レバークーゼン、過去にマドリーやアーセナル関心のアルゼンチン代表MFパラシオス加入が決定的に!

2019.11.29 16:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レバークーゼンがリーベル・プレートに所属するアルゼンチン代表MFエセキエル・パラシオス(21)の獲得を決定的なモノとしたようだ。アルゼンチン『Clarín』が伝えている。

2015年にアルゼンチン屈指の名門リーベルでトップチームデビューを飾ったパラシオスは、足元の技術と視野の広さ、運動量、パスセンスに優れた万能型のセントラルMF。

これまで多くのビッグクラブが獲得に関心を示してきた中、一時はレアル・マドリー、アーセナル行きの可能性も盛んに報じられていた。しかし、その新天地はレバークーゼンとなるようだ。

『Clarín』が伝えるところによれば、レバークーゼンは1500万ユーロ(約18億円)の契約解除金が設定されていたパラシオス獲得に向けて、2200万ユーロ(約26億5000万円)前後のオファーを掲示し合意に至ったという。そのうち、同選手の保有権の75パーセントを持つリーベルに1800万ユーロ(約21億7000万円)と、今後同選手が他クラブに移籍した際の売却益の10パーセントが支払われるようだ。

なお、レバークーゼンとリーベルでは2年前にアルゼンチン代表FWルーカス・アラリオ(27)を獲得した際に、国際サッカー連盟(FIFA)が介入するもめ事を起こしていたが、今回のパラシオス交渉に関してはスムーズに進んだようだ。
コメント