【J1ピックアッププレビュー】残留と優勝、クラブ史上初の偉業へ近づく勝ち点3を掴むのは?《松本vsFC東京》

2019.09.28 22:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第27節が28日から29日にかけて開催。29日のサンプロ アルウィンでは、17位・松本山雅FC(勝ち点24)が、首位・FC東京(勝ち点52)を迎える。残留と優勝。立ち位置、目標は違えど、両者にとって勝ち点3を渇望する一戦だ。

◆首位相手から狙う残留接近への金星~松本山雅FC~
ここ数試合では地道に勝ち点を積み上げ、残留への兆しを見せていた松本だが、前節のヴィッセル神戸戦で4試合ぶりの黒星。開始13分に先制点を許したことで流れを引き渡してしまい、80分に追加点。FWセルジーニョのゴールで意地を見せるも、1-2で敗れた。

課題は依然として「16」点というリーグワーストの得点力。そんななか、8月に長期離脱から復帰したセルジーニョに前節、ようやくJ1初ゴールが生まれたことは一つの光明だ。また、8日に加入したばかりで神戸戦は出場がなかったギニアビサウ代表FWイズマのコンディションや、チームの攻撃面の確認をこの2週間でどれだけできたかも、今後の残留争いに向けて注目だ。

現在、残留圏の15位・浦和レッズ(勝ち点31)との勝ち点差は「7」、プレーオフ圏16位・サガン鳥栖(勝ち点27)との勝ち点差は「3」。残り8試合であることを考えれば、首位・FC東京が相手と言えど勝ち点3が欲しいところ。そのためにも、まずは前線からの守備とハードワークで得点源の2トップに良い形でボールを運ばせないことが大事になる。その中で少ないことが予想される決定機を仕留められるか。

他会場を含めた結果次第では、16位浮上に加え、上を行くライバルたちとの差を一気に縮めることが可能。首位撃破でクラブ史上初のJ1残留に近づくことはできるか。

◆未知の戦い、首位陥落の圧力に耐えれるか~FC東京~
対するFC東京は、クラブ史上初のJ1優勝へ試練の時を迎えようとしている。アウェイ8連戦の3試合目となった前節の2位・鹿島アントラーズとの直接対決では、試合開始直後に先制点を奪われると、その後、チャンスを多く創るも決めきれず、追加点を奪われて2-0で敗戦。常勝軍団の勝負強さに屈し、勝ち点差を「1」に縮められた。

アウェイの連戦に加え、優勝争いのプレッシャー。FC東京にとってはここから未知の戦いが始まる。だが、これを乗り越えることができなければ、悲願が成就することはない。

まずは今節、大一番で敗れたショックをきっちりと払しょくできるか。順位や力関係を見れば有利であることは間違いない。しかし、相手も残留に向けて勝ち点3を渇望。油断は禁物だ。ポイントロスがあれば、首位から陥落する可能性もある状況。これまで首位を独走し続けてきた長谷川トーキョーの底力が試される。


【予想スタメン&フォーメーション】
◆松本山雅FC[3-4-2-1]
(C)CWS Brains, LTD.

GK:守田達弥
DF:橋内優也、飯田真輝、水本裕貴
MF:田中隼磨、藤田息吹、パウリーニョ、高橋諒
MF:中美慶哉、セルジーニョ
FW:阪野豊史
監督:反町康治

前節からの変更はなしか。前節、久々の先発出場を飾ったMF中美慶哉は2試合連続のスタメンか。最前線にはFW阪野豊史。昨年の天皇杯ではFC東京からゴールを決めており、その再現で首位撃破に貢献できるか。

◆FC東京[4-4-2]
(C)CWS Brains, LTD.

GK:林彰洋
DF:室屋成、渡辺剛、森重真人、オ・ジェソク
MF:大森晃太郎、橋本拳人、高萩洋次郎、東慶悟
FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑
監督:長谷川健太

対するFC東京も前節と同様の先発メンバーを送り出すことを予想。負傷中のDF小川諒也は引き続き欠場。前節、無得点に終わったFWディエゴ・オリヴェイラ、FW永井謙佑ら攻撃陣の奮起に期待だ。

【注目選手】
◆FWセルジーニョ(松本山雅FC)
(C)CWS Brains, LTD
首位撃破のカギを握るのは、セルジーニョだ。初のJ1挑戦となった今シーズン、序盤は苦戦が続き、中盤には負傷離脱に悩まされた。それでも8月10日に行われた第21節の川崎フロンターレ戦で復帰を果たすと、徐々に調子を上げ、前節、ついにJ1初ゴールを記録。これをきっかけに逆転残留を目指すチームの救世主となれるか。

◆FW永井謙佑(FC東京)
(C)J.LEAGUE
対するFC東京の注目選手は、永井だ。前節の鹿島との大一番では幾多のチャンスに顔を出すもどれもゴールに結びつけることができず、不発に。重要な一戦で結果を残せず、悔しい思いをしたはずだ。それを晴らすためにも今節は挽回に強く意気込んでいるはず。今シーズンのリーグ戦では自身が決めれば全勝。勝利に導くゴールでリーグ優勝に向けて再発進できるか。

◆通算成績はFC東京が全勝…松本が狙うべきは後半?
残留と優勝。クラブ史上初の偉業を目指す両者が激突する。17位・松本は残留圏まで勝ち点差が「7」、首位・FC東京は2位・鹿島との勝ち点差が「1」となっているだけに、どちらも勝利を渇望する一戦。白熱したゲームが期待できそうだ。

これまでの通算成績はFC東京が3戦全勝。現在の状況から見てもFC東京に分があることは否めない。だが、優勝争いのプレッシャーが試合を予想外の方向に持ってくことも十分にあり得る。

松本はここまでの16得点のうち、10得点が後半に決めたもの。一方、FC東京は21失点のうち、16失点が後半。このデータから見ても松本はいかに前半を耐え抜き、FC東京に圧力をかけられるかが、一つポイントとなりそうだ。

目標達成への大きな勝ち点3を掴むのは、松本か、FC東京か。試合は29日の14時にキックオフを迎える。
コメント
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第4節:大分vs神戸】選手交代がカギ? 采配的中の大分か、タレントの神戸か

【明治安田生命J1リーグ第4節】 2020年7月11日(土) 19:00キックオフ 大分トリニータ vs ヴィッセル神戸 [昭和電工ドーム大分] ◆采配的中、3連戦で3連勝を【大分トリニータ】 開幕戦こそセレッソ大阪に敗れた大分だが、再開後の2試合では複数得点でサガン鳥栖、サンフレッチェ広島に連勝した。 前節は今シーズン無失点で連勝を記録していた広島を相手に逆転勝利。複数得点の広島を1失点に抑えたことも素晴らしいが、終盤の2ゴールで勝ち切ったチーム力は光るものがある。 再開初戦の鳥栖戦では途中出場のMF田中達也が2ゴールを記録。広島戦では、途中出場のFW髙澤優也、FW三平和司がゴールを記録した。 片野坂知宏監督の下、自分たちの戦い方を持つ大分だが、多くの選手が入れ替わった今シーズンもそのスタイルを継続。5枚のカードを効果的に使える監督の手腕にも注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:高木駿 DF:岩田智輝、鈴木義宜、三竿雄斗 MF:松本怜、小林裕紀、長谷川雄志、香川勇気 FW:田中達也、渡大生 FW:知念慶 監督:片野坂知宏 ◆九州での連戦を連勝で終われるか【ヴィッセル神戸】 前節はサガン鳥栖とアウェイで対戦した神戸。苦しい展開となったものの、アンドレス・イニエスタが一発で試合を決定づけるプレーを見せ、ドウグラスのゴールで0-1と勝利を収めた。 我慢強く戦い、一瞬の判断で相手の牙城を崩すだけの力を持つ神戸。手詰まりであることに焦ることがなくなったのは不気味とも言える。 大分戦は3バックに両ウイングバックと対峙するシーンが多くなるが、互いにボールを握るスタイルだけに、どちらが主導権を握るかが勝敗を分けることになりそうだ。 神戸で気になるところは、この連戦でスターティングメンバーをあまり変えていない所。前半から畳み掛けるのか、それとも後半に手札を残すのか。トルステン・フィンク監督の決断にも注目だ。 ★予想スタメン[3-4-3] GK:飯倉大樹 DF:ダンクレー、大崎玲央、渡部博文 MF:西大伍、山口蛍、酒井高徳 MF:アンドレス・イニエスタ FW:小川慶治朗、ドウグラス、古橋亨梧 監督:トルステン・フィンク 2020.07.11 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第4節:川崎Fvs柏】波に乗る川崎F、波に乗れていない柏

【明治安田生命J1リーグ第4節】 2020年7月11日(土) 19:00キックオフ 川崎フロンターレ vs 柏レイソル [等々力陸上競技場] ◆“多摩川クラシコ”の勢いそのままに3連勝へ【川崎フロンターレ】 3連戦の3試合目。先陣を切る川崎Fは、前節のFC東京との“多摩川クラシコ”で0-4と大勝を収めた。 マンマーク気味のFC東京の守備を華麗にいなすパスワークは今シーズンも健在。相手にハメられることなく、一気に4ゴールを奪ってカタをつけた。 特に、昨シーズンはフィットに時間がかかったレアンドロ・ダミアンが完全にフィット。アシスト、ゴールと結果を残し、4ゴール全てに絡む活躍を見せたことは、チームとしても大きな収穫だっただろう。 パスワーク、サイド攻撃と改めて攻撃の川崎Fを見せた試合。今節はホームのファン・サポーターも制限がありながらスタンド観戦。声援という最高のアシストを受け、一気に3連勝と行きたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:家長昭博、田中碧、大島僚太 FW:旗手怜央、レアンドロ・ダミアン、長谷川竜也 監督:鬼木達 ◆ポゼッション志向の相手に連敗は避けたい【柏レイソル】 前節は昨シーズンはともに昇格を目指していた横浜FCと対戦。しかし、ポゼッションを志向する横浜FCに対し、守備がまったくハマらず苦しい展開となった。 その結果、攻撃面も上手くいかず、カウンターから失点。追いつくも、パフォーマンスは上がらず、1-3で敗れた。 柏は新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、この中断期間に対外試合を行って来なかった。実戦形式のトレーニングは行うものの、対外試合とは別物。そのため、インテンシティという点では厳しさが散見され、連戦で選手の試合体力も足りていない印象だ。 今節は横浜FCと同様にポゼッション志向の川崎F。さらに強力な攻撃陣を誇る相手だけに、主導権をにぎらせないようにできるかが勝敗のカギを握る。 ★予想スタメン[4-1-4-1] GK:キム・スンギュ DF:高橋峻希、高橋祐治、鎌田次郎、古賀太陽 MF:ヒシャルジソン MF:マテウス・サヴィオ、大谷秀和、江坂任、瀬川祐輔 FW:オルンガ 監督:ネルシーニョ 2020.07.11 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第3節:広島vs大分】首位広島、3連勝なるか? 大分は采配ハマり連勝目指す

【明治安田生命J1リーグ第3節】 2020年7月8日(水) 19:00キックオフ サンフレッチェ広島 vs 大分トリニータ [エディオンスタジアム広島] ◆未だ無失点、3連勝で首位キープなるか【サンフレッチェ広島】 開幕戦で鹿島アントラーズを3-0で下していた広島は、再開初戦のヴィッセル神戸戦でも3-0で勝利。順調な滑り出しをしたシーズンとなった。 6得点、無失点という最高のスタートとなった広島は、神戸戦では伏兵の活躍も見せ、チーム力が上がっていることを証明。一方で、MF柏好文が負傷し全治4〜6週間の離脱となったことは大きな痛手と言える。 しかし、ここで結果を残せないようでは上位でシーズンを終えることはできない。チームの底力を見せるのは十分な条件が揃ったと言える。過密日程となる中で、どの選手をピッチに送り込むのか。城福浩監督の采配にも注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:大迫敬介 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:ハイネル、川辺駿、青山敏弘、浅野雄也 FW:ドウグラス・ヴィエイラ、森島司 FW:レアンドロ・ペレイラ 監督:城福浩 ◆“九州ダービー”で勝利、勢いに乗り連勝なるか【大分トリニータ】 大分は開幕戦で敗れていたものの、再開初戦ではサガン鳥栖相手に2-0で勝利。今シーズンの初白星を掴んだ。 簡単ではない試合展開だったが、途中出場のMF田中達也が2ゴールの活躍。GKが起点となったカウンターで2度ゴールを奪う形を見せていた。 ミラーゲームとなることが予想されるが、大分も総力戦でこの試合に臨むはず。広島以上に選手起用が読めないところはあるが、片野坂知宏監督の古巣である首位を叩き、勢いを掴んでおきたいところだろう。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:高木駿 DF:岩田智輝、鈴木義宜、三竿雄斗 MF:松本怜、小林裕紀、長谷川雄志、香川勇気 FW:田中達也、渡大生 FW:知念慶 監督:片野坂知宏 2020.07.08 08:50 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第3節:横浜FMvs湘南】出遅れた両者、“神奈川ダービー”で初白星を掴むのは

【明治安田生命J1リーグ第3節】 2020年7月8日(水) 19:00キックオフ 横浜F・マリノス vs 湘南ベルマーレ [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆つまづいた王者、ダービーで初勝利へ【横浜F・マリノス】 昨シーズンのJ1王者である横浜FMだが、開幕から2試合で勝利なし。前節は浦和レッズを相手に持ち前の攻撃力を発揮したものの、GK西川周作の好パフォーマンスもありノーゴール。0-0のゴールレスドローに終わった。 試合では中断期間中に加入したDF小池龍太、DF實藤友紀、MF天野純がいきなり先発。完全にフィットはしていないものの、アンジェ・ポステコグルー監督が求めるサッカーへの適応は問題なさそうだ。 しかし、試合を重ねるごとに精度を上げていった昨シーズンのことを考えれば、4カ月も中断していたことは大きなマイナスだろう。実際に、浦和戦でも細かなズレが散見。横浜FMが取り組むサッカーには致命傷となる。 まずは今季初勝利へ。リモートマッチの“神奈川ダービー”となるが、ニッパツを熱くさせる勝利を掴みたい。 ★予想スタメン[4-2-1-3] GK:梶川裕嗣 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:喜田拓也、扇原貴宏 MF:天野純 FW:仲川輝人、エリキ、遠藤渓太 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆守備で耐え、ゴールをこじ開けることができるか【湘南ベルマーレ】 昨シーズンは参入プレーオフの末になんとか残留した湘南。しかし、新たに迎えたJ1のシーズンも連敗スタートと苦しい状況となっている。 開幕戦は浦和レッズとの打ち合いとなったが、一転して再開初戦はベガルタ仙台との対戦で0-1と敗戦。守備面では一定のパフォーマンスを発揮したが、やはり得点力という点ではまだまだ課題を解決できてはいないようだ。 前節は1失点に抑えたが、今節の相手は屈指の攻撃力を誇る横浜FM。まずはゼロで抑えつつ、前掛かりになった横浜FM守備陣のスペースを突き、カウンターでゴールを奪いたい。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:富居大樹 DF:岡本拓也、坂圭祐、大岩一貴 MF:石原広教、福田晃斗、鈴木冬一 MF:齊藤未月、松田天馬 FW:タリク、石原直樹 監督:浮嶋敏 2020.07.08 08:20 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第3節:柏vs横浜FC】昨季は昇格を争った両者がJ1の舞台で火花を散らす

【明治安田生命J1リーグ第3節】 2020年7月8日(水) 18:30キックオフ 柏レイソル vs 横浜FC [三協フロンテア柏スタジアム] ◆代役もバッチリ、必殺のカウンター発動なるか【柏レイソル】 再開初戦はホームでFC東京と対戦。中盤の潰し役となっていたヒシャルジソンが2度の警告で退場処分に。数的不利となった直後のCKで失点し、0-1で敗戦となっていた。昨シーズンのJ1優勝争いをしていたFC東京相手に、昨シーズンはJ2で戦っていた柏は善戦。それだけに悔しい敗戦と言えるだろう。 その柏がホームに迎えるのは、昇格を争った横浜FCだ。開幕から3試合連続ホームゲームとなる柏だが、ヒシャルジソンの代役は途中出場したMF戸嶋祥郎となるだろう。カバー範囲の広さはヒシャルジソンに匹敵。1アンカーを務めるにはうってつけだ。 中3日での試合となる柏だが、ターンオーバーも考えられるだろう。FC東京戦でメンバー外となったFWクリスティアーノはポゼッション志向の横浜FCにはうってつけの選手。攻撃陣は多少の入れ替えもあり得ると予想する。 ★予想スタメン[4-1-4-1] GK:キム・スンギュ DF:高橋峻希、染谷悠太、鎌田次郎、古賀太陽 MF:戸嶋祥郎 MF:クリスティアーノ、大谷秀和、江坂任、瀬川祐輔 FW:オルンガ 監督:ネルシーニョ ◆ポゼッション志向の片鱗は確認、古巣に挑む【横浜FC】 対する横浜FCは、再開初戦の北海道コンサドーレ札幌戦で1-2と敗戦。結果こそ伴わなかったが、中断期間中に取り組んだ3バックとより強まったポゼッションサッカーは期待感が持てるものとなった。 ゴールこそ1つに終わったが、一美和成と斉藤光毅の若き2トップが攻撃を牽引。一美はゴール前での駆け引きに秀で、先制ゴールは見事と言える動きを見せた。 斉藤も果敢にドリブルを仕掛け、あわやというシーンも作っていた。また、両ウイングバックのマギーニョと志知孝明の攻撃参加も魅力。ビルドアップがうまくハマれば、柏守備陣を崩すことも可能になる。 昨シーズンはJ2でしのぎを削った相手だけに、戦い方も熟知している両者。横浜FCとしては、J1の舞台で13年ぶりに勝利し、勢いに乗りたいところだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:六反勇治 DF:星キョーワァン、田代真一、小林友希 MF:マギーニョ、佐藤謙介、志知孝明 MF:中山克広、瀬古樹 FW:一美和成、斉藤光毅 監督:下平隆宏 2020.07.08 07:30 Wed
twitterfacebook