オリンピアコスがポルト下したクラスノダールにホームで4発快勝! デゲネク弾のズヴェズダは敵地で2-2ドロー《CL予選》

2019.08.22 05:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフ1stレグの3試合が21日に行われ、オリンピアコスvsクラスノダールは4-0でオリンピアコスが快勝した。

3回戦でイスタンブールBBSKを下した2大会ぶりの本選出場を目指すオリンピアコスと、MF中島翔哉の所属するポルトを下した初出場を目指すクラスノダールによる本選出場を懸けた一戦。

ヴァルブエナを先発で起用したオリンピアコスが徐々に押し込む展開とすると、30分に先制した。ボックス手前左からゲレーロの放ったコントロールシュートがゴール右に決まった。

一方、ベリやカベラを先発で起用したクラスノダールは、カベラが25分に負傷交代となった中41分、ベリが右ポスト直撃のシュートを浴びせるもオフサイドに阻まれる。

前半終盤、オリンピアコスはポデンセとヴァルブエナがそれぞれ決定的なシュートを浴びせるも、1点のリードで前半を終えた。

迎えた後半もオリンピアコスが押し込む流れが続く中、クラスノダールは59分にチャンス。直前に投入されていたスレイマノフがR・セメドのミスパスをカットしてシュートに持ち込んだが、枠を捉えきれなかった。

それでも、その後もオリンピアコスが攻勢に出ると、78分にカウンターから加点した。3分前に投入されていたランジェロビッチがヴァルブエナのラストパスを受け、ボックス右からゴール左に決めきった。

さらに85分、22歳新鋭のランジェロビッチが大仕事。ボックス手前中央から放ったランジェロビッチのミドルシュートがゴールに突き刺さった。止まらないオリンピアコスは89分にもポデンセが決めてホームで4-0と快勝。来週行われる2ndレグに向けて大きなアドバンテージを手にしている。

また、元横浜F・マリノスのDFデゲネクが先制ゴールを挙げたツルヴェナ・ズヴェズダは、敵地でのヤング・ボーイズ戦を2-2で引き分け、2年連続本選出場へ前進している。その他、21日に開催されたプレーオフ1stレグの試合結果は以下の通り。

◆CL予選プレーオフ1stレグ
▽8/21(水)
オリンピアコス 4-0 クラスノダール
ヤング・ボーイズ 2-2 ツルヴェナ・ズヴェズダ
ディナモ・ザグレブ 2-0 ローゼンボリ

▽8/20(火)
リンツ 0-1 クラブ・ブルージュ
クルージュ 0-1 スラビア・プラハ
アポエル 0-0 アヤックス

関連ニュース
thumb

オリンピアコス、セビージャからロニー・ロペスを買取OP付のレンタルで獲得!

オリンピアコスは17日、セビージャから元ポルトガル代表FWロニー・ロペス(25)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ロニー・ロペスは、ベンフィカの下部組織からマンチェスター・シティの下部組織へと移り、2012年8月にシティのトップチームへ昇格。その後、リールやモナコでの活躍を経て2019年8月にセビージャへ完全移籍した。 しかし、セビージャでは在籍期間に公式戦14試合の出場に留まり、昨シーズンは慣れ親しんだリーグ・アンのニースへレンタル移籍。同クラブでは公式戦33試合5ゴール2アシストと主力として活躍していた。 なお、元ポルトガル代表FW加入するオリンピアコスにはセビージャの元同僚であるチェコ代表GKトマシュ・ヴァツリークが今夏にフリートランスファーで加入している。 2021.08.17 23:03 Tue
twitterfacebook
thumb

オリンピアコス、モナコからナイジェリア代表FWオニェクルを獲得!

オリンピアコスは2日、モナコからナイジェリア代表FWヘンリー・オニェクル(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年となる。 2016–17シーズンのKASオイペンでリーグ戦22ゴールを挙げる活躍でブレイクを果たした左ウイングを主戦場とするアスリート能力に長けたアタッカーは、2017年にエバートンに完全移籍。その後、アンデルレヒト、ガラタサライとレンタル先でまずまずの活躍を見せたが、エバートンではチームの構想に入れず。2019年にモナコを新天地に選択した。 ただ、そのモナコでは在籍2シーズンで公式戦8試合の出場に留まり、昨シーズンは古巣ガラタサライへ2度目のレンタルで帰還。公式戦15試合で5ゴール4アシストの数字を残していた。 2021.08.02 20:51 Mon
twitterfacebook
thumb

ウルブス、パトリシオ後釜にオリンピアコス守護神ジョゼ・サを獲得!

ウォルバーハンプトンは15日、オリンピアコスからポルトガル代表GKジョゼ・サ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの5年となる。 ウルブスは今夏の移籍市場で守護神を務めてきたポルトガル代表GKルイ・パトリシオ(33)がローマに引き抜かれていた。 これを受けて、世界屈指の代理人として知られ、ウルブスのリクルートにも大きな影響力を締めるジョルジュ・メンデス氏は、パトリシオ同様に自身の顧客であるポルトガル代表GKを後釜としてイングランドへ向かわせることになった。 母国ポルトガルのマリティモでプロキャリアをスタートしたジョゼ・サは、ポルトを経て2018年にオリンピアコスに加入。在籍3シーズンで公式戦124試合に出場し、62回のクリーンシートを記録。直近2シーズンのリーグ連覇に大きく貢献した。 なお、ウルブスの新指揮官であるブルーノ・ラージ監督は、ベンフィカの下部組織時代に指導を受けた旧知の仲でもある。さらに、ポルトガル代表MFルベン・ネヴェスは代表チームとポルト時代の元同僚でもある。 2021.07.16 13:32 Fri
twitterfacebook
thumb

オリンピアコスがリールのギニア代表FWアギブ・カマラを完全移籍で獲得

オリンピアコスは13日、リールのギニア代表MFアギブ・カマラ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までとなる。 2019年7月にリールのBチームに加入したカマラは、2020-21シーズンのクープ・ドゥ・フランス3回戦のディジョン戦でファーストチームデビュー。フル出場を果たし、初ゴールも決めていた。 すでにギニア代表デビューも果たし、3試合に出場しているカマラは、2017年のU-17ワールドカップにも出場していた。 オリンピアコスは、同日にチェコ代表GKトマシュ・ヴァツリーク(32)の獲得も発表していた。 2021.07.14 08:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーロで躍動のチェコ代表GKヴァツリークの新天地がオリピアコスに決定!昨季でセビージャを退団

オリピアコスは13日、チェコ代表GKトマシュ・ヴァツリーク(32)の獲得を発表した。 母国のヴィトコヴィツェでプロデビューしたヴァツリークは、スパルタ・プラハやバーゼルなどでのプレーを経て、2018年の夏にセビージャに加入。当時は正GKが不在だったこともあり、すぐにレギュラーの座を掴むと、その後2シーズンに渡って守護神としてゴールマウスを守り、公式戦86試合に出場した。 しかし、2019-20シーズンのラ・リーガ終盤戦にヒザのケガで離脱を強いられると、代わって起用された控えGKボノが覚醒。これにより20-21シーズンは完全に立場が逆転し、ヒザのケガにも見舞われたチェコ代表GKはラ・リーガ5試合、チャンピオンズリーグ2試合、コパ・デル・レイ1試合の出場にとどまると、今月4日にセビージャ退団を発表していた。 また、各年代のチェコ代表に選出されてきたヴァツリークは、フル代表で通算42試合に出場。イタリア代表の優勝で幕を閉じたユーロ2020にも、チェコ代表の正守護神として全試合に出場。ラウンド16では、それまで8ゴールを記録していたオランダ代表を無失点に抑え、2大会ぶりのベスト8進出に貢献した。 2021.07.13 23:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly