岡山DF下口稚葉が長野に育成型期限付き移籍

2019.08.16 16:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
AC長野パルセイロは16日、DF下口稚葉(21)がファジアーノ岡山から育成型期限付き移籍加したことを発表した。

福井県出身の下口はJFAアカデミー福島でユース時代を過ごし、2017年から岡山でプレーしている。今季はここまで明治安田生命J2リーグで8試合に出場。さらなる出場機会と成長を求めて、今回の移籍を決断した。

◆AC長野パルセイロ
「ファジアーノ岡山から加入することになりました下口稚葉です。1日でも早くチームの力になれるように、自分らしく全力でプレーしていきます。応援をよろしくお願いします」
◆ファジアーノ岡山
「このたび、AC長野パルセイロに育成型期限付き移籍することになりました。チームとしてJ1昇格を目指して向かっている中で本当に悩みましたが、自分自身の成長を求めてチャレンジしようと決意しました」

「しっかり結果を求めて、誠心誠意取り組んでいきます。今後とも応援をよろしくお願いします」

関連ニュース
thumb

長野が下部組織出身のMF小西陽向と契約更新「より一層強い気持ちと覚悟を持って」

AC長野パルセイロは10日、MF小西陽向(20)との契約更新を発表した。 小西は地元・長野県長野市出身で、U-15、U-18と長野の下部組織で育った。 2020年にトップチームへ昇格すると、プロ1年目は出番なし。2年目にJ3で3試合に出場すると、3年目の今シーズンは4試合に出場した。 小西はクラブを通じてコメントしている。 「2023シーズンもパルセイロの一員としてプレーする事させていただけることになりました」 「結果を残すために、より一層強い気持ちと覚悟を持って来シーズンに挑みます。来シーズンも熱い応援よろしくお願いします!」 2022.12.10 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

長野、松本の育成出身MF青木安里磨が加入内定

AC長野パルセイロは8日、松本大学サッカー部に所属するMF青木安里磨(22)の2023シーズン加入内定を発表した。 長野県安曇野市出身の青木は松本山雅FCU-15から松商学園高校、松本大学へと進学。今年のデンソーカップチャレンジサッカーではMFオナイウ情滋(新潟医療福祉大学→ベガルタ仙台内定) らとともに北信越選抜チームに選出された。 松本大からはMF濱名真央が松本に来季内定。2023年は対戦相手として"信州ダービー"でしのぎを削ることとなる。 2022.12.08 19:38 Thu
twitterfacebook
thumb

水戸MF音泉翔眞が長野へ期限付き移籍「情熱・覚悟を表現します」

AC長野パルセイロは8日、MF音泉翔眞(26)が水戸ホーリーホックより期限付き移籍で加入すると発表した。契約期間は2024年1月31日までとなり、水戸との公式戦には出場できない。 音泉は関東第一高校から東京国際大学に進学し、卒業後の2019年に関東サッカーリーグ1部の東京23FCに加入。翌20年にJ3リーグのY.S.C.C.横浜へと移籍した。 その翌年には同じくJ3のカターレ富山へ移籍し、リーグ戦28試合3得点。水戸ホーリーホックには今シーズンから在籍し、自身初となるJ2の舞台に。だが、リーグ戦2試合0得点に終わっていた。 音泉は両クラブの公式サイトでコメントを発表している。 ◆水戸ホーリーホック 「水戸ホーリーホックに関わる皆さん1年間ありがとうございました!今年は怪我で思うようにプレー出来なかった自分に、レンタルという形でまだこのチームでサッカーできる可能性を残してくれた水戸ホーリーホックに感謝しています。水戸ホーリーホックのJ1昇格に欠かせない選手として戻って来ます!その為に情熱、覚悟を持って長野の地で闘ってきます。来シーズンはAC長野パルセイロの応援もよろしくお願いします!必ずまた会いましょう!」 ◆AC長野パルセイロ 「長野パルセイロに関わる皆さん、初めまして、水戸ホーリーホックから来ました音泉翔眞です。2023シーズンはAC長野パルセイロと共にJ2昇格を果たし、J2でも堂々と闘えるチーム・選手になる為に来ました。2023シーズンにかける情熱・覚悟を、シーズンを通して表現し続けます。そして必ず体現して見せます。最高のスタジアムで最強に熱すぎる応援をよろしくお願いします」 2022.12.08 13:57 Thu
twitterfacebook
thumb

長野、大卒2年目の矢田貝壮貴が契約更新 「自分の全力を来シーズンにぶつけます!」

AC長野パルセイロは7日、GK矢田貝壮貴(24)の契約更新を発表した。 京都橘高校出身の矢田貝は2021年に大阪体育大学から入団。1年目は明治安田生命J3リーグで12試合に出場したが、今季は3試合のプレーにとどまった。クラブを通じて来季の抱負を語っている。 「ファン・サポーターの皆様、ボランティアスタッフの皆様、スポンサー企業の皆様、2022シーズンもご支援ご声援本当にありがとうございました。2023年シーズンもパルセイロの選手として闘います! 今シーズンはチーム目標である昇格にも個人の目標にも届かず、怪我などもあり苦しく悔しい1年でした」 「また、2年目ながらもGK陣最年長としてもっとできたことがあったのではないかと感じています。来シーズンは自分が1年を通して出場し続け、結果を残すという決意があります。微力ながらも、自分の全力を来シーズンにぶつけます! そして、パルセイロの熱く最高なサポーターの皆さん、共に昇格を掴み取りましょう! 来シーズンも熱い応援を宜しくお願いします!」 2022.12.07 15:40 Wed
twitterfacebook
thumb

長野が6ゴールの山中麗央と契約更新! アカデミー育ちの大卒1年目

AC長野パルセイロは7日、MF山中麗央(23)と2023シーズンの契約を更新したと発表した。 山中は長野県生まれで長野のアカデミー育ちだが、市立長野高校に移り、拓殖大学に進学。その歩みを経て、今季から慣れ親しむ長野でプロキャリアをスタートさせ、明治安田生命J3リーグ23試合に出場して6得点だった。 ルーキーイヤーから結果を出した山中はクラブを通じて決意を新たにしている。 「2022シーズンたくさんのご支援、ご声援いただきありがとうございました。2023シーズンもAC長野パルセイロでプレーさせていただけることになりました。地元選手として、もっともっと長野を盛り上げていきます。来シーズンも一緒に闘いましょう!」 2022.12.07 12:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly