仙台、今季29試合出場のDF平岡康裕と高卒ルーキーDF照山颯人と契約更新

2019.12.20 15:46 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ベガルタ仙台は20日、DF平岡康裕(33)とDF照山颯人(19)との契約を更新したことを発表した。

2005年に清水エスパルスでプロキャリアをスタートさせた平岡は、2016年に期限付きで仙台へ加入。翌年から完全移籍に切り替わると、今シーズンは明治安田生命J1リーグで29試合2ゴールの成績を収め、クラブのJ1残留に貢献した。

一方、照山は2019年に成立学園高校から入団。ルーキーイヤーとなった今シーズンはリーグ戦出場はなく、YBCルヴァンカップ7試合、天皇杯2試合に出場していた。

来シーズンも仙台でプレーすることになった両選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆DF平岡康裕
「いつも熱いご支援、ご声援ありがとうございます。来シーズンもみなさんと共に戦うことが決まりうれしいです。現状に満足することなく、さらに成長してチームの目標達成や、上位進出に貢献するために全力でプレーしたいと思います。引き続き応援よろしくお願いいたします」

◆DF照山颯人
「引き続きベガルタ仙台の一員として、ファン、サポーターのみなさんと共に戦えることをうれしく思います。期待に応えられるよう、日々努力を積み重ねていきます。熱いご声援をよろしくお願いいたします」

関連ニュース
thumb

仙台は無得点で7戦勝ち無し…今季初の3連勝でG大阪が13位をキープ【明治安田J1第5節】

明治安田生命J1リーグ第5節延期分、ベガルタ仙台vsガンバ大阪が3日にユアテックスタジアム仙台で行われ、0-1でG大阪が勝利を収めた。 G大阪のチーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)の集団感染が起きた影響により開催が延期されていたこの一戦。現在、公式戦6戦勝ち無しで18位と降格圏内に位置している仙台は、10日に行われた第22節の北海道コンサドーレ札幌戦からスタメンを3人変更。今節は、フィリペ・カルドーゾに代わり西村が赤崎と共に攻撃を牽引する。 一方、短期間での連戦が続くG大阪は前節からスタメンを6人変更。前節メモリアルゴールを挙げた矢島と宇佐美をシャドーに、パトリックをワントップに置く布陣で今季初のリーグ戦3連勝を目指す。 試合は、ポゼッションでG大阪のプレスを避けながらチャンスを窺う仙台に対し、シャドーの矢島、宇佐美を起点に少ない手数で攻めるG大阪という構図で進行。攻守の入れ替わりが激しいものの、両チーム共に決定的な場面を作り出すことができない。 そんな均衡状態が続く中、迎えた31分。仙台の西村がバイタルエリアへボールを運ぶと、ボックス手前右へ開いた赤崎へパスを送る。これを受けた赤崎がゴール前へダイレクトでクロスを上げると、ボックス右にいた真瀬がダイレクトでゴールへ突き刺す。しかし、これは赤崎がボールを受けた段階でオフサイドとなり、ノーゴールの判定となった。 肝を冷やしたG大阪だが、34分に右CKのチャンスから先制点を挙げる。キッカーの山本が直接クロスを上げると、ゴール前中央で高い跳躍力を発揮したパトリックが競り勝ち、ゴール右上にヘディングシュートを放つ。GKヤクブ・スウォビィクが手を伸ばし、仙台DFがクリアしに行くも、ボールはその上を通過してゴールへ吸い込まれた。 前半のゴールで勢いを得たG大阪は、49分にパトリックが再びゴールへ迫る。センターサークル内の混戦を抜け出したパトリックが独走しボックス内でシュートを放つもGKがキャッチ。一方、仙台も50分に赤崎の左サイドのクロスを真瀬が合わせるが枠の外へ。後半に入っても両チームともに攻撃の手は緩まない。 このまま負けていられない仙台は、67分にフェリペ・カルドーゾとエマヌエル・オッティを投入。73分にそのエマヌエル・オッティが左サイドへ抜け出しチャンスを演出。79分にはドリブルからシュートを放ちゴールへ迫るものの、ホームチームにゴールは生まれない。 その後もフェリペ・カルドーゾやエマヌエル・オッティを起点としてゴールに迫る仙台だが、G大阪が置く5枚の最終ラインを崩すことができずに試合終了。仙台が中断明けを勝利で飾ることができず公式戦7戦勝ち無しとなった一方、G大阪は今季初のリーグ戦3連勝を成し遂げ13位をキープ。12位のセレッソ大阪と勝ち点23で並ぶこととなった。 ベガルタ仙台 0-1 ガンバ大阪 【G大阪】 パトリック(前35) 2021.08.03 21:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第5節:仙台vsG大阪】今季初の3連勝目指すG大阪、先に主導権を握るのは!?

【明治安田生命J1リーグ第5節】 2021年8月3日(火) 19:00キックオフ ベガルタ仙台(18位/17pt) vs ガンバ大阪(13位/23pt) [ユアテックスタジアム仙台] ◆久々の試合、改善はみられるか【ベガルタ仙台】 前節は7月10日に行われた北海道コンサドーレ札幌戦。ホームで行われた試合は1-1の引き分けに終わった。 ホームで2試合連続ドローに終わった仙台。時間は開きながらも、ホームでの4連戦の4試合目を迎える。 降格圏に沈むチームにとってはこの中断期間でしっかりと立て直し、残りの試合で巻き返しを図りたいところだろう。 そんな中チームの和を乱したMFマルティノスは契約解除。予想外の変化も加わることとなったが、中断前に一定の手応えを持っていた守備を強化したいところ。あとはいかにしてゴールを奪うかだ。 過密日程によるコンディションは回復できたはず。一方で、およそ1カ月も試合がなかったことは試合感覚の点で非常に問題となりそうだ。 再開となるこの試合でしっかりと勝ち点3を獲れるのか。残留のために落とせるポイントはなく、つい最近まで同じポジションにいたG大阪を倒せるかは重要な試合となるだろう。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:真瀬拓海、吉野恭平、平岡康裕、石原崇兆 MF:関口訓充、フォギーニョ、松下佳貴、氣田亮真 FW:赤崎秀平、西村拓真 監督:手倉森誠 ◆今季初の3連勝で波に乗れるか【ガンバ大阪】 前節はアウェイでの北海道コンサドーレ札幌戦。連戦の中、チームは2-0と勝利し、見事に連勝を収めた。 立ち上がりこそ不安を感じさせる内容だった札幌戦。それでもしっかりと前からプレスに行くこともでき、クリーンシートでの勝利と、好材料が揃っている。 中2日、中3日での連戦が続いていく中、良い波に乗れれば一気にチームは改善する。今節の相手は降格圏の仙台だけに、勝ち点3以外は考えられないだろう。 攻撃のタレントも充実し、それぞれがゴールを決めて調子を上げてきている。守備を固めてくるであろう仙台をいかにして崩すのか。手をこまねくようではカウンターでやられる可能性もあり、しっかりと主導権を握って戦えるかに注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:東口順昭 DF:三浦弦太、菅沼駿、キム・ヨングォン MF:小野瀬康介、奥野耕平、倉田秋、黒川圭介 MF:一美和成、宇佐美貴史 FW:パトリック 監督:松波正信 2021.08.03 16:20 Tue
twitterfacebook
thumb

仙台、マルティノスとの契約を協議の上で解除!今季は印象的なゴールを奪うも…

ベガルタ仙台は31日、元キュラソー代表FWマルティノス(30)との契約を協議を重ねた上で解除したと発表した。 マルティノスはヘーレンフェーンやスパルタ・ロッテルダム、ハンガリーのフェレンツヴァーロシュなどでプレー。 2016年に横浜F・マリノスに加入し、2018年には浦和レッズへと移籍。今年からはベガルタ仙台に加わり、日本での5シーズン目を迎えていた。 今季は公式戦19試合に出場し、4得点という成績。推進力のあるドリブルやパンチ力を武器に、限られた出場時間の中でも5月12日の川崎フロンターレ戦のようなインパクトのあるゴールを奪っていた。 2021.07.31 15:39 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台、高卒3年目の田中渉が恩師率いる山口に武者修行!

レノファ山口FCは20日、ベガルタ仙台からMF田中渉(20)の育成型期限付き移籍加入を発表した。背番号は「20」を着用する。 田中は桐生第一高校から2019年に仙台入りした若きレフティ。プロ入りから着実に出番を増やしての今季だったが、ここまで明治安田生命J1リーグで出番がなく、JリーグYBCルヴァンカップ2試合の出場のみだった。 2019シーズンまで仙台を率いた渡邉晋監督との再会となる田中。山口を公式サイトを通じて自己紹介とともに、意気込みを語った。 「レノファ山口FCに関わるみなさま初めまして! ベガルタ仙台から育成型期限付き移籍で加入することとなった田中渉です。レノファ山口FCに1つでも多くの勝利を届けられるように全力で戦います! 応援よろしくお願いします!」 一方、仙台を通じては「このたび、レノファ山口FCに育成型期限付き移籍することとなりました」と移籍の報告とともに、将来的な復帰を約束した。 「これからのベガルタ仙台をけん引する存在になれるよう、成長して帰ってきたいと思います。引き続き応援よろしくお願いいたします」 2021.07.20 10:20 Tue
twitterfacebook
thumb

仙台がFWフェリペ・カルドーゾの浦和戦での侮辱的行為を謝罪、Jリーグからも厳重注意

ベガルタ仙台は8日、ブラジル人FWフェリペ・カルドーゾの行為を謝罪した。 クラブの発表によると、フェリペ・カルドーゾは、3日に行われた明治安田生命J1リーグ第21節の浦和レッズ戦で、侮辱的で不適切な行為を行なっていたとのことだ。 今シーズンから加入したフェリペ・カルドーゾは、浦和戦が5試合目の出場に。22分に西村拓真に代わって途中出場。92分にはボックス内で槙野智章とやり合い、イエローカードを提示。この際に槙野は激怒していた。 侮辱的な行為がどのシーンかは明らかにされていないが、仙台は今回の件について「同行為につきましては、リスペクト精神を欠くものであり、Jリーグからの厳重注意を厳粛に受け止め、改めて当クラブから当該選手に厳重注意をいたしました」と声明を発表している。 また「このたびは、浦和レッズの関係者の方々をはじめ、両クラブのファン、サポーター、サッカーファンのみなさま、Jリーグおよび、各クラブの関係者の方々にご迷惑をおかけいたしました。大変申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます」と謝罪。「7月中旬からのリーグ中断期間に、コンプライアンス、インテグリティの研修をチームとして実施し、今後に向けて再発防止に努めてまいります」と再発防止のために選手たちへ指導するとしている。 <span class="paragraph-title">【動画】ベガルタ仙台vs浦和レッズ ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=ksrblrqce9dn1vhlgmeh6n1sk" async></script> 2021.07.08 13:40 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly