伊東純也所属のヘンクで監督交代! 後任はデ・ブライネやクルトワを発掘した人物

2019.11.12 21:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘンクは12日、フェリス・マッズ監督(53)を成績不振で解任したことを発表した。新監督には、アシスタントコーチを務めていたドメニコ・オリビエリ氏(51)が就任している。

ベルギー人指揮官のマッズ監督(写真)は、これまでホワイトスター・ブリュッセルやシャルルロワなど母国のクラブ歴任し、今シーズンからフィリップ・クレメント前監督の後任としてヘンクに着任した。

シャルルロワでは常に上位をキープし、2017-18シーズンにはレギュラーシーズンで3位に入り決勝トーナメントに進出。決勝トーナメントでの成績は振るわなかったものの、6年間の在籍期間の中で最高の成績を残した。2017年には年間最優秀監督も受賞している。

ヘンクではジュピラー・プロ・リーグ優勝者としてベルギー・スーパーカップに臨み、メヘレンを下して初タイトルを獲得。しかし、リーグ戦ではここまで6勝3分け6敗となっており、首位のクラブ・ブルージュとは勝ち点差「12」の9位に位置。優勝した昨季と鑑みて、現状ではパフォーマンスの向上は望めないと、クラブは解任に踏み切った。

新監督に就任したオリビエリ氏は、現役時代に2度ヘンクでプレーしたことのある人物。2006年からヘンクのリザーブチームで監督業を始め、MFケビン・デ・ブライネやGKティボー・クルトワ、FWレアンドロ・トロサールらの才能を開花させた。2017年からトップチームのコーチとなり現在に至る。

関連ニュース
thumb

ケガは“打撲”、決勝ゴールを記録した伊東純也「狙っている形だった」と準備の賜物だと語る

日本代表MF伊東純也(ヘンク)が、セルビア代表戦を振り返った。 11日、キリンチャレンジカップ2021の日本代表vsセルビア代表の一戦がノエビアスタジアム神戸で行われ、1-0で日本が勝利した。 前半はセルビアの堅い守備の前になかなかチャンスを作れなかった日本。一方で、相手にもチャンスを作らせず、0-0のまま後半へと入る。 すると立ち上がり3分、右CKから鎌田大地(フランクフルト)がクロスを入れると、ニアで谷口彰悟(川崎フロンターレ)がフリック。これをファーサイドで伊東が蹴り込み、日本が先制。その後は追加点のチャンスもありながらもゴールを奪えず、1-0で勝利を収めた。 試合途中に相手選手に削られて交代した伊東。削られたところについては「今は痛いですけど、打撲なので1日、2日で引いてくると思います」とコメント大きな問題ではないと語った。 この試合で貴重な決勝ゴールを決めた伊東。ゴールシーンについては「練習から相手がデカいので、ニアでフリックしてファーで僕と(植田)直通が詰めるというのを狙っていたので、それがうまくハマりました」とコメント。「CKでチームで狙っている形だったので、あそこに入っていって、来たらしっかり決めようという感じでした」とし、練習から準備していた形だったと明かした。 先制した後はスペースができ、何度もサイドを仕掛けてチャンスを作っていたが「前半はどうしても相手もタイトについて頑張ってきますし、後半空いて来ると思っていたので、うまくそこで自分の良さを出せたと思います」と一定の手応えを感じていた。 しかし、「後半は自分の持ち味も出せたし、コンビネーションで崩せたので良かったと思いますが、前半は修正してもっとチャンスを作れれば良かったと思います」とコメント。前半を改善したいと語った。 力のある相手が引いて守ってくることは、最終予選やワールドカップでもあり得ることだが「5バックだったのでサイドになかなかスペースがないので、ちょっと難しい場面が多かったですけど、なるべく中から外に動いたり、中にいてサイドバックを生かすというのが増えるかなと思います」とし、ポジションどりを上手くして、周りを生かすプレーも必要だと語った。 この試合でもゴールに絡んだ伊東。今後に向けては「今日も最終予選のための試合だったと思いますし、1戦1戦相手がどこであれ、勝つというところを意識して1試合1試合しないといけないので、ひとりひとりが成長して勝つという意識が大事だと思います」とコメント。目の前の試合にしっかりと勝つことを意識して、成長していくことが重要だと語った。 2021.06.11 22:47 Fri
twitterfacebook
thumb

「経験の差を埋められた」CLで自信掴んだMF伊東純也、激化するポジション争いに「みんなで切磋琢磨できれば」

日本代表のMF伊東純也(ヘンク)が8日、メディアのオンライン取材に応対した。 日本代表は7日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選でタジキスタン代表と対戦。4-1で勝利を収めた。 主力組の大半が起用されず、控え組のJリーガーが多く出場した試合。今予選初失点を喫するなどしたが、しっかりと勝利を収めた。 伊東は3日のU-24日本代表との試合では、途中からFW大迫勇也(ブレーメン)からキャプテンマークを託されていた。あのシーンについて「大迫君が森保さんに『誰にする』って言っていたのを近くで聞いていて、俺は無いなと思ってたんですけど、近かったからか分からないですけど、良い経験でした」と振り返った。 キャプテンマークについては「気にしては無かったですけど、責任感持ってやらなきゃいけないなっていうのはありました」とあまり意識はしなかったものの、良い経験と振り返った。 チームが構築されていく中で、そのポジションも確立していった伊東。その中でキャプテンマークを託されたが「まだ中心になったとは思ってないですし、自分のポジションには良い選手いっぱいいると思っているので、クラブでしっかり結果残して、代表でも自分の力を証明できるようにというのを、1日1日やっているだけ」と、前を見て常に努力を続けているとコメント。「クラブでの試合とかを森保さんはしっかり見てくれてますし、そこでまず結果を出して、こっちでもしっかりそれをやるってのが大事かなと思います」と、まずは所属クラブでの結果が大事だと語った。 その伊東は自身の変化のポイントについて、2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ出場だとコメント。「ヨーロッパの選手との経験がほとんど無かったので、そういう経験の差を埋められたっていうのもありますし、自信を持ってプレーできているっていうのはあると思います」と、そこでのプレー経験が自信に繋がっていると語った。 伊東のポジションである2列目の右は多くの選手がいる。タジキスタン戦では古橋亨梧(ヴィッセル神戸)がプレーしたが「慣れるのは大事だと思いますけど、亨梧とかは与えられたチャンスでしっかり結果残してますし、そういうところで争いが激しくなれば激しくなるほどみんな成長できると思います」とコメントした。 古橋については「亨梧も大卒ですし時間は無いと思うので、できるならヨーロッパに行って、ライバルとしてやりたいなというのはあります。(堂安)律とかタケ(久保建英)もいますし、色々選手が多いので、みんな結果を出さなきゃ入れないポジションだと思います。みんなで切磋琢磨できればいいかなと思います」と語り、多くの選手たちでしっかりと切磋琢磨していきたいと語った。 2021.06.09 10:10 Wed
twitterfacebook
thumb

「上のリーグでやりたい」10ゴール10アシストを達成したMF伊東純也、移籍については慎重「どのチームに行くかは結構問題」

日本代表は26日、ミャンマー代表とのカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選に向けた合宿3日目を行った。 オール海外組で行われるミャンマー戦。クラブ事情により合流が遅れたMF三好康児(アントワープ)は出場できないことが発表された、それ以外の選手たちは調整を続けた。 トレーニング前、MF伊東純也(ヘンク)がオンラインのメディア取材に応じ、シーズンを振り返った。 伊東はヘンクでの3シーズン目となった今シーズン、ジュピラー・プロ・リーグで32試合に出場し10ゴール12アシストを記録。プレーオフでも6試合に出場し1ゴール4アシストを記録するなど、チームの中心選手として活躍を遂げた。 今シーズンの結果については「10ゴール10アシストを目標に掲げていたので、達成できてよかったです」とコメント。目標通りの結果を残したことを喜んだ。 一方で、「目標だった結果は達成しましたが、まだまだ数字の面ではもっと伸ばせると思いますし、仕掛けの部分で確率を上げるとか、ドリブルでも仕掛けたら取られないというのも高いレベルまでいければと思います」と、飽くなき向上心を窺わせた。 右ウイングを主戦場にインサイドでもプレーした伊東だが、プレーの幅については「サイドから張って仕掛けるとか、中に仕掛けるとか、逆サイドからのボールを受けてシュート打つということを意識したからだと思います」とし、意識を変えたことで数字に繋がったと語った。 またシーズンと通して調子も落ちなかった伊東は「調子は良いですし、ボールも集まってきますし、サイドバックのコロンビア代表の選手(ダニエル・ムニョス)とも良い連携が取れていたので、今シーズンはうまくいっていたと思います」と語り、チームとしてもうまく機能できたと語った。 ベルギーでは伊東の評価も上がり、今夏の移籍も取り沙汰される中、ステップアップについては「チャンスがあれば上のリーグでやりたいと思いますけど、5大リーグのどのチームに行くかというのは結構問題かなと思います」と語り、慎重にチームを選びたいと語った。 今回は6月までのおよそ1カ月にわたる活動となる。日本代表の現在地については「活動は難しい中でも短い時間ですがピッチでコミュニケーションをとってやれていると思います」とコメント。徐々にチームとして作られていっていると感じているようだ。 一方で、ホテルでの隔離状態が続くことになるが「部屋にいる時間が長いので、YouTube観たり、NetFlix観たりしています」と、部屋での過ごし方もちゃんと準備してきているようだ。 28日のミャンマー代表戦では、勝利すれば最終予選への進出が決まる。ミャンマー戦で気をつけたいポイントについては「まず1点目を取ることが大事だと思います」とコメント。「前回は2-0とそこまで点差は広がらなかったですし、まだ何も決まっていないので、集中して予選突破できるように全力で臨みたいと思います」と、最終予選進出を決めるために集中すると語った。 2021.05.26 18:55 Wed
twitterfacebook
thumb

伊東vs三好の日本人対決はヘンクが4発圧勝! アントワープは5試合勝利なし…《ジュピラー・プロ・リーグ》

ベルギーのジュピラー・プロ・リーグのプレーオフ第5節のヘンクvsアントワープが20日に行われ、4-0でヘンクが勝利した。ヘンクのFW伊東純也はフル出場、アントワープのMF三好康児は78分までプレーした。 プレーオフ無敗で上位を追走する2位ヘンク(勝ち点38)が、プレーオフで勝利のない3位アントワープ(勝ち点32)をホームに迎えた一戦。 伊東と三好がともに先発出場した試合は、立ち上がりから好調のヘンクが攻勢をかけたが、先にチャンスを迎えたのはアントワープだった。22分、バイタルエリアでボールを受けた三好がボックス内のムボカニへパス。このパスは相手DFのブロックに当たったが、こぼれ球を再び拾った三好がボックス中央まで切り込みシュート。しかし、これはゴール右に外れた。 その後は膠着状態が続いたが、ヘンクが43分にスコアを動かす。自ら上げた右クロスをこぼれ球を拾った伊東がボックス内に侵入。相手DFのブロックによりボールはカットされたが、ル・マルシャンのクリアミスに反応したトールストヴェットがダイレクトシュートをゴール隅に突き刺した。 迎えた後半は、開始早々に試合が動く。49分、伊東のミドルシュートは相手GKに弾いたが、こぼれ球をGKブテツとセックがお見合いする形でクリアミス。これに素早く反応したオヌアチュのパスから最後はトールストヴェットが無人のゴールに流し込んだ。 さらにヘンクは、55分にも伊東が相手GKのパスを敵陣でカットすると、そのままボックス内まで持ち上がりシュート。相手DFに当たったこぼれ球をゴール前のボンゴンダが押し込んだが、これはオフサイドとなりゴールは取り消された。 後半の主導権を握ったヘンクは64分、オヌアチュのスルーパスでDFの裏に抜け出したトールストヴェットがペナルティーアーク内から冷静にゴール右隅にシュート流し込み、ハットトリックを達成。さらに75分にはロングフィードに反応したデサースがゴールネットを揺らした。 結局、試合はそのまま4-0でタイムアップ。好調のヘンクはプレーオフ無敗をキープ。一方のアントワープは、プレーオフ5戦未勝利となっている。 2021.05.21 03:20 Fri
twitterfacebook
thumb

【DAZN欧州組応援部】4月度のベストプレーヤーズを選出!FW伊東純也が2カ月連続1位に

DAZNと10のスポーツメディアで構成される「DAZN欧州組応援部」。その企画として、4月度月間ベストプレーヤーズが各メディアの投票により決定した。 この企画はDAZNで配信する欧州リーグ戦を対象に、対象期間内の日本人選手のパフォーマンスを10のメディアが独自の基準で評価。投票により、上位3選手を「月間ベストプレーヤーズ」として表彰するものだ。 対象となるリーグは、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、リーグ・アン、ジュピラー・プロ・リーグ、ギリシャ・プレミアリーグ。今回は3/30(火)〜4/27(月)の試合を対象として、ベストプレーヤーを決定した。 ★参加10メディア ※順不同 DAZN NEWS/Football ZONE WEB/サッカーキング/サッカーマガジンWEB/footballista/Qoly/Goal/MILKサッカーアカデミー/サッカーダイジェストWeb/超WORLDサッカー 「DAZN欧州組応援部」4月度のTOP3選手はこちら! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/20-21europa_japanese.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;"><hr></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">3位:DF吉田麻也(サンプドリア)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/202104_yoshida.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:4試合(先発3試合) 出場時間:271分 成績:0ゴール0アシスト チーム成績:1勝1分け2敗 </p></div> 出場停止で1試合は欠場した中、3試合に先発出場を果たした吉田。安定したパフォーマンスを見せており、チームに欠かせない存在となっている。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">2位:FW鈴木優磨(シント=トロイデン)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/202104_suzuki.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:4試合(先発4試合) 出場時間:344分 成績:3ゴール1アシスト チーム成績:2勝2敗 </p></div> 欧州主要1部リーグでの日本人最多となる17得点を記録。好調を維持したままシーズンを終えることとなった。得点力には今オフ多くのクラブが興味を示している。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">1位:FW伊東純也(ヘンク)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/202104_ito.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:2試合(先発2試合) 出場時間:150分 成績:3アシスト チーム成績:2勝 </p></div> 4月も3試合のうち2試合に出場。その2試合ではゴールこそなかったが3アシストを記録。3月から5試合連続で得点に直接関与するなど好調を維持した。 <span class="paragraph-title">【動画】伊東純也が見せた4月の圧巻パフォーマンス!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">DAZN欧州組応援部<br>4月度月間ベストプレーヤーズ<a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> と10のスポーツメディアが独自の基準で評価<br><br>第7回目の1位は2カ月連続で <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BC%8A%E6%9D%B1%E7%B4%94%E4%B9%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#伊東純也</a>(<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%82%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ヘンク</a>)<br><br>みなさんのご意見は「<a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E7%B5%84%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E9%83%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN欧州組応援部</a>」で投稿!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%B6%85WS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#超WS</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a><a href="https://t.co/DirdsB5w44">https://t.co/DirdsB5w44</a> <a href="https://t.co/8Cjbn8l3SL">pic.twitter.com/8Cjbn8l3SL</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1393049242004901892?ref_src=twsrc%5Etfw">May 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.14 12:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly