札幌下部組織出身、秋田の10番・古田寛幸が28歳で現役引退…Facebookで「引退ライブ配信」を実施

2019.12.09 12:13 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ブラウブリッツ秋田は9日、MF古田寛幸(28)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。北海道出身の古田は、北海道コンサドーレ札幌の下部組織出身。若くしてその才能は高く評価され、将来のチームの中心選手と期待されて2009年にトップチームへ昇格された。

昇格1年目からJ2リーグで19試合に出場すると、その後もレギュラーとしてプレー。一時は海外移籍の噂も出たなか、2013年に重傷を負い出場機会が減少。2014年途中にはカマタマーレ讃岐への期限付き移籍を経験した。

2015年には札幌で再び出場機会を得るも、翌年にツエーゲン金沢へと完全移籍。2017年から秋田でプレーしていた。

秋田ではJ3リーグで65試合に出場し3得点を記録。今シーズンは15試合に出場するも無得点だった。J1通算28試合4得点、J2通算146試合12得点、J3通算65試合3得点だあった。古田はクラブを通じてコメントしている。

「こんにちは。古田寛幸です。この度、2019年シーズンを持ちまして、現役を引退する意志を固めました」

「北海道コンサドーレ札幌のアカデミーで育ち、17歳の時にトップに上がり、札幌では2種登録時含め7年間、讃岐で半年間、金沢で1年間、秋田で3年間過ごしてきました。J1、J2、J3全てのカテゴリーでプレーすることができ、10年間プロサッカー選手としてのキャリアを歩んでこれたのは決して僕の実力ではなく、スタッフの方々、フロントの方々、スポンサーの方々、チームメイト、そしてどんな時も応援していただけたサポーターであるあなたがいたからだと本気で思っています」

「僕自身、サッカー選手として、プレーしている中で様々な面で気付いたことだったり感じたことがありました。それが今回の「引退」という流れに繋がったのですが、詳しい理由や今回の決断に至った経緯をここで全てお伝することは出来かねるので、12月10日火曜日、22時からFacebookで「引退ライブ配信」を行います。そこで僕の想いの全てをお伝えしたいと思っています。宜しくお願い致します」

「サッカーを通じて出会った全ての方々に心から感謝しています。ありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

秋田一筋の前山恭平、今季限りで現役引退 「11年間ありがとうございました」

ブラウブリッツ秋田は27日、MF前山恭平(32)の今季現役引退を発表した。本拠地最終戦の12月5日に予定する明治安田生命J3リーグ第31節のFC今治戦後、セレモニーが行われる。 佐賀県出身の前山は2010年に福岡大学から秋田入り。日本フットボールリーグ(JFL)時代から秋田一筋のキャリアを歩み続け、今季が11年目だった。 J3リーグ参入の2014年以降も主力として活躍を続け、J3リーグ通算成績は168試合30得点。今季はここまで9試合に出場している。 チームが来季のJ2リーグ初昇格を果たすなか、今季終了後の引退を決断した前山はクラブ公式サイトを通じて、感謝の言葉を綴った。 「この度、2020シーズンを持ちまして現役を引退することを決めました。まずは、スポンサー企業の皆様、後援会の皆様、ファンサポーターの皆様、ボランティアスタッフの皆様、試合運営に関わる全ての皆様、これまで在籍していた選手スタッフの皆様、そして家族。僕に関わる全ての方に支えられて11年間ブラウブリッツ秋田でサッカーをすることができ、感謝しています。今シーズン目標だったJ3優勝、J2昇格を達成することができて、嬉しく思います。来シーズンJ2での活躍を願っています。11年間ありがとうございました」 2020.11.27 13:15 Fri
twitterfacebook
thumb

劇的ゴールで相模原が2位へ浮上! 無敗優勝を決めた秋田は初黒星《J3》

明治安田生命J3リーグ第29節の8試合が22日に各地で行われた。 白波スタジアムでは、熾烈な2位争いを演じる鹿児島ユナイテッドFC(8位/勝ち点43)とSC相模原(5位/勝ち点47)が激突。先に決定機を迎えたのはアウェイの相模原。28分、フィールド中央からボックス中央手前まで一気に持ち上がったユーリの横パスをホムロがシュート。ここは右ポストに嫌われると、35分にはボックス左の星のクロスに合わせたユーリのヘディングシュートは、今度はクロスバーに阻まれた。 鹿児島は後半立ち上がりの56分、コンビネーションから左サイドの深い所まで侵入した砂森のクロスを米澤が左足ダイレクトボレー。地面に叩きつける抑えの効いたシュートだったが、これはGKビクトルの好守に阻まれた。 0-0のまま迎えた後半アディショナルタイム、相模原に劇的ゴールが生まれる。前線で起点となった清原の右サイドへの展開から星がクロス。再三にわたってポストやクロスバーに嫌われていた相模原だが、クロスに合わせた鹿沼のシュートは、クロスバーを叩いてゴールイン。5試合連続引き分け中だった相模原が1-0で勝利を収めた。また、2位のAC長野パルセイロが12位のアスルクラロ沼津に0-1で敗れたことで相模原は昇格圏内である2位へ浮上した。 前節、敵地で無敗優勝を決めたブラウブリッツ秋田は、本拠地のソユースタジアムで9位・カターレ富山と対戦。9分、輪笠が左サイド深くからボックス方向へドリブルで切り込みミドルシュート。強烈なシュートが枠を捉えたが、GK齋藤のビッグセーブに阻止された。その後、押し込まれる時間が続いた秋田は29分に失点。スローインの流れからクロスを上げられると、ゴール前の混戦から平松にシュートを打たれる。一度はGK田中がセーブするも、再び平松に蹴り込まれて今シーズン初めて先制を許した。 秋田は試合終盤にパワープレーで同点を目指したが0-1で敗戦。第29節にして今シーズン初黒星となった。 ◆明治安田生命J3リーグ第29節 ▽11/22(日) ブラウブリッツ秋田 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 カターレ富山</span> Y.S.C.C.横浜 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 カマタマーレ讃岐</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アスルクラロ沼津 1</span>-0 AC長野パルセイロ ガイナーレ鳥取 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ヴァンラーレ八戸</span> FC今治 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 福島ユナイテッドFC</span> 鹿児島ユナイテッドFC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 SC相模原</span> ガンバ大阪U-23 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 いわてグルージャ盛岡</span> セレッソ大阪U-23 1-1 ロアッソ熊本 ▽11/21(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC岐阜 2</span>-1 藤枝MYFC 2020.11.22 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

J3優勝の秋田、FW齋藤恵太の負傷を報告 下顎骨骨折で全治約2カ月…

ブラウブリッツ秋田は19日、FW齋藤恵太の負傷を報告した。 クラブの発表によると、齋藤は11月8日に行われた明治安田生命J3リーグ第26節のAC長野パルセイロ戦で負傷。その後、下顎骨骨折と診断され同13日に手術を受けていた。全治に関しては約2カ月を要する見込みとのことだ。 今シーズン、水戸ホーリーホックから加入した齋藤は、ここまでJ3リーグ24試合に出場して3得点をマーク。18日の結果により確定したJ3リーグ優勝およびJ2初昇格に貢献していた。 2020.11.19 19:35 Thu
twitterfacebook
thumb

秋田のJ3無敗優勝に村井満チェアマンがコメント「Jリーグ史上初の快挙」

Jリーグの村井満チェアマンが、明治安田生命J3リーグを制したブラウブリッツ秋田にコメントした。 秋田は18日、明治安田J3第28節でガンバ大阪U-23と対戦。中村亮太の2ゴールで0-2と勝利を収めた。 <div id="cws_ad">◆ブラウブリッツ秋田が無敗でJ3優勝!<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=18gfjsitqh5l31arwciky7hbek" async></script></div> 今節の優勝の条件として、秋田が勝利し、2位のAC長野パルセイロが敗れることが条件だったが、同時刻に行われてたAC長野パルセイロvsガイナーレ鳥取の試合は0-0で90分が経過。しかし、後半アディショナルタイム4分に左サイドからのクロスを新井光がヘッド。これはGKがセーブするも、こぼれ球をボレーで蹴り込み勝利。土壇場で長野が敗れ、優勝が決定した。 村井チェアマンは秋田の優勝にコメントした。 「ブラウブリッツ秋田の皆さま、2020明治安田生命J3リーグ優勝、そしてJ2への昇格、誠におめでとうございます。選手、監督、チームスタッフ、クラブ関係者、そしてファン・サポーターの方々へ心よりお祝い申し上げます」 「今日の優勝を掴み取るまで、開幕から28戦無敗という、Jリーグ史上初の快挙を達成しました。また、今シーズン6試合を残しての優勝も、J3リーグでは最速の記録です」 「ここまでの失点はわずか8点。6・7月度のKONAMI月間MVPを獲得したGK・田中雄大選手を筆頭に、圧倒的な守備力は間違いなくチームを支えました。一方、バックラインから前線への素早く力強いパスなど、積極的な攻めの姿勢も、いつも観る者を沸かせてくれました」 「開幕が4カ月ほど遅れるという過去にないシーズンでしたが、無敗での優勝・J2昇格というこれ以上ない結果が、クラブと地域、ファン・サポーターとの結びつきを更に強固にした、まさにクラブのスローガンである「結」を体現したシーズンではないでしょうか」 「初めてとなるJ2の舞台でも、この勢いのまま、より一層の熱戦を繰り広げてくれることを楽しみにしています」 2020.11.19 09:55 Thu
twitterfacebook
thumb

いまだ無敗のJ3王者・秋田の天皇杯出場が決定

第100回天皇杯に、ブラウブリッツ秋田が出場することが決定した。 日本サッカー協会(JFA)は18日、明治安田生命J3リーグ第28節のガンバ大阪U-23vsブラウブリッツ秋田が行われ、0-2で秋田が勝利を収めた。 同時刻キックオフのAC長野パルセイロvsガイナーレ鳥取では、鳥取が後半アディショナルタイムに劇的なゴールを奪い、0-1で勝利。この結果、2位の長野との勝ち点差が19に開いたため、秋田の3年ぶりのJ3優勝が決定した。 この結果、秋田はJ3代表として天皇杯に出場。12月23日(水)に行われる準々決勝から登場。12月20日に決定する5回戦の勝者と対戦する。 なお、秋田は19年連続27回目の天皇杯出場となった。 2020.11.18 21:51 Wed
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly