京都の元日本代表DF田中マルクス闘莉王が右眼外傷性黄斑円孔で手術2019.06.22 18:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
京都サンガF.C.は22日、元日本代表DF田中マルクス闘莉王(38)が右眼外傷性黄斑円孔(おうはんえんこう)で手術したことを発表した。クラブの発表によると、田中は3月16日の練習中に受傷しており、20日に手術した模様。

田中は2017年に名古屋グランパスから京都に加入。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグに16試合出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

群馬が京都DF磐瀬剛を期限付き移籍で獲得「全力でプレーします」

ザスパクサツ群馬は23日、京都サンガF.C.からDF磐瀬剛(24)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2020年1月31日までで背番号は「35」。なお、京都と対戦する全ての公式戦に出場することができない。 2014年に市立船橋高校から京都に入団し、プロキャリアをスタートした磐瀬。2016年から2年間はFC岐阜に期限付き移籍でプレーし、2018年に復帰したものの、主力の座を奪うことができず、今シーズンもここまで公式戦での出場はなかった。 ◆ザスパクサツ群馬 「このたび、京都サンガF.C.から加入しました磐瀬剛です。シーズン半ばでの移籍は初めてですが、少しでもチームの力になれるよう、全力でプレーします。応援よろしくお願いします」 ◆京都サンガF.C. 「このたび、ザスパクサツ群馬へ期限付き移籍をすることになりました。なかなかチームの力になれていない中でチームを離れることは心苦しいですが、自分自身の成長のために群馬で頑張ってきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」 2019.07.23 09:40 Tue
twitterfacebook
thumb

京都、DFウ・ショウツォンと期限付き移籍解除…広州恒大復帰へ

京都サンガF.C.は22日、DF呉少聰(ウ・ショウツォン/19)との両者合意による期限付き移籍解除を発表した。 ウ・ショウツォンは、2018年年7月に清水エスパルスから京都に期限付き移籍加入。今年2月に広州恒大への完全移籍が決まったが、同年3月に再びの期限付き移籍で京都復帰を果たした。だが、今シーズンはチームが明治安田生命J2リーグで首位を走るなか、ここまで出番がなかった。京都退団を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「このたび中国に戻ることになりました。長くもなく短くもない間、ずっとケガの苦しみを耐えながら復帰に向かって努力していましたが、結局チームに貢献できず、また、サポーターの皆さんの期待にも応えることができず、残念な気持ちでいっぱいです。日本で得た経験をいかし、中国で頑張ります。いつか皆さんと再会できることを心から期待していますし、これからもサンガのことを大切に想っています。今まで本当にありがとうございました」 2019.07.22 11:35 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪の元日本代表MF藤本淳吾がJ2首位の京都へ!

京都サンガF.C.は15日、ガンバ大阪に所属する元日本代表MF藤本淳吾(35)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2020年1月31日まで。同期間中、G大阪との全公式戦に出場できない。なお、背番号は「50」に決定。16日から新チームに合流する。 日本代表としても13試合1得点を誇る藤本は、2006年に清水エスパルスでプロキャリアをスタート後、名古屋グランパス、横浜F・マリノスを経て、2016年からG大阪でプレー。アクセントをつけられる選手として重宝されてきたが、チームとして若手の積極起用が著しい今シーズンは出番が減り、ここまで明治安田生命J1リーグ2試合の出場にとどまっている状況だった。移籍を受け、両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆京都サンガF.C. 「夏のタイミングでの移籍は初めてだし、試合までの時間も短いので、自分の良さとサッカーを楽しむということを忘れないで頑張りたいと思います。よろしくお願いします」 ◆ガンバ大阪 「3年半お世話になりました。レベルが高いチームで楽しく出来た事は凄く良かったです。あまり勝利に貢献できた試合は多くはなかったかもしれないですけれど、3年半もの間、ガンバに入れるとは思っていなかったので、楽しい思い出しかないです。本当に有難うございました」 中田一三体制初年度の京都は現在、J2リーグ11勝7分け4敗の首位。20日に行われる次節、栃木SCをホームに迎え撃つ。 2019.07.15 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

首位攻防戦制した京都が首位浮上! 劇的逆転勝利の柏は4連勝!《J2》

明治安田生命J2リーグ第22節の8試合が13日に各地で行われた。 NDソフトスタジアム山形で行われたモンテディオ山形vs京都サンガF.C.は、アウェイの京都が1-0で勝利した。 前半戦を首位で終えた山形と、自動昇格圏内の2位で終えた京都による後半戦初戦でいきなり実現した首位攻防戦。試合は立ち上がりから首位攻防戦に相応しい緊迫感のある攻防となる。ボールの主導権を握った京都がより相手ゴールに迫る場面を作るが、前半38分に小屋松の個人技から作った決定機で金久保がダイレクトシュート、44分にはボックス付近でのこぼれ球から石櫃、一美と連続で決定機を作るが、ここはGK櫛引の好守とポストに阻まれた。 しかし、ゴールレスで折り返した後半立ち上がりに試合が動く。54分、石櫃の右CKをゴール前の本多が頭で合わす。これはGKのセーブに阻まれたが、こぼれ球を一美が冷静に蹴り込んだ。エースのゴールで均衡を破った京都は、その後山形の反撃に晒されるが、安定した守備で決定機を作らせない。逆に、カウンターから一美が2点目に迫るなど危なげない試合運びを見せる。 その後、攻勢を強める山形の反撃を最後まで一丸となった守備で守り切った京都が敵地での首位攻防戦を1-0で制し、同勝ち点で並んだ山形を得失点差で抜き首位に浮上した。 また、鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われた徳島ヴォルティスvs柏レイソルは、アウェイの柏が2-1で逆転勝利した。 6戦負けなしで9位に浮上した徳島と、今季2度目の3連勝で3位でのシーズン折り返しに成功した柏による好調チーム同士の後半戦初戦。試合は立ち上がりにオルンガがいきない決定機を迎えるも、GKとの一対一を決め切れず。直後の11分には徳島のセットプレーからゴール前の佐藤晃がバックヘッドでゴールに迫るが、今度はGK中村がビッグセーブで阻止。 やや徳島ペースもゴールレスで折り返した試合は後半序盤にホームチームが動かす。ここ最近スーパーサブとして存在感を増す途中出場の渡井がボックス中央の佐藤晃とのパス交換でペナルティアーク付近に飛び出すと、見事な右足のコントロールシュートをゴール右隅に突き刺した。 敵地で先制を許す厳しい状況となった柏はオルンガやクリスティアーノの個人技を生かして反撃を試みるが、最後のところで崩し切れない。しかし、敗戦濃厚と思われた試合終盤の86分にクリスティアーノの左CKの流れから鎌田が泥臭く押し込んで同点に追いつくと、90分には再びクリスティアーノの右CKから今度は瀬川が頭で合わせ、セットプレー2発で土壇場での逆転劇を演出。そして、好調徳島に7戦ぶりの黒星を与えた4連勝の柏は順位こそ3位のままとなったが、上位2チームと同じ勝ち点40に到達した。 同日行われたその他の試合では前節、17戦ぶりの敗戦を喫した5位の大宮アルディージャが、フアンマ・デルガドのハットトリックの活躍などで鹿児島ユナイテッドFCを6-0で粉砕。また、V・ファーレン長崎にホームで競り勝った4位の水戸ホーリーホックが、5戦ぶりの白星で大宮共に勝ち点を「39」に伸ばした。さらに、攻撃陣が好調の12位の横浜FCが今季初の3連勝を飾っている。 ◆明治安田生命J2リーグ第22節 日程・結果 ▽7/13(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 2</span>-1 V・ファーレン長崎 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 1</span>-0 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">栃木SC 2</span>-1 レノファ山口FC アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 横浜FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 6</span>-0 鹿児島ユナイテッドFC モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 京都サンガF.C.</span> 徳島ヴォルティス 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 柏レイソル</span> FC琉球 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ファジアーノ岡山</span> ▽7/14(日) 《18:00》 FC町田ゼルビア vs アビスパ福岡 FC岐阜 vs ジェフユナイテッド千葉 《19:00》 ツエーゲン金沢 vs 東京ヴェルディ 2019.07.13 21:25 Sat
twitterfacebook
thumb

オルンガ復帰の柏が甲府を4発粉砕で3連勝! 前半戦は首位山形&2位京都が自動昇格圏フィニッシュ《J2》

明治安田生命J2リーグ第21節の7試合が7日に各地で行われた。 三協フロンテア柏スタジアムで行われた柏レイソルvsヴァンフォーレ甲府はホームの柏が4-2で勝利した。 ジェフユナイテッド千葉とモンテディオ山形を相手に2連勝を飾った5位の柏は、6位の甲府を相手に開幕以来2度目の3連勝を狙った。 アフリカネーションズカップ帰りのケニア代表FWオルンガの復帰を追い風に立ち上がりから甲府を押し込んでいく柏。オルンガとクリスティアーノの連携を軸に相手の背後を積極的に狙うも、序盤はオフサイドにかかる場面が目を付く。 一方、押し込まれる甲府も25分にはピーター・ウタカの強烈なシュートで相手GK中村の好守を強いるなど、一発の怖さを見せる。 それでも、攻勢を続ける柏は36分、左サイドに流れたオルンガからリターンの左クロスを受けたゴール前のクリスティアーノが見事なダイレクトボレーで合わせ、古巣のゴールネットを揺らす。さらに前半終了間際にはヒシャルジソンからのロングフィードに反応したオルンガがボックス内での相手DFとGKの連係ミスを突き、復帰即ゴールを決めてみせた。 迎えた後半、ハーフタイム明けにドゥドゥをピッチに送り込んだ甲府は立ち上がりの46分にボックス内でのドゥドゥのシュートのこぼれ球を佐藤和が蹴り込んで早々に1点を返す。 しかし、主導権を渡さない柏は60分に相手DFのクリアミスをボックス左で拾った江坂のゴールで3点目を奪取。その後、甲府に崩し切られて佐藤和にこの試合2点目を許すが、77分にはオルンガの落としに抜け出した江坂が冷静にGKとの一対一を制し、試合を決定付ける4点目とした。 そして、今季リーグ戦最多の4ゴールを奪い甲府を粉砕した柏が今季2度目の3連勝で前半戦を3位という上々の順位で終えることになった。 また、西京極で行われた京都サンガF.C.vsV・ファーレン長崎は1-0でホームの京都が勝利した。 4位の京都と7位の長崎の上位対決は立ち上がりからホームの京都が圧倒的に押し込む。小屋松、一美のビッグチャンスは相手GK徳重の好守に阻まれるが、10分には右サイド深くで仙頭が入れた高速クロスがDF徳永のオウンゴールを誘発し、早い時間帯に先制点を奪い切る。 これで完全に流れを掴んだ京都はその後も再三の決定機を作り出すが、仙頭や一美らが決め切れず。それでも、1点リードで折り返した後半の64分にはGK徳重のシュートブロックがDF亀川の手に当たる幸運な形でPKを獲得。だが、仙頭のPKはGK徳重のビッグセーブに遭う。 その後も追加点が遠い京都に対して、試合終盤は長崎が押し込む時間帯に。セットプレーを起点にゴール前で混戦を作って惜しい場面を作る長崎だが、新里の渾身のミドルシュートがクロスバーを叩くなど、こちらも決定力を欠く。そして、互いに多くの決定機を作り出した中、最終的にオウンゴールを守り切った京都が上位対決を制し、4戦無敗の京都は自動昇格圏の2位で前半戦をフィニッシュした。 同日行われたその他の試合では木山監督の古巣愛媛に乗り込んだモンテディオ山形が0-0のドローに終わり、2戦ぶりの勝利を逃すも勝ち点40で前半戦を首位で折り返すことに成功。また、3位につける水戸ホーリーホックは8位のツエーゲン金沢との上位対決を2-2のドローで終え4戦未勝利と足踏みとなり、4位に後退している。 ◆明治安田生命J2リーグ第21節結果 ▽7/7(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 1</span>-0 V・ファーレン長崎 徳島ヴォルティス 1-1 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">柏レイソル 4</span>-2 ヴァンフォーレ甲府 ツエーゲン金沢 2-2 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 2</span>-1 鹿児島ユナイテッド <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レノファ山口FC 3</span>-0 FC町田ゼルビア 愛媛FC 0-0 モンテディオ山形 ▽7/6(土) 東京ヴェルディ 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 横浜FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルビレックス新潟 2</span>-1 大宮アルディージャ アビスパ福岡 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 FC岐阜</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC琉球 3</span>-0 栃木SC 2019.07.07 21:50 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース