福岡と仮契約解除のペドロ・ジュニオールがUAEクラブに加入!

2019.07.28 11:00 Sun
Getty Images
UAEのホール・ファカンは27日、ブリーラム・ユナイテッドのブラジル人FWペドロ・ジュニオール(32)の加入を発表した。

ペドロ・ジュニオールは2003年に母国でプロデビュー後、大宮アルディージャやアルビレックス新潟、ガンバ大阪、FC東京、ヴィッセル神戸、鹿島アントラーズといったJリーグ複数クラブを転々とした。
2019年2月、鹿島から元日本代表MF細貝萌が所属するブリーラムに加わり、国内リーグだけでなく、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でもプレー。タイ・リーグ1(タイ1部)では14試合に出場し6ゴール4アシスト、ACLでは5試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。

そんな中、16日にアビスパ福岡への加入が発表されていたが、23日に登録上の問題が発生したとのことで仮契約を解除。今シーズンはブラジルのフォルタレザ、ブリーラム・ユナイテッドで公式戦に出場しており、日本サッカー協会(JFA)が定める「サッカー選手の登録と移籍等に関する規則」の第12条の2に記されている、「選手は、1つのシーズン期間中につき、最大3つのチームに登録することができる。この期間中、選手は、最大2チームのために公式試合に出場する資格を有する」という部分に抵触。登録は可能だが、試合出場はかなわないため、獲得を見送ったと予想される。

ホール・ファカンは、UAE1部リーグにあたるガルフ・リーグに所属。2018-19シーズンは2部相当のディビジョン1で優勝し、今シーズンからガルフ・リーグを戦う。
関連ニュース

ミランが今季トップデビューの逸材MFゼロリと新契約締結

ミランは16日、U-19イタリア代表MFケビン・ゼロリ(19)との契約を2028年6月30日まで延長したことを発表した。 ナイジェリアにルーツを持ちイタリアで生まれ育ったゼロリは、185cmの大型セントラルMF。2010年にミランのアカデミーに加入し、2022年にプリマヴェーラへ昇格。今シーズンはプリマヴェーラでカピターノを務めると、昨年12月末に行われたセリエAのサッスオーロ戦でファーストチームデビュー。以降はいずれも後半終盤の短い出場時間ながらも公式戦2試合に出場している。 まだまだ伸びしろを感じさせるフィジカル能力の高さに加え、ボール扱いやパスセンスに優れる万能型で、中盤でパスを捌きながらドリブルで前進するボックス・トゥ・ボックスのプレーを得意とする。また、シュートレンジも広くミドルシュートやゴール前への飛び出しからユース年代では得点にも絡んでいる。 昨年に故ミーノ・ライオラ氏と関係深いラファエラ・ピメンタ氏と代理人に契約を結んだことで、その去就に注目が集まっていたが、10年以上も在籍するロッソネリとの新契約にサインすることになった。 2024.04.17 06:30 Wed

今夏フリーのフェリペ・アンデルソンがブラジルに電撃復帰! 家族事情でユーベ蹴る

元ブラジル代表FWフェリペ・アンデルソン(31)の母国復帰が電撃的に決まった。 一度はウェストハムとポルトでのプレーでラツィオを離れたが、2021年夏に舞い戻ったF・アンデルソン。ラツィオでは通算319試合の出場数(58得点63アシスト)を誇り、今季の攻撃陣でも中心を担う。 だが、ラツィオとは今季が契約最終年。つい先日までは合意報道のユベントス行きが濃厚視されたが、パウメイラスが15日に今夏加入決定を発表。契約は7月1日からで、2027年12月31日までとなる。 欧州の移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、先週の段階でユベントスから3年契約のオファーがあったが、家族事情を考慮し、母国復帰を決意したという。 渦中のF・アンデルソンはインスタグラムのストーリーで「ラツィオ、そしてずっとサポートしてくれている人々に敬意を表し、契約更新の合意に至らなかった旨をお知らせする」とし、最後まで全力を誓った。 31歳の誕生日となる15日に今夏のパウメイラス行きで将来が決着したF・アンデルソン。ユベントス行きが有力視されるなかの母国復帰となった。 2024.04.16 10:55 Tue

ラ・リーガ通算600試合出場達成のラウール・ガルシアが今季限りで現役引退を決断…コパ・デル・レイ制覇で有終の美

アスレティック・ビルバオに所属する元スペイン代表FWラウール・ガルシア(37)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 オサスナでプロキャリアをスタートし、アトレティコ・マドリーから2015年にアスレティックに完全移籍で加入したラウール・ガルシア。キャリア初期はインテリオールなどでもプレーしたが、アトレティコ時代にディエゴ・シメオネ監督の薫陶を受け、空中戦の強さ、キープ力、スペースをアタックする攻撃的な能力を、より生かすためにセカンドトップでの起用が増えると、アスレティックではよりセンターフォワードに近い役割を担う。 在籍9シーズンを過ごすアスレティックでは、ここまで公式戦356試合に出場し、83ゴール40アシストを記録。 今シーズンはここまで公式戦18試合でわずか393分にとどまっていたが、2月12日に行われたラ・リーガ第24節のアルメリア戦で史上3人目となるラ・リーガ通算600試合出場という偉業を達成した。 また、7日に行われたコパ・デル・レイ決勝のマジョルカ戦では延長戦から出場。PK戦ではプレッシャーのかかる1番手のキッカーを務め、40年ぶりとなる優勝に大きく貢献した。 2024.04.15 23:50 Mon

フライブルク、ボーフムからMFオスターヘッジを来季加入で獲得!

フライブルクは15日、ボーフムからドイツ人MFパトリック・オスターヘッジ(24)の獲得合意を発表した。契約期間は明かされておらず、7月1日から加入する。 フライブルクへの加入が決まったオスターヘッジは、公式サイトで以下にコメントしている。 「SCフライブルクを見ると、ここ数年で着実に成長しているのがわかる。僕はその一翼を担いたいし、この移籍が自分の成長にとって正しいステップだと確信しているよ」 「夏からフライブルクの新しいスタジアムでプレーすることを楽しみにしている。もちろん、これからの数週間はボーフムでプレーすることに集中するさ」 ブレーメンやドルトムントの下部組織で育ったオスターヘッジは、リザーブチームにあたるドルトムントⅡでのプレーを経て、2021年夏にボーフムに加入。加入初年度は出場機会に恵まれなかったが、昨季から徐々に出場機会を増やすと、在籍3年目の今季はセントラルMFのレギュラーとしてここまで公式戦21試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。 2024.04.15 23:01 Mon

直近5戦未勝利のベシクタシュ、1月に就任したフェルナンド・サントス監督の解任を発表…

ベシクタシュは14日、フェルナンド・サントス監督(69)を解任したことを発表した。 今シーズンのベシクタシュは、昨年10月に2022年10月から指揮を執ってきたシェノール・ギュネシュ監督が退任。後任として同年11月からリザ・ジャリンベイ監督が就任したが、UEFAカンファレンスリーグ敗退に加え、リーグ戦連敗を喫したことで、12月21日に電撃解任された。 フェルナンド・サントス監督はその後任として、今年1月にベシクタシュの指揮官に就任。ポルトガル代表に2つのビッグタイトルをもたらした手腕に注目が集まったが、就任後は17試合で7勝4分け5敗と期待外れの結果となっており、直近5試合は2分け3敗と完全に停滞していた。 フェルナンド・サントス監督の解任を決めたベシクタシュは、公式サイトで「我々はフェルナンド・サントス監督との関係を解消した。彼の功績に感謝し、今後の人生での成功を祈っている」との声明を発表している。 なおクラブの発表によれば、今シーズン終了まではアシスタントコーチのセルダル・トプラクテペ氏が監督を務めるとのことだ。 2024.04.15 06:00 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly