成する為に、自分の持っている力を最大限発揮し、チームに貢献したいと思います。応援宜しくお願い致します」 ◆水戸ホーリーホック 「この度、鈴鹿ポイントゲッターズに移籍する事になりました。自分本位の決断ながら、尊重してくださったクラブに感謝しています」 「半年という短い時間でしたが、大怪我からの無所属という苦しい時間のなかで声をかけていただき、水戸ホーリーホックの一員として、もう一度ピッチに立てたこと。さらに節目となる200試合目を迎えられ、とても嬉しかったです」 「そのような機会を与えてくれた西村GM、温かく迎え入れてくれたコーチングスタッフやクラブスタッフ、選手、サポーターの皆さまにも心から感謝しています。本当にありがとうございました」 「今季はJリーグではなくJFLでプレーすることになりますが、選手としても人としても成長するには努力する事、そして自分にとって、より厳しく難しい挑戦をし続けることだという思いから、このような決断になりました」 「新天地では一年でも早く、水戸の皆さんと同じ舞台でプレーできるように、鈴鹿の昇格に貢献すべく頑張ります!ご報告が遅くなり、大変申し訳ありませんでした。水戸ホーリーホックの今後の発展を心より願っております」 2022.01.21 15:53 Fri
twitterfacebook
thumb

水戸が3年目MF平塚悠知と契約更新「このクラブでJ1昇格ができるように」

水戸ホーリーホックは7日、MF平塚悠知(25)との契約更新を発表した。 平塚は北海道大谷室蘭高校から札幌大学を経て、2019年に水戸へと入団した。 プロ3年目の2021シーズンは、明治安田生命J2リーグで21試合、天皇杯で1試合に出場していた。 平塚はクラブを通じてコメントしている。 「皆さんあけましておめでとうございます。今年も水戸ホーリーホックで一緒に戦えることになりました!」 「4年目になりこのクラブの中でも長く在籍している立場として、水戸の街の素晴らしさや水戸ファミリーの素晴らしさ、水戸ホーリーホックの素晴らしさをより多くの人に伝えていけるように頑張ります!」 「そしてこのクラブでJ1昇格ができるように、明日から頑張りたいと思います!ケーズデンキスタジアム水戸で会える日を楽しみにしています!」 2022.01.07 20:50 Fri
twitterfacebook
thumb

宮崎が水戸DF瀧澤修平を完全移籍で獲得「歴史を塗り替えるシーズンにしましょう!」

テゲバジャーロ宮崎は7日、水戸ホーリーホックのDF瀧澤修平(28)が完全移籍で加入することを発表した。 瀧澤は東洋大学から2016年にFC琉球へと入団。3シーズンを過ごすと、2019年に水戸へと完全移籍する。 水戸では2シーズンでJ2通算20試合に出場し1得点を記録。2021シーズンはモンテディオ山形へと期限付き移籍していた。 山形では2021シーズンの明治安田生命J2リーグで2試合、天皇杯で1試合の出場に終わっていた。 宮崎に加入する瀧澤は「テゲバジャーロ宮崎に関わる全ての皆様。初めまして、瀧澤修平です。J3優勝のため、より宮崎の方たちに愛されるチームになるため、一日一日真摯に取り組んでいきたいと思います。共に闘い、歴史を塗り替えるシーズンにしましょう!」とコメントしている。 また水戸を通じては「みなさんに直接挨拶できず、このような形でチームを去ることに寂しい気持ちでいっぱいです。思い返すと、サポーターの皆さんとは嬉しい瞬間も悔しい瞬間もたくさん共有してきました。サポーターの皆さんやフロントスタッフの方達と距離感が近いところも水戸の好きなところでした」とコメント。「チームを離れることになっても大好きなクラブであることに変わりはありません。水戸で関わった全ての人に感謝しています。2年間ありがとうございました」と感謝の気持ちを述べている。 1年間の期限付き移籍で在籍した山形を通じては「レンタルという立場でしたが、山形のJ1復帰、昇格のため本気で取り組んだ毎日は僕の財産です。試合で貢献することは中々できませんでしたが、サポーターの皆さんと勝利の喜びを分かち合えた最終戦はこの先も忘れられない試合となりました」と語り、「山形での出会いや学びに感謝して次のチームで貢献していきたいと思います。山形のみなさん1年間ありがとさま!」と別れを告げた。 2022.01.07 20:37 Fri
twitterfacebook
thumb

水戸、鳥栖DF今掛航貴の育成型期限付き移籍満了を発表

水戸ホーリーホックは7日、サガン鳥栖から育成型期限付き移籍で加入していたDF今掛航貴(22)の期限付き移籍満了を発表した。 今掛は興国高校から中央大学へと進学し、2021年に鳥栖へと入団。YBCルヴァンカップで3試合に出場したが、2021年7月に水戸へと育成型期限付き移籍で加入した。 水戸では明治安田生命J2リーグで4試合に出場していた。 今掛はクラブを通じてコメントしている。 「半年間という短い間でしたが、ありがとうございました。たくさん学ぶものがあり、少しですが成長したと思います。ありがとうございました」 2022.01.07 19:37 Fri
twitterfacebook
thumb

長崎が浅沼優瑠と奥田晃也の加入を発表

V・ファーレン長崎は7日、GK浅沼優瑠(29)とFW奥田晃也(27)の加入を発表した。 讃岐からの加入となる浅沼は、2015年にY.S.C.C.横浜でプロデビュー。2017年と2018年には正GKとしてプレーしたものの、その後はSC相模原や栃木SCに活躍の場を移すも控えGKの域を出られず。2020年に加入した讃岐でも、出場は昨季のリーグ戦2試合にとどまった。 奥田は水戸ホーリーホックからの加入。同選手もYS横浜で2017年にプロデビューし、3年間で平均30試合に出場する活躍を残し、2020年に水戸へステップアップした。水戸でも実力を発揮し、2020年はリーグ戦37試合4ゴール、2021年は37試合6ゴールを記録した。 ◆浅沼優瑠 「この度カマタマーレ讃岐から移籍してきました浅沼優瑠(アサヌマスグル)です。まずは V・ファーレン長崎という素晴らしいチーム、素 晴らしい環境でプレーをさせていただけることに本当に感謝しております。ありがとうございます。V・ファーレン長崎のJ1昇格のために、 ピッチ内外で貢献できるように、謙虚に、多くのことを学び、成長して、V・ファーレン長崎に関わるすべての人のためにプレーします! 応援よろしくお願い致します!」 ◆奥田晃也 「この度、水戸ホーリーホックから加入することになりました奥田晃也です。 V・ファーレン長崎の勝利に貢献できるよう、一生懸命頑張ります。応援よろしくお願いします」 2022.01.07 16:58 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly