相模原FWジョン・ガブリエル、関東1部の栃木シティFCに期限付き移籍

2019.08.27 08:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
SC相模原は27日、ブラジル人FWジョン・ガブリエル(23)が関東1部リーグの栃木シティフットボールクラブに期限付き移籍することを発表した。移籍期間は2019年12月31日まで。

ジョン・ガブリエルは2017年にクルゼイロから相模原に加入。今シーズンはここまで明治安田生命J3リーグで16試合4ゴールを記録していた。

栃木シティFCへの期限付き移籍が決定したジョン・ガブリエルは、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆栃木シティフットボールクラブ
「皆さんこんにちは。全力を尽くして自分のサッカーを皆さんにお見せし、今シーズンの目標をチームが達成できる力になりたいと思います」

◆SC相模原
「まず2017年から良いときも悪いときも支えて下さった皆さんに感謝します。皆さんの愛情は決して忘れません。パーフェクトではなかったかも知れませんが、これまでチームや相模原の皆さんの為に全力を尽くして来ました。今回チームを離れる事となりましたが、これからも皆さんが幸せであるように願っています」

関連ニュース
thumb

相模原のDF夛田凌輔に第二子となる長男が誕生

SC相模原は21日、DF夛田凌輔(29)に第二子が誕生したことを発表した。 18日に誕生した第二子は男の子とのこと。第一子は女の子であり、夛田にとっての長男となる。 夛田はクラブを通じてコメントをしている。 「9月18日に、第二子となる男の子が生まれました。家族も4人になり、今以上に頑張らないとと気が引き締まりました。これからも頑張ります。引き続き応援よろしくお願いします。」 夛田は今季ここまで公式戦26試合に出場。25日には明治安田生命J2リーグ第31節の大宮アルディージャ戦を控えており、第二子に捧げる活躍が期待される。 2021.09.21 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

名古屋MF児玉駿斗が相模原に育成型レンタル 「全力で挑戦」

SC相模原は20日、名古屋グランパスからMF児玉駿斗(22)の育成型期限付き移籍を発表した。加入期間は2022年1月31日まで。背番号「40」を着用する。 児玉は東海学園大学在学中にも特別指定選手として在籍した名古屋に今季入団。だが、ここまで出番がなかった。武者修行決定を受け、相模原を通じて意気込みを語っている。 「名古屋グランパスから育成型期限付き移籍で加入しました児玉駿斗です。SC相模原の勝利に貢献できるよう全力で頑張ります。ファン・サポーターの皆さまの前でプレーできることを楽しみにしています。応援よろしくお願いします!」 一方、名古屋を通じては「シーズン途中での移籍となりますが、グランパスでの経験を活かし、相模原で頑張ってきます! 皆さんに成長した姿をお見せできるよう全力で挑戦します」とコメントした。 2021.09.20 11:20 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤のFK弾などで逆転の磐田が首位浮上、相模原は藤本のPKで競り勝ち最下位脱出【明治安田J2第25節】

明治安田生命J2リーグ第25節の6試合が14日に各地で行われた。 この日は悪天候や新型コロナウイルスの影響で松本山雅FCvs京都サンガF.C.戦を含む4試合が中止となった。 ヤマハスタジアム(磐田)では2位磐田(勝ち点49)は9位東京Vが対戦した。先に試合を動かしたのは押されていたアウェイの東京V。縦パスを奪ってカウンターを仕掛けると、山下、佐藤とつなぎ、最後はスルーパスを受けた森田がボックス右からフィニッシュ。前節から右サイドバックを務めている森田が、ここでもタイミングの良いオーバーラップからニアを抜く見事なシュートを沈めて東京Vが先制した。 追い掛ける磐田はルキアンがペナルティアーク付近でファウルを受けてFKを得ると、ボールの前には遠藤がスタンバイ。短い助走から右足を振り抜くと、あるべき場所へと収まるように美しい軌道で右隅へと吸い込まれた。 同点で迎えた後半の頭にも遠藤の右足からチャンスが生まれる。52分、磐田は左からのCKを得ると、遠藤のクロスに山田が頭で合わせて逆転に成功。終盤は相手にボールを持たれる時間が増えたものの、シュートシーンまでは作らせず。4試合ぶりに3ポイントを手にし、暫定ながら首位に返り咲いた。 新加入の武田を加入後初のスタメンで起用した3位琉球 (勝ち点47)は、ホームに11位水戸を迎えての一戦。ゴールレスで前半を終えると、65分に高い位置でボールを失い、途中出場の水戸・松崎にドリブルからの一発を浴びてしまう。以降は追い掛ける中で最後まで決め手を欠き、黒星を喫した。 4位新潟 (勝ち点46)は千葉とアウェイで対戦した。前半はハイプレスを決行する千葉に終始圧倒されて劣勢の時間が続く。千葉は矢田が空中戦の着地の際に相手選手と交錯し、頭部から出血するアクシデント。船山との交代を余儀なくされたが、その船山は40分にクロスバー直撃のFKを浴びせるなど存在感を示す。 後半は新潟にも負傷交代者が。GK小島がハイボールを処理した際に見木と接触し、頭から嫌な落ち方をしてしまう。担架で運ばれ、GK藤田との交代となった。 自動昇格圏返り咲きのためにも負けられない新潟は、61分にキャプテン・堀米のクロスがDFとGKの間を抜けてファーのロメロまで届くが、フリーで合わせたシュートは枠の左へ外れた。終盤には新潟が髙沢、千葉は檀崎といった前線の新加入選手を送り込むも、限られた時間で結果を残すことはできず、両チームゴールレスで試合を終えた。 この夏に積極的な補強を行った最下位の相模原(勝ち点17)は、6戦負けなし中の6位甲府(勝ち点44)とホームで対戦。降りしきる雨の中、左サイドの深い位置でFKを得ると、藤本のクロスがクリアされ、こぼれ球に反応した川上がミドル。相手に当たってコースが変わり、幸先よく先制点を奪うも、ウィリアン・リラに13試合ぶりのゴールを許して同点とされる。 それでも相模原は1-1で迎えた56分、兒玉からの斜めのパスを受けた澤上がボックス内で粘ってPKを獲得。藤本がGKの逆を突いてきっちりと決めると、これが決勝点に。3試合ぶりの勝利で、暫定ながら最下位を脱出した。 その他の試合は以下の通り。 ◆第25節 ▽8/14(土) ジェフユナイテッド千葉 0-0 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">SC相模原</span> 2-1 ヴァンフォーレ甲府 FC琉球 0-1 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">水戸ホーリーホック</span> 大宮アルディージャ 1-1 ブラウブリッツ秋田 FC町田ゼルビア 1-1 ファジアーノ岡山 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田</span> 2-1 東京ヴェルディ 栃木SC vs ザスパクサツ群馬※新型コロナウイルスの影響により中止 レノファ山口FC vs ツエーゲン金沢※悪天候のため中止 松本山雅FC vs 京都サンガF.C. ※悪天候のため中止 V・ファーレン長崎 vs モンテディオ山形※悪天候のため中止 ▽8/15(日) 《19:00》 愛媛FC vs ギラヴァンツ北九州 2021.08.14 21:51 Sat
twitterfacebook
thumb

J2最下位の相模原が8人目の補強、東京VのMF松橋優安を期限付きで獲得

SC相模原は10日、東京ヴェルディのMF松橋優安(19)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。東京Vとの試合には出場できない。なお、背番号は「39」となる。 松橋は東京Vの下部組織出身。ジュニア、ジュニアユース、ユースと昇格し、2020年にトップチーム昇格。1シーズン半で明治安田生命J2リーグ通算29試合に出場していた。 松橋は両クラブを通じてコメントしている。 ◆SC相模原 「SC相模原のみなさん、はじめまして! 東京ヴェルディから期限付き移籍で加入することになりました、松橋優安です。チームの力になれるよう全力で闘いたいと思います!よろしくお願いします!」 ◆東京ヴェルディ 「この度、SC相模原に期限付き移籍することになりました。この決断は決して簡単ではありませんでした。僕はヴェルディが大好きです。だけどまだ何も恩返しできていません。だからこそ今よりもさらに強く、たくましく、そして成長して帰ってきます!待っててください。行ってきます!」 相模原は現在明治安田J2で最下位に位置。今夏は途中就任の高木琢也新監督の下、DF藤原優大(19/浦和レッズ)、DF木村誠二(19/FC東京)、MF髙山薫(33/大分トリニータ)、MF兵藤慎剛(36/無所属)、MF成岡輝瑠(19/清水エスパルス)、FW兒玉澪王斗(19/サガン鳥栖)、FW澤上竜二(27/セレッソ大阪)と若手を中心にすでに7選手を補強しており、松橋が8人目の補強となった。 2021.08.10 11:23 Tue
twitterfacebook
thumb

「チャレンジすることに決めました」 相模原FW和田昌士が期限付きで岩手へ!

いわてグルージャ盛岡は7日、SC相模原からFW和田昌士(24)の期限付き移籍加入を発表した。移籍期間は2022年1月31日まで。背番号は「45」を着用する。 和田は横浜F・マリノスの下部組織出身で、2015年にトップチーム昇格。その後、レノファ山口FC、ブラウブリッツ秋田を経て、2020年から相模原入りした。 移籍初年度の昨季は明治安田生命J3リーグ33試合の出場で4得点を記録。チームがJ2リーグ昇格の今季もここまで20試合に出場して1得点という数字だった。 J2昇格を目指す岩手での挑戦を選択した和田はクラブを通じて「お話をいただき、J2昇格の力になりたいと強く思い、この移籍を決断しました。厳しいリーグ戦を勝ち抜いて昇格できるよう頑張ります! よろしくお願いします!」とコメントした。 一方、相模原を通じては「このタイミングでチームを離れてしまうこと、非常に残念に思います」と複雑な心境を明かしつつ、新天地での活躍を誓った。 「厳しい残留争いの中、なんとかチームの力になりたかったのですが、盛岡という新しい地でプレーすることを一選手として考え、チャレンジすることに決めました」 「SC相模原がJ2残留できるよう心から願っています。チームに関わるスタッフ、選手、サポーターの皆さんには本当に感謝しています。ありがとうございました」 2021.08.07 13:20 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly