大宮U-18所属のU-17日本代表DF村上陽介が大会最多パス数&パス成功数を記録

2019.11.08 12:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブラジルで行われているU-17ワールドカップ。U-17日本代表は、7日にU-17メキシコ代表を相手に2-0で敗れ、ベスト16で敗退となったが、ある記録が生まれていた。

その記録を生み出したのは、メキシコ戦で先発出場したDF村上陽介だ。センターバックとして出場したが、記録したのは攻撃のスタッツだ。

『Opta』によると、村上はメキシコ戦で129本のパスを出し、119本が成功。成功率は92.3%を記録した。

村上が記録したパス数は、1試合でのパス本数、パス成功数ともに今大会最多。サイドへの横パスも多いが、前線へのパスも多く、ビルドアップに大きく貢献したことがわかる。

村上は、所属する大宮アルディージャU-18でもキャプテンを務め、期待の大型センターバック。トップチームはJ1昇格を戦い、所属する大宮U-18はJユースカップでベスト4に進出している。世界の舞台での村上の活躍が、チームメイトに力を与えるだろう。

大宮U-18がベスト4に進出しているJユースカップは、10日にレベルファイブスタジアムで準決勝が行われ、大宮U-18は名古屋グランパスU-18と対戦。もう1カードは、アビスパ福岡U-18とガンバ大阪ユースの一戦となる。決勝は17日に、ミクニワールドスタジアム北九州で行われる。
コメント