チアゴ・モッタ監督初戦へ「必ず素晴らしい試合になる」

2019.10.25 23:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジェノアに新たに就任したチアゴ・モッタ監督が、初陣となるブレシア戦に向けたコメントを残している。イタリア『メディアセット』が伝えている。

ジェノアは22日、成績不振で解任したアウレリオ・アンドレアッツォーリ監督の後任として、昨シーズンまでパリ・サンジェルマンのU-19チームを指揮していたチアゴ・モッタ氏に白羽の矢を立てた。

その初戦となる26日のセリアA第9節ブレシア戦に向けて、ジェノアの監督として初めてプレスカンファレンスに出席。力強いコメントを残した。
「素晴らしい感覚だ。選手たちは全力で練習に励んでいる。みんな試合に飢えていたよ」

「明日は必ず素晴らしい試合になる。両チームにとって難しい試合になることも間違いない。序盤でチームの姿を見せることが重要だ」

なお、チームはここまで1勝2分け5敗で19位に低迷。チアゴ・モッタ監督は立て直すことは出来るだろうか。


関連ニュース
thumb

元イタリア代表DFドメニコ・クリーシトが現役引退…ここ半年はカナダでプレー

元イタリア代表DFドメニコ・クリーシト(35)が現役引退を決断した。所属先のトロントFCが発表している。 ジェノアで歴代7番目の公式戦274試合の出場記録を持つクリーシト。キャリアの多くをジェノアに捧げてきたが、今夏に心機一転、アメリカへ活躍の場を移した。 トロントでは加入直後から左サイドバックでレギュラーを掴み16試合に出場。しかし、来夏までとなっていた契約の全うを待たずして、この度の引退を決断した。 「この美しい6カ月に本当に感謝しているよ。家族も私もこの素晴らしい街を楽しむことができた。それに、ここに来た初日からこの偉大なファミリーの一員であることを感じられたよ」 「家に帰って将来をどうしていくか考える時期が来たんだ。ありがとう」 クリーシトは2003年6月に16歳で当時セリエBだったジェノアでプロデビュー。その後、ユベントスの下部組織へ移籍するも、2006年夏に復帰し主力として当時13年ぶりだったセリエA昇格に貢献した。 翌シーズンに再びユベントスへ移籍したが、出場機会が安定せず、半年後にジェノアへレンタル。1年半のレンタル期間を経て、2008年夏に完全移籍でジェノアへ復帰した。 また、2011年夏からゼニトでプレーし、2度のロシア王者に。在籍6年間で公式戦224試合20ゴール29アシストを記録した。 2018年夏には三度ジェノアに復帰。通算記録は在籍8年半で274試合30ゴール13アシストとなった。 イタリア代表としての顔も持ち、2009年8月のデビュー以降、2010年のワールドカップなど26キャップを数えた。 2022.11.16 13:55 Wed
twitterfacebook
thumb

元イタリア代表DFクリーシト、トロントを4カ月で退団

元イタリア代表DFドメニコ・クリーシト(35)が、MLSのトロントFCを退団した。イタリア『メディアセット』が報じている。 ジェノアで歴代7番目の公式戦274試合の出場記録を持つクリーシト。キャリアのほとんどをジェノアに捧げてきたが、今夏に心機一転、アメリカへ活躍の場を移した。 トロントでは加入直後から左サイドバックでレギュラーを掴み16試合に出場。しかし、来夏までとなっていた契約の全うを待たずして、わずか4カ月で退団することになった。 退団の理由は明らかになっていないが、35歳はすでにイタリアに戻っている模様。今後現役を続けるか、指導者キャリアを目指すかの岐路に立っているようだ。 2022.11.15 21:30 Tue
twitterfacebook
thumb

元伊代表のアントネッリが35歳でキャリアに幕 「みんなに心から感謝」

元イタリア代表DFルカ・アントネッリ(35)が現役引退を表明した。 アントネッリはミランでカルロ・アンチェロッティ監督にプロの世界に導かれ、バーリ、パルマ、ジェノアでプレー。パルマ時代にイタリア代表デビューを遂げるまでに成長すると、2015年2月にミラン復帰を果たした。 第二次ミラン時代には元日本代表MF本田圭佑とも共闘し、2018年8月からエンポリに。2021年2月からはミランのテクニカルディレクターを務めるパオロ・マルディーニ氏らが新設したアメリカのマイアミFCに加入した。 アメリカ2部にあたるUSLチャンピオンシップでのプレーだったが、そこで公式戦19試合に出場した左サイドバックはこのたび、現役生活に終止符。自身のSNSを通じて、現役引退の決断を報告するとともに感謝した。 「そのときが来た。フットボール場でポールと一緒に過ごしてきた人生。その時間に別れの挨拶をするときが来た。また会えるのを願って。ピッチに立ったり、ファンだけが与えられるアドレナリンや、感動を感じられなくなるのは寂しい。このスポーツのおかげで、僕はあらゆる夢が叶った」 「バーリや、パルマ、ジェノア、エンポリ、そしてマイアミFCのクラブ、そこで働くすべての人々、いつも応援してくれるファン、いつも側にいてくれる家族、そして何より、絶対に忘れられないこの旅をともにしたチームメイトたちに感謝したい。みんなに心から感謝する。すごく素敵だった」 2022.11.12 16:55 Sat
twitterfacebook
thumb

2回戦は波乱なし! パルマ&ジェノアのセリエB勢はインテル&ローマと対戦に《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア2回戦が行われ、ラウンド16に進出する8チームが決定した。 今ラウンドでは1回戦を勝ち抜いたウディネ―ゼやトリノ、ボローニャといったセリエA勢とジェノアやパルマといったセリエB勢が参戦した。 前ラウンドではサッスオーロやエンポリ、ヴェローナといったセリエA勢が敗れる波乱もあったが、今ラウンドではトリノやスペツィアがセリエBチーム相手にきっちり勝ち切って波乱は起きず。 ただ、今季セリエAで上位に躍進するウディネーゼがセリエAでボトムハーフにいるモンツァに敗れる波乱も。セリエB勢同士の対戦ではジェノア、パルマが勝ち抜いている。なお、SPALの新指揮官に就任したダニエレ・デ・ロッシ監督は勝てば古巣ローマと対戦予定だったが、ジェノアにその夢を打ち砕かれている。 また、昨季セリエAの上位8チームが参戦するラウンド16以降の決勝トーナメントはすでに組み合わせが決定。パルマはインテルと、ジェノアはローマと対戦することに。なお、ラウンド16は2023年1月中旬に開催予定だ。 ◆コッパ・イタリア2回戦結果 ▽10/18(火) ジェノア(2) 1-0 SPAL(2) トリノ 4-0 チッタデッラ(2) ▽10/19(水) スペツィア 3-1 ブレシア(2) パルマ(2) 1-0 バーリ(2) ウディネーゼ 2-3 モンツァ ▽10/20(木) クレモネーゼ 4-2 モデナ(2) サンプドリア 3-2 アスコリ(2) ボローニャ 1-0 カリアリ(2) ◆ラウンド16対戦カード インテル vs パルマ(2) アタランタ vs スペツィア ラツィオ vs ボローニャ ユベントス vs モンツァ ナポリ vs クレモネーゼ ローマ vs ジェノア(2) フィオレンティーナ vs サンプドリア ミラン vs トリノ ※()内は所属カテゴリー 2022.10.21 06:12 Fri
twitterfacebook
thumb

ディエゴ・ミリート氏が古巣ジェノアの本拠地に! ファンらが大歓声で出迎え

元アルゼンチン代表のディエゴ・ミリート氏が古巣ジェノアの試合観戦に訪れ、ファンから大歓声で迎えられた。 現在43歳のミリート氏は現役時代にジェノアやインテルなどで活躍。2009-10シーズンのイタリア史上初の3冠やUEFA年間最優秀選手賞に輝いたインテル時代の印象が色濃いが、それ以前にジェノアでプレーし、通算94試合60得点という成績を残している。 2016年に36歳で現役引退。プロデビューを飾った母国のラシン・クラブで選手キャリアに終止符を打ち、栄光に満ちたキャリアを称えられ、本拠地近くの道路が自身の名前を冠したものに改称されるなど、惜しまれながらの引退となった。 そんなミリート氏が18日、欧州での飛躍のきっかけとなった古巣ジェノアの本拠地を訪れ、コッパ・イタリア2回戦のジェノアvsSPALを観戦。ハーフタイムにはピッチに降りて挨拶し、スタジアム全体から大歓声を浴びるなど、今もなお根強い人気をうかがわせた。 クラブの公式ツイッターが投稿した写真には、「エル・プリンシペ(王子)は永遠」や「当時と見た目が変わらないね」といったコメントが寄せられている。なお、試合はジェノアが1-0で勝利し、3回戦進出を決めている。 <span class="paragraph-title">【写真】ディエゴ・ミリート氏が古巣ジェノアを訪問</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"> Oggi “El Principe” Milito al Ferraris! <a href="https://t.co/d9Mhd2jXgS">pic.twitter.com/d9Mhd2jXgS</a></p>&mdash; Genoa CFC (@GenoaCFC) <a href="https://twitter.com/GenoaCFC/status/1582450619691900928?ref_src=twsrc%5Etfw">October 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.19 21:26 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly