ウルグアイが少ないチャンスを生かし首位通過!チリは敗れてコロンビアと対戦《コパ・アメリカ》

2019.06.25 10:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本時間25日(現地時間24日)、コパ・アメリカ2019 グループC最終節のチリ代表vsウルグアイ代表が行われ、0-1でウルグアイが勝利した。大会3連覇を目指すチリはここまで2連勝。すでにグループステージ突破が決定しているものの、3連勝を目指す。エドゥアルド・バルガスやアレクシス・サンチェスら攻撃陣は3試合連続で同じ顔ぶれとなった。

一方のウルグアイは、エディンソン・カバーニ、ルイス・スアレスを起用。初戦で負傷したフェデリコ・バルベルデも復帰した。

後半からウルグアイはロデイロに代えてナンデスを投入。首位通過を目指しサイドアタッカーを変更した。

7分、チリは前線から守備を行うと、ボールを奪ったサンチェスがボックス手前からミドルシュートも枠を外れる。

9分にもチリ。CKからのこぼれ球をオパソがボックス手前からシュートも、枠を外れる。

11分にもチリがチャンス。メデルのロングボールがゴディンにクリアされるも、こぼれ球をつなぐと、最後はアランギスが強烈ミドル。しかし、GKムスレラが横っ飛びでセーブ。13分にはサンチェスの浮き球のパスを、E・バルガスがボックス内でヘッドも、GKムスレラがキャッチする。

防戦が続いていたウルグアイは17分、ボックス右でFKを獲得すると、デ・アラスカエタのクロスがクリア。こぼれ球をベンタンクールがダイレクトシュートもアランギスにブロックされる。

19分にもウルグアイ。ボックス内でカセレスからのスローインを受けたスアレスがボールを落とすと、走り込んだデ・アラスカエタがシュート。しかし、枠を捉えられない。

ウルグアイは43分に右CKを獲得すると、ニアでカバーニが合わせ、カセレスがシュート。しかし、枠を外れる。

ゴールレスで前半を終えると後半もウルグアイが攻め立てる。48分、ゴディンがヘッドもGKがキャッチする。その流れからチリはカウンターを仕掛けると、ボックス手前でパスを受けたサンチェスがミドルシュート。しかし、シュートは大きく枠を越える。

55分、チリはメデルが負傷し、リチノフスキが入る。すると57分、左CKからサンチェスが低いクロスを送ると、E・バルガスがフリック。これにリチノフスキが合わせに行くも、ミートしない。

60分にはウルグアイが決定機。GKムスレラからのフィードをスアレスが粘ると、最後はデ・アラスカエタがシュート。しかし、GKアリアスが正面でキャッチする。

チリは69分にビッグチャンス。左からのオパソからのクロスをヒメネスがニアでクリア。これをディアスがヘッドで狙うも、ヒメネスがライン上でクリアしこと無きを得る。

一進一退の攻防が続く中、試合を動かしたのはウルグアイ。82分、パスをつないで左へ展開。スアレスのパスを受けたホナタン・ロドリゲスがボックス手前からクロスを送ると、カバーニがヘッドで合わせ、ウルグアイが先制。カバーニはこの試合の初シュートでゴールを決めた。

チリはその後に猛攻を仕掛けるも、ウルグアイの前に最後までゴールを奪うことができず。試合は0-1で終了し、カバーニの決勝点でウルグアイが勝利。首位通過を決め、準々決勝ではペルー代表と対戦。敗れたチリは2位通過となり、コロンビアと準々決勝で対戦する。

チリ代表 0-1 ウルグアイ代表
【ウルグアイ】
カバーニ(後37)
コメント
関連ニュース
thumb

メキシコに完敗の日本、ベスト16で敗退…《U-17W杯》

U-17日本代表は6日、U-17ワールドカップ(W杯)ブラジル大会の決勝トーナメント1回戦でU-17メキシコ代表と対戦し、0-2で完敗した。 オランダ代表、アメリカ代表、セネガル代表と同居したグループステージを2勝1分けの首位で通過した日本は、4日前に行われ1-0で勝利したセネガル戦のスタメンから6選手を変更。若月や西川、成岡といった主力がスタメンとなった。 グループFを3位で通過したメキシコ相手に、4大会ぶりのベスト8進出を目指す日本はフラットな[4-4-2]を採用。GKに鈴木彩艶、4バックに右から畑、鈴木海音、村上、中野伸哉、中盤に右から成岡、藤田、山内、三戸、2トップに若月と西川を並べた。 キックオフ前に激しい雨が降り出した中、立ち上がりからメキシコのポゼッションに押し込まれた日本は15分にピンチ。ディフェンスライン裏を取られ、エフレイン・アルバレスに決定的なシュートを許したが、GK鈴木がセーブした。 その後も劣勢を強いられた日本は30分、再びエフレイン・アルバレスのミドルシュートでゴールを脅かされると、36分にもピンチを迎えたが、エフレイン・アルバレスのシュートはGK鈴木がセーブした。 直後、日本にこの試合初めての決定機が訪れる。カウンターに転じ、ボックス右に侵入した三戸がシュートに持ち込んだが、GKの守備範囲だった。 ペースを掴めずにゴールレスで迎えた後半、日本は56分にピンチ。CKからマルティネスのヘディングシュートが枠を捉えるも、ゴールライン前の鈴木海音がカットした。しかし直後のCKから失点する。モリーナにボレーシュートを打たれると、ルーズボールをピスットに蹴り込まれた。 今大会初失点を受けて前がかる日本は64分に若月が枠内シュートを放つも、74分に致命的な2失点目を喫する。ボックス手前からムニョスのミドルシュートが決まってしまった。 2点を追う日本は唐山と田村を投入。88分にFKから西川がヘディングシュートを放つも枠を捉えきれず、そのまま0-2で完敗。ベスト16敗退に終わった。 U-17日本代表 U-17メキシコ代表 【メキシコ】 ピスット(後12) ムニョス(後29) 2019.11.07 06:23 Thu
twitterfacebook
thumb

韓国が2009年以来のベスト8進出! 準々決勝では日本vsメキシコの勝者と対戦《U-17W杯》

FIFA U-17ワールドカップ(W杯)・ラウンド16のU-17アンゴラ代表vsU-17韓国代表が5日に行われ、1-0で勝利した韓国がベスト8進出を決めた。 グループAを2位通過したアンゴラと、グループCを2位通過した韓国によるベスト8進出を懸けた決勝トーナメント初戦。 試合は決勝トーナメント初戦らしく互いにやや硬さが見える立ち上がりに。それでも、時間の経過と共に韓国がボールの主導権を握り、アンゴラがカウンターで応戦する形で試合が動いていく。 互いになかなか決定機を作れないこう着状態が続くが、30分過ぎに韓国が先手を奪う。33分、ボックス右でチョン・サンビンが放ったシュートがGKのセーブに遭い、ゴール前にボールが浮くと、これをチェ・ミンソが右足でジャンピングボレー。DFが懸命にかき出そうと、クリアを試みるも無情にもゴールネットに吸い込まれた。 韓国の1点リードで折り返した試合は後半に入ってアンゴラが攻勢を強めていく。身体能力を生かしたダイナミックな攻撃で韓国を押し込む中、ベニやジニが幾度かゴールに迫るが、韓国も最後のところで集中力を見せる。 その後、徐々にアンゴラに攻め疲れが見え始めて韓国がカウンターで押し返していくが、試合を決定付ける2点目を奪うまでには至らず。 すると、84分にはドミンゴスからの精度の高いクロスに反応したジニがゴール前で決定的なヘディングシュートもGKシン・スンフンが横っ飛びセーブで阻止。さらに、91分にはボックス手前のカピタが無回転気味の強烈なミドルシュートを枠に飛ばすが、ここもGKシン・スンフンが圧巻のワンハンドセーブではじき出した。 そして、試合終盤のアンゴラの猛攻を一丸の守備で凌ぎ切った韓国が2009年大会以来、通算3度目の準々決勝進出を決めた。 なお、勝利した韓国は10日に行われる準々決勝でU-17日本代表vsU-17メキシコ代表の勝者と対戦する。 U-17アンゴラ代表 0-1 U-17韓国代表 【韓国】 チェ・ミンソ(前33) 2019.11.06 06:28 Wed
twitterfacebook
thumb

U-20W杯経験者の桐光学園FW西川潤やJ3で得点量産のG大阪ユースFW唐山翔自ら21名が招集《U-17W杯》

日本サッカー協会は4日、ブラジルで行われるU-17ワールドカップ(W杯)に臨む、U-17日本代表メンバーを発表した。 森山佳郎監督は、21名を招集。セレッソ大阪への加入が内定し、今年のU-20ワールドカップに出場しているFW西川潤(桐光学園高校)や、モンテディオ山形で2種登録されJ2リーグに出場しているDF半田陸、ガンバ大阪U-23でJ3リーグに出場し、6試合で6ゴールを記録しているFW唐山翔自らが招集された。 U-17日本代表は、26日(土)から11月17日(日)までブラジルで開催されるU-17W杯に出場。グループステージでは、オランダ代表(28日)、アメリカ代表(31日)、セネガル代表(11月3日)と対戦する。 ◆U-17日本代表メンバー21名 GK 21.佐々木雅士(柏レイソルU-18) 1.鈴木彩艶(浦和レッズユース) 12.野澤大志ブランドン(FC東京U-18) DF 3.半田陸(モンテディオ山形ユース) 5.畑大雅(市立船橋高校) 15.村上陽介(大宮アルディージャU18) 18.角昴志郎(FC東京U-18) 2.鈴木海音(ジュビロ磐田U-18) 4.中野伸哉(サガン鳥栖U-18) MF 16.山内翔(ヴィッセル神戸U-18) 6.藤田譲瑠チマ(東京ヴェルディユース) 19.田村蒼生(柏レイソルU-18) 13.横川旦陽(湘南ベルマーレU-18) 8.成岡輝瑠(清水エスパルスユース) 17.田中聡(湘南ベルマーレU-18) 14.中野桂太(京都サンガF.C.U-18) 7.三戸舜介(JFAアカデミー福島U18) 20.光田脩人(名古屋グランパスU-18) FW 9.若月大和(桐生第一高校) 10.西川潤(桐光学園高校) 11.唐山翔自(ガンバ大阪ユース) 2019.10.04 13:38 Fri
twitterfacebook
thumb

メキシコのクラブが最長未勝利記録を更新…33戦白星なし

メキシコ1部リーグのリーガMXで戦うヘラクルズが不名誉な記録を打ち出してしまった。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ヘラクルズは28日に行われたリーガMX第7節でケレタロに0-5で敗戦。これにより、昨季から続くリーグ戦未勝利記録が「33試合」となり、世界各国のトップリーグにおける最長未勝利記録を更新した。 これまでこの記録を持っていたのは現在チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に所属するダービー・カウンティ。最後にプレミアリーグを戦った2007-08シーズン、第7節のアーセナル戦の大敗をきっかけに、そこから最終節まで未勝利のまま降格の憂き目に。なお、そのシーズンに勝利したのは第6節のニューカッスル戦だけだった。 ヘラクルズの不名誉記録更新の始まりは昨年9月2日のクルス・アスル戦。それから5人の監督がチームを任されたが、誰も負の流れを断ち切ることはできなかった。 記録更新となった今回のケレタロ戦で指揮を執っていたのは、メキシコ代表監督も務めたことのあるエンリケ・メサ監督。4度のリーグ制覇という実績を持つ77歳のベテラン指揮官だが、この度解任されたようだ。 2019.08.28 19:30 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシ、侮辱発言で代表戦出場停止か…最大2年とも

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに対して、重罰が下る恐れが浮上した。スペイン『アス』が報じた。 メッシは、アルゼンチンの一員として先のコパ・アメリカ2019に参戦。またしても悲願の南米制覇が叶わなかったが、3位決定戦でチリ代表を破り、今大会を白星で締めくくった。だが、その試合でチリのMFガリー・メデルとのいざこざで一発退場に。これに憤ったメッシは表彰式出席を拒否した。 その挙句、メッシは「汚職だ」「コパはブラジルのために用意されたもの」だと述べ、大会主催者や主審を激しく批判するとともに、疑いの目も…。これに黙っていない南米サッカー連盟(CONMEBOL)が声明文のなかで、「許容できない」との姿勢を示してみせ、反発する事態に発展している。 こうした侮辱的な発言を禁じているCONMEBOLが行動に移せば、メッシに最大2年間の代表戦出場停止処分を科す可能性が…。そうなれば、2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に加えて、来夏にアルゼンチンとコロンビアの共同開催となるコパ・アメリカに出場できなくなる。 そうなると、今年6月に32歳の誕生日を迎えたメッシにとって、これまでの代表キャリアを通じていまだ手にしていないタイトルがより遠ざかることも意味するが、いかに。 2019.07.08 18:10 Mon
twitterfacebook