北アイルランド代表CBマコーリーが39歳で現役引退…WBAで活躍したリーグ屈指のエアバトラー

2019.09.30 17:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
北アイルランド代表DFガレス・マコーリー(39)が30日、自身の公式SNSを通じて現役引退を発表した。

昨シーズン限りでレンジャーズとの契約が終了しフリーとなっていたマコーリーは30日、自身の公式『ツイッター(@G23mcauley)』を通じて、23年のプロキャリアに終止符を打ったことを明かした。

「多くの人たちから今後のプランについて聞かれていたから、今こそ現役引退を決断したことを公にするのに適切な時期だと考えたんだ」

「個人的に23年目となった昨シーズンがプレーヤーとして戦う最後のシーズンになると考えていたし、今がスパイクを脱ぐ適切なタイミングだと思っているよ」

「初めてボールを蹴ったときからいつでも試合を愛していた。同時に勝ちたいという欲求も持ち続けてきたよ。自分のキャリアを通じて実現してきたすべてのことを誇りに思う。そして、北アイルランド、イングランド、スコットランドで素晴らしい対戦相手とプレーできたことを誇りに思うよ。同時に自分の国を代表してプレーしてきた14年間についてもね」

「リンフィールドからスタートしたキャリアの中でWBAではプレミアリーグでプレーする野望も実現できた。最後の移籍では、子供の頃に好きだったレンジャーズと契約するという特別な瞬間も味わうことができた」

「あの青いユニフォームを着ることは僕にとって世界を意味する。だけど、北アイルランドの緑のユニフォームを着ることは僕のプライドを溢れるほどに満たしてくれた」

「あのユニフォームを着て80試合に出場し9ゴールを決めることができた。いつでもプレーを楽しむことができたし、多くの人からのサポートに対して永遠に感謝し続けると思う」

「今は妻のフラン、息子のボビー、娘のアレクシスと一緒に長年経験できなかった幾つかのことを楽しみたいと思っているよ」

母国北アイルランドのリンフィールドでプロデビューしたマコーリーは、これまでリンカーンやレスター・シティ、イプスウィッチなどでのプレーを経て、2011年にWBAに加入。

2011-12シーズンにプレミアリーグデビューを果たすと、191cmの長身と屈強なフィジカル、闘争心を武器にリーグ屈指のエアバトラーとして長年同クラブの最終ラインを支えてきた。2016-17シーズンにはキャリアハイの6ゴールを記録するなど、在籍7年間でリーグ戦203試合15ゴールの数字を残していた。

その後、WBAのチャンピオンシップ(イングランド2部)降格に伴い、昨夏にはスティーブン・ジェラード監督率いるスコットランドの名門レンジャーズに移籍し、昨季はリーグ戦7試合に出場していた。

2005年にデビューを飾った北アイルランド代表では、通算80試合に出場し9ゴールを記録。自身初の大舞台となったユーロ2016ではグループステージのウクライナ代表戦で、チームを国際主要大会初勝利に導く決勝点を記録。その一方で、ラウンド16のウェールズ代表戦では敗退に繋がる不運なオウンゴールも献上していた。

また、今年初めには北アイルランド代表での功績が認められ、大英帝国勲章を授与されていた。

関連ニュース
thumb

早くもシーズンベストゴールが決まり!?ワトフォードFWが自陣からスーパーシュートを突き刺す

早くもシーズンベスト級のゴールが生まれた。 続々と開幕を迎えている欧州サッカー。チャンピオンシップ(イングランド2部)もすでに開幕を迎えており、8日には第2節が開催。プレミアリーグから降格したワトフォードはWBAとアウェイで対戦した。 そして12分にはワトフォードに目が覚めるようなスーパーゴールが生まれる。自陣へのハイボールを味方がクリアすると、ハーフウェイライン手前のイスマイラ・サールが収める。反転して前を向くと、そのままの勢いでロングシュートを放った。 グングンと伸びるシュートはボックス前まで出ていた相手GKの頭上を越え、そのままゴールネットを揺らした。 しかし、ワトフォードはその後同点に追い付かれると、73分に獲得したPKはサールが失敗。1-1の引き分けに終わっている。 残念ながらヒーローにはなり損ねたサールだったが、早くも生まれたスーパーゴールには、ファンからも「シーズンベストゴールだ!」、「脱帽だ」、「ファーストタッチから上手い」、「美しい」と称賛の声が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】シーズンベストゴール!?自陣からのスーパーシュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="wN0TuMsC7zA";var video_start = 31;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.10 05:45 Wed
twitterfacebook
thumb

WBAがトルコ代表MFヨクシュルを獲得! 1年半ぶりの古巣帰還に

チャンピオンシップ(イングランド2部)のWBAは18日、セルタを退団したトルコ代表MFオカイ・ヨクシュル(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの3年となる。 母国のアルタイでキャリアをスタートし、カイセリスポル、トラブゾンスポルを経て、2018年夏にセルタへ加入したヨクシュル。加入2シーズンはセントラルMFの主力として活躍したものの、3年目となった2020-21シーズンに序列が下がると、2021年冬にWBAへレンタル移籍。 レンタルバックした昨シーズンはセルタでラ・リーガ8試合の出場に留まっていた中、残留争いに身を置いていたヘタフェに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。 そのヘタフェでは本職の中盤に加えて3バックの一角で起用され、ラ・リーガ11試合に出場した。 ヘタフェが買い取りオプション行使を見送り、今夏にセルタとの契約を解消したことで、幾つかのクラブからオファーが届いていたが、トルコ代表で39キャップを刻む27歳は、プレミアリーグ昇格を目指す古巣への移籍を決断した。 2022.07.19 11:22 Tue
twitterfacebook
thumb

C・パレスがイングランド代表GKジョンストンを獲得 フリー加入の4年契約

クリスタル・パレスは1日、イングランド代表GKサム・ジョンストン(29)の獲得を発表した。WBAとは昨季限りで契約切れのため、フリートランスファーでの加入。C・パレスとは4年契約を締結した。 ジョンストンはマンチェスター・ユナイテッドのアカデミーあがりだが、トップチームで出場機会に恵まれず、複数のローン移籍を経験。そのなかで、2016-17シーズンから2年間を過ごしたアストン・ビラで頭角を表すと、2018年夏にWBA入りした。 その当時のWBAはチャンピオンシップでの出直しを強いられたチームだったが、ユナイテッドからの完全移籍で加わり、公式戦通算167試合に出場。昨季もチャンピオンシップながら36試合の出場して、試合数を下回る33失点と15回の無失点を記録した。 イングランド代表でも昨年6月にAデビューも果たした実力者を巡ってはWBAから契約延長オファーもあったとされるが、それを固辞。今秋のカタール・ワールドカップ出場も視野に入れての移籍が取り沙汰され、C・パレス行きが有力視される状況だった。 久々にプレミアリーグの舞台に返り咲くジョンストンは「C・パレスに来られて、本当にワクワクしている。素晴らしい施設があって、素晴らしいサポーターがいる素晴らしいクラブだ。ここで始めるのが待ちきれないね」と喜びの心境を語っている。 昨季のC・パレスではスペイン人GKビセンテ・グアイタが守護神に君臨。セカンドGKを担う元イングランド代表GKジャック・バトランドに移籍が噂されるが、新たにジョンストンも加わり、来季の守護神争いはさらに激化しそうだ。 2022.07.02 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

元イングランド代表FWキャロル、検査不合格でクラブ・ブルージュ移籍がとん挫

元イングランド代表FWアンディ・キャロル(33)のクラブ・ブルージュ移籍がとん挫してしまったようだ。 かつてリバプールにも在籍したキャロル。2020-21シーズン限りで古巣ニューカッスル・ユナイテッドを退団した後、しばらくフリーの状況が続いたなか、昨年11月に今年1月までの超短期契約でレディング入りした後、今季いっぱいの契約でWBAに加入した。 ベルギー『HLN』によると、身長193cmの元代表ストライカーは次の新天地としてキャリア初の国外移籍を目指し、ジュピラー・プロ・リーグのクラブ・ブルージュ行きに迫った模様。ただ、入団に際した検査で不十分な結果が導き出されて、破談したという。 キャロルは2011年冬に加入したリバプール時代から故障癖があるが、レディングとWBAで過ごした2021-22シーズンはチャンピオンシップで23試合に出場(5ゴール)。リーグ戦で20試合以上に出場したのはウェストハム時代の2015-16シーズン以来だった。 なお、イギリス『デイリー・メール』によると、キャロルは今月初旬にビリー・マックロウさんと結婚。ハネムーンでメキシコに出かけた後にクラブ・ブルージュ移籍に際してのメディカルチェックを受け、獲得が見送られてしまったとのことだ。 2022.06.26 12:35 Sun
twitterfacebook
thumb

C・パレス、WBA退団のGKサム・ジョンストン獲得へ

クリスタル・パレスがWBAを退団したイングランド代表GKサム・ジョンストン(29)を獲得することで合意に至ったようだ。著名なイングランド人ジャーナリストであるアラン・ニクソン氏が報じている。 マンチェスター・ユナイテッドのユース出身であるジョンストンは、トップチームでの出場機会はなかったものの、2016-17シーズンから2シーズン在籍したアストン・ビラで台頭。2018年にはユナイテッドからの完全移籍でWBAに加入した。 そのWBAでは2020-21シーズンのプレミアリーグでのプレーを含め、在籍4シーズンで公式戦167試合に出場するなど守護神として活躍。また、出場試合数は3試合に留まるが、定期的にイングランド代表にも招集されている実力者だ。 WBAとの契約延長を固辞し、今シーズン限りでの退団が決定したイングランド代表GKに関しては、トッテナムなど幾つかのプレミアリーグのクラブが関心を示してきたが、新天地はイーグルスになる模様だ。 ニクソン氏によると、ジョンストンとパレスは2026年までの4年契約という条件で合意。近日中にも移籍が公式にアナウンスされる見込みだ。 今シーズンのパレスではスペイン人GKビセンテ・グアイタ(35)が守護神を担い、元イングランド代表GKジャック・バトランド(29)がセカンドGKを担ってきた。だが、グアイタと守護神を争うジョンストンの加入によって、バトランドの移籍が濃厚となった模様だ。 2022.06.18 15:20 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly