MF神谷優太が湘南から柏に完全移籍! 2018年から2年間愛媛に期限付き移籍

2019.12.25 15:55 Wed
©︎J.LEAGUE
柏レイソルは25日、湘南ベルマーレからMF神谷優太(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。

神谷は2016年に青森山田高校から湘南に入団。2018年からは愛媛FCに期限付き移籍し、期間を延長して迎えた今シーズンは、明治安田生命J2リーグで36試合6ゴールを記録した。
同日、愛媛FCも期限付き移籍期間の満了を発表。柏への完全移籍が決定した神谷は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆柏レイソル
「はじめまして。神谷優太です。このチームでタイトルを取るために来ました。そして素晴らしいサポーター、チームメイト、スタッフ、そして監督のもとでプレーできるのが待ち遠しいです。一番良い景色をチームの皆さんと一緒に見られるように一生懸命闘いますので、応援よろしくお願いします」

◆湘南ベルマーレ
「プロサッカー生活のスタートとなるチームが湘南ベルマーレという素晴らしいチームで良かったと思っています。曺さんをはじめ、スタッフ、チームメイト、皆さんからプロという世界の厳しさを教えてもらい、僕の人生は変わりました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。他チームに移籍してしまいますが、これからも応援よろしくお願いします」
◆愛媛FC
「2年間本当にありがとうございました。
エースとして戦った2年間は本当に不甲斐ない結果しか残せなかったのを後悔していますし、申し訳ない気持ちでいっぱいです。チームメイトとは何度も僕のわがままで揉めたこともありましたが、そんな僕を心広く受けとめてくれた事を本当に感謝しています。これからも愛媛FCの背番号「10」は神谷優太だったなと思っていてくれたら嬉しいです。本当にありがとうございました」
関連ニュース

柏が敵地で王者神戸を撃破! 新戦力の木下が83分決勝弾【明治安田J1第2節】

2日、明治安田J1リーグ第2節のヴィッセル神戸vs柏レイソルがノエビアスタジアム神戸で行われ、柏が0-1で競り勝った。 連覇を目指す神戸は開幕戦で昇格組のジュビロ磐田から順当に勝利。対する昨季残留争いの柏が王者相手に狙うは今季初白星。開幕戦は京都サンガF.C.と対戦し、後半ATの被弾でドロー発進…エース細谷に今季初ゴールも欲しい。 体調不良の吉田監督に代わって菅原コーチが指揮する神戸。開幕戦と同じ先発11人を並べたなか、10分、扇原のFKに山川が頭で合わせてファーストシュート。惜しくもゴール左へ外れる。 柏のポゼッションに対してカウンター主体で先制点を狙うなか、右ウイングの佐々木が積極的に最終ライン背後へスプリント。ファーストシュートに繋がったFKも佐々木が獲得したものだ。 柏も神戸同様、開幕戦と同じ先発11人。24分、自陣でのボール奪取から相手を連続で“剥がして”ロングカウンターを発動すると、最後はCKを獲得。これを機に流れを引き寄せ、直後には敵陣深くのハイプレスでショートカウンターも。 そんななか、やや劣勢の神戸にアクシデント。汰木が接触プレーで痛めて交代を余儀なくされる。33分、ジェアン・パトリッキがピッチへ入る。 その神戸は36分、センターサークル付近で扇原が柏の縦パスをカット、拾った山口を経由し前を向いた大迫が佐々木へスルーパス。佐々木はボックス右から右足を振るもゴール左へ外れる。汰木交代は痛いが、ここに来てギアが上がり、攻撃にも“らしさ”が現れる。 しかし、ゴールレスで折り返した後半立ち上がりに再びアクシデント。51分、積極性が光った佐々木が痛め、武藤との交代に。武藤が今季初出場となった一方、神戸はこの時点で残りの交代可能回数が1回となった。 60分過ぎからオープンな展開となりながらも、決め手を欠く両チーム。柏は67分、白井・山田・小屋松を下げ、島村・土屋・木下をピッチへ。今季加入の島村がJ1デビューとなったなか、細谷&木下の2トップに変更する。 柏としては、前半から引き続きポゼッションで上回り、敵陣深くまで運ぶことはできるが、堅守神戸を上回る一手には乏しく、結果的に攻守を繰り返す展開。 神戸は試合も終盤に差し掛かる80分、最初の戦術的交代として、扇原を下げて宮代を投入。こちらも大迫&宮代の2トップに変更し、[4-4-2]のミラーゲームと化す。 そうなると、神戸と柏、互いに選手の守備位置を外した“動き出し”が重要となるわけだが、これを繰り出したのが柏。試合終盤、アウェイチームが王者相手に均衡を破る。 83分、後方からのロングボールを右サイドに流れた細谷が回収すると、粘って潰れ、追い越した島村にボールが渡る。ボックス右外まで運んだ島村が中央へラストパスを送り、これに途中出場の木下が右足シュートで応え、GK前川の手をかすめてゴール右隅へと吸い込まれた。 追い込まれた神戸は猛攻へ。後半アディショナルタイム3分、二次攻撃から酒井が右からクロスを上げると、飛び込んだジェアン・パトリッキのヘディングシュートは惜しくもゴール右へ。 続く90+4分にはエース大迫がゴール前でドンピシャヘッド。今度は枠をとらえるも、柏GK松本のファインセーブに遭う。最終盤に来てようやく決定機を迎えた神戸だが、結局最後まで1点が遠く、0-1でタイムアップ。王者は第2節にして今季初黒星となった。 柏は昨季2戦2分けの王者から勝ち点「3」。接戦をモノにし、開幕1勝1分けとした。 ヴィッセル神戸 0-1 柏レイソル 【柏】 木下康介(後38) 2024.03.02 15:05 Sat

マテウス・サヴィオのコントロールショットに高卒ルーキー安齋悠人のデビュー弾! 柏vs京都はドロー決着【明治安田J1開幕節】

明治安田J1リーグ開幕節の1試合が25日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、柏レイソルvs京都サンガF.C.は1-1のドローに終わった。 昨季は残留争いを演じた両者の一戦。ホームで開幕戦を迎える柏は今季も攻撃の中心となるマテウス・サヴィオや細谷真大のほか、白井や大卒1年目の関根がスタメン入りした一方で、京都は鈴木、マルコ・トゥーリオの新加入選手が先発した。 肌寒い天候での試合は両軍ともなかなかシュートチャンスが巡らず。30分にようやく柏エースの細谷が左サイドからバイタルエリア中央にカットインして右足を振り抜いていったが、惜しくも相手GKの正面を突く。 すると、今度は京都にも38分にバイタルエリア左でFKのチャンス。鈴木が左足で狙っていき、外から内にカーブしていきながらゴール左隅に向かっていったが、相手GKに対応されてしまう。 その京都は最終的にオフサイドながら、豊川の裏抜けからゴールに迫ったほか、柏もボックス左のマテウス・サヴィオが折り返したボールに細谷がワンタッチ。両チームともチャンスがあったが、0-0で折り返す。 後半に入り、柏ボールが多く、京都がカウンターを仕掛ける構図で進むが、ともに最後でもうひと押しが足らず。そのなかで、柏ペースが色濃くなると、ベンチも66分に古巣戦の木下、そして土屋の投入に動く。 そんな柏は77分、バイタルエリア左のマテウス・サヴィオがボールを持ち上がった山田からパスを受けると、右足コントロールショットをゴール右隅に。相手GKも見送るだけのスーパーなミドルでついに均衡を破る。 追いかける京都は交代の動きも活発化させるが、86分に良いタイミングでの攻撃参加からボックス右でボールを受けようとした山田がファウルを受け、PKチャンスをゲット。だが、細谷がゴール左に外してしまう。 突き放しに失敗した柏は立田投入と同時に5バックで逃げ切りを図るが、最後の交代カードも切った京都が攻め込み、90+4分に敵陣左サイドでのFKから、89分に入ったばかりの安齋がこぼれ球を押し込んだ。 18歳の高卒ルーキーがデビュー戦で大仕事をやってのけた京都が引き分けに持ち込み、勝ち点1ずつを分け合う結果となっている。 柏レイソル 1-1 京都サンガF.C. 【柏】 マテウス・サヴィオ(後32) 【京都】 安齋悠人(後45+4) 2024.02.25 16:30 Sun

「アジア杯の経験を柏に還元」22歳細谷真大はパリ五輪へ志高く!「本大会の切符だけじゃなく…」

19日、Jリーグが23日の2024シーズン開幕を控えて都内でPRイベントを開き、各クラブの選手が意気込みを語った。 柏レイソルはJ1リーグ第1節(25日)で京都サンガF.C.と本拠地・三協フロンテア柏スタジアムにて対戦。今回チームを代表して登壇したのは、A代表としてアジアカップ2023にも出場したパリ五輪世代のFW細谷真大(22)だ。 その細谷、アジア杯で得た経験について「日本代表はヨーロッパのクラブに所属する選手が多いので、短い期間でしたが、本当に良い経験になりました。次はレイソルでその経験を活かす時だと思っています」と語る。 「最も印象的だったのは、個々の切り替えのスピードです。レイソルでの練習で意識して取り組んでいく気持ちになりました」 4月〜5月にはパリ五輪のアジア最終予選(U-23アジア杯/ドーハ開催)が控える細谷擁するU-23日本代表。2位以上が決勝トーナメント進出となるグループステージでは、韓国・UAE・中国と一筋縄ではいかない相手が揃う。 「4月まで時間は限られています。レイソルで結果を残して最終予選メンバーに選ばれるのが第一ですが、アジア杯で悔しい結果に終わってしまいましたので、やっぱり最終予選では本大会の切符を得るだけじゃなく優勝したいですね」 また、現在の自身のコンディションについては「昨日も45分間実戦(ちばぎんカップ)ができました。J1開幕に向けて良い準備ができたと思っています。あと1週間ありますので、引き続き良い準備を心がけていきます」と晴れやかに語った。 ゆくゆくはA代表のエースへ…柏レイソルが誇る生え抜きの点取り屋・細谷真大。22歳の若武者の2024シーズンがまもなく始まる。 2024.02.19 18:05 Mon

高木利弥が31歳で現役引退を決断、父は“アジアの大砲”高木琢也氏…Jリーグ5クラブでプレーし、昨年11月にカンボジアクラブを退団

カンボジアプレミアリーグのTiffy Army FCを退団していたDF高木利弥(31)が、現役引退を発表した。 帝京高校から神奈川大学へと進学した高木はモンテディオ山形でプロ入り。その後、ジェフユナイテッド市原・千葉、柏レイソル、松本山雅FC、愛媛FCでプレー。2023年7月からカンボジアでプレーしていた。 日本代表として活躍した高木琢也氏を父に持つことでも知られる高木だが、2023年11月にTiffy Army FCから突然契約解除されたことを報告。現役続行を希望し、トライアウトにも参加していたが、このたび引退を決断したことを自身のX(旧ツイッター)やYouTubeチャンネル「アジアの豆鉄砲チャンネル【高木利弥】」で報告した。 ーーーーー この度、私高木利弥はプロサッカー選手を引退することを決断しました。 はじめに常に側で支えてくれた妻と息子。 ここまでサッカーを続けさせてくれた両親に感謝します。ありがとうございました。 そしてプロキャリアの中で関わっていただいた監督・コーチ、スタッフ ファン、サポーターの皆さん 特別指定選手の期間を含めますと10年間で、 モンテディオ山形 ジェフユナイテッド市原・千葉 柏レイソル 松本山雅FC 愛媛FC Tiffy Army FC(カンボジア) 6クラブに所属させていただきました。 このうちの4クラブで降格を経験したということで、 皆さんとは辛い経験を多くした記憶の方があります。 しかし、そんな中でも自分は成長できたと思っていますし、常に背中を後押ししていただけたことに感謝しています。 また、 MIP FC FC東京U-15深川 帝京高校 神奈川大学 育成年代でお世話になったクラブ・指導者の方々のおかげでここまでプレーすることができました。 父親が元日本代表ということもあって、 学生時代は特に葛藤した時もありましたが、 今となっては他の人にはできない経験をできたなと思います。 自分の息子にそれをさせるかわからないですが。笑 これからは指導者をはじめ、 個人としても色々なことにチャレンジしていきたいと思っています。 サッカーのご縁は本当に狭き世界なので、 また会える日を確信していますし、 楽しみにしています。 最後にYouTubeもぜひ見てくださいね。 10年間ありがとうございました。 ーーーーー 高木はJ1通算38試合、J2通算115試合3得点、J3通算26試合1得点を記録。カンボジア・プレミアリーグでは8試合で2得点を記録していた。 <span class="paragraph-title">【動画】自身のYouTubeチャンネルでも現役引退を報告した高木利弥</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="w2-659Vl_m8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【写真】父・高木琢也氏と息子との3ショットを撮る高木利弥</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">祖父、父、子。<br>近々YouTube出てくれますよ〜 <a href="https://t.co/bJM07FpoeL">pic.twitter.com/bJM07FpoeL</a></p>&mdash; 高木 利弥/toshiya takagi (@TToshi56) <a href="https://twitter.com/TToshi56/status/1736006581576458439?ref_src=twsrc%5Etfw">December 16, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.18 23:40 Sun

2015年広島で21発のドウグラスが現役引退…計6つのJクラブでプレー、昨季限りで柏退団

昨季まで柏レイソルでプレーしたブラジル人FWドウグラス(36)が現役引退を表明した。 Jリーグでは柏のほか、徳島ヴォルティス、京都サンガF.C.、サンフレッチェ広島、清水エスパルス、ヴィッセル神戸でもプレーしたドウグラス。Jリーグ通算261試合の出場数を誇り、ゴール数は93得点を積み上げた。 J1リーグでは広島時代の2015年に21ゴールを決め、チームの優勝に貢献。柏では2022年に加入したが、ケガに苦しみ、1年目が10試合で4ゴール、2年目が7試合で0ゴールと振るわず。昨年をもって退団が決まった。 それからフリーが続いたドウグラスは15日に自身のインスタグラムにポルトガル語、英語、そして日本語で引退意向とともに、感謝の意を述べた。 「今日を持ってはプロサッカー選手として引退することになります。プロ選手として常に高い意識を持ちながら全ての可能な目標を達成できるように努力をしてきました。 「プロの選手になるという夢を叶えるためには、可能な事だけでなく、不可能と思われる事も追求しなければなりません。子どもの頃の夢で人生が変わっていきます。時には子供であっても大人のような対応を求められることもあり適応能力を養わなければならない」 「不利な状況の中、他人から否定される事があったり、運がついていないと思う様な状態であったとしても、夢の実現への執念をもって日々過ごしてきました」 「自分自身、出来る努力は全てしながらいつか必ず努力は報われ、夢は叶うと信じ、神様への感謝を持ちながら祈り続けました。そして幼い頃からの夢を叶える事が出来たのです」 「しかし、神様無しではどれだけ努力しようとも、自分自身だけの力ではこの夢は叶えられなかったと思います。神様への感謝、そして、私の夢を応援し信じてくれた周りの人達にも心から感謝の気持ちでいっぱいです。今でも日々感謝の祈りを捧げています」 「サッカー選手になれた事はまさしく私の人生のターニングポイントであり、私や家族の人生をも変えてくれました。世界中で愛されているスポーツがこの様に私の人生において変化をもたらしてくれ、多くの意味で私を成長させてくれたと思います」 「引退は間近であると感じていました。その事実を自覚しながら、プロサッカー選手になる為に必死に努力してきた様に、今度は現役続行出来る様にと必死でした。ここ2年間は身体の調子が良くなくて怪我(膝)との戦いを強いられました」 「あらゆる手段を使いながら毎日練習出来る喜びを感じました。そして、サッカー選手として味わう事の出来る試合前の緊張感こそ特権であると感じました。これまで私と共に歩み、私の人生に価値を与えてくれた人々のお陰で私は目標を達成する事が出来、勝者になれました」 「今の自分の気持ちを一言で言うならば”感謝”です。私の人生に多くの恵みを与えて頂いた神様に感謝します。妻のジゼッレや娘達のタイケとドゥアちゃんは私が喜びや成功した時、また、苦しみや悲しみの中力が尽きそうな時も常に支えてくれました」 「もうここにはいない母親のジェザは昼夜にも関わらず、いつも跪き神様に私の命のために熱心に祈ってくれてました。母はずっと私の心の中にいます」 「私の6人の兄弟姉妹のエヴァ、エリザマ、ダリラ、ランフィロ、ラヤンとマテウスが一緒に苦労し私を支えてくれました。いつも私を応援してくれた親戚や真の友人。そしてサッカーで出会った親友や17年間共にプレーした各クラブのチームメイト、コーチングスタッフと監督に心から感謝してます」 「最後に私を応援し、支えてくれたファンの皆様、プレーひとつひとつに対して喜び、私を後押しし名前を叫んでくれてゴールの瞬間にその感情を爆発させました。17年間本当にありがとうございました!」 2024.02.16 09:25 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly