イングランドに完敗のなでしこジャパンは2位通過! ラウンド16はオランダorカナダの強豪と対戦へ《女子W杯》

2019.06.20 06:10 Thu
Getty Images
なでしこジャパン(女子日本代表)は19日、女子ワールドカップ(W杯)2019グループD最終節でイングランド女子代表と対戦し、0-2で敗戦した。この結果、イングランドの首位通過およびなでしこの2位通過が決定した。

5日前に行われたスコットランド女子代表戦を2-1のスコアで競り勝ち今大会初勝利を挙げたなでしこは、他グループの結果によってこの最終節を前に決勝トーナメント進出を決めた。
2連勝でグループ首位のイングランドとの最終節に向けてはスコットランド戦から先発2人を変更。菅澤優衣香、三浦成美に代わって横山久美、小林里歌子を起用。2トップに岩渕真奈と横山、右サイドハーフに小林、中島依美を杉田妃和とボランチで組ませる[4-4-2]の布陣を採用した。

開始5分にバイタルエリアで前を向いた横山が両チームを通じて最初のシュートを放つと、9分にはボックス手前の好位置で得たFKを再び横山が直接狙うが、枠の左上隅を捉えたシュートは相手GKの好守に遭い、先制点とはならない。

まずまずの入りを見せたなでしこだったが、徐々に相手のカウンターを許し始めると、15分には中盤でボールを受けたスタンウェイに杉田が振り切られてスルーパスを許す。ここでDF熊谷紗希の背後を取ったホワイトに対してGK山下杏也加が飛び出しを見せるが、うまくチップキックを流し込まれて先制点を献上した。
この先制点によって勢いづいたイングランドに対して、守勢を強いられるなでしこ。失点直後にはスコット、スタンウェイに続けて際どいミドルシュートを枠に飛ばされるが、ここはGK山下がビッグセーブで阻止。

その後は2トップの横山と岩渕が中盤に下りてボールを引き出して起点を作り出すが、全体の押し上げがなかなかできず、攻撃に厚みを加えられない。逆に、34分には縦パス一本に抜け出したデイリーに決定機を許すが、三度GK山下が好守をみせ、後半の逆襲に望みを繋いだ。

迎えた後半も押し込まれる時間が続く中、56分にはボックス手前左の岩渕のおぜん立てから中島にシュートチャンスが訪れるが、ここはシュートを大きくふかしてしまう。

何とか流れを変えたい高倉監督は62分、横山と小林に代えて菅澤、三浦を同時投入し、スコットランド戦と同じメンバーで反撃に打って出る。すると、中盤でボールを奪い、そのまま攻撃参加を見せる三浦、前線で五分五分の競り合いを見せる菅澤を起点に徐々になでしこが主導権を掴み始める。

しかし、ボックス内で訪れた幾つかの決定機を決め切れずにいると、84分には熊谷、DF市瀬菜々のセンターバックの後手の対応からカーニーのスルーパスに抜け出したホワイトにこの試合2点目を決められてしまい、痛恨の2失点目となった。

その後、遠藤純に代えて宝田沙織をピッチに送り出し、試合終盤には菅澤に決定機が訪れたものの、ここは相手GKの好守に阻まれて万事休す。今大会屈指の強豪イングランドに完敗のなでしこは今大会初黒星を喫し、グループDを2位通過することになった。

なお、なでしこは25日に行われるラウンド16でグループE首位チーム(オランダorカナダ)と対戦する。

また、同日行われたグループD最終節のもう1試合、スコットランド女子代表vsアルゼンチン女子代表は、3-3のドローに終わった。この結果、グループDではアルゼンチンの3位、スコットランドの最下位での敗退が決定している。

◆グループD順位表
1.イングランド [9pt]※
2.日本 [4pt]※
3.アルゼンチン [2pt]
4.スコットランド [1pt]

※が決勝トーナメント進出
関連ニュース

なでしこジャパンがスペインでニュージーランド女子代表と2試合! 復興支援マッチの相手もガーナ女子代表に

日本サッカー協会(JFA)は7日、ニュージーランド女子代表を相手にした国際親善試合と、ガーナ女子代表との復興支援マッチが決まった旨を発表した。 来るパリ・オリンピックにも出場するニュージーランド女子代表とはスペインのムルシアを舞台に2試合が組まれ、今月31日と6月3日にいずれも日本時間23時のキックオフを予定。なでしこからみて、対戦成績は8勝2分けとなっている。 ガーナ女子代表戦は7月13日に石川県の金沢ゴーゴーカレースタジアムにて、「MS&ADカップ2024 ~能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登~」として開催され、15時20分にキックオフ予定。対戦成績はなでしこの2戦2勝だ。 なでしこを率いる池田太監督はオリンピックに向けた試しの場にもなるこの3試合に向け、次のようにコメントしている。 「パリオリンピック2024前、最後の国際Aマッチをガーナ女子代表を相手に、日本の多くのサッカーファミリーのみなさんの前で戦えることを嬉しく思います。能登半島地震復興支援マッチであるこの試合で、我々のプレーが被災地域の方々の希望となる ような、力強い姿を届けられるよう全力で戦います」 「ガーナ女子代表はアフリカ勢のストロングポイントであるスピードや長い手足を生かしたプレーのみならず、ヨーロッパから監督を招聘し組織的な戦い方にも注力しているチームです。オリンピックを前に、多くのことを確認する機会にしたいと思います」 「また併せて、5、6月にはニュージーランド女子代表との対戦も決定しました。昨年のFIFA女子ワールドカップでインパクトのある戦いを見せた相手に、残り限られたチーム強化の場として充実した活動にしたいと思います」 2024.05.07 12:45 Tue

熊谷紗希&南萌華のローマがセリエA連覇達成! オフの中、ユベントスが敗れ優勝決定…熊谷「初のスクデットは忘れられない」

なでしこジャパンのDF熊谷紗希とDF南萌華が所属するローマ・フェンミニーレ(女子チーム)が、2023-24シーズンのセリエA・フェンミニーレ(セリエA女子)で見事スクデットを獲得。2022-23シーズンに続いて連覇を達成した。 2022-23シーズンからプロリーグに変更されたセリエA・フェンミニーレ。10チームで構成されるリーグは総当たり2回戦のリーグを終えると、上位5チームが優勝を争いチャンピオンシップ・ラウンドに、下位5チームが降格ラウンドに参加する。 首位で迎えたローマは、今節は試合なし。2位のユベントスがインテルと対戦し、勝ち点3を獲得すれば次節以降に優勝は持ち越しという状況だった。 しかし、試合はインテルが0-2でユベントスに勝利。この結果、勝ち点差は「11」となり、ユベントスが逆転不可能となり、試合がなかったローマが見事に連覇を達成した。 ローマはここまで22試合を20勝1分け1敗と圧倒的な強さを見せていた。南は連覇に貢献、今シーズンから加入した熊谷はリヨン、バイエルンに続いてリーグ優勝となり、昨シーズンはバイエルンでフラウエン・ブンデスリーガ(女子ブンデスリーガ)を制していたため、個人で連続での優勝となった。 オフとなっていたため、選手たちは自宅に集まりユベントスvsインテルを観戦。優勝が決まった瞬間は全員で飛び跳ねて、優勝を喜んでいた。 熊谷は自身のインスタグラムを更新。「初めてのスクデットは忘れられない」と投稿。南もチームメイトと喜び合う動画をアップし、「2連覇」と喜びを露わにしていた。 ローマは2018年にSSDレス・ローマのライセンスを引き継ぐ形で、ASローマの女子チームになると、初年度から4位という成績に。2020-21シーズンにはコッパ・イタリアを制して初タイトルを獲得。2021-22シーズンに2位となり力をつけると、2022-23シーズンに5連覇中のユベントスを抑えて初優勝。女子チャンピオンズリーグでもベスト8の成績を残していた。 <span class="paragraph-title">【動画】自宅で優勝を見守ったローマの選手たちが歓喜爆発</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="it" dir="ltr"> (@ASRomaFemminile) <a href="https://twitter.com/ASRomaFemminile/status/1783962125653753931?ref_src=twsrc%5Etfw">April 26, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.28 14:40 Sun

進化するEL埼玉に痛手、祐村ひかるが右ヒザ前十字じん帯損傷等で全治8カ月の長期離脱…

ちふれASエルフェン埼玉は25日、MF祐村ひかるの負傷について発表した。 祐村は21日に行われた2023-24WEリーグ第16節、サンフレッチェ広島レジーナ戦で負傷。16分に途中交代していた。 診断の結果は、右ヒザ前十字じん帯損傷、内側側副じん帯損傷、外側半月板損傷の重傷で、全治は8カ月が見込まれている。 今季は途中出場が中心だったが、ウインターブレイク後にスタメンに返り咲き、リーグ戦では15試合3得点を記録。WEリーグカップ4試合、皇后杯で2試合1得点をマークしていた。 2024.04.25 22:42 Thu

新進気鋭の浦和DF後藤若葉、次節S広島R戦で大学同期と対戦へ「活躍は刺激、でも絶対に負けられない」

三菱重工浦和レッズレディースのDF後藤若葉は、活躍する同級生との対戦を心待ちにしているようだ。 2023-24WEリーグも佳境を迎え、首位に立つのは浦和。1試合消化数の多い中で、2位INAC神戸レオネッサに勝ち点「7」差を付け、順位表の最上位に位置している。 クラブは残る5試合を『FINAL5 勝利を積み重ねてその先へ』と銘打ち、選手を後押し。24日のトレーニング後には監督や選手が取材に応じ、連覇へ向けての意気込みなどを語った。 今冬に早稲田大学から正式加入の後藤は、18日の第15節大宮アルディージャVENTUS戦で加入後初先発を飾り、「すごく緊張もあった」とのことだが、フル出場で無失点勝利に貢献。中2日でのマイナビ仙台レディースでもフル出場を果たし、こちらもクリーンシートで終えた。 試合を重ね、より「自分らしくプレーできた」と話すマイ仙台戦を振り返っては「クリアボールや相手のバックパスに対して、いかにラインをコンパクトにあげられるか、その上げ下げをこまめにできるかがすごく大事だと思っていて、そういう部分は試合を重ねて、チームメイトと少しずつ合わせていけたと思います。フル出場している2試合を無失点で終えられているのは、自信にも繋がります」と手応えを口にする。 そのマイ仙台戦では早稲田大学の1学年先輩、「代表でも一緒で、すごく仲良くさせてもらっていた」という廣澤真穂とマッチアップ。「早稲田の練習の時からもバチバチにやり合ってので、久しぶりな感じがした」と対戦を振り返っては顔を綻ばせた。 さらに、次節対戦相手のサンフレッチェ広島レジーナには、同期の笠原綺乃が在籍。「活躍する姿は刺激になっている」とのことで、「(対戦)相手として戦うのが初めてなので楽しみ」と対戦を心待ちにしていると語る。 また、笠原以外にも、藤生菜摘(←東洋大学)や古賀花野(←帝京平成大学)は、大学時代に対戦相手として、また、選抜としてともにプレーした仲でもある。 「同期として、活躍している姿は自分自身にも刺激になっていますし、笠原選手だけではなく、藤生選手や古賀選手もこれまでずっと大学リーグで戦ってきて、大学選抜では一緒にプレーしているので、本当にすごいみんなの活躍が刺激にもなっていますけど、でも、対戦では絶対に負けられないと思っています」 さらに先を見据えれば、第19節で対戦するちふれASエルフェン埼玉には、インカレ決勝で敗れた山梨学院大学出身の栃谷美羽が、第21節対戦のI神戸には早稲田同期で副将だった三谷和華奈が在籍。最終節は育成時代を過ごした日テレ・東京ヴェルディベレーザと、後藤にとって縁のある対戦が続く。 チームの優勝へ向けてはもちろんのこと、若きDF個人にとっても楽しみな、だが負けられない戦いが続きそうだ。 2024.04.25 22:00 Thu

「自分が引っ張っていきたい」浦和の守備支える石川璃音、今季初ゴールへも意欲「絶対に決めたいです」

三菱重工浦和レッズレディースのなでしこジャパンDF石川璃音が持つポテンシャルには舌を巻くばかりだ。 2023-24WEリーグも佳境を迎え、首位に立つのは浦和。1試合消化数の多い中で、2位INAC神戸レオネッサに勝ち点「7」差を付け、順位表の最上位に位置している。 クラブは残る5試合を『FINAL5 勝利を積み重ねてその先へ』と銘打ち、選手を後押し。25日のトレーニング後には監督や選手が取材に応じ、連覇へ向けての意気込みなどを語った。 弱冠20歳にして浦和の最終ラインを支えるのが石川だ。相手コートでのプレー時間が長い浦和に対して、対戦相手は当然カウンターを狙うわけだが、そこからあわやの場面を迎える数はほぼなく、背後へのボールやクサビのパスに石川がふたをする場面は多い。 取材に応じた石川は、代表活動の経験を通じて「海外の選手と戦ってスピード+予測が大事と感じた」とのことから、守備の事前準備に一層取り組むようになったと成長の秘訣を明かす。 「代表で海外の選手と戦って、スピード+予測がすごく大事だなと感じました。そこから帰ってからは、事前に対戦相手の試合を見て、どこにボールが来そうかを頭に入れるようになって、予測を持って先に動いて跳ね返すことが出るようになってきたなと感じます」 「足下に来るボールなのか、背後に来るボールなのか、それまでは逆になって遅れてしまったこともありましたけど、だんだんとどれくらいの距離が離れていたら奪えるかがつかめてきたと思います」 これまではほぼ身体能力でカバーできたことは報道陣を驚かせたが、それは同時に伸びしろの多さを意味する。昨季、今季とベテランの安藤梢とコンビを組む中で、「この間のブラジル戦では安藤さんから教えてもらったことが生きた場面があった」と、持ち味のスピードに読みや予測が加わり、代表はもとよりWEリーグでは無類の強さを発揮している。 昨季は正式加入初年度ながら全試合フル出場した石川は、今季は長嶋玲奈との組み合わせが中心で、直近2試合では新加入の後藤若葉とセンターバックコンビを組む。 「去年は自分がミスをしてもカバーしてもらったり、引っ張ってもらった部分が多かったですが、今年は自分がもっとやらなくてはとの思いもありましたし、センターバックのコンビが変わる中で、自分がリーダーというか、ディフェンスを引っ張っていこうというのはあります」との自覚も芽生えている。 また、セットプレー時は嬉々として前線へ上がり、ターゲット役としても存在感を発揮しながらも今季はここまで無得点。「個人として今年は狙っていきたいと思っていた中で、まだ結果を残していないので……」と苦笑いを浮かべながらも、「まだあと5試合あるので絶対に決めたいです」と力強く意気込みを残した。 2024.04.25 21:10 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly