FC東京がベスト11初受賞のGK林彰洋とMF鈴木喜丈の契約更新を発表!

2019.12.16 19:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
FC東京は16日、GK林彰洋(32)とMF鈴木喜丈(21)との契約更新を発表した。

流通経済大学に進学した林は、2009年9月にイングランドのプリマス・アーガイルFCでプロキャリアをスタートさせ、2010年6月にベルギーのシャルルロワに渡り、2012年に清水エスパルス入り。その後、サガン鳥栖を経て、2017年にFC東京移籍を果たした。FC東京入り後も守護神としての地位を築き、今シーズンはチームが優勝争いを演じるなかで、明治安田生命J1リーグ全試合の34試合にフル出場。 初のベストイレブンに選ばれた。

FC東京の下部組織で育った鈴木は、2016年に2種登録選手としてトップチーム入りすると、翌年に正式昇格。トップチームデビューを目指した今シーズンだったが、4月に左ヒザ関節離断性骨軟骨炎の再手術を受け、全治約10カ月の離脱を強いられ、出場がなかった。


コメント
関連ニュース
thumb

開始早々のジャーメイン良弾を守り切り仙台が湘南を下す! 湘南は2連敗に…《J1》

明治安田生命J1リーグ第2節、湘南ベルマーレvsベガルタ仙台が4日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、1-0で仙台が勝利した。 開幕戦では浦和レッズとの打ち合いの末、2-3で敗れた湘南はこの中断期間で守備面の修正に着手。初勝利を目指す今節の先発は、開幕戦から山田に代えて松田を起用した。 一方、仙台は開幕節で名古屋グランパスと1-1のドロー。こちらも初勝利を目指す中で、ケガから復活した長沢の他、GK小畑、石原崇兆、椎橋、関口、さらにこの中断期間中に加入した西村が先発に名を連ねた。 試合開始早々に動く。3分の仙台の攻撃。右サイドを駆け上がったジャーメイン良がループ性のクロスを送ると、これが風に乗りそのままゴールへ吸い込まれていった。 序盤は仙台が主導権を握っていたが、徐々に湘南が盛り返しを見せる。23分、鈴木のアーリークロスにボックス中央でタリクが頭で合わせるも枠を捉えられず。43分には岡本のクロスのこぼれ球をボックス右で収めた鈴木が左足で狙う。しかし、GK小畑の好セーブに阻まれて同点弾を生み出せず、試合を折り返す。 後半立ち上がりからリードを広げに掛かる仙台は53分、左CKのこぼれ球にボックス中央手前から石原崇兆が強烈なシュート。地を這う強烈なシュートだったが、惜しくもゴール左に逸れた。 膠着状態が続く中、湘南は交代カードを駆使して仙台ゴールを襲いかかる。59分の途中出場の茨田のミドルシュート、同じく途中投入の指宿のポストプレーを起点に攻撃を試みるも、なかなか決定機まで持ち込めない。後半アディショナルタイムには、左サイドからのFKをゴール前に蹴り込むもディフェンダーに弾き出され万事休す。 直後にタイムアップのホイッスルが鳴り、早々のゴールを守り切った仙台が1-0で勝利を飾った。 湘南ベルマーレ 0-1 ベガルタ仙台 【仙台】 ジャーメイン良(前3) 2020.07.04 22:20 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京がCKから渡辺剛の一撃、数的不利の柏を寄せ付けず開幕連勝《J1》

4日、明治安田生命J1リーグ第2節の柏レイソルvsFC東京が三協フロンテア柏スタジアムで行われ、0-1でFC東京が勝利した。 2月21日に開幕を迎えたJ1だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて中断。約4カ月が経過し、ついに再開となった。 J1に昇格したシーズンながら、開幕戦は北海道コンサドーレ札幌を相手に4ゴールを記録して勝利。スタメンは2人変更し、MF三原雅俊、FWクリスティアーノが外れ、MF大谷秀和、MFマテウス・サヴィオが入った。 対するFC東京は、清水エスパルス相手に3ゴールを記録し勝利。開幕から4人を変更し、DF中村帆高、MF橋本拳人、MF三田啓貴、FW田川亨介が外れ、DF小川諒也、MF安部柊斗、MF東慶悟、MFアダイウトンが起用された。 立ち上がりから、互いに主導権を握ろうとする展開を見せる中、[4-3-3]でスタートしたFC東京が、開始数分で[4-4-2]へとシステムを変更。柏の攻撃に対応していく。すると11分、すでにイエローカードをもらっているヒシャルジソンがディエゴ・オリヴェイラにアフタータックル。ディエゴ・オリヴェイラは右ヒザを痛め、一時ピッチ内が騒然となる。 徐々にFC東京がペースを掴む中25分、レアンドロの縦パスを受けたディエゴ・オリヴェイラがヒシャルジソンと染谷を相手にドリブルで突破。GKキム・スンギュとの一対一となるが、シュートをキム・スンギュがセーブし、得点を許さない。しかし28分、ディエゴ・オリヴェイラはヒシャルジソンのタックルを受けたヒザの痛みを訴え、田川と交代する。 ポゼッションは柏が握っているものの、なかなかFC東京ゴールへ迫ることができない。一方のFC東京は、中盤でしっかり守備対応するも、そこから攻撃にうまく移ることができない。 前半はゴールレスで終えた試合。後半は柏が立ち上がりから攻め込む展開となる。49分、右サイドから高橋がクロス。これを中央で江坂が浮かせるとオルンガが合わせに行くが、わずかに届かず決定機とならない。 50分、瀬川と高萩の頭部が空中で激突。互いにピッチに倒れ込むが、無事にプレーに戻る。 53分には右サイドでボールを持った室屋が見せる。ドリブルでカットインと見せかけて縦へと仕掛けると、対応にきたヒシャルジソンをかわしボックス内へ。倒れ込むも、そのままシュートを放ちCKを獲得。そのCKから最後はアダイウトンがボックス中央へドンピシャヘッド。しかし、GKキム・スンギュがビッグセーブを見せて得点を許さない。 柏は56分にチャンス。東の背中に当たったボールがオルンガに渡ると、オルンガ独走。森重がカバーに入るも、そのままオルンガがシュート。しかし、枠を外れる。57分には東京陣内で柏がパスを回すと、江坂のクロスをオルンガがヘッド。しかし、これも僅かに枠を外れる。 押し込む展開が続く柏だったが60分、ヒシャルジソンがアダイウトンを後ろから倒してしまい、2枚目のイエローカードをもらって退場に。このFKをレアンドロが直接狙うも、壁に当たりCKとなる。 このCKから小川がクロスを上げると、ファーサイドで森重が頭で折り返すし、最後は渡辺が飛び込んで押し込みFC東京が先制する。 先制を許した柏はマテウス・サヴィオに代えて戸嶋、大谷に代えて神谷を投入。すると74分にFKから神谷がGKとDFラインの間にクロス。これをオルンガが合わせに行くが、わずかに届かない。 FC東京はビッグチャンス。右サイドの室屋からのグラウンダーのクロスを田川が合わせたが、GKキム・スンギュが肩で止め、追加点を許さない。 その後もオルンガにボールを集めてゴールを目指す柏だったが、最後までFC東京の守備陣を崩せず。そのまま試合は終了し、0-1でFC東京が開幕から連勝を飾った。 柏レイソル 0-1 FC東京 【FC東京】 渡辺剛(後17) 2020.07.04 22:17 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋がJ1通算400勝を達成! 相馬弾とOGで清水に逆転勝利 清水は連続逆転負けに…《J1》

新型コロナウイルスによる中断期間を経て4日、遂に明治安田生命J1リーグも再開。IAIスタジアム日本平で行われた第2節の清水エスパルスvs名古屋グランパスは、2-1で名古屋が勝利した。 ピーター・クラモフスキー監督の下、攻撃的サッカーへの転換を図る清水。FC東京との開幕節では先制するも1-3で逆転負け。今回はその試合から先発を大幅に変更し、GK梅田、金井、竹内、岡崎、鈴木、カルリーニョス・ジュニオの6名が入った。直近の4試合で全勝と相性の良い名古屋を迎え討つ。 対する名古屋は開幕節でベガルタ仙台と1-1のドロー。あと一押しが足りず、勝ち点1を得るにとどまった。中断期間中は金崎とランゲラックが新型コロナウイルス陽性反応の診断を受け、全体練習などに影響が出たが、前者はベンチ入り、後者は先発出場で試合に臨む。開幕節からのメンバー変更は米本に代えてジョアン・シミッチのみとなっている。 試合開始から清水がボールを支配。吉田の背後を突き右サイドから良い形を演出する。すると、18分にスコアを動かす。センターサークル付近で金子がボールを奪取し後藤へ。持ち上がった後藤は相手を引き付けて右に流すと、走り込んだ金子がワンタッチでボックス内へ侵入。右足のシュートでネットを揺らした。 名古屋はすぐさま反撃。32分、ボックス手前右でパスを受けたマテウスのクロスに合わせたジョアン・シミッチのヘディングシュートはGK梅田に阻まれ混戦に。シミッチの2度目のシュートも防がれたが、最後は相馬が押し込んで同点に追いついた。 試合を振り出しに戻し勢いに乗る名古屋は40分、右サイドを抜け出した前田のグラウンダーのクロスが、GK梅田とヴァウドの交錯を引き起こしオウンゴールを誘発。2-1と逆転して試合を折り返した。 迎えた後半、先に決定機を作ったのは名古屋。52分、FKのチャンスにマテウスが強烈なシュートを放つ。これはゴール右ポストに弾かれ得点とはならなかった。 追う清水もチャンスを迎える。56分、奥井のクロスのこぼれ球に反応した金子がシュート。66分にはクロスに途中出場のティーラシン・デーンダーが飛び込むも、両決定機ともにGKランゲラックに処理された。 リードする名古屋は96分に相馬がレッドカードで退場するも、このまま逃げ切りに成功。再開初戦に2-1で名古屋が逆転勝利を飾り、J1通算400勝を達成した。 2020.07.04 22:15 Sat
twitterfacebook
thumb

大分が鳥栖との“九州ダービー”制す! 途中出場の田中達也が今季初ゴール&初白星もたらす!《J1》

明治安田生命J1リーグ第2節、大分トリニータvsサガン鳥栖が4日に昭和電工ドーム大分で行われ、ホームの大分が2-0で勝利した。 新型コロナウイルスの影響で長期に渡る中断期間を強いられた2020シーズンのJ1が約4カ月ぶりに再開となった。 開幕戦でセレッソ大阪に敗れた大分と、川崎フロンターレと引き分けた鳥栖は、リモートマッチで行われた“九州ダービー”で今季初白星を目指した。 中断前の公式戦2試合で無得点と得点力不足が課題となる大分は、開幕戦から先発2人を変更。福岡大在学中の特別指定選手の井上健太をJリーグデビューさせると共に、新戦力の渡がリーグ戦初先発を飾った。 一方、開幕戦では川崎相手に引き分けるも、大分同様に公式戦2試合無得点と得点力が課題の鳥栖は、川崎戦から先発3人を変更。GKを守田に変更し、趙東建、安庸佑の韓国人コンビに代え、チアゴ・アウベス、レンゾ・ロペスを小屋松と共に3トップで起用した。 キックオフ直後からボールの握り合いが続く中、立ち上がりはホームの大分がボールを持つ展開に。右サイドの岩田と松本を起点に幾度か高い位置まで侵攻していくが、決定機までには至らない。 すると、試合は徐々にアウェイの鳥栖に流れが傾いていく。右ウイングのチアゴ・アウベスを起点にライン間でうまく浮く本田が良い形でアクセントを付けると、16分にはチアゴ・アウベスが得意の左足のミドルシュートで最初の決定機を創出。さらに、24分には右CKの二次攻撃からボックス手前の本田が強烈なミドルシュートを枠に飛ばすが、ここはGK高木のビッグセーブに阻まれる。 その後は大分がやや盛り返したものの、鳥栖優勢の流れは変わらず。待望の今季初ゴールこそ奪えなかったが、アウェイチームが良いイメージをもって試合を折り返した。 迎えた後半、先に動きを見せたのは鳥栖。レンゾ・ロペスに代えて林を最前線の位置で起用した。後半は前半同様に主導権の握り合いが続くが、互いに決め手を欠きこう着状態が続く。 何とか流れを変えたい両ベンチは選手交代を敢行。大分がJデビューの井上に代えて田中、鳥栖がチアゴ・アウベスに代えて金森をピッチに送り出すと、この交代が試合を動かす。 61分に左サイドの香川との連係で知念が惜しいシュートを放って流れを掴んだ大分は、66分にその左サイドからの仕掛けが待望の今季初ゴールをもたらす。GK高木からのフィードに反応した知念が左サイド深くに侵攻。後方からサポートに入った香川に繋ぐと、香川の狙いすました左足のクロスをゴール右に走り込んだ田中が頭で合わせた。 片野坂采配的中で先手を奪った大分は勢いづいて追加点を目指す。72分には知念が自らのボール奪取から果敢に足を振っていくが、これは枠を捉え切れない。 一方、後半に入ってなかなか決定機まで持ち込めなくなった鳥栖は、78分に切り札の豊田を投入。林との2トップに布陣を変えてゴールをこじ開けにかかる。すると、前線の起点が2つに増えたことでボックス内でボールを触るシーンが増え始めると、87分に決定機。右サイド深くで原が上げたクロスをボックス左でフリーの豊田が右足ボレーで合わすが、これはやや抑えが利かずに枠を大きく外れた。 すると、この決定機の直後に大分に決定的な2点目が生まれる。89分、GK高木のフィードをハーフウェイライン付近にいた途中出場の伊佐、三平がうまく競って広大なスペースに走り込む田中に繋ぐ。そして、そのままドリブルでボックス付近まで運んだ田中は冷静にGKとの一対一を制し、ゴール左隅へ丁寧なシュートを流し込んだ。 その後、ダービーで一矢報いたいアウェイチームの反撃をきっちり凌ぎ切った大分が、リモートマッチとなった“九州ダービー”で今季初ゴールと共に初白星を手にした。一方、敗れた鳥栖はまたしても無得点に終わり、厳しいリスタートとなった。 大分トリニータ 2-0 サガン鳥栖 【大分】 田中達也(後21、後44) 2020.07.04 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

王者・横浜FMは初勝利ならず 浦和の守り崩せず0-0ドロー《J1》

再開初戦となる明治安田生命J1リーグ第2節の浦和レッズvs横浜F・マリノスが埼玉スタジアム2002で行われ、0-0の引き分けに終わった。 2月21日に開幕したJ1だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて中断。約4カ月が経過し、リモートマッチでついに再開となった。 湘南ベルマーレとの開幕戦を制した浦和は、その一戦からスタメンを4名変更。トーマス・デンがセンターバックの一角に入り、ベンチ外となったレオナルドの代わりに杉本を起用したほか、青木と長澤をチョイスした。 一方、ガンバ大阪との開幕戦を落とした横浜FMは5名入れ替え。ロケレンから加入した天野と小池が名を連ね、チアゴ・マルチンスがベンチスタートとなったセンターバックの一角に實藤を抜擢した。 先に決定機を迎えたのはホームの浦和。6分、ボックス左外でボールを受けた汰木がカットインから右足シュートを放つも、GK梶川の好セーブに遭ってしまう。 前半の半ばにかけてポゼッションを高めていく横浜FM。サイド攻撃からゴールに迫るも、仲川と遠藤が供給するクロスは浦和DFのブロックに遭ってしまい、待ち構えるエリキや天野には繋がらない。 43分に小池のスルーパスを受けたエリキがボックス右からゴールに迫った横浜FMに対し、カウンターを仕掛けた浦和は44分に汰木がボックス手前から右足のコントロールシュート。だが、わずかゴール左に外れてしまう。 ゴールレスで試合を折り返すと、横浜FMは48分、敵陣左サイドの深い位置で遠藤からのパスを受けたエリキが対峙したDFをかわして、ボックス内に侵攻。GK西川と一対一の局面を迎え、右足シュートを放つも、ゴールネットは揺らせない。 さらに、横浜FMは80分にも決定機。マルコス・ジュニオールがエジガル・ジュニオからリターンパスを受けて、GK西川と一対一になる。しかし、またしてもGK西川のビッグセーブに阻まれ、1点が遠い。 後半アディショナルタイムにも、横浜FMはエジガル・ジュニオがボックス左からシュートまで持ち込むも、GK西川が片手一本で立ちはだかる。この直後に試合終了の笛が鳴り、1-1で試合終了。猛攻を耐え抜いた浦和は開幕からの無敗をキープした一方、王者の横浜FMは未勝利が続くことになった。 浦和レッズ 0-0 横浜F・マリノス 2020.07.04 21:10 Sat
twitterfacebook