千葉、U-20日本代表FW櫻川ソロモンのトップ昇格を発表!

2019.12.16 18:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
ジェフユナイテッド千葉は16日、FW櫻川ソロモン(18)が2020シーズンよりトップチームに昇格することを発表した。

桜林高校に在学中の櫻川ソロモンは、千葉U-18に籍を置く身長190cm、体重89kgの大型FW。世代別の日本代表歴を持ち、今月16日から19日にJヴィレッジで行われるU-18代表候補トレーニングキャンプにも招集されている。

櫻川ソロモンは、クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

「トップチーム昇格が決まりました。ジェフユナイテッド市原・千葉U-18の櫻川ソロモンです。小さい頃から温かく成長させてくれたこのクラブでプロキャリアを始められることをとてもうれしく思います。これからも感謝と謙虚さを忘れずに日々レベルアップして、結果という形で恩返しできるように頑張りたいと思います。熱い応援をよろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

ディサロ4戦連発の北九州が4連勝で3位浮上! 千葉が5戦ぶりの白星《J2》

9日、明治安田生命J2リーグ第10節の2試合が行われた。 正田醤油スタジアム群馬で行われた最下位のザスパクサツ群馬と、4位のギラヴァンツ北九州の昇格組同士の一戦は、アウェイの北九州が2-1で逆転勝利した。 前節4試合ぶりの勝利を挙げた昨季J3王者の群馬と、3連勝で旋風の予感を漂わせる昨季J3で2位の北九州による、連勝を懸けた試合は、ホームチームが先にゴールをこじ開ける。 17分、相手陣内中央右で得たFKの場面でキッカーの大前がゴール前に入れたボールを林が頭で合わす。これは惜しくも左ポストを叩くが、こぼれ球に反応した加藤潤が右足のシュートを右隅へ流し込んだ。 先制を許す入りとなった北九州は引いてブロックを形成する群馬の守備に手を焼くが、セットプレーに活路を見いだす。 失点直前にも右CKの場面でディサロ燦シルヴァーノがクロスバーを叩くヘディングシュートを放っていたアウェイチームは、30分にも右サイドからのロングスローをゴール前の加藤弘が頭で押し込みにかかるが、これはゴールライン上でのクリアに遭う。しかし、直後の32分にはボックス右の髙橋大が巧みな反転でDFを振り切ってシュート性のクロス。これをGKが前にこぼすと、町野がすかさず蹴り込んだ。 その後は北九州が完全に主導権を握ったものの、1-1のイーブンで試合は折り返す。迎えた後半は一進一退の攻防が続いたが、北九州の絶好調男が均衡を破る。65分、相手陣内の高い位置で内田のバックパスをカットしたショートカウンターの流れから町野の横パスをペナルティアーク付近で受けたディサロが鋭いハーフルーレットから豪快に右足を振り抜き、4試合連続となる逆転ゴールとした。 エースのゴールで試合を引っくり返した北九州は追加点こそ奪えないものの、危なげない試合運びでこのリードを守り切った。そして、昇格組対決を制して4連勝の北九州は3位に浮上している。 また、町田GIONスタジアムで開催されたFC町田ゼルビアvsジェフユナイテッド千葉は、アウェイの千葉が2-0で勝利した。 2戦ぶりの白星を目指す10位の町田と、5戦ぶりの白星を目指す15位の千葉による首都圏対決は、互いに決定機を作り合うも、0-0のまま前半終盤に突入。しかし、千葉が41分に相手陣内中央でFKを得ると、キッカーの田口が壁の間を狙った低いボールを蹴ると、相手MF平戸が出した足に当たってコースが代わり、GK秋元の逆を突く形でゴールネットを揺らす。 さらに、2分後にはGK新井のロングフィードをボックス付近で山下、川又とダイレクトで繋ぐと、最後はボックス中央の米倉がピッチに強く叩きつける右足のシュートを放つと、これが名手・秋元の牙城を破る追加点となった。 後半は前線のアタッカーを投入してリスクをかけた攻めを見せる町田が押し込む展開が続いたが、GK新井を中心に粘りの守備を見せた千葉が最後のところでゴールを割らせず。そして、前半終了間際の連続ゴールのアドバンテージを生かした千葉が5戦ぶりの白星を手にした。 ◆明治安田生命J2リーグ第10節 ▽8/9(日) ザスパクサツ群馬 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ギラヴァンツ北九州</span> FC町田ゼルビア 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ジェフユナイテッド千葉</span> ▽8/8(土) 東京ヴェルディ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 FC琉球</span> アルビレックス新潟 1-1 大宮アルディージャ モンテディオ山形 3-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 京都サンガF.C.</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 4</span>-3 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジュビロ磐田 2</span>-1 松本山雅FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 3</span>-1 水戸ホーリーホック レノファ山口FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 栃木SC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 3</span>-1 V・ファーレン長崎 アビスパ福岡 2-2 ヴァンフォーレ甲府 2020.08.09 21:20 Sun
twitterfacebook
thumb

再検査の徳島FW押谷祐樹が新型コロナウイルス陽性反応、藤原志龍に続き2人目

徳島ヴォルティスは9日、FW押谷祐樹が新型コロナウイルスの陽性反応を示したことを発表した。 クラブの発表によると、6日にMF藤原志龍が陽性反応を示したことでクラブ全体でPCR検査を実施。押谷は再検査となっていたが、その結果陽性反応を示したとのことだ。 押谷はこれまで発熱などはなかったものの、7日に再検査判定を受け、8日は自宅待機となったが、その際に37.3℃まで熱が上がったとのこと。再検査を受け、陽性反応を受けたとのことだ。 クラブによれば、押谷は練習以外、自治体等から発せられる懸念先への行動はなかったとのこと。濃厚接触者もいないとのことだ。 押谷はクラブを通じて、「たくさんの方々にご迷惑をかけ、また徳島県民の皆さまにも大変申し訳なく思っています。今回、陽性判定を受けたのは私個人となりますので、私の家族にはご配慮をいただきますようよろしくお願いします。一日も早く治して、ピッチで元気な姿を見せられるよう治療して参ります」とコメントしている。 なお、徳島は今後のチームトレーニングについては管轄保健所の指導のもと実施する予定とのことだ。 ◆押谷祐樹の経過及び症状 8月3日(月)体温36.3℃ チームトレーニングに参加 8月4日(火)体温36.3℃ チームトレーニングオフ 8月5日(水)体温36.0℃ チームトレーニングに参加 8月6日(木)体温36.1℃ チームトレーニングに参加、クラブ独自のPCR検査実施 8月7日(金)体温36.4℃ チームトレーニングに参加⇒検査機関より再検査判定を受ける 8月8日(土)体温36.1℃ 自宅にて待機、自宅待機中に発熱(37.3℃、20:00測定) ⇒検査機関による再検査の結果、陽性判定を受ける 8月9日(日)体温36.8℃ 自宅にて経過観察 2020.08.09 11:20 Sun
twitterfacebook
thumb

徳島が首位長崎に初黒星をつけて2位浮上!ウタカ4発の京都が山形とのシーソーゲームを制す《J2》

8日、明治安田生命J2リーグ第10節の9試合が行われた。 3位の徳島ヴォルティスvs首位のV・ファーレン長崎の一戦は3-1で徳島が勝利した。 今シーズン無敗の長崎をホームに迎えた徳島。試合は開始早々に動く。1分、ドリブルで持ち込んだ渡井のスルーパスに垣田が反応。GKが飛び出す中、冷静に流し込んで徳島が先制する。 首位の長崎相手に幸先良いスタートを切った徳島。その後も杉森、垣田、西谷と前線の選手が躍動するも、追加点を奪うことができない。 1-0で前半を折り返した徳島だが、50分に追加点。左からのFKを藤田がゴール前にクロス。これをGK高木和がファンブルすると、内田が蹴り込み徳島が追加点を奪う。 さらに56分には自陣でボール奪うとカウンター。渡井がドリブルで中央を持ち上がると、相手DFの対応を見て自らシュート。ゴール右隅に決まり、リードを3点と広げる。 今季初の複数失点を喫している首位の長崎は、攻め手を見つけることができない。それでも77分、秋野のスルーパス受けた大竹がボックス内から豪快に決めて1点を返す。 しかし、その後も徳島が試合をコントロール。結局そのまま試合は終了し、長崎が今季初黒星。徳島は連勝で2位に浮上した。 2位の大宮アルディージャはアウェイで6位のアルビレックス新潟と対戦。試合は1-1の引き分けに終わった。 試合は5分、パスを受けた富山がポストプレーからライン裏へパス。これに反応した奥抜がGKより先に追いつくと、ループシュートを決め、大宮が幸先よく先制する。 12分には右サイドからのクロスをファーサイドで富山がヘッドで折り返すと、フリーの奥抜がフリーでヘッド。しかし、これはクロスバーに嫌われる。 前半は大宮の集中したプレスの前に新潟が成す術なく。最前線のシルビーニョにボールが収まらない展開が続く。 それでも26分、左CKから崩すと、最後はクリアボールをロメロ・フランクが豪快にシュート。これがネットに突き刺さり、新潟が同点に追いつく。 1-1で迎えた後半は新潟ペースに。大宮のプレスも徐々に弱まったことで、攻め込むが、フィニッシュの精度を欠いてしまう。 対する大宮も集中した守備からチャンスを逃さずに攻め込むが、こちらも追加点が奪えず。最後までゴールを奪えず、1-1の引き分けに終わった。 その他、モンテディオ山形と京都サンガF.C.の試合は壮絶な打ち合いに。シーソーゲームとなる中、京都FWピーター・ウタカが1人で4ゴールを奪い、3-4で京都が逆転勝利を収めた。 また、ツエーゲン金沢vs愛媛FCは金沢が4-3で勝利。愛媛は3点を先行したものの、金沢が後半に4ゴールを記録。最後はオウンゴールで決着がついた。 ◆明治安田生命J2リーグ第10節 ▽8/8(土) 東京ヴェルディ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 FC琉球</span> アルビレックス新潟 1-1 大宮アルディージャ モンテディオ山形 3-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 京都サンガF.C.</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 4</span>-3 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジュビロ磐田 2</span>-1 松本山雅FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 3</span>-1 水戸ホーリーホック レノファ山口FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 栃木SC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 3</span>-1 V・ファーレン長崎 アビスパ福岡 2-2 ヴァンフォーレ甲府 ▽8/9(日) 《19:00》 ザスパクサツ群馬 vs ギラヴァンツ北九州 FC町田ゼルビア vs ジェフユナイテッド千葉 2020.08.08 21:16 Sat
twitterfacebook
thumb

琉球MF風間宏希が全治最大8週間の負傷離脱 練習中に負傷のDF岡崎亮平は約4カ月

FC琉球は8日、MF風間宏希とDF岡崎亮平の負傷離脱を報告した。 風間は1日に行われた明治安田生命J2リーグ第9節のファジアーノ岡山戦で左ヒザ内側側副じん帯損傷のケガを負い、全治約6〜8週間の見込み。岡崎は7月28日のトレーニング中に右大腿直筋腱断裂のケガを負って、完治まで約4カ月を要する予定だ。 琉球は現在、J2リーグ1勝4分け4敗の21位に位置。8日に行われる次節、12位につける東京ヴェルディのホームに乗り込む。 2020.08.08 11:20 Sat
twitterfacebook
thumb

Jリーグが第4回PCR検査結果を発表、陽性者は3名もすでにクラブが公表済み

Jリーグは7日、新型コロナウイルス(COVID-19)の第4回公式検査結果を発表した。 第4回となる今回の検査は、7月29日~8月2日に検体を採取。3203件を検査し、陰性判定が3200件、その他が3件となった。 その他に関しては、公式検査によって最終的に陰性の判定結果が得られなかったものとなる。 また、陽性確定数が3件となり、これは公式検査で陽性の可能性が高い検査結果が出たことを受け、医師による診断で陽性が確定した数となる。いずれも、各クラブが陽性反応になったことを発表している選手とのことだ。 第3回検査から第4回検査の間には、新型コロナウイルスの感染者が選手、スタッフに続出。各クラブが個別にPCR検査も実施していた。 検査総数:3203件 陰性数:3200件 その他:3件 陽性確定数:3件 2020.08.07 17:19 Fri
twitterfacebook