大分、大宮からMF嶋田慎太郎を期限付き移籍で獲得! 「もっと成長したいと思い決断」

2019.08.05 16:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
大分トリニータは5日、大宮アルディージャからMF嶋田慎太郎(23)が期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2020年1月31日までで、背番号は「37」。なお、大宮と対戦する全ての公式戦に出場することができない。

嶋田は2018年にロアッソ熊本から大宮に完全移籍。加入1年目となった昨シーズンは、明治安田生命J2リーグで33試合2ゴールを記録したが、高木琢也監督が就任し、新体制を迎えた今シーズンは、ここまで4試合の出場に留まっていた。

大分への期限付き移籍が決定した嶋田は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆大分トリニータ
「はじめまして、大宮アルディージャから加入しました嶋田慎太郎です。大分トリニータの力になれるよう頑張ります。どうぞよろしくお願いします!」

◆大宮アルディージャ
「シーズン途中でチームを離れることは、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。それでも、サッカー選手としてもっと成長したいと思い決断しました。いつも応援していただいたファン・サポーターの皆さまには心から感謝しています。タイミングが合わず、直接ご挨拶できなかったのは残念ですが、また皆さんに認めてもらえるように頑張ってきます!」

関連ニュース
thumb

大分トリニータの社員が窃盗容疑で逮捕

大分トリニータは28日、クラブの社員が逮捕されたことを発表した。 クラブの発表によると、28日に逮捕されたとのこと。車輌の窃盗容疑とのことだ。 現在も警察による捜査が継続しているとのことで、クラブとしては全面的に協力を行うとしている。 大分はクラブを通じて声明を発表している。 「このような事件が発生し、大分トリニータに関係する全ての皆さまに多大なご迷惑、ご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」 「現在、警察による捜査が継続しておりますが、弊社も全面的に協力していくとともに、事実関係が明らかになり次第、厳正に対処してまいります」 「また、今後このようなことがないよう、再発防止に努めてまいります」 今シーズンの大分はここまで明治安田生命J1リーグで30試合を戦い、5勝6分け19敗の勝ち点21で降格圏の19位に位置している。 2021.09.28 16:55 Tue
twitterfacebook
thumb

名古屋がウノゼロ勝利で3位浮上! 大分は残留のきっかけを掴めず【明治安田J1第30節】

明治安田生命J1リーグ第30節、名古屋グランパスvs大分トリニータが26日に豊田スタジアムで行われ、ホームの名古屋が1-0で勝利を収めた。 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を狙う4位名古屋と残留争いの渦中にある19位大分の一戦。名古屋はACLとの兼ね合いで早期開催22日のFC東京戦から中3日でスタメンを4名変更。好調のシュヴィルツォクをベンチスタートとし、トップ下に柿谷、ワントップに前田が入った。 一方、残留に向けて勝ち点を積み上げたい大分は、ゴールレスドローに終わった前節のバトルオブ九州であるサガン鳥栖戦からスタメンを1名変更。シャドーの位置に入っていた小林成豪に代わり、前線の一角に呉屋を起用した。 試合は3分にマテウスの直接FKで大分ゴールを脅かした名古屋が早々に先制点を挙げる。8分、前田のプレスで大分GKのミスを誘うと、こぼれ球を拾った柿谷がボックス右からクロス。これに反応した前田のシュートは左ポストに直撃するも、中央から詰めてきた稲垣が突き刺してネットを揺らした。 これで勢いに乗った名古屋は、18分にマテウスがカウンターからドリブルで仕掛けゴールに迫り、21分には成瀬が右サイドを駆け上がり鋭いクロスを上げるなど立て続けに襲い掛かる。一方、同点ゴールが欲しい大分も、23分に刀根のロングフィードに抜け出した呉屋がシュートに狙うなど、両チームの激しい攻防が続く。 その後も攻勢を強める名古屋は、38分に右サイドから、39分には左サイドからバイタルエリアに入って攻撃を仕掛けるも、大分が敷く5枚の最終ラインを破ることができず、追加点を奪うことができない。反対に攻撃へ転じたい大分は、守備に全員を割くことにより、カウンターを仕掛ける回数も減少した。 後半に入っても試合の主導権を握る名古屋は、53分にバイタルエリア手前からマテウスがFKで直接狙い、56分には成瀬のアーリークロスに前田が飛び込むもゴールならず。62分にはマテウスのスルーパスに森下が反応するも大分GKがセーブするなど、ボールを握り続け何度もゴールに迫るものの、大分の最終ラインに阻まれ追加点を奪うことができない。 攻め込み続けるもゴールが奪えない名古屋は、試合を決定づけるべく絶好調のシュヴィルツォクと相馬を投入。直後に相馬がペナルティアーク内からシュートを放つと、76分にはシュヴィルツォクがキーパーと1対1の決定機を生み出すもオフサイドの判定になるなど、選手を代えてもチャンスを生かすことができない。 すると、苦しい時間の中で同点弾を与えたくない名古屋にアクシデントが起こる。77分、滑りこみながら相手のシュートをブロックしたキム・ミンテがヒザを負傷して途中交代。攻め込まれる時間が多くなってきた中、最終ラインの交代を行うこととなった。 それでも、最後まで名古屋が猛攻を仕掛けながら6分のアディショナルタイムを守り切って試合終了。両チーム総力を尽くした一戦は名古屋が勝ち切って3位に浮上し、一方の大分は残留に向けた再起のきっかけを掴めず19位に停滞した。 名古屋グランパス 1-0 大分トリニータ 【名古屋】 稲垣祥(前8) 2021.09.26 18:15 Sun
twitterfacebook
thumb

台風で延期となったバトルオブ九州、鳥栖が圧倒も大分の牙城を崩し切れず【明治安田J1第29節】

明治安田生命J1リーグ第29節、サガン鳥栖vs大分トリニータが18日に駅前不動産スタジアムで行われ、ゴールレスドローに終わった。 本来17日に開催が予定されていたが、台風14号の影響により延期となっていたバトルオブ九州。J1での両チームの対戦成績は2勝3分け2敗と、全くの互角となっている。 鳥栖は2-1で勝利した前節の清水エスパルス戦からスタメンを1人変更。飯野が外れ、小泉が先発に名を連ねた。一方の大分は、7試合ぶりに白星をつかんだ前節の湘南ベルマーレ戦と同じ11人をスタメンに並べた。 立ち上がりは大分が攻勢に出たものの、鳥栖がこれをいなして主導権を握る。16分には自陣からのロングボールに反応した酒井が左サイドを抜け出し、ボックス左まで侵入して左足のフィニッシュ。低い弾道のシュートはGK高木に阻まれた。押し込む時間の続く鳥栖は21分にもボックス手前左から仙頭が左足で狙うが、枠の右へ外してしまう。 35分には高い位置で奪ってフィニッシュまでつなげる。前線からプレスを掛けて大分のビルドアップをはめ込むと、最後は距離もある中で樋口がミドル。これはGK高木の正面を突いた。 前半の終了間際には鮮やかなパスワークと個人技で中央を崩す。小屋松が右サイドから中央へグラウンダーのパスを送ると、中野嘉大は大分のDFが密集する真ん中を使う。ボールは間を縫って白崎へとわたり、GK高木と一対一に。だが、ここもGK高木に軍配が上がった。 ゴールレスで折り返した後半も、ゲームは依然として鳥栖ペースで進む。56分には右クロスのこぼれ球から小泉がボックス内からグラウンダーで狙うが、これもGK高木に阻まれた。 66分にも鳥栖に決定機が訪れる。大畑が縦にボールを入れると、酒井がボックス左で受けてフェイントを織り交ぜて折り返す。ニアで小屋松が合わせると、シュートはポストで跳ね返り、GK高木に当たってゴールに吸い込まれた。しかし、オフサイドディレイの結果、遅れてフラッグアップ。VARのチェックでも判定は変わらなかった。 その3分後には大分にもようやく大きなチャンスが。右CKを得て下田がクロスを入れると、これはクリアされたがこぼれ球を拾って自らシュート。あまり角度のない位置からの強烈なシュートは、枠を捉えていたがGK朴一圭に防がれた。 攻め込む時間が続きながらも大分の牙城を崩せない鳥栖。79分には中野嘉大が中央でボールをキープし、左を上がってきた酒井を使う。左足で折り返すと、ファーで待っていた途中出場の飯野が右足ボレーで合わせたが、クロスバーの上へ外してしまう。 さらに88分、ボックス手前で樋口が倒されてFKを獲得すると、2戦連続で決勝FKを沈めているエドゥアルドと見せかけて樋口が狙う。だが、これも壁に当ててしまった。 ひたすら耐える展開となっていた大分は後半のアディショナルタイムに増山を投入すると、その増山が縦への突破から続けざまにCKを得る。大分のセットプレーが続くなか、アディショナルタイムの5分が過ぎて下田のキックがGK朴一圭にパンチングでクリアされたところで試合終了のホイッスル。両チーム無得点で試合を終えた。 一方的に攻め込んだ鳥栖だったが最後までゴールが遠く、3連勝とはならず。対する大分は我慢の展開ながらも、残留に向けて貴重な勝ち点1を積み上げた。 サガン鳥栖 0-0 大分トリニータ 2021.09.18 21:56 Sat
twitterfacebook
thumb

台風14号の影響で中止の鳥栖vs大分、18日の19時に開催

Jリーグは17日、中止が決定していた17日開催予定の明治安田生命J1リーグ第29節のサガン鳥栖vs大分トリニータに関して、代替日が決定したことを発表した。 現在日本列島に近づいている台風14号の影響で、来場者の安全確保や安全な試合進行が困難と判断し、中止となった一戦。代替日は明日18日(土)の19時から鳥栖の本拠地である駅前不動産スタジアムでキックオフとなる。 台風14号は、九州西側の海上を東に進んでいる状況。夕方にも九州北部に上陸することが見込まれており、すでに九州や四国では非常に激しい雨が降っている状況だった。 2021.09.17 14:30 Fri
twitterfacebook
thumb

台風14号の影響で、17日開催の鳥栖vs大分が中止

Jリーグは17日、同日開催予定の明治安田生命J1リーグ第29節のサガン鳥栖vs大分トリニータに関して、中止とすることを発表した。 19時から鳥栖の本拠地である駅前不動産スタジアムでキックオフを迎える予定だった一戦。Jリーグによると、現在日本列島に近づいている台風14号の影響で、来場者の安全確保や安全な試合進行が困難と判断し、中止としたとのことだ。 なお、代替日に関しては決定次第発表されるとのことだ。 台風14号は、九州西側の海上を東に進んでいる状況。夕方にも九州北部に上陸することが見込まれており、すでに九州や四国では非常に激しい雨が降っている状況だった。 2021.09.17 13:08 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly